・・・・・・

・・・

梓「あ、そろそろ帰らなきゃ」

唯「帰っちゃうの~?」

梓「用事が・・・って離してくださいっ!」

憂「お姉ちゃんに聞きたかったことは?」

梓「あ、そうだった。先輩方にも聞きたいんですが」

澪「ん?」

律「なんだ?」

唯「なになに~?」

梓「静花さんにむぎ先輩の事フルネームで紹介しましたか?」

澪律唯「「「 いいや 」」」

梓「やっぱりそうですか」

さわ子「さっき映っていた髪の長い人?」

唯「そうだよ~」

澪「どうして?」

梓「紹介していないのに名前を知っていたからです・・・。二人は恐らく」

和「・・・?」

澪「多分・・・いや、間違いなく知り合いだと思うよ」

唯「澪ちゃんも知ってたの?」

律「え、唯も気付いていたのか?」

唯「むぎちゃんの静花さんへの接し方が似ていたんだよ」

梓「どういう事ですか?」

唯「あずにゃんがむぎちゃんに対する態度と同じってことだよ」フフン

梓「私がむぎ先輩にとる態度・・・?」

律「おぉ・・・、車掌さんが言っていた事は本当だったんだ・・・」

梓「澪先輩はどうして・・・?」

澪「むぎが寝言で呼んでいたからな。次の日見ていてはっきり分かった」

純「ついていけない・・・」

憂「うん・・・」

和「・・・気になるわね」

さわ子「そうね~」

憂「・・・」

純「?」

和「どうして知り合いだっていう事を黙っていたのか」

さわ子「気になるでしょ」

唯「きっと理由があるんだよ~」

澪「うん・・・」

律「私らが気にしていてもしょうがないなー」

梓「そうです」

和「あら・・・」

さわ子「・・・」

純「・・・」

憂「で、でも・・・。理由が深刻なら・・・紬さんは・・・」

律「菜々子さんがいるし」

唯「秋子ちゃんもいるよ~」

澪「風音さんと、ピノも・・・」

梓「車掌さんと店員さんたちもいます」

さわ子「・・・」

律唯澪梓「「「「 だから、大丈夫 」」」」

和「・・・」

さわ子「あら、修治くんは降りたの?」

律「最後まで行くんだってさ」

澪「へ~」

梓「そうだったんですか・・・って、そうですよね」

唯「なんだかんだで気にかけてくれたよね」

純「・・・律先輩みたいですね」

律「・・・そんな・・・うそ・・・だろ」

澪「そんな、大げさなリアクションするなよ」

梓「律先輩、鳥羽さん落ち込んでいましたよ」

澪「また、なにやらかしたんだ?」

さわ子「あまりひどいことしちゃダメじゃない」

和「そうね、彼頑張っているけど評価されてないわ」

憂「いったい・・・」

律「別れの言葉かけなかった」モグモグ

唯「なんと・・・」

純「そういう星のもとに生まれた人なんでしょうね」

さわ子「どうしてさっき名前を挙げなかったのよ?」

澪「律が挙げると思って」

梓「唯先輩が・・・」

唯「誰かが挙げると思ったんだよ」

律「どうでもいいな」モグモグ

和「律と修治は仲良かったわよね」

律「フハハハ!!」

澪「おぉ・・・世界を我が物にしようと企む笑い方だ」

さわ子「どうしてよ?」

律「アイツは別の理由で乗ってるからだよん!」

純「ほほぅ」

梓「私帰りますね」

澪「あ・・・話終わった」

憂「送るね」

梓「うん。それでは先輩方」

律「またなー」

澪「じゃあね」

唯「あっずにゃん」ダキッ

サッ

憂「お、お姉ちゃん」

唯「最近冷たいよ~」スリスリ

梓「・・・では」

スタスタ

さわ子「・・・」

和「・・・」

律「はい、澪」

澪「ありがと・・・。律がはまったくらいだから期待してしまうな」

律「むぎもな」ニカッ

さわ子「一番心配していそうな梓ちゃんが・・・」

和「一番落ち着いていましたね」


律「あ、澪・・・」

澪「ん?」

律「風音とピノともう一人いるんだぜ」

澪「どういう事だ?」

律「このデジカメ写真をみよ!」デデーン

純「熊のぬいぐるみ・・・?」

澪「も・・・もしかして・・・」ガタガタ

律「イエス。本物です」

澪「そんな!!」

さわ子「本物の小熊・・・」

和「すごい子がいたのね・・・」

律「・・・この子も色々あるんだけどな」

澪「・・・そっか」

純「いろんな人がいるんですね」

さわ子「なるほどねぇ・・・」

唯「りっちゃん!澪ちゃん!!」

律「なんだー?」

澪「どうした?」

和「どうしたのよ興奮して・・・」

唯「あずにゃんとむぎちゃんで演奏したんだって!」

律「それは青森から仙台まででもやってただろ」

澪「またやっても不思議では」

唯「観客は店員さんたちだよ!車掌さんも!!」

律「なに・・・」

澪「それは・・・」

唯「演奏したのはHoney sweet、ときめきシュガー、いちごパフェだよ!」

律「なにー!」

澪「・・・!」

唯「弾き語りでツインボーカルしたって!!」

律「くはっ」

バタン

澪「はうっ」

バタン

純「おぉ」

和「本当に話題が尽きないわね」

憂「楽しそうですね」

唯「あぁー、聞きたかったー!」

さわ子「部室で歌わせましょうか」

和「澪・・・」

澪「ん?」

さわ子「・・・?」

和「繰り返すようだけど、むぎは大丈夫なの?」

澪「大丈夫だよ」

憂「・・・」

純「・・・」

唯「・・・」

和「今は・・・、あなたたちがいないわ」

澪「今まで出会ってきた人たちを思い起こせばいいんだ」

律「・・・」

澪「きっと、その人たちが支えてくれる。・・・それに」

さわ子「それに?」

澪「むぎはこの旅を途中で終わらせようとはしない」


~~~

梓『それじゃ、さようなら』

唯『じゃあね、バイバイ』

澪『さよならだ』

律『元気でな』

『まって・・・っ!』

静花『さようなら』

・・・・・・

・・・

プシュー

紬「・・・」

紬(また・・・)

コンコン

紬「眠っていたの・・・ね」

コンコン

紬「!」

コンコン

紬「は、はい・・・」

ガチャ

『むぎ先輩!』

紬「あ・・・」

秋子「個室にいたんですね~!探していたんだから~!」

紬「・・・」

秋子「あ~、私じゃいけなかったような顔ですね~!」

紬「あ、いえ・・・」

秋子「冗談ですよ~、小郡に着きましたよ。降りてみませんか?」

紬「いえ・・・、今は・・・」

秋子「いいからいいから~」

グイッ

紬「あ・・・」

秋子「すぅ~、はぁ~」

紬「・・・」

秋子「外の空気を吸っておきましょう」

紬「・・・はい」

秋子「・・・」

紬「・・・」

秋子「私の話をしてもいいですか・・・?」

紬「・・・?」

秋子「私って思い込んだら一直線で・・・、なんてキレイに言ってはダメですね」

紬「・・・」

秋子「一人で勝手に突っ走っちゃって、いつも周りに迷惑をかけるんです。大切な人だから

近くにいたくて、なにかしてあげたくって!」

紬「・・・」

秋子「・・・でも、それが毎回うまくいかなくて・・・強引すぎるって、やりすぎだって、迷惑だ

って」

紬「・・・それは」

秋子「大切な人ほど離れて行っちゃうんですよね~」

紬「・・・っ」ズキッ

秋子「でも・・・、ヴェガでは・・・そんな私を受け入れてくれたんです」

紬「え・・・」

秋子「迷惑をかけても、私に付き合ってくれて。困った顔しているのに、しょうがないなっ

て顔で私を見てくれたんです」

紬「そうなんですか・・・」

秋子「さわ子先生も・・・私はただ付き纏っていただけなのに・・・最後は楽しかったと言ってく

れて
   みなさん優しくて、もらってばっかりで、なにかお返しをしたくって」

紬「・・・」

秋子「でもそれじゃ、いつまで経っても変わりませんから・・・。だからこれで最後にします

!」

紬「どういう意味ですか・・・?」

秋子「紬さんを振り回して私の旅は終わりなんです!」

紬「・・・?」

秋子「今の紬さんは立ち止まっています!それでは目的地に辿り着けません!」

紬「あ・・・」

秋子「なんて・・・」

紬「・・・」

秋子「紬さん・・・菜々子さんの受け売りなんですけど・・・」

紬「菜々子さんの・・・?」

秋子「『本当に大事なものは簡単に手に入れたらいけない』」

紬「・・・!」

秋子「今は少しだけ景色をみましょう、ヴェガが走り出すまで一休みです」

紬「・・・はい」

・・・・・・

・・・

prrrrrrrr

秋子「空気入れ替えましたか?」

紬「・・・はい」

秋子「それじゃ、行きましょう~!」

タッタッタ

紬「・・・」

トボトボ

プシュー

ガタン ゴトン


紬「あ・・・」

秋子「修治さん、ヒマそうですね~」

修治「そうだぜ!」

『さっすがむぎちゃん、大正解だよ~ん!』

紬「・・・」

秋子「修治さんを見つめてどうしたんですか?」

修治「いや、その目は俺を見ていないな・・・」

紬「あ・・・」

秋子「?」

修治「なんてね、じゃあね~」

スタスタ

紬「鳥羽さんに失礼な事を・・・」

秋子「・・・気にしないと思いますよ?」

紬「・・・」

秋子「さ、動力車へ行きましょう」

紬「なにか・・・あるんですか・・・?」

秋子「私次の博多で降りるので、挨拶がしたいんです」

紬「・・・っ」ズキッ

秋子「そんな顔しないで下さい~!」

紬「ごめんなさ」

秋子「行きましょう~!」

グイグイ

紬「っ・・・」


風音「あ・・・、紬さんと秋子さん」

『あ、むぎさんも車掌さんに用事?』

紬「・・・」

秋子「車掌さんはいないんですか~?」

風音「はい、いないみたいです」

秋子「そうですか、しょうがないですね」

風音「・・・」

紬「・・・」

秋子「ピノちゃんはお部屋ですか?」

風音「はい。部屋でおとなしくしています」

紬「・・・」

風音「紬さん・・・」

紬「・・・」

風音「食堂車へ一緒に行きませんか?」

紬「・・・?」

風音「ゆっくりお話がしたいなーと思って」

秋子「後で行くつもりですよ~」

風音「そうですか・・・、それなら後で行きますね」

紬「はい・・・」

風音「それでは」

スタスタ

秋子「後で~」

紬「・・・」

秋子「次は売店車ですね!」


11