静花「話を聞いていまして!?」

菜々子「そんなら、あんたは写らなきゃいいだろ?」

静花「コホン。そういう訳にはいきませんの」

紬「さぁさぁ、こっちですよ~」

グイグイ

静花「ひっぱらないでくださいっ・・・」

菜々子「思い出してるのか分からないな」

修治「・・・そうですね」

秋子「姉御さまもはやくー!」

菜々子「はいよー」

タッタッタ

修治「・・・ふむ」

緑「・・・」

風音「北上さんもどうですか~」

修治「え、北上さん・・・どこにいるんだ・・・?」キョロキョロ

緑「・・・」

紬「一緒に撮りましょう~」

修治「うおっ」

緑「・・・」

スタスタ

修治「・・・無言か」

静花「きゃー!菜々子さんこっちにこないでくださいましー!」

菜々子「寄らないと写らないだろ!」

静花「私は落ち武者と友達になるつもりはありませんわー!」

菜々子「私にだってないよ!」

秋子「大丈夫です、私と姉御さまのパワーがあれば!」

紬「そうです!」

ピト

静花「・・・え?」

紬「うふふ」

風音「撮るそうですよ、いいですか?」

緑「撮るっていってるけど・・・いいの?」

修治「声届いてないのー!?」

菜々子「いいよー!」

秋子「おっけーでーす」

風音「いいですよー」

緑「・・・」

静花「つむぎ・・・」

紬「いいですよ~!」

修治「はい、チーズ!」カシャ


秋子「それじゃ姉御さま、またあとで~!」

菜々子「列車でな」

紬「弥山は低いですね」

風音「そうですね・・・」

修治「他の山がいいと思う」

風音「そうですね。それではピノが待っているので私もこれで・・・」

紬「はいはい~」

緑「・・・じゃ」

スタスタ

修治「中野さんの時と同じ挨拶か!」

菜々子「・・・」

静花「紬さん・・・あなた・・・私を誰だかご存知ですの?」

紬「はい・・・?」

修治「・・・」

静花「・・・」

紬「鹿島静・・・花さんですよね・・・?」

静花「そうです、社交界に咲く麗しき白百合とは私の事ですわ、オーッホッホッホ」

紬「なるほど~」

静花「くっ・・・」

修治「どうして静花さんはたじろいだのでしょうか」

菜々子「大抵の人はこの高圧的な態度でひくんだよ」

修治「・・・そうですか」

静花「・・・」

菜々子(どうしてそこから先を言わない・・・)


紬「次はどこへ?」

静花「私はこれから中央通りへ行きますの」

紬「それなら私も行きます!」

静花「・・・」

紬「行きませんか?」

修治「・・・」

静花「どうして、私を気にかけますの?」

紬「え・・・?」

静花「私をどう捉えていますの?」

紬「えーと、姉のような・・・?」

静花「!」

菜々子「・・・」

修治「・・・」

紬「私に姉がいたら静・・・花さんのような感じなんだろうな・・・って」

静花「私と会ったのは京都で、それほど時間は経っていませんわよ」

紬「・・・はい。でも、大阪駅で助けてくれて、展望車で朝まで付き合ってくれて」

静花「それは菜々子さんもですわ」

紬「私とあずさちゃんの話をよく聞いてくれて」

静花「内容が面白かったからですわ。それ以上の意味はありませんわよ」

紬「・・・」

静花「誰と重ねているのか知りませんが、それは」

菜々子「静花!」

修治「・・・」

紬「え・・・」

静花「とにかく、私はこれから人と会いますの。ですから一人で行きます」

紬「・・・はい」

静花「それでは」

スタスタ

紬「・・・」

菜々子「・・・ちっ」

修治「・・・」

紬「菜々子さん・・・、静・・・花さんは・・・」

菜々子「・・・今は何もいえない」

紬「そうですか・・・」

修治「・・・」

菜々子「・・・」

紬「・・・」

修治「あ、そうだ。広島名物でも食べにいかない?」

菜々子「・・・そうだな。紬ちゃんも行こう」

紬「・・・」

修治「行こう行こう!」

菜々子「さ、行こうよ」

紬「・・・はい」


ゴスッ

修治「あいたぁ!」

菜々子「なんでまたお好み村に来てんだよ!」

修治「えぇと・・・、激辛つけめんとカキフライがあったんですけど・・・」

菜々子「激辛つけめんか・・・」

修治「どっちも琴吹さんに合わないかなぁ・・・って」

紬「激辛つけめんで・・・」

修治「激辛だよ!?」

菜々子「激辛つけめん探してきな!」

修治「はいよっ!」

タッタッタ

菜々子「便利なやつ・・・」

紬「・・・」

菜々子「もうそろそろお昼だな」

紬「そうですね・・・」

菜々子「移動ばっかりで観光できなかったね」

紬「・・・」

菜々子「あっちぃ・・・早く店に入りたいな」

紬「・・・」

菜々子「・・・・・・アイツのことはさ・・・今は考えないでいいよ」

紬「・・・」

菜々子(無理な話か・・・)

秋子「あ~!やっぱりいた~!」

菜々子「げっ」

秋子「修治さんが走っているのをみて、もしかしたら~と思って探していたんですよ~!」

紬「・・・」

菜々子「あのね・・・今は」

秋子「どうせだったら一緒に来たら良かったですね~!」

紬「・・・」

菜々子「秋子ちゃん・・・」

秋子「はい?」

菜々子「今は・・・」

秋子「そういえば静花さんもいましたよ~」

紬「!」

菜々子「・・・アイツの事はいいからさ」

秋子「そうなんですか?雰囲気がおかしかったから」

紬「どういう事ですか・・・?」

秋子「変な男の人と話をしていて、静花さんらしくない笑顔をしていました」

菜々子「なんだそれは・・・」

紬「・・・」

秋子「私はそのまま通り過ぎましたけど・・・」

菜々子「・・・」

紬「・・・どこ・・・ですか?」

菜々子「まった」

紬「・・・」

菜々子「行ってどうする?」

紬「それは・・・」

菜々子「多分誰にも見られたくない場面だと思う」

紬「・・・」

菜々子「おせっかいで首を突っ込んでいい状況じゃないんだよ」

紬「でも・・・このままだと・・・」

菜々子「このままだと?」

紬「・・・今の気持ちをうまく言えませんけど」

秋子「?」

紬「どうして厳島であんな態度を取らせてしまったのかが・・・分かるような気がして」

菜々子「それは好奇心なの?」

紬「違う・・・と思います・・・」

菜々子「それじゃ、なに?」

紬「最近私、大切な事を忘れている気がして・・・」

菜々子「!」

紬「静・・・花さんの近くにいたら思い出せそうで・・・」

菜々子「・・・」

紬「いえ、思い出していたのかも知れません」

菜々子「思い出すことがいい事だとは限らないよ。それを受け入れられる?」

紬「菜々子さん知っているんですか?」

菜々子「大体は・・・。けど、肝心な所は知らない」

紬「・・・行きます」

菜々子「分かった」

秋子「こっちです」

紬「お願します」

菜々子「・・・」

修治「見つけた・・・よ・・・?」

菜々子「修治も来い。律と約束したんだろ」

修治「・・・うん」

紬「りっちゃんと約束?」

修治「うん、琴吹さんを無事最後まで送り届けろって」

紬「りっちゃん・・・」

菜々子「・・・」

秋子「あの店です」

紬「ありがとうございます」

菜々子「最後の通告だよ」

紬「・・・」

菜々子「踏み込んでいいんだね?」

紬「・・・」

『時間が経てばこの感情も薄れていくんでしょうね』

紬(あずさちゃんの言葉で胸が痛んだ理由・・・)

菜々子「・・・」

紬「はい」

菜々子「よし、入ろう。秋子ちゃんと修治はここにいて」

秋子「はい」

修治「うん」


菜々子「様子をみるか・・・」

紬「・・・悪い人だったらお願いします」

菜々子「任せとけ」

「そんな、謙遜だなんて・・・」

菜々子「静花・・・?」

「可愛らしいお嬢様と比べたら私など、腐った渋柿」

菜々子「あの傲慢でプライドの高いアイツが・・・」

紬「どうして・・・?」

「そうですか!はい、いくらでも構いません」

菜々子「・・・・・・しまった・・・」

紬「菜々子さん・・・?」

「はい、我がカーシグループに融資をしてくださるのなら」


菜々子「やってしまった・・・・・・・・・」

紬「え・・・?」

「はい、はい。何卒、何卒よしなに・・・」

菜々子「私はともかく、紬ちゃんが聞いちゃダメだったんだ・・・」

紬「・・・」

「ふぅ・・・」

菜々子「ごめん・・・」

紬「どういう・・・」

「出てらっしゃいな、菜々子さん」

菜々子「・・・」

「まったく・・・、こんな所まで・・・」

菜々子「すまないことをした・・・静花」

静花「・・・あなたは私の家の事情を知っているじゃないですか」

菜々子「いや・・・それじゃないんだ」

静花「・・・?」

紬「・・・」

静花「!」

紬「・・・あの」

静花「・・・」

菜々子「・・・」

紬「・・・」

静花「はぁ・・・。これは・・・運命なんでしょうね・・・」

紬「・・・」

静花「だとしたら、誰を恨めばいいのでしょうか・・・」

菜々子「静花・・・」

静花「外に出ましょう・・・」

紬「・・・」

静花「近くの公園で話ましょうか・・・」

紬「はい・・・」

菜々子「私は全部分かったから・・・」

静花「そうですわね。行きましょう紬さん」

紬「・・・」


7