ガタンゴトン 

ガタン 

プシュー

律「よっ!」ピョン

シュタ

梓「よっ」ピョン

シュタ

律梓「「 広島! 」」

梓「です!」

律「旅は終わった!」

秋子「お疲れ様ですー!」

静花「長旅お疲れ様ですわ」

風音「お疲れ様です」

菜々子「よく無事にたどり着けたな」

律「へっへー、ありがとー」

紬「・・・」

梓「どの列車で帰るんですか?」

律「あー、ここでいいや」

紬「え・・・」

秋子「見送りたいです~!」

風音「はい・・・」

ピノ「ピピッ」

律「いいって、観光時間限られてるんだからさ、そっち優先な」

菜々子「そっか・・・」

梓「・・・」

秋子「楽しかったです!」

律「私もだ!秋子ちゃんきをつけてな!」

秋子「はいー!」

風音「ピノ」

ピノ「ピピッ」

ピョン

律「お、挨拶してくれるのか」

ピノ「ピッ」

律「ピノも辛いだろうけど、風音を支えてやりなよ?」

ピノ「ピピッ」

ピョン

風音「律さん、ありがとうございました」

律「いいって、やりたくてやったんだからさー。もっと一緒に観光したかったな」ニカッ

風音「そうですね、もっと色々と見てまわりたかったです」

紬「・・・」

律「緑ー!」

緑「・・・」

律「じゃあなー!」

緑「・・・じゃ」

スタスタ

梓「北上さんいたんですか!?」

律「あぁ、さっきからな」

紬「・・・」


車掌「田井中さん」

律「あ、車掌さん・・・。これ、お返しします」

車掌「はい、乗車証確かに受け取りました」

律「・・・」

車掌「当特急ヴェガへのご乗車誠にありがとうございました」

律「色々とお世話になりました。とーーーーっても楽しかった!!」

車掌「ふふっ、これ以上ないお言葉です」

律「へへっ」

車掌「後の事はお任せください」ニコ

律「はい」

紬「・・・?」

静花「・・・」

菜々子「・・・」

律「むぎの事・・・、よろしくお願します」

菜々子「任せときなって」

静花「・・・えぇ」

律「じゃ、行くわ」

紬「・・・」

梓「・・・」

律「梓・・・」

梓「はい?」

律「大丈夫だって」

梓「・・・はい」

紬「・・・」

律「むぎ」

紬「・・・?」

律「これ・・・健康祈願のお守り」

紬「あ・・・」

律「持ってて、ご利益あるからさ」

紬「・・・うん、分かった」

律「私ら待ってるからさ、帰ったら演奏しような」

紬「うん!」

律「よし。じゃあみんな元気でな!」


タッタッタ

静花「お元気で」

秋子「さよならですー!」

風音「さようならー!」

ピノ「ピピッ」

菜々子「じゃあなー!」

梓「・・・」

紬「・・・」

車掌「行ってしまいましたね」

修治「ひでえ・・・」

菜々子「え!?」

梓「挨拶してなかったんですか!?」

静花「言葉が出ませんわ・・・」

紬「えぇと・・・」

修治「ま、まぁ・・・俺と律の別れに言葉はひ、必要ない・・・って事かなぁ」タラタラ

秋子「・・・見ていられないです」

風音「あ、あの・・・元気出してください」

梓「そ、そうですよ!後で・・・伝えておきますから・・・」

修治「うん、へこんでいたと伝えてね・・・」ズドーン

紬「わ、分かった!」

修治「あは・・・は・・・」

菜々子「あーぁ」

静花「・・・」

秋子「それじゃ、姉御さま。また後で!」

菜々子「あぁ、後でな」

風音「私も後ほど・・・」

車掌「みなさんお気をつけて・・・」


静花「釈然としませんわ」

菜々子「なにが?」ニヤリ

静花「律さんはあなたを見ていたじゃないですか」

菜々子「へへっ、そういう事だろ~」

静花「まぁ!私も後で合流いたしますわ。ふんっ」

ズンズン

紬「あ・・・」

梓「・・・」

菜々子「・・・」

修治「・・・」

菜々子「よし、行くぞ修治」

修治「はいよっ、ってどこへ?」

菜々子「時間つぶしに付き合え」

修治「はいよっ」

菜々子「紬ちゃん、梓、また後でねー!」

梓「はいです!」

紬「はーい」

スタスタ

梓「むぎ先輩、最後の観光です!」

紬「さぁ、行きましょー!」


梓「ちょうど引き潮ですよむぎ先輩!」

紬「ほんとね、鳥居をぐぐりましょう!」

梓「はいです!」

紬「・・・」

ザッザッザ

梓「・・・」

ザッザッザ

紬「海の中に聳え立つ鳥居・・・」

梓「不思議な場所ですね・・・」

紬「さぁ、くぐりましょう」

梓「はい」

紬「・・・」

スタスタ

梓「・・・」

スタスタ

紬「・・・」

梓「・・・」

紬「違う空間へ入ったような」

梓「妙な感覚になりますね」

紬「あっ、背後の弥山の緑がいいわね~」

梓「はい、夕陽も相まって・・・、いい景色です」

紬「・・・」

梓「・・・」

紬「・・・」

梓(むぎ先輩との静寂って・・・心地いい・・・な)

紬「・・・」

梓「むぎ先輩・・・」

紬「なぁに?」

梓「これ・・・、預かっててください」

紬「これは・・・」

梓「はい。ラッキーコインです」

紬「・・・」

梓「むぎ先輩の旅の終わりまで持っていて欲しいんです」

紬「・・・」

梓「むぎ先輩・・・?」

紬「・・・」

梓「・・・」

紬「分かったわ。帰ったらちゃんと返すわね」ニコ

梓「・・・っ」

紬「・・・?」

梓「・・・はい!私たち待ってますから!」

紬「うん」

梓「えへへ・・・」ホロリ

紬「あずさちゃん・・・」

梓「なんですか?」

紬「どうして・・・泣いてるの・・・?」

梓「・・・え」

紬「待ってて・・・」

梓「・・・あれ、どうして?」

紬「じっとしててね」フキフキ

梓「あ・・・、すいません」

紬「・・・」

梓「もう終わるから・・・、ちょっと寂しくなったみたいです」

紬「・・・」

梓「この旅は・・・」

紬「・・・?」

梓「たくさんの別れがありましたね」

紬「・・・っ」

梓「でも、出会いがありました」

紬「・・・」

梓「だから、もうちょっと続いて欲しいんです」

紬「・・・」

梓「もうちょっと誰かと一緒にいたいから・・・寂しいんです」

紬「そう・・・」

梓「はい」

紬「・・・」

梓「ん~・・・」ノビノビ

紬「・・・」

梓「ふぅ・・・。時間が経てばこの感情も薄れていくんでしょうね」

チクッ

紬(・・・・・・今・・・胸が・・・)

梓「でも・・・、この感情が生まれた事はいい事なんだと思います」

紬「・・・」

梓「旅と呼ぶ理由ですね」

紬「・・・うん」

梓「むぎ先輩・・・」

紬「?」

梓「ヴェガに乗せてくれてありがとうございました」

紬「・・・それは」

梓「切符があったから、じゃないです。むぎ先輩と乗れた事が、放課後ティータイムで乗れ

た事が重要なんです」

紬「・・・」

梓「みんなで乗れたから、色んな人と出会えて、たくさんの景色を見ることができて」

紬「・・・」

梓「ここまで・・・、辿り着けたんだと思います」

紬「・・・」

梓「きっとそうなんです」

紬「・・・」

梓「だから・・・安心していいんだ」ボソッ

紬「・・・?」

梓「へへ、語りすぎましたね」

紬「・・・」

梓「・・・」

紬「・・・」

梓(むぎ先輩にこんな表情をさせたのは・・・・・・・・・私だ・・・)

紬「・・・」

梓「あ、みんなと言うのはもちろん・・・4人も含まれますよ」

紬「・・・4人?」

梓「憂、純・・・さ・・・」

紬「さ?」

梓「さわちゃんとのどかちゃんです!!!」

紬「!!!」

梓「い、今の私とむぎ先輩の秘密ですからね!!」

紬「まぁ・・・」

梓「だ、誰にも言っちゃだめですからね!!」

紬「まぁまぁ・・・」

梓「むぎ先輩!分かったって言ってください!」

紬「まぁまぁまぁ・・・」

梓「むぎ先輩~!」ユッサユッサ

紬「まぁまぁまぁまぁ・・・」グラグラ

梓「ど、どうしよう・・・、とんでもない事をしてしまった・・・」

紬「まぁまぁまぁまぁまぁ・・・」

梓「しっかりしてください!」

紬「・・・私たちもちゃん付けで呼んでみない?」

梓「ッ!?」

紬「ちょっとまってね」

ピッ

紬「どうぞ」

梓「・・・!」

バシッ

紬「あ・・・」

梓「・・・」

ピッ

紬「・・・」ションボリ

梓「録音しようとしないでください・・・」サァー

紬「・・・だめ?」

梓「と、当然ですっ!」

紬「むー」

梓「もう言いませんよ」

紬「・・・しょぼん」

梓「さ、行きますよ」

ギュ

紬「あ・・・」

梓「もう一回社を見て、お好み村です」

グイグイ

紬「うん」


2