風音「ゴロウ・・・」

紬「・・・」

風音「・・・どこ行ったの・・・・・・」

紬「みんなで探しているからすぐ見つかるわ」

風音「は、はい・・・」

紬「・・・」キョロキョロ

風音「・・・」

ガサゴソ

紬「・・・?」

風音「・・・ゴロウ」

紬「風音さん、あれ!」

風音「あっゴロウ!!」

紬「線路に降りて」

風音「・・・っ!」

ザッ

紬「風音さん・・・!」

ザッザッザ

ゴロウ「・・・」モゾモゾ

風音「ゴロウ!」

ギュウ

紬「・・・」

ゴロウ「・・・グァ」

風音「もぅ・・・」

紬「怪我は無い?」

風音「・・・はい、大丈夫みたいです」

紬「良かった・・・。つかまって」

風音「は、はい」

紬「よいしょ」

グイッ

風音「・・・っ!」

紬「・・・ふぅ、よかった~」

風音「紬さん力強いですね」

紬「うふふ」

風音「ほら、ゴロウもお礼を言って」

prrrrrrrrrrrrrr

紬「大変!早く乗らなくちゃ!走って!」

タッタッタ

風音「は、はい!」

タッタッタ

風音「あ・・・」

修治「・・・」コクリ

紬「私たちもはやく!」

風音「はい!」

プシュー

ガタン ゴトン ガタンゴトン

紬「はぁ~、よかった間に合って」

風音「・・・すいません、迷惑かけっぱなしで・・・」

紬「ううん。協力するって言ったわ」

風音「・・・っ!」

紬「さて、ここ展望車から個室までが勝負よ」キラン

風音「・・・そうですね」

ゴロウ「・・・」モゾモゾ

―――

しのぶ「いらっしゃいませ、遊んでいかれますか?」

紬「ええと、後でまたきます」

しのぶ「そうですか。・・・あら?」

風音「!」ギクッ

しのぶ「それは・・・クマの人形ですか?」

紬「あ、あの・・・」

梓「しのぶさん、ゲームしたいので預けたコインをお願します」

しのぶ「はい、少々お待ちください」

スタスタ

梓「今です!」

紬「あずさちゃんありがと~」

風音「ありがとうございます」

ゴロウ「・・・」


紬「やっと四号車まできたわね・・・」

風音「人が来ます・・・っ!」

紬「ど、どうしよう」

緑「そのまま行けば大丈夫よ」

紬「え・・・?」

緑「人形として扱えば疑われないって事」

風音「し、知ってたんですか・・・?」

緑「何度か外に連れ出してるでしょ・・・」

風音「・・・」

ゴロウ「・・・」

紬「行きましょう・・・」ゴクリ

風音「・・・はい」ゴクリ

「・・・」スタスタ

紬「・・・」トボトボ

風音「・・・」トボトボ

「・・・」スィー

紬「・・・」ホッ

風音「・・・」ホッ

紬「ありがと・・・あら?」

風音「いませんね・・・」

ゴロウ「・・・ガァ」モゾモゾ


紬「個室が遠いわ・・・」

風音「・・・はい」

紬「!」

風音「食堂車のコックさん!?」

ゴロウ「・・・」モゾモゾ

風音「動かないで」ヒソヒソ

コック「ん?どうした?」

紬「い、いえ・・・なんでも~」

風音「ないですよ?」

ゴロウ「・・・」モゾモゾ

コック「おい、それ・・・」

修治「ごめんなさい料理長!」

コック「ん?」

修治「正直に言います。中華鍋を持ち出してそれに砂を入れて筋トレしてましたー!」

コック「よし、よく言った。来い」グイッ

修治「お手柔らかに・・・」ズルズル

コック「皿洗いだけで済ませてやる」

修治「やった!」

紬「・・・ふぅ」

風音「修治さんに悪いことを・・・」

律「気にすんなって、喜んでいたからさ」

紬「喜んでいたの?」

律「やった!って言ってただろ?」

風音「それは違うんじゃ・・・」

ゴロウ「・・・」

風音「もぅ・・・今ごろ大人しくして!」

紬「うふふ」

律「さ、あとは1号車と売店車だ!」

風音「・・・」

紬「このまま行きましょー」


車掌「あら?」

紬「・・・」

風音「・・・」

律「・・・」

ゴロウ「・・・」

車掌「それはクマのぬいぐるみですか?」

紬「は、はい、そうです」

風音「・・・」ウンウン

律「・・・」

車掌「私クマのぬいぐるみ大好きなんです。抱かせてくれませんか?」ウキウキ

紬「え、えぇと・・・」

風音「あ、あの・・・」

律「車掌さんに相談したい事があるんですが・・・」

車掌「はい。よろしいですよ」

律「・・・ここじゃなんですから」

車掌「車掌室でよろしいですか?」

律「はい・・・」

紬「りっちゃん・・・?」

律「ちょっと話してくる・・・後でなー」

スタスタ

風音「律さん・・・私のために?」

紬「そうだと思ったんだけど・・・雰囲気が・・・」

ゴロウ「・・・ガァ」モゾモゾ


風音「本当に・・・ありがとう・・・」

ゴロウ「・・・」モゾモゾ

紬「いえいえ~」

風音「それでは後ほど・・・」

紬「うん、後でね」

風音「はい」

バタン

紬「・・・」


―――

車掌「どうぞお掛けください」

律「・・・はい」

車掌「・・・」

律「・・・むぎの事なんですけど」

車掌「はい」

律「・・・むぎは何に耐えているんでしょうか」

車掌「・・・」

律「・・・たまに、らしくない表情するんです」

車掌「田井中さん」

律「は、はい」

車掌「自然に話をしてくれて構わないですよ」

律「あ・・・」

車掌「・・・」

律「うん・・・ありがと。梓もそれに気づいてて・・・私も広島で降りるから」

車掌「不安ですか?」

律「うん・・・」

車掌「唯さんと澪さんも、今の律さんと同じ顔なされていましたね」

律「え・・・唯も・・・?」

車掌「はい。気づかないフリをしていたのか、安心していたのかは分かりませんが」

律「そうか・・・だから部室で演奏しようって言いだしたのか・・・秘密だって言ってたくせに」

車掌「・・・」

律「澪は分かるけど・・・、意外だ」

車掌「唯さんはそういう所敏感に察知していらっしゃいましたよ」

律「・・・私らの方が付き合い長いのに」

車掌「私も色々な乗客をみてきましたから」

律「そっか・・・」

車掌「私どもに・・・、いえ乗客みなさんを信じてもらえないでしょうか」

律「え・・・?」

車掌「菜々子さん、静花さん、秋子さん、風音さん、緑さんです」

律「・・・!」

車掌「みなさん、紬さんに惹き寄せられた方ばかりだと思いますよ」

律「・・・うん、そうだな・・・分かった!」

車掌「ありがとうございます」


ガチャ

律「ありがとー!」

車掌「いえいえ」

バタン

紬「・・・」

律「あ、むぎ・・・」

紬「りっちゃん・・・」

律「・・・」

紬「・・・」

律「・・・やっぱりむぎはすげえな」

ギュ

紬「えっ?」

律「さ、梓の所行こうぜー!」

グイグイ

紬「り、りっちゃん」



ジャラジャラジャラ

梓「うーん・・・」

ピッ

しのぶ「4よりHiかLowか」

梓「Low」

タララッター

しのぶ「正解」

梓「・・・」

しのぶ「次はQよりHiかLowか」

梓「Hi」

タララッター

しのぶ「すごいですね」

梓「・・・」

しのぶ「次は7」

梓「・・・Hi」

タララッター

しのぶ「・・・ついてますね」

梓「スリルが味わえませんね」

律「贅沢だぞー」

紬「すごいわ、あずさちゃん!」

梓「あ、どうでしたか?」

紬「大丈夫よ~」

梓「そうですか、よかったです」

しのぶ「中野さんすごいですよ、今まで外していません」

律「すごいなー、どうしたんだよ」

梓「・・・いつもなら喜べるんですけど」

紬「・・・嬉しくないの?」

律「お、勝者の余裕か?」

しのぶ「・・・」

梓「・・・律先輩続きやります?」

紬「えーと、次で勝てば倍の2000枚ね」

律「なんでそんな大舞台を私に託すんだよっ」

梓「・・・いえ」

しのぶ「勝負師の血が騒ぎませんか?」

紬「騒がない?」

律「そんな血流れてねえ!」

梓「そうですか。えと、5よりLowで」

タララッター

しのぶ「正解」

梓「変な勝ち方ばっかりするんです、この運は逆に・・・怖いです」

紬「怖い?」

梓「・・・はい、最初はこのラッキーコインのおかげだと思ったんですけど」

紬「・・・?」

律「よし、やってやるよー!」

しのぶ「次勝てば4000枚ですよ!」

紬「頑張って!」

梓「・・・KよりHiかLowか」

律「なんだこれ楽勝~」

ピッ

しのぶ「あ、ドローです」

律「・・・」

紬「次はジョーカーよりっちゃん!」

梓「ジョーカーより上はAだけです」

律「じゃあLowだろ」

しのぶ「よろしいですね?」

律「そういうプレッシャーは・・・」

梓「・・・私はHiです」

紬「私も」

しのぶ「ノーコメントで」

律「・・・私が意見に左右されてしまいそうだー!」

梓「・・・」

律「ぐっ・・・HiとみせかけてLowだ!」

ピッ

しのぶ「A」

梓「残念です」

律「なっ!?」

紬「あらあら」

梓「先輩方続けますか?」

律「いや、いい・・・」

紬「私もいいわ~」

梓「それじゃ止めましょう」

しのぶ「帳簿のコインはどうなさいますか?」

梓「むぎ先輩ゲームします?」

紬「一緒に遊べる人がいないわ」

梓「そうですか・・・。それならしのぶさん、帳消しでお願します」

しのぶ「はい、かしこまりました」

律「ちなみに何枚あったんですか?」

しのぶ「5万枚です」

律「えー!」

梓「少しもったいないですね。お世話になりました」

しのぶ「いえいえ、楽しんでいただければなによりです」ニコ



ちひろ「いらっしゃいませ~」

紬「広島の観光ガイドをお願します」

ちひろ「はい、どうぞ」

紬「ありがとうございます」

ちひろ「・・・あ、そういえばお客さん?」

紬「はい?」

ちひろ「・・・」

紬「?」

ちひろ「みなさんと仲良しさんですよね~」

紬「そ、そう見えますか?」

ちひろ「はい~」

紬「・・・それでは」

ちひろ「また来て下さいね~」


85