車掌「こちらとしては問題ありませんが・・・」

梓「でも・・・私たちばかり待遇よくしてもらっては・・・」

秋子「そんなのいいからいいから~」

紬「・・・」

車掌「・・・」コクリ

梓「あ・・・。それじゃお言葉に甘えて・・・」

紬「まぁ」キラキラ

秋子「きゃ~!それじゃ姉御さまも誘ってきますね~!」

タッタッタ

梓「強引ですね・・・」

車掌「田井中さんはどうでしょう?」

紬「りっちゃんに聞いてきますっ!」

タッタッタ

梓「・・・」

車掌「心配ですか?」

梓「はい・・・」

車掌「・・・」


―――

紬「りっちゃーん」

律「どういう意味だコラァ!」

ギリギリ

修治「ちがっ・・・首絞まって・・・」

紬「あらあら、仲良しね~」

律「!」ビクッ

修治「本気で絞めたな・・・」ゲホゲホ

律「なんでもないぜー」

紬「?」

修治「どう言っても悪く取るじゃんかー」

律「うっさい!」

紬「どうしたの?」

修治「・・・」

律「風音の事だ」

紬「・・・どうなったの?」

修治「協力するにはする・・・けどさ」

律「・・・」

紬「けど・・・?」

修治「重要なときだけだ」キリ

律「かっこつけやがって」

紬「・・・どういう事?」

修治「ふざけは無しにして・・・。ゴロウが野生に戻るなら俺は抱き上げない方がいいと思うんだ」

律「・・・」

修治「人間に慣れたら自然に戻ったとき生きていくのが困難になるから」

紬「・・・」

修治「風音さんや琴吹さんのようないい人たちばかりじゃないでしょ」

律「まぁな・・・」

修治「だから、俺が関わるのは最低限の事だけね」

紬「・・・うん」

修治「困ったらなんでも言ってくれ」キラン

律「はいはい。よろしくー」

修治「・・・」ションボリ

紬「でも、ありがとう」

律「ありがとな」

修治「・・・うん。話聞いたけど、風音さん辛そうだな」

紬「・・・」

律「あぁ・・・、つらそうな顔で話してくれたよ」

修治「・・・そっか」

紬「あずさちゃんにも話しては・・・?」

律「話くらいならいいんじゃないか?」

修治「うん、好奇心だけで近づくのが良くないって意味だからね」

紬「・・・そうね!」

律「・・・うむ」

修治「それじゃ、そん時は声かけてね~」フリフリ

スタスタ

紬「ありがと~」

律「・・・」

紬「・・・」

律「・・・?」

紬「鳥羽さんってりっちゃんに似てるよね」

律「ッ!?」

紬「・・・?」

律「」

梓「すごいショックだったみたいですね」

紬「あらあら」

律「」

梓「どっちかっていうと唯先輩かと思いますけど」

律「あー、すまん。私は到着次第降りるわ」

紬「そうなの・・・」ズドーン

梓「そうですか・・・」

車掌「分かりました。では中野さん、手配の方はおまかせください」

梓「ありがとうございます」

車掌「いえ・・・、それでは失礼します」

スタスタ

律「明日の朝に用事が入っててさ、ごめんな」

紬「ううん、気にしないで~」ニコ

梓(また・・・)

律「・・・」

紬「どうしたの?」

梓「・・・」

律「いや、なんでもない」

紬「りっちゃん、風音さんの事教えてはどう?」

梓「・・・」

律「あぁ・・・。梓?」

紬「あずさちゃん?」

梓「え・・・?」

律「・・・」

紬「やっぱりどこか調子が悪いんじゃ・・・」

梓「いえ、大丈夫ですよ」

律(大丈夫って顔してないぞ)

紬「・・・」

梓「それで、なにを教えてくれるんですか?」

律「実はな・・・。風音の事なんだが・・・」

紬「・・・」

梓「は、はい・・・」

律(梓の空気がむぎにも移ったかぁ・・・。こういう時、唯がいたらな・・・)

秋子「あ~、ここにいたんですね~!」

紬「あ・・・」

秋子「姉御さまが律さんを呼んでましたよ~!」

律「え、私?」

秋子「はい!ささ、行きましょう!」

グイッ

律「ちょっと、待ってー!」

梓「むぎ先輩、私たちもいきましょう」

紬「そうね」


菜々子「律、次で降りるの?」

律「うん、到着したらすぐにねー」

菜々子「そっか、寂しくなるね」

律「姉御にそう言ってもらえて光栄ッス!」

菜々子「はは、なにか作ってやるよ。なにがいい?」

律「おぉ」キラキラ

梓「ではお好み焼きで」

律「ちょいと中野さんや、勝手に決めないでくれます?」

菜々子「丁度いいじゃん、私ら広島のお好み焼き食べにいくからさ。律は行かないんでしょ?」

律「あ、うん・・・」

菜々子「じゃ、席で待ってて」

律「ありがとー!」

梓「よかったですね」ニコニコ

律「あぁ、ありがとねー!」ギリギリ

梓「な、なんでお礼をいいながら・・・。痛いですっ!」ジタバタ

律「ふーん」ツーン

静花「どうして私を誘わなかったのですか!」

秋子「姉御さまが言うなって~!」

静花「あのゴリラ女・・・」ワナワナ

紬「・・・」

梓「いつの間にか静花さんまで・・・」

律「あぁ・・・」

けさみ「コーラ、アイスティー、レモンティー、紅茶とオレンジジュースで~す」

紬「紅茶?」

静花「私ですわ」

けさみ「はいどうぞ。中野さんには料理長からアイスのサービスですよ~」

梓「なんか気を使わせてしまったみたいで。すいません」

けさみ「いえいえ~、長旅お疲れ様でした~」

テッテッテ

律「遠慮したらバチがあたるぞ?」

梓「しませんよ」パクッ

紬「紅茶あったのね~」

静花「珍しいですの?」

紬「今まで気づきませんでした」

静花「・・・そ、そうですか」

秋子「・・・」

律「・・・?」


梓「おいしいです」ウルウル

律「秋子ちゃん?どうしてしずかなの?」

秋子「いえ・・・」

菜々子「律ー。テーブルで焼く?・・・はぁ」

静花「お客に対して無礼極まりないですわね。もっと励みなさい」

菜々子「どうする?」

梓「・・・」パクッ

律「みんな、ここで焼いていい?」

秋子「いいですよ~!」

紬「どうぞどうぞ」

静花「いいですわよ。ねだったりしませんから安心なさいな」

律「それじゃ、姉御ここでお願します」

梓「私の意見はいいんですか?」

律「・・・いい?」

梓「そうですね~」

律「お願します」

菜々子「はいよ」

スタスタ

梓「ねだりますよっ!」プクー

律「いいよ~。お好み村で食べられるならな」ウシシ

梓「菜々子さんの料理ですか・・・」

律「あ、本気で食べる気だな・・・」

紬「うふふ」

静花「まぁ、どこぞの秘境で修行なさったそうですから」

秋子「そうなんですか~?」

菜々子「そんなわけないだろ。ちょっと待っててね。よいしょ」

ガタン

律「おぉ」キラキラ

梓「鉄板に変えるんですね」

紬「すご~い」

菜々子「これでよしっと」

静花「さすが腕力に定評がありますわね」

菜々子「あ り が と よ」

秋子「かっこいいです~!」

菜々子「お客も少ないからさ、私が焼いていい?」

律「ぜひっ!」

菜々子「おっけ~」

ジュー

梓「これは広島風なんですか?」

菜々子「いいや、大阪風だな。私の生まれ育った街だからね~」

律「あれ、京都じゃないの?」

菜々子「どうして?」

律「初めて会ったとき、京都を馬鹿にされて怒っていたから」

菜々子「あ~・・・」

静花「私の街、京都を守るなんてたまには・・・いえ、地球を滅ぼしたいのですか!?」

菜々子「気まぐれだよっ。いい事したら悪いことが起るみたいに言うなっ!」

紬「・・・」

律「・・・」ワクワク

梓「・・・」ソワソワ

秋子「一人前にしては量が多くありません?」

菜々子「みんなつまむかと思って多くしてみたんだけど」

静花「地震ですわ」

菜々子「列車だから揺れているんだよ。私の善意で天変地異が起ったように言うなっ!」


ジュー

菜々子「さぁできたよ。召し上がれ~」

律「いただきまーす!」

梓「いい匂いです」

紬「ほんと~」

秋子「さすが姉御さまです~!」

菜々子「へへっ、ごゆっくり~」

スタスタ

律「うめえ!」

梓「おいしいです!」

紬「よかったわね~」

静花「誰にでも取り得はあるという事ですわ」

菜々子「一言多いんだよお前は!」

秋子「あら・・・?」

菜々子「かつおぶし持ってきたから適当にまぶして。じゃね」

スタスタ

静花「・・・料理に関しては煩いですから、あの方は」

律「うるさいのは」フガッ

紬「だめっ」

律「分ーかってるよ」

梓「おいしいですね」モグモグ

律「どうして私より食べているのかなー?」


―――

梓「よっ」ピョン

シュタ

梓「岡山です!」

律「ついにここまで来たかー!」

紬「ん~・・・」ノビノビ

梓「あっという間でしたね、律先輩!」

律「あぁ、びっくりするぐらいの時間の速さだぜー」

紬「楽しい時間の流れは計れないわね~」

梓「次はいよいよ広島ですよ」

律「仙台から乗って来たんだよな~」

紬「駆け込み乗車だったね」

梓「危ないですよ」

律「しょうがないだろ~、ヴェガの場所が分からなかったんだから」

紬「どうして澪ちゃんと来なかったの?」

梓「澪先輩はちゃんと前日にきてましたよ」

律「どういうわけか澪が一人で先に行くって聞かなかったからさ・・・」

紬「・・・そうなの」

梓「・・・予感でもあったんですかね」

律「お互い引き寄せられたのかもな」

紬「うん、そうなんだと思う」

梓「たまにいい事いいますよね、律先輩」

律「・・・」

グリグリ

梓「無言ですか!離してください!」ジタバタ

紬「・・・」


風音「あ、あのっ!」

律「どうした?」

梓「・・・?」

風音「ゴロウを見ませんでしたか!?」

紬「どうしたの・・・?」

風音「ゴロウったら部屋のドアの開け方覚えちゃったみたいで・・・、
   どこかへ行ってしまったんです」オロオロ

律「なにぃー!」

梓「誰ですか?」

紬「こ、小熊よあずさちゃん!」

梓「小熊?」

風音「ど、どうしよう」オロオロ

修治「ここで降りたとしてもそんなに遠くへ行ってないと思うんだ」

風音「そ、そうですね」

律「修治も探してたんか」

修治「そうです」

梓「・・・?」

修治「俺はヴェガの先頭辺りまで探してくるから」

タッタッタ

風音「お願します!」

紬「それじゃ、私たちは」

律「ふむ・・・、梓と私は車内を探すか」

梓「・・・わ、分かりました」

紬「風音さんは私と展望車方向を探しましょう」

風音「は、はい」

律「絶対乗り遅れるなよ!」

紬「分かった!」

タッタッタ

律「梓行くぞ、他の乗客に見つかったら厄介だ」

梓「はい!」


84