―――ー

紬「あら・・・?」

律「どしたー?」

ゴソゴソ

紬「ぬいぐるみが・・・」

律「ぬいぐるみ?」

ゴソゴソ

紬「動いてる?」

律「ん?・・・クマのぬいぐるみか・・・」

ゴソゴソ

紬「よいしょ」

「・・・」モゾモゾ

律「やけにリアルだな・・・」

紬「暖かいわ・・・。も、もしかして・・・」

風音「あっ!」

律「ん?風音?」

風音「ゴ、ゴロウ!」

紬「ゴロウ・・・?」

ピノ「ピピッ」

律「なんだ、どうしたー?」

風音「あ、あの、えぇと」オロオロ

「・・・グァ」モゾモゾ

紬「あらあら、やっぱりこの子本物のクマの子なのね」

律「・・・は?」

風音「あ、あの・・・お話があるのですが・・・。よろしいでしょうか」

ピノ「ピッ」


――ー

ポン ポン ポン ポン ポン ポン ポン ポン ポン

梓「この曲は・・・」

静花「ジムノぺディですわね」

梓「弾いているのは北上さん・・・?」

緑「・・・」

ポン ポン ポン ポン

静花「・・・」

梓「上手ですね」

緑「・・・」

静花「・・・邪魔するのもなんですから、そこへ座りましょう」

梓「はい・・・」

静花「・・・」

梓「・・・それで、お話とは?」

静花「・・・紬さんの事ですわ」

梓「・・・」

静花「あの・・・子は、別れに戸惑いを感じていますわね」

梓「戸惑いですか・・・」

静花「えぇ、先ほどの唯さん、澪さんと別れるときですら、二度と会えなくる。そんな表情をしてました」

梓「・・・」

静花「あなた方は帰れば、会える・・・そうですわね?」

梓「はい、そうです。帰って約束をすれば、絶対に会えます」

静花「・・・そういう事ですわ」

梓「え、えぇと?」

静花「んもぅ、鈍いですわね」

梓「はぁ・・・」

静花「北海道から乗っていらしたんですのね?」

梓「はい、むぎ先輩はそうです」

静花「今までの出会いと別れを繰り返してきて、今それに戸惑いが出てきてるという事ですわ」

梓「・・・!」

静花「時間が経てばゆっくり受け止める事もできるでしょう」

梓「むぎ先輩は・・・今までの別れを受けてめていない・・・?」

静花「それは違うと思います。そんなに弱い子ではないでしょう?」

梓「・・・」

静花「・・・まぁ、これから先は広島、博多、最終駅で終わりですから、そこまで心配する必要もないと思いますが」

梓「・・・」

静花「・・・」

梓「そう、でしょうか・・・」

静花「・・・?」

梓「・・・私が言った、儚い笑顔になる理由は分かりました・・・けど」

静花「・・・」

梓「それから今までの幼い笑顔に戻す方法が分かってません」

静花「・・・なるほど」

梓「・・・」

緑「戻す必要なんてあるの?」

梓「え・・・」

静花「この子たちがそれを望んでいるのなら、それが重要だと思いますわ」

緑「・・・そう。口をはさんで悪かったわ・・・」

スタスタ

梓「・・・」

静花「気にする事ないですわ・・・。あの方も思い当たる節があるのでしょう」

梓「・・・はい」

静花「言い換えれば、紬さんはそれだけいい出会いをしてきたとも言えます」

梓「・・・そうです。さびしくない別れは一つもありませんでした」

静花「・・・そう、ですか」

梓「・・・でも、どうして律先輩ではなく私に・・・?」

静花「ヴェガで一番最初に出会ったのがあなただったから、・・・ですわ」

梓「そうですか、ありがとうございました。むぎ先輩の所へ行ってきます」

静花「えぇ・・・。限りある時間を大切に」

梓「はい!」

テッテッテ

静花「・・・」



―――――風音の個室

律「・・・小熊ね」

ゴロウ「・・・」モゾモゾ

風音「えぇと、なにから話せばいいのか」

紬「焦らないでいいですよ、こうなったらとことん付き合います」

風音「・・・ありがとう」

ピノ「ピピッ」

律「・・・私も付き合うぜー、広島までだけど」

風音「・・・はい」

紬「・・・」

風音「それでは、ゴロウと出会った時の話から・・・」

ゴロウ「・・・」ガサゴソ

風音「私たち家族が住んでいた所は自然が豊かな、小さな田舎だったんです」

紬「・・・」フムフム

風音「でも・・・、色んな会社が開発だといいながら次々と自然を壊していったんです」

律「・・・」

風音「ゴルフ場とかレジャー施設に変えてしまったんです。ゴロウと出会ったのはそんなときでした・・・
   母熊がワナにかかって・・・。ゴロウはその側で衰弱していたんです」

律「母熊は・・・」

風音「手遅れでした。でも・・・ゴロウはなんとか持ち直したんです」

ゴロウ「・・・」ガサゴソ

風音「私たち一家は自然と動物が大好きですから、ゴロウが一人で生活していけるまで面倒を見ることにしたんです」

紬「そうだったのね・・・」

風音「私たちはすごく仲がよくて、姉弟だって言われるくらいだったんです」

律「懐いてるもんな・・・」

風音「ですが、状況が変わって、私の家も開発で取り壊される事になって、街に引っ越す事になったんです」

紬「・・・」

風音「ゴロウを自然に帰そうと思っています」

律「・・・」

風音「だけど・・・私の住んでいた所はもう住みやすい場所ではないし・・・」

紬「ヴェガに乗ったのは・・・」

律「ゴロウが住みやすい山を探すため・・・?」

ゴロウ「・・・」

風音「はい・・・。引っ越す先は、ゴロウにとっていい環境ではありませんから」

紬「・・・風音さんは、それでいいの?」

律「むぎ・・・?」

風音「・・・まだ自然に帰すのは・・・不安ですが・・・これからは・・・オリに入れるしか・・・ないですから」

紬「・・・本当は・・・嫌なのね」

律「・・・」

風音「はい・・・。だけど、これしか・・・方法がないんです」グスッ

紬「・・・ゴロウちゃんにとって一番いい方法を選んだのよね」

風音「でも・・・、結局捨てる事になったんです・・・。面倒がみきれないから・・・」グスッ

律「・・・」

ゴロウ「・・・」

紬「そんな事ないわ、きっと分かってくれると思う。風音さんの気持ちを」

律「そうだな・・・」

ピノ「ピピッ」

風音「・・・ありがとう」

紬「それに、私誰にも言わないから!」

律「そうだな、黙っているよ」

風音「ほ、ほんとうですか・・・?」

紬「もちろん!」ニコ

律「当然!」

風音「・・・」

ピノ「ピピッ」

ゴロウ「・・・」

風音「・・・ピノが・・・みなさんを見方だと判断したのは正しかったみたいですね」

ピノ「ピピッ」

紬「うふふ、嬉しいわ~」

律「ん?それだと信用してないみたいだぞー?」

風音「い、いいえ。信用してます。でも・・・不安でした・・・」

紬「不安・・・?」

風音「はい・・・、ゴロウを見たら態度が変わってしまうんじゃないかって・・・」

紬「そうね、驚いた」

律「あぁ、ビックリしたぜー、小熊だもんな」

ゴロウ「ガァ・・・」

風音「ふふっ」

紬「本当に姉弟みたいに仲がいいのね・・・」

律「・・・私次で降りるからなぁ・・・、ちょっと心配だな・・・」

紬「・・・うん」

風音「・・・?」

律「男手があったほうがこの先便利・・・頼りに・・・いや、便利でいいか」

紬「あらら」

風音「男手・・・?」



修治「~♪」

スタスタ

律「よし、こっちに来る」

ゴロウ「・・・」

紬「ゴロウちゃん連れ出して・・・どうするの、りっちゃん」

風音「あ、あの・・・」オロオロ

律「こそこそしてる方が逆に怪しいからさ、ぬいぐるみだと思って扱おう」

ピノ「ピピッ」

律「大丈夫だって。修治をテストするんだよ。風音を安心させる為にもさ」

紬「なるほど~」

風音「で、でも・・・」オロオロ



梓「鳥羽さん、むぎ先輩みませんでしたか?」

修治「琴吹さん・・・?みてないなぁ」

梓「そうですか・・・。どこへ行ったんだろ・・・」

修治「車掌さんに聞いてみた?」

梓「はい・・・。存じないと言われました。個室と車両全て歩いてみたんですけど・・・」

修治「うーむ・・・」

梓「もう一度展望車から歩いてきます。それでは」

テッテッテ



紬「あずさちゃん・・・」

律「梓は後だむぎ。まずはテストから」

風音「ど、どうするんですか?」オロオロ

ゴロウ「・・・」モゾモゾ

律「風音、ゴロウをここに置いて」

風音「は、はい・・・」

紬「大丈夫?」

律「今、修治がここに来る以外誰もいないから大丈夫だ」

風音「・・・」オロオロ

ピノ「ピッ」

律「ではテスト開始。みんな隠れるぞー」



修治「ん?クマのぬいぐるみか」

ヒョイ

修治「車掌さんに届ける・・・か?」

ゴロウ「・・・」モゾモゾ

修治「なんだろうこの重量感とリアルな動き・・・」

ゴロウ「ガァ・・・」

修治「クマ・・・か。そうか・・・。よし、怒らせないようにゆっくり降ろして」

ゴロウ「・・・」モゾモゾ

修治「・・・」

ゴロン






律「なにやってんだアイツ・・・」

紬「ゴロウちゃんを元へ戻した後、横になった・・・」

風音「もしかして・・・」





ゴロウ「・・・」チョンチョン

修治「・・・」

ゴロウ「・・・」バシバシ

修治「・・・っ」

律「どうした?」

修治「・・・シー」

紬「床冷たくないですか?」

修治「・・・話しかけないでー」ヒソヒソ

風音「あの・・・ひょっとして死んだふり・・・?」

律「えっ!?」

紬「なるほど~」

修治「分かってるなら・・・ん?」

風音「ゴロウ・・・大丈夫みたいだね」

ゴロウ「・・・」

ピノ「ピピッ」

律「うわぁー、死んだふりってー、小熊に対してー」

紬「・・・」

風音「ごめんなさい、この子私の友達なんです」

修治「・・・その小熊が?」

風音「・・・はい」

修治「・・・そうか、友好範囲広いんだね・・・」

律紬「「 ププッ 」」

風音「あ、あの・・・」

ピノ「ピピッ」

修治「・・・他言無用でお願いな」

律「それはもったいない!」

紬「そうね~」

風音「えぇと・・・私、部屋に連れて行きますので」

ゴロウ「・・・」

律「あぁ、説明は私らでやっとくよ~」

風音「お願いします」

タッタッタ

紬「私あずさちゃんの所行ってくるから、りっちゃんお願いね~」

テッテッテ

律「おっけ~」

修治「なにが・・・いったい・・・」


―――

梓「・・・あ、むぎ先輩」ホッ

紬「ごめんね、風音さんとお話してたの~」

梓「・・・いえ、いいんです」

紬「・・・どうしたの?」

梓「えっ?」

紬「なんだか落ち着かない顔してたわ」

梓「あ、・・・いえ、・・・えぇと」

秋子「あ、ここにいたんですね~」

紬「どうしたんですか?」

秋子「用はありませんけど、お話したいな~って」

梓「・・・」

紬「そうですか」ニコニコ

秋子「広島に着いたらどこへ行くか決めました?」

紬「えーと」

梓「・・・」ジー

紬「まだ決めていないんです。秋子さんはどちらへ?」

秋子「中央通りと弥山、厳島神社にお好み村!」

紬「お好み村?」

梓「・・・」ジー

秋子「はい~!お好み村でソバ入りお好み焼きを食べるんです~!」

紬「まぁ」キラキラ 

梓「・・・」

秋子「梓さんはどこへ行かれるんですか~?」

梓「え!?」

紬「・・・?」

秋子「観光場所ですよー!」

梓「あ、えぇと・・・」

紬「あずさちゃん、体の調子が悪いの?さっきから様子がおかしいわ」

梓「い、いえ・・・。あの・・・私も広島で降りるので・・・」

秋子「そうですか、一緒に観光したかったです」ションボリ

紬「そうだったわね・・・」ションボリ

梓「う・・・」



車掌「到着してすぐ降りられますか?」

梓「あ・・・」

紬「・・・」

秋子「帰ってから予定でもあるんですか~?」

梓「す、すぐにはないです・・・」

車掌「・・・」

紬「・・・」

秋子「それなら明日の朝でいいじゃないですか~!」

梓「えぇと・・・」

車掌「そうですね」

紬「ど、どうするの?」ゴクリ

梓「・・・」

秋子「じゃ決定~!みんなでお好み村へ行きましょう~!」

梓「なにも言ってませんよ!?」

紬「・・・」


83