―――――異人館

唯「あー、緑ちゃんもここに来てたんだ~」

緑「・・・」

梓「・・・」

紬「・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

静花「・・・」

律「誰か喋れよ!」

緑「列車の中でも歩き回っているみたいだけど、観光地でもそうなのね」

律「あ、そっちが喋るんだー」

紬「そうです!」

梓「せっかくの旅ですからね、色々と景色をみておきたいです」

緑「・・・別に、旅なんて日ごろの気分転換になればいいだけよ」

唯「そうだね~、ここみたいに普段とは違った場所にくるのもいいよね~」

静花「美しい町並みに加えて眺めも良くて・・・」

澪「憧れますね」キラキラ

律「乙女スイッチ入ったかー」

静花「古い町並みでありながら、どこか新しくてそれでいて懐かしい」

緑「・・・」

静花「神戸という所はそんな街ですわ」

澪「うんうん!」

梓「共感しているみたいですね」

紬「西洋風な家が並んでいるわね~」

唯「異国情緒があるっていうんだよ、りっちゃん」

律「う、うん。どうして私に言った?」

緑「異国情緒というよりおとぎの国ね・・・」

紬「なるほど~」

唯「海も見えていい景色ですな~」

律「そうでんな~」

紬「あっちにガラス細工のお土産屋さんがあるから行きませんか?」

緑「・・・・・・そうね」

紬「行きましょう~」

唯「行こう行こう~」

スタスタ

静花「・・・」

梓「・・・」

律「・・・」

澪「・・・行かないのか?」

律「あ、あぁ」

梓「・・・いつもと変わりませんね・・・。気のせいだったのでしょうか?」

律「・・・うーん、分からん」

澪「これいいな!ママ・・・マイ母に買っていこう」

律「マイ母ってなんだ」

唯「これ可愛いよ~、ういに買っていこ~」

梓「純に買って行こうかな」

緑「・・・」

唯「あ、これも可愛い~。和ちゃんに買うのです」

梓「それ指揮者のタクトですよ?」

静花「可愛い・・・ですのね・・・」

紬「・・・」

緑「どうしたの・・・?」

紬「え・・・?」

緑「・・・」

律「誰もさわちゃんに買わないのかよー」

唯「りっちゃんが買ってあげなよ~」

澪「そうだな、言いだしっぺが・・・」

梓「そんな流れで購入していいのでしょうか・・・?」

律唯澪梓「「「「 ・・・ 」」」」ゴクリ

律「み、みんなで選ぼうぜー」

唯「そうだよー」

澪「だ、だよなー」

梓「そうですよー」

静花「・・・慕われているのか分かりませんわね」

律「ほら、むぎも選ぶぞ!」

紬「う、うん!」

緑「・・・」

静花「・・・あなたは買いませんの?」

緑「・・・どうでもいいわ。じゃ」

スタスタ

静花「・・・?」



―――――太陽の塔

唯「ちひろちゃーん!」

ちひろ「唯さ~ん」

澪「お待たせしました」

ちひろ「今来たところですよ~」

律「そっか、よかった」

梓「いつの間にか北上さんがいなくなってましたね」

紬「・・・そうね」

梓「・・・」

ちひろ「どうかなさったんですか~?」

唯「緑ちゃん私たちを置いてどこかへ行っちゃったんだよ!」

律「びっくりだよ!」

澪「一人で観光したかったんじゃないか?」

梓「・・・そうかもしれませんね」

紬「静花さんも来れたらよかったわね~」

ちひろ「忙しいんでしょうね~」

律「あ!見ろ唯!あれが太陽だー!」

唯「おぉ、りっちゃん!サンサンと輝いてるよー!」

澪「それは太陽だからな。直視するなよ」

梓「塔には興味ないのかな・・・」

紬「太陽の塔は変な形ね」

ちひろ「意味があるんでしょうね~」

唯「ふふ、あの形をしている意味が分かるかな諸君」フフ

律「・・・分かるのか唯!」

澪「裏側回ってみようか」

梓「そうですね」

紬「裏?」

ちひろ「表は有名ですけど、裏はどうなっているんですか~?」

澪「・・・」アワワ

梓「黒い太陽ですかね」

紬「そうね・・・」

ちひろ「なにか意味があるんでしょうね~」

澪「・・・見てない見てない」ブツブツ

梓「私たちには分からない世界ですね」

紬「そうね~」


ちひろ「みなさん、お昼には早いですけど、サンドイッチどうですか~?」

澪「あ、それサンドイッチだったんですね」

紬「それじゃ、私も紅茶を~」

梓「それ水筒だったんですか!?」

ちひろ「ベンチに座りましょう~」

澪「・・・あの二人どうなったんだ?」

梓「まだなにか騒いでいますけど・・・」

紬「りっちゃーん、唯ちゃーん」

唯「カンガルーだね!」

律「さすが唯だぜー!って理解できねえー!」

唯「むぎちゃんが呼んでるよ」

律「そうだな・・・、私らを置いていくなんて・・・」

唯「何か食べてる!」

律「なんだとー!」

テッテッテ

澪「もぐもぐ」

梓「もぐもぐ」

ちひろ「ごくごく」

紬「さ、どうぞ~」

律「あ、ありがと」

唯「・・・もぐもぐ」

律「のんびりしてんな~」

澪「おいしいよちひろさん」

梓「はい、おいしいです」

紬「えぇ、おいしいわ」

唯「うまい!」

律「うむ、合格だ」

澪「・・・試験だったのか」

ちひろ「よかった~。喜んでもらえて~」

唯「料理上手なんだね!」

ちひろ「これくらいしか出来ませんけど~」

唯「私はケーキを作れます!」フフン

ちひろ「すごいですね~」

澪「ケーキに苺乗せただけじゃなかったか?」

唯「ういが作れます!」フフン

ちひろ「憂さんもすごいですね~」

律「褒め上手なのかな」

梓「そのまま感情に出るんでしょうね」

ちひろ「あ、そろそろ出発ですね~」

紬「・・・」

唯「あ~、ついにこの時が来ちゃったよ。澪ちゃん!」

澪「・・・そうだな」

梓「ヴェガに戻りましょう」

律「・・・あぁ」



―――――ヴェガ

紬「・・・」

車掌「平沢唯さん」

唯「はい」

車掌「秋山澪さん」

澪「はい」

車掌「当特急ヴェガへのご乗車、誠にありがとうございました」

唯澪「「 ありがとうございました! 」」

紬「・・・」

梓「・・・」

律「・・・」

車掌「どうか、お気をつけてお帰りください」

唯「澪ちゃんがいるから大丈夫です!」

澪「・・・はい」

梓「その台詞で心配になります」

律「・・・まったくー」

紬「・・・」

菜々子「じゃ、元気でな」

澪「はい、短い間でしたけどお世話になりました」

唯「菜々子ねえたんも気をつけて!」

修治「ブフッ」

菜々子「あのなぁ唯・・・」

ギリギリ

修治「ごふぇんなふぁい」

秋子「寂しくなります~」

唯「秋子ちゃん、いっつも私たちの気分を明るくしてくれたよね、ありがとう」

澪「うん、おかげでとても助けられたよ」

秋子「そんなことないです~」

風音「ほら、ピノ挨拶してきて」

ピノ「ピピッ」

ピョン

唯「ピノちゃん、バイバイ」

ピノ「ピッ」

静花「・・・意志の疎通ができてますのね」

ピノ「ピピッ」

澪「バイバイ」

ピノ「ピッ」

ピョン

風音「それでは、お二人ともお元気で」

唯「うん!風音ちゃんも元気でね!」

澪「ピノといつまでも仲良くな」

風音「はい」ニコ

紬「・・・」

静花「帰れば会えますのよ」

紬「!」

梓「・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

唯「むぎちゃん!帰ったら部室で演奏しよう!」

律「おぉ、いいなそれ!」

澪「そうだな、憂ちゃん、和、さわ子先生、純も呼んでみんなで集まろう」

梓「いいですね!」

唯「あー!それ言っちゃダメだよー!!」

澪「え・・・?」

唯「ういと和ちゃんで密かに計画してたんだよー!むぎちゃんにありがとうをこめて~」

律「全部言っちゃったよ」

紬「うふふ、ありがとう~」

唯「いえいえ~」

梓「まだこの旅は終わっていませんよ?」

律「演奏が始まってもいないのにな」

車掌「そろそろ時間ですので、乗り遅れには注意してくださいね」

菜々子「それじゃ先に乗り込むか・・・」グイッ

修治「俺挨拶してないー!」ズルズル

菜々子「そうか・・・」

修治「・・・コホン。平沢さん」キリ

唯「ん?」

修治「秋山さん」キリ

澪「な、なに?」

修治「楽しかったぜー!」グー

唯「こっちもだっぜー!」グー

澪「うん、楽しかった!」

修治「それでは、ごきげんよう」キリ

菜々子「それじゃ、乗り込むか・・・」グイッ

修治「バイバイー」ズルズル

律「なんだそりゃー」

唯「バイバーイ!」

澪「じゃあな」

静花「修治さんは菜々子さんの僕ですわね。気の毒に・・・」

秋子「さようなら~!」

風音「さようなら」

ピノ「ピピッ」

唯「三人とも元気でねー!」

澪「さよなら」

静花「後は私どもに・・・コホン。私にお任せくださいな」

唯「よく分からないけど、お願します!」

澪「・・・」

静花「菜々子さんなんてポイですわー!オーッホッホッホ」

律「あはは・・・」

梓「・・・はは」

紬「唯ちゃん、澪ちゃん、気をつけて帰ってね」

唯「むぎちゃんも体にだけは気をつけてね!」

澪「・・・うん、気をつけてな」

律「じゃあ帰ったら連絡するよ」

梓「私もです!」

唯「うん!待ってるね~」

澪「あぁ・・・」

紬「それじゃあね、二人とも!」

澪「あ、待ってむぎ・・・。右手を出して」

紬「・・・こう?」

スチャ

澪「ブレスレット・・・持ってて」

紬「これ・・・でも・・・」

澪「待ってるからさ、預かってて欲しい」

紬「うん・・・分かった」

ギュ

唯「それじゃ、わたしも~。これ預かっててください!」

紬「あ・・・、キーホルダー」

唯「えへへ~」

紬「分かった!」

prrrrrrrrrrr

梓「さ、行きましょう、むぎ先輩!」

紬「よいしょー!」

菜々子「じゃあな!」

静花「それでは」

澪「・・・むぎを・・・よろしくお願します」ペコリ

菜々子「・・・任せときなって」

静花「・・・もちろんですわ」

唯「みんなー、またねー!」

律「じゃーなー」

梓「またです!」

紬「またね~」

澪「・・・」

プシュー


ガタン ゴトン

ガタンゴトンガタンゴトン

梓「・・・」

律「さて、最後の道中だー!」

紬「まずは観光ガイドね!」キラン

梓「・・・」

律「買いにいこうぜー」

紬「よしきたー!」

テッテッテ

菜々子「・・・」

静花「・・・」

梓「・・・」

菜々子「釈然としないなー・・・」

静花「なにがですの?」

梓「・・・」

菜々子「どうして澪はお前を見てたんだよ?」

静花「・・・」

梓「・・・」

菜々子「梓、なにか知ってる?」

静花「私が頼りにされているからに決まってるではありませんか・・・」

梓「え・・・」

菜々子「それはないね!」

静花「オーッホッホッホ、それでは罰ゲームを発表いたしますわ」

梓「もう勝負はついたんですか!?」

菜々子「なに言ってんだよ!どうせ変なこと吹き込んだんだろ!」

静花「あら~、そんな言い訳を用意しているなんて、あなたらしくありませんわね」

菜々子「なんだってぇ・・・」ジロ

梓「・・・むぎせんぱ~い、まってくださーい」

スタス

静花「お待ちになって」

ガシッ

梓「・・・な、なんですか?」

静花「お話があります」

梓「話・・・ですか・・・?」

菜々子「話ぃ?」

静花「あら、お聞きになりたいんですの?それなら頭を下げて私のいう事を聞いてくださるのなら・・・」

菜々子「それは敗北っていうんだよ。誰が聞くか!ふんっ」

ズンズン

梓「・・・」

静花「相変わらず女性としての色気を失っていますわね」

梓「あの・・・、話というのは」

静花「ここじゃなんですから、展望車へ」


82