一同『『『 カンパーイ! 』』』

 唯『みんなで大宴会だね!』

 律『そうだな!』

 紬『この手羽先おいし~』

 澪『本当だ!』

 梓『わ、私も!』

 純『こ、これは!』

 憂『エビフライおいしいね純ちゃん』

 さわ子『名古屋コーチンの串刺しもおいしいわ』モグモグ

 和『名古屋名物揃ってますね・・・』

 『もぐもぐ』

澪「食べながら撮ってる・・・」

唯「おいしそう・・・」ジュルリ

梓「・・・さっき食べたじゃないですか」

律「料理長の腕は本物だからなー」

紬「うんうん」

紬「枕投げ大会改め、ボール投げ大会ね~」

律「この後、さわちゃんが暴れるんだよなぁ」

 さわ子『大間違いって言ったでしょぉおー!』

 和『和をもって貴しとなす、ですよ』

 憂『キレイに纏めたね』

 さわ子『纏まってないわよぉおー!!」

 シュンッ シュンッ シュンッ

 律『あ、って!』ポコポコッ

 和『落ち着いて・・・くださいっ』サッ

 澪『った』ポコッ

 『さ、さわ子先生、落ち着いて』サッ

 さわ子『・・・補充ッ!』

 秋子『どうぞ~』

 唯『あー!秋子ちゃんずるいー!』

 さわ子『そりゃっ!』

 唯『甘いよさわちゃん!』ポコッ

 梓『当たりましたよ』

 シュン シュンッ

 紬『きゃっ』

 純『私が紬先輩を守』

 ポコッ

 律『・・・それは私の役目・・・だぜっ』

 バタン

 紬『り、りっちゃん!』

 純『律先輩!』

 さわ子『許さないわよっ』

 シュンッ

 ポコッ

 律『って・・・』

 和『死人に鞭ね・・・』

 澪『』ブルブル

 さわ子『補充ッ!』

 秋子『どうぞ!』

 さわ子『そりゃそりゃ!』

 梓『我を忘れている・・・』

 修治『みんなは俺が守るぜ!』バシーン

 『修治くん!』

 澪『鳥羽さんっ!』

 梓『私たちの盾になってくれるんですねっ』

 紬『いまのうちよみんな!』

 修治『ふふっ・・・』ポコッポコッ

 律『そうだな・・・今のうちに』

 純『鳥羽さんに当てろー!』

 紬『えいっ』ポイッ

 澪『それっ』ポイッ

 梓『とりゃ』ポイッ

 唯『このうらみはらさでおくべきかー』ポイッ

 和『うらみあったのっ?』ポイッ

 憂『ないけどっ』ポイッ

 純『とりあえずっ』ポイッ

 『私も投げとくっ』ポイッ  

 律『おりゃーーー!』ブンッ

 ポコポコポコポコポコポコポコポコ バシッ

 修治『もうやだ・・・』シクシク

 秋子『先生は投げないんですか~?』

 さわ子『・・・さすがにねぇ』

梓「鳥羽さんに対する扱いひどいですよね」

紬「そ、そうね」

唯「う、うん」

律「悪いと思うから悪いんだぞー」

澪「悪いことしたんだけど・・・」

 澪『はい。仙台で買ったペンダントです』

 『ヤッパリ似合いますネー』

 梓『はい、蒼く輝いてて綺麗です』

 澪『あ、ありがと』テレ

澪「あ・・・」

ギュ

 梓『旅のいい所ってなんでしょうか・・・?』

 澪『・・・』

 『ワタクシは、過去の思い出と、今の景色と、未来の期待が一度に得られるところがよいデスネ』

紬「おー」

唯「おぉー」

律「おおぉー」

梓「・・・」

 『そんな事ナイですネ。ミオさんの今までの経験は薄いとは思えませんワ』

 澪「・・・そうですか?』

 『もちろんですワ』

 澪「旅を続けていると成長していけるような気がする・・・かな』

 『ワタクシと同意見ですワ』

澪「・・・」

梓「」ウトウト

紬「」ウトウト

 『さぁ、列車に戻りまショー』

 『比叡山よかったねえ~』

 風音『そうですね。京都はいいところでした』

 唯『うんうん』

 梓『・・・次は大阪ですね』

 紬『もう後半戦ね・・・』

 律『そっかー』

 澪『・・・』

 『旅が続く限り旅は終わらないネ』

 『お~』

 修治『名言っぽいけど、そのまんま』

 ドカッ

 修治『いってっ!なにすんだ!』

 『修治くんが悪いこというからだよー!』

 律『そうだぞ、ちょっとこの寺で鍛えなおしてもらって来い!』

 唯『そうだよ~。修治くんはちょっと精神的に幼いよ』

 梓『でも、どうして山の上に寺なんて建てたんでしょうね』

 澪『山の上だからだよ』キリ

 風音『なるほど・・・』

 ピノ『ピピッ』

 紬『・・・うんうん』

唯「眠くなってきちゃった・・・」

澪「部屋戻る?」

唯「ううん、最後までみるよ」

律「そうか・・・」

梓「」スヤスヤ

紬「」スヤスヤ

律「はは、仲良く寄り添って寝てるな」

唯「うん」

澪「あ・・・もう日付かわってたのか・・・」

 梓『なるほど、いいですね』

 『オー、なにをしてますカ?』

 澪『ちょっとむぎを待ってて』

 律『一緒に大阪観光決めようぜ~』

 『エト、これから編集作業に入るヨ、ごめんなさいネ』

 唯『それじゃ、しょうがないね~』

 静花『まったく、菜々子さんときたら』プンスカ

 梓『どうかしたんですか?』

 静花『あら、あなたは先ほど手伝ってくれた・・・、中野梓さんでしたわね』

 梓『は、はい・・・』

 律『私は田井中律!』

 澪『秋山澪です』

 唯『平沢唯!』

 唯律『『放課後ティータイムです!』』

 梓『むぎ先輩がいないじゃないですか!』プンスカ

 澪『まぁまぁ』

 静花『ふむ・・・。仲がよろしいんですのね』

 菜々子『年下相手に迷惑かけてんじゃないよ』

 律『姉御~!』

 澪『だから、なんなんだそれは』

 唯『姉御は姉御なんだよ!』

 静花『あなたたち、ちょっと来ていただけますか?』

 律澪唯梓『『『『 え? 』』』』

 菜々子『相変わらず傲慢女だね』

 『ワタクシワこれで失礼するヨ・・・ミナサングッバーイ・・・』

 澪『あ・・・』

律「この後アレに巻き込まれたんだよなぁ」

澪「あ・・・はは・・・」

唯「でも面白かったからいいいよね~」

梓「」スヤスヤ

紬「」スヤスヤ

車掌「みなさん、よろしいでしょうか?」

律「あ、ごめん車掌さん・・・もう見終わったから・・・」

澪「すいません・・・今消しま」

 唯『みなさんこんにちはー!放課後ティータイムです!』

 『『 オォー! 』』

 唯『ヴェガの乗客のみなさん、来てくれてありがとー!』

律「あ・・・」

唯「撮ってたんだね・・・」

澪「・・・」

車掌「今晩はこちらでおやすみください」

澪「いいんですか?」

律「・・・」

車掌「えぇ、まだ終わってないみたいですから」

唯「車掌さん・・・ありがとうー」

車掌「あとでかけるものお持ちしますね」

スタスタ

律「最後はみんなで寝るか」

唯「うん!」

澪「まだ終わってない・・・か」

 唯『 キミを見てるといつもハートDOKI☆DOKI
    揺れる思いはマシュマロみたいでふわ☆ふわ
    いつもがんばるキミの横顔 ずっとみてても気づかないよね
    夢の中なら二人の距離縮められるのにな 』

 唯『みなさん、おまたせしました。・・・あぁっ!むぎちゃんの肩にリスちゃんが乗ってる~!』

ファサ

紬「う・・・ん・・・」

静花「あら、起こしてしまいましたわね」

紬「静・・・花・・・さん?」

律「・・・私らだけじゃなんだからって、付き合ってくれるんだってさ」

菜々子「そういう事」

ファサ

梓「」スヤスヤ

 『ノン・トロッポ』

  ポンポンポロポロ

 『 心を映し出す 丸い月 赤くやんなり浮かぶ 誰にも知られず
     私を形作るすべてが 涙をもっていると 誰にも言えずに  』

紬「あ・・・名古屋のライブ・・・」

唯「うん、撮っててくれたみたい」

澪「・・・」

菜々子「・・・」

静花「・・・」

 『 私は自分を愛してゆきたい
   新しい私に「おはよう」と言った 
   あの日の真っ赤な月など忘れて
   このまま 幸せ 思う数 私 素直になれる』

菜々子「いい曲だな」

静花「そうですわね」

澪「・・・」

紬「・・・」

律「・・・」

唯「・・・っ」グスッ

梓「ん・・・」

 『 いつしか手を振る 昔の私に あなたも私も 恐れを知らない
   過去には縛られずに 背を向け サヨナラと 歩く 私の軌跡
   サヨナラ 』

 ジャ ジャジャン

澪「・・・終わった、な」

唯「終わったね・・・」

律「どうだった、みお?」

澪「え?」

紬「・・・」

梓「・・・」

律「今の演奏だよ、私が抑えてると思ったのかー?」

澪「・・・っ・・・ううん、みんな・・・で」グスッ

紬「・・・」

澪「みんなと、走ってるような気がした!」グスッ

律「へへっ、そういう事だ!」

紬「うんっ!」

唯「そうだよ!」

梓「そうです!」

紬「あずさちゃん、起きちゃったの?」

梓「最後まで見たです!」

律「寝てたぞ!」

唯「あ~、終わっちゃった~!」

澪「あぁ・・・、終わったな・・・」

紬「・・・」

静花「終わってませんわよ?」

紬「え?」

菜々子「画面だよ」

律「あ・・・」

 唯『それじゃあね~、アンコールにお答えしまして、ホッチキス、ボールペン、カレーのメドレ~で行きます!』

 憂『わたしの恋はホッチキス』

 和『ふでぺん~ボールペン~』

 純『カレーのちライスー!!』

 秋子『きゃー!」

 風音『曲調が一変しましたね・・・!』

律「ちぇー、楽しそうに演奏しやがってー」

澪「ははっ、本当だな」

紬「うふふ」

唯「本当だよね~」

梓「・・・はい」

梓「・・・」ジー

紬「」スヤスヤ

唯「」スヤスヤ

澪「」スヤスヤ

律「」スヤスヤ

静花「」スヤスヤ

菜々子「」スヤスヤ

梓「・・・」スッ

スタスタ

菜々子「・・・ん?」


梓「・・・ん~」ノビノビ

シーン

梓「夜の人気の無いホームって・・・怖いかも」

菜々子「だったらどうして外に出るのさ」

梓「あ、すいません・・・、起こしちゃいましたか?」

菜々子「それはいいんだけどさ・・・ふぁ」

梓「・・・」

菜々子「どうしたの?」

梓「・・・・・・・・・外の空気を吸いたくなったので・・・」

菜々子「・・・」

梓「菜々子さんはどうして・・・?」

菜々子「どうして付き合ってるのかって?」

梓「は、はい」

菜々子「車掌と修治に頼まれたからだよ」

梓「鳥羽さんも・・・ですか?」

菜々子「あぁ、点数稼ぐチャンスだってさ」

梓「あの勝負の・・・」

菜々子「アイツ口巧いけど、不器用すぎるな。素直に心配だからって言えばいいんだよ」

梓「・・・そうですね」

菜々子「知ってたんだ?」

梓「一応長い旅仲間ですから」

菜々子「へへっ、そっか」

梓「・・・」

菜々子「・・・」

梓「・・・」

菜々子「そんな顔して、どうしたんだ?」

静花「やはり菜々子さんはダメですわね」

梓「あ・・・」

菜々子「ダメとは・・・?」フルフル

静花「聞き出すにはやり方がございましてよ。休戦中ですわ、拳を解しなさいな」

菜々子「ケンカ売っといて・・・。どうして起きてきたのさ」イライラ

静花「あなたの足音で起きない地球人はいませんわ」

菜々子「じゃあ私がジャンプしたらどうなるってんだよ・・・」ワナワナ

梓「・・・」

静花「続きは明日ですわ」

菜々子「・・・しょうがない」 

梓「・・・」

静花「・・・」

菜々子「・・・」

梓「・・・」

静花「・・・」

菜々子「・・・」

梓「・・・」

静花「・・・」

菜々子「おい、ダメじゃない方」

静花「な、なんですの?」

菜々子「待ってても切り出してこないじゃないか」

静花「しずかになさい」

梓「・・・」

菜々子「・・・」

静花「・・・」

梓「・・・・・・」

菜々子「あ、あのさ梓?」

静花「ど、どうなさいまして?」

梓「・・・」

律「むぎの事だろ・・・?」

静花「え・・・?」

菜々子「律・・・?」

梓「・・・」

律「・・・」

静花「そうなんですの?」

梓「・・・はい」


80