―――――大阪駅

澪「これから仙台へ?」

小麦「うん、そうだよ。色々とありがとね・・・」

澪「ううん・・・」

紬「・・・」

小麦「あたしねー、学校で無視されてるんだー」

澪「え?」

紬「!」

小麦「イジメじゃないけど、なんだこいつーって。うるさいなーって」

澪「小麦がっ?」

小麦「うん、そうだよ。あたしが!」

紬「・・・」

小麦「こんな性格だからしょうがないなーとか思いつつ、少し寂しかったんだー」

澪「小麦・・・」

小麦「でもね、仙台でエレナを見つけて、声をかけて、エレナが世界で旅をしているって話を聞いてね」

澪「・・・」

小麦「世界はとっても面白いんだぞーって、小麦、お前の目でもっとよく見てみろーって」

紬「・・・!」

小麦「そう教えてくれた気がしたんだー」

澪「!」

小麦「それから毎日が楽しくってさ~」

紬「二人の出会いは必然だったのかもしれないね・・・」

小麦「!」

澪「・・・うん」

小麦「・・・・・・あたし、夢見つかったかもしれない」

紬「・・・夢?」

小麦「テレビレポーター!」

澪「うん・・・っ・・・似合ってるよ!」

紬「うんっ!」

小麦「えっへへ~、ありがと、あ・・・」

―――

律「駅に着いたなら教えろよ!」

唯「そうだよー!」

梓「そうです!」

小麦「あれ、見送りしてくれんのー?」

律「あたりまえだろー!」

唯「見送りするのは当然だよ!」

梓「もちろんです!」

紬「うふふ」

澪「・・・っ」

修治「・・・」

小麦「修治くん、ありがとね・・・あたしの為に・・・」

修治「俺は・・・なにも出来なかったよ」

小麦「ううん、エレナと一緒に考えてくれたんでしょ?嬉しかったよ」

修治「・・・っ・・・うん」

澪「・・・」

律「そんな急に帰らなくてもいいんじゃないのか」

唯「もうちょっと・・・・・・」

梓「はい・・・」

小麦「ううん、あたし、目的も見つかったから今すぐにでも頑張りたいんだ~」

紬「・・・目的?」

小麦「そう!エレナにあたしのレポートが届くように、だよー!」

澪「・・・っ」

小麦「そろそろ時間だね~」

修治「気をつけてな・・・」

小麦「ありがとー、たくさん助けてくれたよね、修治くん」

修治「楽しかったからいいんだよー!」

律「じゃあな・・・、楽しかったぜー」

小麦「あたしも~」

唯「元気・・・で・・・・・・ね」

小麦「唯ちゃんの歌声あたし好きだよ~」

梓「お気をつけて」

小麦「同じ身長同士頑張ろうね!」

梓「にゃ!?」

紬「記事を書いてくれて・・・、とても嬉しかったわ」

小麦「えっへっへ~、ネタに困らなかったよ~。放課後ティータイムは」

紬「うふふ」


prrrrrrrrrrrrrrrr

小麦「じゃあね~」フリフリ

澪「こ、小麦!」

小麦「?」

澪「エレナも・・・っ」

『仙台で小麦が声をかけてきてくれて、ワタクシの世界が変わったヨ』

小麦「エレナも・・・?」

澪「小麦が声をかけてきてくれて世界が変わったって、言ってた!」

小麦「!」

澪「だから・・・二人はどれだけ時間が流れても、どれだけ距離が離れても、繋がってるっ!」

小麦「・・・っ・・・もぅ・・・」グスッ

澪「ずっとだ!」

小麦「えっへへ・・・、っ・・・さよなら!」

プシュー

澪「あ・・・ありがっ・・・ありがとう小麦!」

小麦「」フリフリ

ガタン

ゴトン ガタンゴトンガタンゴトン

律「・・・」

紬「・・・」

唯「・・・っ」

梓「・・・」

澪「・・・」



修治「さーて、ご飯たべてこよーっと」

律「わざとらしいな・・・もうちょっと自然にできないのか」

修治「どうやるんだよ」

律「は、腹がへった・・・」フルフル

梓「大丈夫ですか?」

律「それは空腹に対して?そんな事してて?」

修治「両方心配してんだよ」

律「おらぁ!」バシッ

唯「・・・私気になることがあるんだよ!」

梓「私もです」

律「気になる事?」

唯梓「「 どうしてあずにゃん(私)の身長を知ってたのか 」」

唯「だよ」

梓「です」

律「あぁー、確かに・・・」

修治「・・・フッ」

梓「鼻で笑いました!?」

律「おらぁ!」バシッ

修治「いって!二回叩くな、縮む!」

梓「・・・フッ」

修治「あれ、今鼻で・・・」

唯「そんな事いいから、早く答えを言うといいよ!」

修治「さわ子先生と密談してただけだよ」

律「なるほどぉ」

梓「納得です」

唯「なーんだ・・・ちぇー」

修治「なにを期待してたのかな?」

律「さ、行こうぜー」

梓「お腹空きました」

唯「そうだねー」

修治「むむ・・・」


―――

澪「・・・」

紬「私たちも行きましょうか」

澪「うん・・・」

ギュ

紬「澪ちゃん・・・?」

澪「ごめん・・・ちょ・・・っ・・・とだけ・・・」

紬「・・・」

澪「手を・・・っ・・・握ってて・・・」

紬「うん・・・」

澪「・・・あの二人は・・・っ・・・凄かった・・・」

紬「・・・うん」

澪「お互いを・・・信頼して・・・支えあって・・・どこまでも・・・突き進んでいるんだ・・・」

紬「うん」

澪「・・・わ、わたしには・・・耐えられない・・・よ・・・」グスッ

紬「・・・」

澪「そんな・・・人と別れるなんて・・・!」グスッ

紬「さっき澪ちゃんは言ったわ」

澪「・・・?」

紬「『どれだけ時間が流れても、どれだけ距離が離れても繋がっている』って」

澪「それは・・・あの二人だから・・・」グスッ

紬「私たちも同じ」

ギュ

澪「・・・っ」

紬「時間と距離が私たち隔てようとしても、わたしはいつもみんなを想ってるわ」ニコ

澪「~っ!」

ギュウ

紬「・・・だから」

澪「・・・ぅん・・・っ・・・いつも・・・ありがと・・・むぎ」グスッ

紬「え・・・?」

澪「このブレスレットも・・・」グスッ

紬「それはエレナさんと小麦さんが」

澪「ううん、私のために走ってくれた・・・」グスッ

紬「・・・」

澪「みんなと一緒に歩けないと・・・怯えていたわたしを・・・気にしてくれてた・・・」グスッ

紬「・・・」

澪「みんなで・・・一緒にいられるっ・・・じ・・・かんが・・・とっても愛おしいと・・・教えてくれた」グスッ

紬「・・・っ」

澪「それを失う事が・・・怖いと・・・動けない・・・わたしを・・・っ・・・むかえにっ・・・きてくれた・・・」ボロボロ

紬「・・・」

澪「あ・・・りが・・・っ・・・・・・あり・・・がと・・・ありがとお・・・むぎ・・・っ」ボロボロ

紬「・・・っ!」

澪「・・・もう・・・すこ・・・しだけ・・・・・・おねがい」ボロボロ

紬「・・・っ・・・うん」

ギュウ


―――

梓「・・・」

律「・・・」

唯「・・・っ」グスッ

梓「・・・凄い・・・です」

律「あぁ・・・」

唯「うん・・・っ」グスッ

梓「・・・敵わないなぁ・・・・・・」ボソッ

律「・・・よし、ご飯だな!」

唯「おぅよ!」

梓「あ、その前に澪先輩に今後の事話しましょう」

律「おっとそうだな」

唯「大事な事だよ」ウンウン

梓「唯先輩は大丈夫なんですよね?」

唯「そうだよ~、明日ヴェガを見送ってからでも平気だす!」

律「そうだす!」

梓「そうですか・・・」

唯「修治くんはどこへ行ったの?」

律「しらねー、壁にボールぶつけて一人で楽しんでいるんじゃないのか?」

梓「なんですかそれは」

唯「不憫な子・・・」ウルウル

律「そうだな・・・。あまりにも悲惨な光景だからバッティングぐらいは引き受けてやるか」

梓「わたしは記録係します」

唯「わたしは応援してるよ」

澪「わたしは・・・ボール拾いでもするかなっ」グスッ

紬「私はボール投げるわね」

律「修治いらねえ・・・」

梓「いえ、澪先輩にボール拾いさせるのは嫌ですから。交換させましょう」

唯「澪ちゃんはなにすればいいの?」

澪「・・・そもそもなんの話なんだ?」

紬「野球じゃないの?」

修治「なに?」

律「修治いらねえって話」

修治「・・・今、第4397df星が爆発した!」

唯「どうしてー?」

修治「俺の怒りでだー!」

梓「なんてことをするんですか」

澪「ふふ、誰かが困る事するなんてな」

紬「あらあら」

律「第4397df星に関わる全てに謝れ」

修治「すいませんねー」ツーン

唯「神様にケンカ売ってる!」

修治「神様関わってた!?」

律「これ以上話膨らまないから、ヴェガに戻ろうぜ」

修治「そうそう、平沢さんと秋山さんに話があるって車掌さんが呼んでるよ」

梓「そのような大事な話は、早めに言ってくれると私たちも助かります」

修治「丁寧な忠告ありがとうございます。そしてすいませんでした」

澪「・・・後の事考えてなかったな」

唯「そうだよね。急だったし」

律「・・・しょうがないよな」

紬「二人とも大丈夫なの?」

唯「ういに連絡した!」

澪「さっき電話したけど、怒られた」

律「大丈夫かよ」

澪「うん・・・。大事な事だったと言ったら納得してくれた」

律「そっか」

澪「律もいるから、一応安心してるみたいだ」

律「ふっふ~ん」

梓「信頼されてるんですね」

修治「そうだね」

律「・・・」

バシッ

修治「いった!なんで!?」

律「なんとなくだ」

修治「心の声が聞かれたのかと思った・・・あーびっくりしたぁ」

唯「・・・」

澪「・・・」

紬「・・・?」

梓「・・・」

律「・・・」

修治「心の中では悪いこと言ってたんだぜー・・・」

紬「あぁー・・・なるほどぉー」

ドゴッ

修治「いった、律!今のは痛いぞ!」

律「は?」

修治「え?」

唯「りっちゃんじゃないの?」

律「ん?」

修治「え?違うのか」

澪「なんだこのミステリー」

梓「むぎ先輩に変な事教えないでください」ボソッ

紬「?」


――――

車掌「明日のお昼、12時5分発の特急でよろしいでしょうか?」

唯「ありがとうございます!」

澪「は、はい!」

車掌「それでは手続きしてまいります。個室はご用意できませんが」

唯「はい、乗車証お返ししましたからね!」

車掌「相部屋でお願します」

唯「ありがとー車掌さん!」ダキッ

ボインッ

車掌「ひ、平沢さん」

澪「最後まで面倒・・・いえ、お心遣いに感謝します、ありがとうございます」ペコリ

車掌「いえいえ。それと・・・これ、なんですが」

梓「DVDですか?」

唯「映画?」

律「そんな訳ないだろ」

紬「もしかして・・・」

澪「もしかして、エレナの記憶ですか?」

律「記憶?」

車掌「はい」ニコ

唯「おぉー!」

梓「わ!わわ!!」

紬「おち・・・おちつつつきつつき」

律「むぎもおちつけ」

澪「ありがとうございます」

車掌「先ほどは渡せる状況ではなかったので・・・」

澪「・・・・・・嬉しい」

律「あぁ・・・」

唯「どどどどうししいししいいし」

梓「落ち着いてください」

紬「仙台からの記録!」

梓「お!おちつつつきつつき」

律「なんだこのテンションは」

澪「律も震えてるぞ」

律「当然だ!」

車掌「ふふっ、みなさん。お食事をきちんと、とられてくださいね」

唯「展望車いくよー!」

テッテッテ

澪「こらー!」


77