――――

唯「よいしょっとー!」

ギュウギュウ

パチンッ

唯「よーし、終わった~」

梓「なんとか収まりましたね」

紬「そうね~」

唯「この部屋で眠ることはもうないんだね~」

梓「・・・そうですね」

紬「・・・うん」

唯「・・・?」

梓「律先輩たちの所へ行きましょう」

紬「そうね」

唯「よし、そうしよう~」



―――――2号車

静花「なるほど。もう少し詳しく」

澪「えぇと・・・」

梓「どうしたんですか?」

静花「情報収集ですわ」キリ

紬「そうなんですか」

澪「梓もここに座るといいよ」

ポンポン

梓「・・・はい」

唯「りっちゃんは~?」

澪「菜々子さんと食堂車へ」

静花「さ、次は名古屋ですわ」

澪「えぇと、そこでは・・・」

梓「ライブをしました」キリ

静花「まぁ、活動的ですのね」

唯「行こっかむぎちゃん」

紬「いいのかな」

唯「りっちゃんが気になるよ~」

紬「そ、そうね」

スタスタ

静花「ふむふむ」

梓「夜には長島スパーランドへ」

澪「あの、これを聞いてどうするんですか・・・?」

静花「へっ? そ、それはその・・・」

小麦「やっほー!」

梓「京都では銀閣寺に」ペラペラ

澪「あ、小麦・・・今まで見かけなかったけど、どうした?」

小麦「エレナと編集してたんだ~。私見てるだけで退屈だから出てきたの」

澪「ふふ、そうだったな」

静花「なるほど、それは使えますわ」メモメモ

梓「比叡山でお参りをして」ペラペラ

澪「よく喋るな梓・・・」

小麦「あはは、体験した事を伝えたいんじゃないかな~。私そういうの分かるよ~」

澪「記事を書いたりするのはそういう理由なの?」

小麦「うん!エレナのレポーター役をやってて、とっても楽しかったからね~」

澪「そっか。いいねそういうの」

小麦「澪ちゃんも持ってるじゃない」

澪「うん、そうだな」

小麦「この旅がずっと続けばいいよね~」

澪「わ、私次で降りちゃうんだ」

小麦「あ、そうだったね。さびしいな」ションボリ

澪「うん、私もだ」

小麦「えっへへ~」

澪「ふふっ」

梓「青森では・・・」

静花「も、もうよろしいですわ」

梓「そうですか?」

静花「えぇ、またの機会にでも聞かせてくださいな」ガタ

梓「は、はい」

澪「あ、終わってた」

小麦「うん?」

静花「それではごきげんよう~」

スタスタ

梓「・・・真剣に聞いてくれましたよ.。聞き上手っていうんですかね」

澪「勝負のネタ探しなのかな」

小麦「それじゃ、あたしとお話しよーよ!」

ドサッ

澪「そうだな」

梓「いいですね」

小麦「みんなは大阪着いたらどこ行くの?」



―――――食堂車

律「いいの?ご馳走になって」

菜々子「あぁ、料理の練習も兼ねてるから遠慮しないで」

律「やった!」

菜々子「変な事に巻き込んじゃってるからさ」

律「勝負の話?」

菜々子「そう、それ」

律「今は二人に振り回されているほうがいいかもしれない」

菜々子「どういう事?」

律「うーんと、澪も笑うようになったって事」

菜々子「髪の長い子だよね?」

律「そうそう」

菜々子「へぇ~、あんたいい子だね」

律「私は部長ですから、みんなの事を見るのは当然です!」

菜々子「へへっ、気に入ったよ」

律「それに・・・」

菜々子「冷めちゃうよ、はやく食べなっ!」

律「いっただっきまーす。・・・うめえ!」

菜々子「あはは、ありがと」

律「料理長に負けない味だぜ~」

菜々子「それは褒めすぎ」

律「このハンバーグなんて料理長と同じくらいおいしいぜ」

菜々子「いやいや、似せる事はできても、同じなんて今の私には無理だよ」

律「・・・マジで?」

菜々子「マジで」

コック「ほぅ・・・似せる事は出来るのか、津山」

菜々子「げっ」

律「だって、おいしいぞ」

菜々子「じゃ、じゃあ律、ゆっくりしていけな」

サササッ

律「ごっちゃんでーす」

コック「まったく・・・」

律「料理長~」

コック「なんだ?」

律「菜々子さんの料理人としての腕って、こんなにすごかったの?」

コック「まぁ、勉強中ではあるらしいが。それなりに・・・だな」

律「ふーん」

コック「ハンバーグのレシピはもういいのか?」

律「うん・・・欲しいけど、私にはこの味を出すの難しいな」

コック「ガッハッハ、無理と言わないだけ偉いぞ」

律「ちぇー」

スタスタ

律「・・・それなりに凄いって事なのか?」

唯「あー!りっちゃんずるい~!」

紬「どうしたの~?」

律「菜々子さんが作ってくれたー」

唯「わ、わたしも食べたいよ!」

律「はい、あーん」

唯「あーん」パクッ

紬「あらあら」

律「どうだ?」

唯「おいひぃ」

律「だろー?」

紬「まぁまぁ」

律「そろそろ大阪だな」

唯「・・・」モグモグ

紬「そうね。食べ終わったら澪ちゃんとあずさちゃんの所へ行きましょう」

律「うんうん」モグモグ

唯「うん」モグモグ


――――

修治「マスコミは次の駅に集まってます?」

車掌「大阪駅には来ていないみたいですよ」

修治「へぇ~、もうヴェガに乗ってないと思っているのかな?」

車掌「恐らく」

修治「意外とあっさりしてんな~」

車掌「・・・今、大衆が求めている情報は彼女一人だという事でしょうか」

修治「・・・そっか、なら大丈夫ですね」

車掌「ですがご用心なさってくださいね」

修治「了解です」ビシッ

車掌「ふふ、助かります」



ガタンゴトン ガタン ゴトン

プシュー

澪「よっ」ピョン

唯「ほいっ」ピョン

シュタ

澪唯「「 大阪着いたっ!! 」」

修治「・・・」キョロキョロ

律「どうした?」

修治「いや・・・」

菜々子「邪魔だぞ修治」

修治「・・・」ササッ

菜々子「挙動不審なヤツ」

律「仕事休みなんですか?姉御・・・もとい菜々子さん」

菜々子「あぁ、夕方までね」

唯「それじゃ後で挨拶にいくよっ!」

澪「はい」

菜々子「そっか・・・。それじゃ後でね」

スタスタ

梓「澪先輩!」

紬「唯ちゃん!」

車掌「田井中さん!」

澪唯律「「「 ん? 」」」

修治「・・・え」

「すいません、ちょっとよろしいですか?」

澪「!」

唯「なに~?」

律「げ・・・」

「放課後ティータイムというグループをご存知ですか?」

澪唯律「「「 えっ 」」」

修治「あー、俺がお答えしますよ~!」ズイッ

「なんですか?」

修治「グループ名間違えてますし・・・」

「いえ、有力な情報筋ですから」

修治「・・・ガセ情報ですよ。本当の名前は」


静花「なにをしていますの!?行きますわよみなさん!」

紬「行きましょ~!」

梓「行くです!」

修治「あ、はーい。行くぞ」

律「お、おぉ」

唯「はいよ~」

澪「う、うん!」

タッタッタ

「本当のグループ名は!?」

修治「放課後ティータイムでいいじゃないですか」

「ちょ、ちょっと!」

修治「それじゃこれで」

「ま、まってください!」

修治「まだなにか?はやく行かないと怒られるんですけど」イライラ

「正式名称を!」

修治「事務所側から秘密にしてくれと言われているんですけど・・・」

「じ、事務所!?デビューするという事ですか!?」

修治「いや、そっちじゃなく・・・」

小麦「その情報を掴んだだけでもいいんじゃないの~?」

「・・・ご本人は?」

修治「大阪で下車するって言ってたから・・・準備してるのかもしれませんね」イライラ

小麦「それか、もう降りてるかも、ホットティータイムのメンバー」

修治「バ、バカッ!」

小麦「あっ!」

「! それでは!」

タッタッタ

修治「・・・はぁ」

小麦「あーぁ、右往左往してるね、信憑性ないから当然か~」

修治「助かったよ小麦」

小麦「あの記者が書く記事なら誰も信用しないんじゃないかな」

修治「しかし焦った・・・」

車掌「申し訳ございません。到着直前に怪しい人がいると連絡が入りましたが」

修治「そう伝えておきます」

小麦「にゃはは、修治くんもペテン師だね~」

修治「あのね・・・『正式名称』を言った小麦が言わないでね」

小麦「えっへへ~」

修治「・・・小麦」

小麦「なぁに~?」

修治「・・・」

小麦「?」

車掌「・・・」

修治「・・・・・・じゃあ・・・な」

小麦「また後でね~」フリフリ

修治「・・・うん」

車掌「いってらっしゃいませ」


律「ビックリしたぜ・・・」

唯「うっかり、私たちです!って言いそうになったよ~」エヘヘ

梓「」ゾクッ

紬「大丈夫よ、あずさちゃん。言ってないから」

澪「鳥羽さんが割り込んで来てくれて助かったな・・・」

静花「・・・ふむ」

律「いやぁ、静花さんが怒っている風に演じてくれたから助かったー」

梓「そうですね。助かりました」

唯「ありがと~」

紬「ありがとうございます」

静花「まぁ、好奇な目で見られる辛さは分かりますから」

紬「?」

修治「まだいたのか。はやく移動したほうがいいよ」

律「そうだな、よし放課後ティータイ」

修治「おぉいっ!」

律「なんだよー」

唯「どうしたの~」

修治「せっかくごまかしてきたんだから、ここを離れてからにしようぜ!」

澪「そ、そうだな」

静花「駅前は危険ですわね」

梓「さっさと梅田空中庭園に行きましょう」

紬「そうしましょう~」

梓「どうして静花さんまで一緒に来るんですか?」

静花「さきほどの輩がいたら、疑われるのはあなたがたですわ」

律「そうだぞ!」

唯「そうだよあずにゃん」

澪「お前たちは菜々子さん派じゃなかったのか・・・」

紬「うふふ」

修治「・・・」

律「あなたはなぜ?」

修治「高い所が好きなんだ」

律「あぁ、バカとなんとかは高い所が好きっていうからな」

修治「・・・」

唯「ひどいよりっちゃん!」

律「お、修治の肩をもつのか~?」

修治「平沢さん・・・」ウルウル

澪「わぁ、高~い」キラキラ

紬「ほんとね~」

梓「空が近いです」キラキラ

唯「3人の悪口は許しません!」

律「すいませんでしたぁ」

修治「・・・」シクシク

静花「ふふ、賑やかですわ」

菜々子「・・・」

静花「・・・はぁ、幸せな空間を壊す悪魔が・・・」

菜々子「誰が悪魔だよ」

静花「あちらに鏡がございましてよ」

菜々子「確認しろってか!」

修治「まぁまぁ、みんなの最後の観光ですので。穏便に」

静花「・・・」

紬「風音さんもいらしてたのね~」

風音「はい・・・」

ピノ「ピピッ」

律「あはは、みんな大集合だぜー」キラキラ

梓「・・・どうしてピノは私のところに来ないの?」

唯「ピノちゃんおいでっ!」

ピノ「ピッ」

ピョン

唯「あれま」

澪「ここは地上40階の2つの高層ビルの頂上部を連結した空中庭園なんだ」キラキラ

風音「遊んでもらってうれしそうです」ニコニコ

紬「うふふ、よかったわ~」

静花「・・・」

菜々子「・・・そうだな」

秋子「きゃー!姉御さまー!」

菜々子「うわぁ・・・」

修治「みんな揃ったから記念撮影でもしない?」

唯「そうだね!」

紬「お願します」

修治「おっけー」

静花「はい、並んで並んでー」

律「はいよー」

梓「はい」

菜々子「どーして私がこんなに離れるんだよー」

静花「あなた身長が高すぎますのよ、遠近法を活用したまでですわ」

菜々子「くっ・・・釈然としないな」

秋子「私もいますから平気ですよー!」

澪「ピノと一緒にか。いいな!」キラキラ

ピノ「ピピッ」

風音「ふふ」

唯「さぁーどうぞ」ブイ

紬「いぇ~い」

梓「・・・」ブイ

律「イエーイ!」

修治「はい、チーズ!」カシャ

緑「?」

修治「あ、北上さんも来てたんだ・・・」

緑「フラッシュの方向に気を取られたわ・・・」

紬「入りました!?」

修治「え、北上さんの事?ちゃんんと入ったよ」

静花「・・・」

菜々子「さーて、ヴェガに戻ろうかな」

律「お勤めご苦労様です!」

唯「お疲れ様です!」

菜々子「やめて、違う意味に取られるから」

静花「あまり変わりませんわ」

菜々子「全然違うだろ!」

修治「お供しやす。姉御」

菜々子「・・・」

ギリギリ

修治「すいやふぇん」

秋子「それでは私もこれで失礼しますね!」

紬「えぇ、それでは~」

静花「わたしも失礼しますわ。ごきげんよう」

梓「はい、それでは」


75