菜々子「気にしないで、さぁ、行った行った」

秋子「それから~、好きな映画はやっぱりラブロマンスが好きで~!」

紬「そ、それでは・・・」ペコリ

ピノ「ピピッ」

ちひろ「いらっしゃいませ~」

紬「大阪の観光ガイドください」

ちひろ「どうぞ~」

ピノ「ピピッ」

ちひろ「まぁ~」

紬「ありがとうございます」

ちひろ「あ、そういえばお客さん?」

紬「はい・・・?」

ちひろ「・・・」

紬「・・・」

ちひろ「いえ、なんでもないです~」

紬「?」

ちひろ「またいらしてくださいね~」

ピノ「ピピッ」

紬「あれ・・・」

ピノ「ピピ?」

紬「みんなどこへ・・・」

修治「あ、いたいた」

紬「鳥羽さん・・・」

修治「展望車に来て」

紬「え?」

ピノ「ピピッ」

修治「困った事になってしまってさ・・・」アハハ

紬「?」


――――

静花「オーッホッホッホ!」

菜々子「・・・ちっ」

静花「やはりそちらの世界へ足を踏み入れたのですね、菜々子さん!」

菜々子「違うっての、姉として敬ってくれてそう呼んでるんだよ!」

唯「そうだそうだー!」

律「そうだぞー!」

静花「まぁ~、すっかり懐柔されてしまって・・・。酷い事なさいますのね」ヨヨヨ

菜々子「相変わらず口の減らない・・・」

律「姉御!応援してるッス!」

静花「従順ですのね・・・。開放してあげなさいな」

菜々子「あのなぁ!」

静花「まぁ、堅気に手を出しますの?警察呼びますわよ」

菜々子「おまえってやつはぁ!」

梓「どうしてこんな事に・・・」

澪「分からない・・・」

静花「さ、お二人は大和撫子同士ですから。私が面倒を見て差し上げますわ」

梓澪「「 はぁ・・・ 」」

唯「あずにゃんは大和撫子じゃないよ!」

律「そうだぞー!」

梓「なっ!?」

澪「・・・」

修治「こうなってしまってさ・・・」

ピノ「ピピッ」

紬「うん・・・?」

静花「来ましたわね。紬さん」

紬「?」

梓「・・・?」

菜々子「どういう事だよ?」

静花「勝負ですわ、菜々子さん」

律澪梓唯紬「「「「「 勝負? 」」」」」

静花「そうです。人としてどちらが敬われるか・・・ですわ」

菜々子「へー、面白いじゃないか」

律「じゃーこっちの勝ちだぜー!」

唯「そうだー!」

静花「と、言いますと?」

律「私は菜々子さんを姉御として見ているからだぜー!」

唯「うんうん、私たちを助けてくれたんだよ!」

紬「なるほど~」

澪「そういう事か」

菜々子「出来レースだったわけだ」ニヤリ

静花「まぁ~!」

菜々子「そっちはあまり乗り気じゃないみたいだしな~」

律「よっしゃー!」

唯「あずにゃーん!こっちおいでー!」

梓「いえ、こっちでいいです」

律「な、なにぃ!」

梓「静花さんのスタイルに憧れます」キラキラ

静花「見る目ありますわ、梓さん」フフフ

菜々子「ぐっ・・・」

唯「そ、そんな~」

律「澪は!?」

澪「こっちでいいかな」

律「大阪で降りるからどうでもいいって顔だなー!」

静花「そうなんですの?」

澪唯「「 はい 」」

菜々子「唯も降りるのか。なるほど・・・。ちょうどいいじゃないか」

静花「紬さんをどちらに傾けるのか・・・が勝負です」

菜々子「いいだろう」

紬「え!?」

静花「では・・・負けたほうは、勝ったほうのいう事を何でも聞く・・・というのはいかがかしら?」

菜々子「面白い。受けてたとうじゃない!」

静花「逃げ出さないように」

菜々子「誰が!」

静花「オーッホッホッホ」

スタスタ

菜々子「相変わらず・・・」イライラ

律「頑張りましょうぜ、姉御!」

菜々子「いや、慕ってくれるのは嬉しいんだけどさ律。その呼び名は変えて欲しいなぁ」

唯「じゃあ姉貴!」

菜々子「名前で」

律「菜々子さん」ブー

唯「菜々子ねえや」

菜々子「唯、もう少し変えてみようか」

唯「菜々子姫」

修治「ブフッ」

菜々子「・・・」

ギリギリ

修治「すいやふぇん」

菜々子「唯はなんでもいいや。じゃあねあんたたち」

スタスタ

澪「・・・大変な事に巻き込まれたな、梓」

梓「そうですね」

唯「あずにゃん!」

梓「不可抗力です」

ピノ「ピピッ」

紬「そうね、大阪の観光先でも決めましょうか~」

唯「そう言ったの!?」

唯「うへへ」キラキラ

ピノ「ピピッ」

梓「ピノっ!」

律「がっつくと近寄ってこなくなるぞ」

梓「うっ」

紬「ゆっくり待ちましょ」

唯「さぁ、どこへ行こ~?」ルンルン

澪「その気持ち・・・分かる」

律「確かに、嬉しいよな。小動物が肩に乗ってくれると」

ピノ「ピッ」

澪「夕方の6時まで観光できるよ」

律「到着時刻が2時だから・・・」

梓「唯先輩と澪先輩が行きたい所を優先してはどうでしょう」

紬「そうね~」

唯「さすがあずにゃんだよ」ルンルン

紬「澪ちゃん行きたいところある?」

澪「そうだな、梅田空中庭園かな」

唯「私も目をつけていました」キラン

律「到着してから行くか」

梓「その後はどうします?」

澪「海遊館に行ってみたいけど・・・」

唯「時間足りるかな」

ピノ「ピピッ」

唯「そうだよね、よし行こう!」

梓「信頼関係が生まれてる・・・」

律「適当に合わせてそうだけど、なんだろうな」

澪「納得しそうな雰囲気だな」

唯「みててよ。ピノちゃん、りっちゃんのところへ!」

ピノ「ピピッ」

ピョン

紬「まぁ」

澪「私のところに来たんだけど」キラキラ

唯「あら」

律「じゃ、今度は澪が指示してみよう」

梓「・・・澪先輩」キラキラ

澪「ピノ、梓のところへ行ってくれないか?」

ピノ「ピッ」

ピョン

律「今度は私か」キラキラ

梓「・・・」ムス

紬「名前を覚えていないのかしら」

唯「そうかもしんないね。りっちゃんの番だよ」

律「ピノで遊ぶのはもういいだろ」キラキラ

梓「えー!」

唯「梅田空中庭園と海遊館で決定だね」

紬「分かったわ」

澪「そのまま駅に戻って・・・」

唯「うん・・・そだね」

澪「・・・楽しかったな」

ギュ

紬「・・・」

唯「とーっても!」

律「そうだな~」

梓「こんな旅になるなんて思ってなかったです」

ピノ「ピピッ」

律「そうか、嬉しいこというじゃん」

澪「なんだって?」

律「私らに会えて楽しかったって」

唯「うんうん」

梓「ほんとですか?」ジト

風音「そうみたいですよ」

梓「」ガーン

紬「あら、もういいの?」

風音「はい、ピノがお世話になりました。ピノ、おいで」

ピノ「ピッ」

ピョン

風音「紬さん、ありがとうございました。それでは失礼します」

紬「いえいえ~」

ピノ「ピピッ」

スタスタ

唯「あずにゃんは時間があるから大丈夫だよ~」

紬「そうよ~、ピノちゃんも分かってくれるわ」

梓「そうだといいです」ションボリ

紬「唯ちゃん、片付け終わった?」

唯「いっけね~」テヘ

澪「おいおい・・・」

唯「整理してくるよ!」ガタ

梓「手伝います」

紬「私も手伝うわ」

唯「ありがと~」

律「まだだったのか・・・」

澪「・・・」


澪「小麦が見えないけど、どうしたんだろ」

律「そういやそうだな・・・」

澪「・・・」

律「気になるなら行ってみたらいいじゃん。個室にさ」

澪「・・・そうだな」

静花「あら、二人ともまだここにいらしたのね」

律「・・・うっ」

静花「どうして呻きますの?」

律「うっ・・・どん食べたいなぁ・・・」

澪「鳥羽さんみたいだぞ・・・?」

律「なんだと!」プンスカ

澪「いや・・・怒るところじゃないだろ」

静花「うどんを好むのですか・・・見所ありますわね・・・」

澪「静花さんはどうしたんですか?」

静花「散歩ですわ。ここ、気に入りましたの」

律「・・・展望車落ち着きますよね~」

静花「ええ・・・」

澪「静花さんに聞きたい事があるんですけど」

律「あ、私も」

静花「まぁ、なにかしら?何でもお答えしましてよ」キリ

澪「菜々子さんと仲が悪いみたいですけど」

律「どうしてかなって・・・」

静花「なんですってぇ!?」ガァアア

澪「ヒァッ」

律「おぉ・・・」

静花「コホン。失礼・・・」

律「そこまで嫌う理由って・・・」

静花「・・・通う高校が一緒だっただけですわ」

澪「え・・・」

静花「・・・私は、高校入学と共にとある殿方に心を奪われてしまいました」

律「語りだした・・・」

静花「進級し、桜舞いちる校庭で、告白しようとその殿方を呼び出したのです」

澪「・・・」ワクワク

律「ふむふむ」

静花「ところが!その場所にはなぜか、なぜか菜々子さんもいたんです!」

澪「・・・」

律「あらら」

静花「私たち、同じ殿方に恋をしていたのです・・・」

澪「・・・」

静花「結果は・・・結果は!キーーーー!思い出しただけではらわたが煮えくり返りますわ!」

澪「・・・どうなったんですか?」

律「菜々子さんが・・・?」

静花「二人とも玉砕してしまったんです!」

澪「・・・」

律「・・・」

静花「告白そっちのけでケンカを始めてしまい・・・気づいた時には殿方はいなくなっていました・・・」

澪「あー・・・」

律「あーらら」

静花「それからというもの・・・体育祭では闘いあい」

澪「競い合うが正しいのでは・・・」

律「そのまんまの意味なんだと思うぞ」

静花「学園祭では舞台の主役を競い合い」

澪「そこで使うんですね」

律「・・・周りが可哀相かも」

静花「高校三年間一緒のクラスでしたの。事ある毎にケンカをしていました・・・。思い出しただけで腹が立ってきましたわ」イライラ

澪「・・・」ビクビク

律「・・・」

静花「菜々子さんの『な』を聞くだけで全身に鳥肌が立ってしまうんです」

澪「・・・そんな事が」

律「今までそれを繰り返してきたんですねぇ・・・」

静花「そうですわ!卒業して3年経った今、また会う事になろうとは!」

澪「・・・運命のいたずらですね」

律「いたずらで済むのかこれ・・・」

静花「時に神は残酷なことをなさいますわ・・・」ハァ

澪「なるほど・・・」

律「不思議な縁ですね・・・」アハハ

静花「・・・そうですわね」

澪「・・・?」

律「・・・」

静花「・・・というわけで、今回の勝負、絶対に負けられませんの」ゴゴゴ

澪「・・・嫌な予感が」

律「・・・」

静花「さ、澪さん。なにか困った事でもありましたらなんなりと仰ってください」

澪「え、えぇと」

律「・・・」コソコソ

澪「・・・おい」

ガシッ

律「な、なに?」

澪「どこへ行くんだ?」ニコ

律「ドラムの練習に、だよ」ニコ

澪「練習熱心だなぁ」ニコニコ

律「当然じゃないかぁ」ニコニコ

静花「ドラム?バンドを組んでいますの?」

澪「はい・・・学校の部活で」

律「そうなんです。だから私はこれで」

ガシッ

澪「ヴェガにドラムなんてあったかなぁ」

律「あったような気がするんだよなぁ」

静花「・・・ふむ。部活仲間でヴェガに乗っていますのね?」

澪「さっき紹介したメンバーがそうです」

律「・・・」コソコソ

ガシッ

澪「諦めろ」

律「諦める事を知らないのが私、田井中律です」

澪「一人にしないで」

律「・・・分かった」

静花「担当を教えてくださるかしら?」

澪「え・・・えぇと」

律「小麦が書いた記事を読ませればいいだろ」

澪「いいのか?」

律「あぁ・・・かま・・・構わない」シクシク

静花「記事?」

澪「これを読んでくれれば、おおよそ把握できると思います」ガサ

律「私の自己紹介は飛ばしてください」

澪「諦めろ」

律「・・・」

静花「・・・ふむふむ」

菜々子「なにやってんだい・・・げっ」

澪「・・・」コソコソ

律「・・・おい」

ガシッ

澪「ベースのチューニングしなくちゃいけないんだ」

律「諦めろ」

菜々子「へぇ~、文字が読めるようになったんだな。凄い凄い」

静花「うるさいですわよ。しずかになさい」

菜々子「知能は進化したみたいだな~」

静花「人類は文字を読むとき、想像を張り巡らせることができるんですのよ」

菜々子「私が人類じゃないってのかい!?」

澪「二人で逃げようよ」

律「あ、そうだな」

澪「・・・」コソコソ

律「・・・」コソコソ

静花「お待ちになって、澪さん」

ガシッ

菜々子「待ちな、律」

ガシッ

澪律「「 ・・・ 」」


74