―――――ヴェガ

「ハァッ・・・ハァッ・・・少し詰めすぎましたわね・・・」

梓(・・・重そうだなぁ・・・どうしようかな。手伝いたいけど)

「よいっしょ・・・よいっしょ・・・ふぅ」

梓「あ、あの・・・」

「なにかしら?」

梓「手伝いましょうか?」

「まぁ、ご親切に・・・。それではこの小さいほうをお願いできます?」

梓「はい。ヴェガに乗るんですか?」

「そうですわ。あなたも乗りますの?」

梓「はい。乗客・・・!」

「乗客でしたのね。助かりましたわ」

梓(重い!何が入って・・・!?)

ポン

梓「?」

紬「私に任せて」キラン

梓「むぎ先輩」

「?」

紬「よいしょ」

ヒョイ

梓「・・・すごい」

紬「しゃらんらしゃらんら~」

スタスタ

「・・・」

「手伝ってくれてありがとう」

紬「いえいえ~」

梓「私は何もしてませんけど」

紬「そんな事ないわ~」

梓「いえ・・・持てませんでしたから・・・」

「・・・」

修治「どうしたの二人とも・・・律が探してたよ」

梓「大阪の観光場所を決めたいとか、そんな理由です。後回しでいいです」

紬「観光場所を決めるのは大事よ。あずさちゃん」

梓「ですよね!」キラキラ

律「・・・ほぅ」

梓「・・・あ、唯先輩探さないと」

唯「あずにゃん!?」

梓「・・・」

唯「私を探していたんだよね!?」

梓「・・・」

律「梓は私らに観光先任せていいんだよな?」

紬「あらあら」

梓「・・・澪先輩に聞いてきます」

律「なにをだよ」

梓「大阪でどこに行きたいのか」

澪「ん?どうした?」

唯「あ~ず~にゃん」ダキッ

梓「・・・」

澪「こんな所で集まってたら邪魔だろ?移動するぞ」

律「どこにいこうっかな~」

スタスタ

唯「どこ行こう~」スリスリ

梓「暑いですからっ、離してください!私にも選ぶ権利を持ちたいです!」

紬「うふふ」

「・・・ふむ」

修治「あの・・・こちらの方は」

梓「あ、すいません」

唯「ん~?」

紬「すいません」

「・・・ま、まぁいいですわ」

修治「?」

「さ、ボーイさん。この荷物を部屋まで運んでくださる?」

修治「へ?ボーイって俺の事?」

「他に誰がいまして?」

修治「・・・知り合い?」

梓「先ほど初めてお会いしました。こちらから乗車するそうですよ」

修治「そうなんだ・・・、馴染んでいるからそうなのかと」

紬「うふふ」

唯「あ~ず~にゃ~ん」スリスリ

梓「会話に参加してくださいっ!離れてくださいっ!」

修治「誰ですかあなたは、いきなり人をボーイ扱いして」

「まぁ、人に名前を聞くときは自分から名乗るのが礼儀じゃありませんこと?」

修治「た、確かに。鳥羽修治と申します」

「・・・ふむ」

唯「平沢唯ですっ!」

梓「中野あず」

「ごめんよごめんよちょっとごめんよぉー!」

修治「あ、ああ危ない」

ドンッ

「ぎゃっ!」

ドサドサドサッ

「あー・・・ぁ、派手にやっちまったなぁ。荷物積め過ぎちゃったか・・・大丈夫だった?」

紬「拾うの手伝います」

梓「は、はい」

「ありがとー、恩に着るよ~」

唯「あぁー!」

「ん?」

唯「姉御ぉー!」

姉御「げっ・・・あんたは・・・」

律「ん!?」キラン

澪「なんだその表情は」

姉御「げげっ、あんたまで・・・」

律「姉御ォーー!」キラキラ

紬「あねご?」

梓「今は無視してさっさと拾いましょう」

紬「そ、そうね」

姉御「あ、あのね。私には津山菜々子っていう名前があるんだよ」

「な、なんですってー!!」

菜々子「ん?そういやぶつけてしまった人がいたっけ。ごめんごめん大丈夫だった?」

「早くどかしなさい!この乱暴、暴力、超々ガサツ女!」

修治「え?」

律「な、なんだ・・・?」

澪「こ、怖い」ブルブル

菜々子「なんだって!?この口の悪さ・・・あんたもしかして!?」

「久しぶりですわね、菜々子さん」

菜々子「あぁ・・・出来れば一生会いたくなかったけどな・・・」

「再びあなたとこうして出会ってしまうなんて・・・あー縁起悪い」

菜々子「フン!相変わらす口と性格の悪さは銀河一だね!」

「そっちこそ!乱暴ぶりにますます磨きをおかけになって・・・アフリカでゴリラと同棲でもしてらしたのかしら?」

菜々子「なんだって!?」

「なんですの!?」

修治「そ、その辺にしておいたほうが・・・」

菜々子「引っ込んでろ!」ガォオ

「引っ込んでなさい!」ガァア

修治「」ピキーン

澪「」ピキーン

紬「これで最後ね」

梓「そうです」

律「動じないのか、視野に入ってないのか・・・」

唯「二人ともすごいよね」

「あら・・・」

菜々子「ありがとね、ふたりとも」

紬「いえいえ~」

梓「どういたしまして」

「自己紹介がまだでしたわね。私の名前は鹿島静花。静花とお呼びください」キリ

菜々子「本性晒した後で気取っても手遅れなんだよ」

静花「うるさいですわよ。餌の時間にはまだ早いですわ」

菜々子「あんたにねだるぐらいなら逃げ出すに決まってるだろ」

静花「自分がゴリラだとお認めになられて・・・。オホホホ、精進なさったのね~」

菜々子「あぁ!?」

静花「なんですの!?」

律「またか・・・」

紬「・・・」オロオロ

梓「避難しましょうか」

唯「澪ちゃん、澪ちゃん」ユッサユッサ

澪「」

静花「・・・ふむ」

菜々子「私はこれで失礼するよ。こんなヤツの相手してたらこっちまで性格が悪くなってしまう」

静花「それはこっちの台詞ですわ。よろしくない再会でしたわ」

菜々子「こっちのセリフだっつの・・・せっかくヴェガで働く事になったっていうのに・・・」

静花「・・・ふんっ」

スタスタ

律「姉御の名前菜々子っていうのかー」

唯「やったね、りっちゃん!」

梓「二人ともどうしたんですか?」

澪「」

紬「・・・?」

pipipipipipi

修治「あ、電話だ」

ピッ

修治「はいはい~。よっと」

梓「もうすぐ出発ですよ?」

修治「分かった。・・・うん。そう」

タッタッタ

紬「・・・」

律「さて・・・」

唯「4号車へ行こう!」

澪「・・・そうだな」

梓「ですね」

紬「・・・京都はどうだった?あずさちゃん」

梓「とっても思い出深い場所になりました」

紬「うふふ、そうね~」

prrrrrrrrrrrrrrrr

律「落ち着いて発車するのって、中々ないよな」

澪「そうだな、いっつもバタバタしてた」

梓「これが普通なんですよね」

唯「そうだね~」

紬「・・・」

律「梓、狭くないか?」

梓「大丈夫ですよ?」

澪「ふむ」

唯「私とむぎちゃんの間においでよ」

梓「大丈夫ですって」

唯「固いこと言わないの」

梓「言ってないです」

プシュー

ガタン ゴトン

唯「ついに走り出したね~」

律「・・・そうだな~」

澪「うん・・・」

梓「・・・」

紬「・・・」

唯「澪ちゃん、私たちは夕方に帰るんだよね」

紬「!」

澪「そうだぞ、忘れるなよ」

梓「・・・そうですよね」

律「なんだ、寂しいのか~?」

梓「はい」

律「え!?」

唯「あずにゃんが素直で私も嬉しい」

澪「なんだそれは」

紬「・・・私、観光ガイド買ってくるね」ガタ

梓「それなら私が・・・」

律「まぁまぁ、私らと待ってようぜ~」

唯「そうだよ~」

梓「え、はい・・・」

澪「ここで待ってるな」

紬「うん」

スタスタ


緑「・・・」キョロキョロ

紬「なにか探しているの?」

緑「別に・・・」

紬「よかったら探しましょうか?」

緑「・・・」

紬「なにを落としました?」

緑「キーホルダーよ・・・」

紬「・・・キーホルダー」

緑「さっき、売店で買って落としたの・・・。見つからないからもういいわ」

キラン

紬「あ、あった」

ヒョイ

緑「・・・」

紬「はいどうぞ」

緑「・・・」

紬「そのキャラクター好きなんですか?」

緑「別に・・・」

紬「・・・」

緑「・・・」

紬「・・・」

緑「お金を崩したかっただけ。それだけだから」

紬「そうですか・・・」

緑「ありがと・・・」

紬「え・・・」

緑「・・・それじゃ」

スタスタ

紬「それでは~」ニコニコ


風音「あ、ちょうどいいところに・・・」

ピノ「ピッ」

紬「どうしたの?」

風音「ピノを預かっててもらえませんか?」

紬「えぇ、いいわよ~」

風音「ありがとうございます。さ、ピノ」

ピョン

ピノ「ピピッ」

紬「でも、どうして?」

風音「お昼をとりに食堂車へ。走り回っちゃうので・・・」

紬「なるほどぉ~」

風音「いい子にしていてね?」

ピノ「ピッ」

風音「助かります。それでは後で迎えにいきますので」

紬「ごゆっくり~」

スタスタ


秋子「きゃ~、可愛い~!」

紬「あ・・・」

秋子「こんにちはピノちゃん」

ピノ「ピピッ」

秋子「きゃー!」

紬「うふふ」

秋子「どちらへ行かれるんですか~」

紬「売店へ行ってきます」

秋子「それなら私もついていっていいですか?買いたいものがあるので」

紬「えぇ、もちろん」ニコニコ

秋子「それではいきましょ」

紬「大阪での観光先は決まりましたか?」

秋子「え~と、アメリカ村と海遊館に行ってみようとかと!あと通天閣!!」

紬「まぁ、いいわ~」

秋子「楽しみです~。あー!」

菜々子「えー、ジュースとお菓子お弁当いかがですか~」

秋子「姉御さまー!」

紬「あねご?」

菜々子「げげげっ!あんたまで・・・」

秋子「きゃー!」

菜々子「今仕事中だから勘弁してくれ」

秋子「私博多まで行くんです~!」キラキラ

菜々子「聞いちゃいないねこの子」

ピノ「ピピッ」

紬「えぇと」

菜々子「私の名前は津山菜々子。食堂車と車内販売のアルバイトをする事になったんだ。よろしく」

紬「よろしくお願します」

ピノ「ピッ」

菜々子「可愛い同伴者だね~」

秋子「それからそれから、料理が得意で~、裁縫も少しできるんですよ~!」

紬「秋子さん・・・売店車は・・・」

菜々子「あー、放っておいていいんじゃないかな。私が適当に言っておくからさ」

紬「で、でも・・・」

菜々子「へへっ、優しいんだな。気に入ったよ」

紬「?」


73