――――

車掌「10時に開きますから・・・12時の出発まで間に合うかどうか・・・」

紬「京都から大阪に送る事は・・・」

車掌「できますよ」ニコ

紬「よ、よし!」

車掌「あ・・・」

紬「澪ちゃんに確認してきます!」

ゴンッ

紬「~っ!」

澪「~っ!!」

車掌「だ、大丈夫ですか?」

律「なにやってんだよ・・・」

紬「澪ちゃん・・・?」ヒリヒリ

澪「むぎ・・・」ヒリヒリ

紬「ごめんね、澪ちゃん・・・大丈夫?」

澪「あ、あぁ・・・」

車掌「・・・」ホッ

律「よかったな」

澪「うん・・・。車掌さん、お店を教えてください」

車掌「少々お待ちください」

紬「唯ちゃんとあずさちゃん起こしてくるわね~」シャランラ

律「・・・私も行くよ」

紬「?」

律「食堂車で待ってるからな~」

澪「うん・・・」


紬「どうしたのりっちゃん」

律「ん~、もうちょっとで澪が進化しそうだからな~」

紬「そうなの?」

律「なんつって~」

紬「うふふ」

スタスタ

律「むぎ、梓の部屋ここだぞ?」

紬「唯ちゃんの部屋にいるのよ~」

律「?」

コンコン

「・・・」

紬「まだ寝ているのね~」

律「なるほどぉ~」

ガサゴソ

紬「カメラを出してどうするの?」

律「まぁ、いいからいいから」ウシシ

コンコン

「・・・はっ!」

「ん~・・・」

「ちょっ、離してください!」

「ん~、あずにゃん・・・どうしてここに!?」

「いいから、離してくださいー」

律「なにやってんだ」

紬「うふふ」

コンコン

「むぎ先輩ですか?」

紬「そうよ~」

「・・・」

「どうして開けないの、あずにゃん」

「律先輩いますか?」

紬「えぇと・・・」

律「いない、いない」ヒソヒソ

「りっちゃんがいたらダメなの?」

「ダメじゃないですけど、激写ー!とか言って撮られそうです」

「しそうだよね~」

紬「なるほど」

律「ぐっ、開けろー!」

ガチャガチャ

「暴挙にでましたね」

「いたんだ、りっちゃん」

律「いたら悪いかコンニャロー!」

小麦「朝からうるさいよー」ボケー

エレナ「元気な証拠ですワ」

律「こ、小麦の頭が・・・!」

「ど、どうしたの!?」

「喰い付かないでください」

小麦「ん~?」ボケー

紬「アフロになってるわ~」

エレナ「そうですネ」

ガチャ

唯「ど、どこ!?」

パシャ

律「なんで顔にタオル巻いてんだよー」

梓「バレバレですよ」

唯「アフロじゃないじゃん!」

紬「うふふ」

小麦「アフロしないよ~」ボケー

エレナ「小麦は、低血圧ですネ」

パシャ

律「それはそれで面白い格好なんだよ、梓」ウシシ

梓「しまった!」

バタン

唯「ちょっとあずにゃんー!私の部屋だよー?」

ドンドン

「あ、すいません」

澪「なにしてんの・・・」

紬「あ、澪ちゃんどうだった?」

澪「うん、後で行って来るよ」

紬「そう、よかったわ」

エレナ「カメラ持って来るの忘れマシタ」

紬「うふふ」

修治「騒がしいですね」

律「おはよ」

小麦「おはよ~」ボケー

修治「みんなおはよー。エレナ、今日は無し?」

エレナ「小麦と寝坊してしまいマシテ」

修治「そっか・・・」

澪「この前言ってた空手?」

修治「そう・・・ふぁ」

エレナ「今日に限って寝坊ですカラ~」

澪「じゃあ、今からでも!」

律「外、結構人いるぞ?」

エレナ「そうですネ」

澪「あ・・・そっか」

小麦「みんなのこれからの予定は~?」ボケー

紬「ごはん食べた後に・・・」

澪「ペンダントの修理に・・・」

小麦「え?」

エレナ「目が覚めましたネ。ペンダント壊れましたカ?」

澪「うん、ブレスレットにしてもらおうと思っていたところ。・・・ほら」

小麦「ほんとだ~。エレナ・・・」

エレナ「任せるでゴザルヨ」

小麦「澪ちゃん、借りるね~」

エレナ「早速修理ですワ」

修治「すげえな」

紬「ほんとね~」

澪「あ、ありがと・・・」

小麦「ご飯食べ終わった頃にもっていくよ~」

エレナ「先に行くとイイネ」

テッテッテ

修治「散歩でもしてくるか・・・。じゃね」

律「あぁ・・・。なんかバタバタしてんな」

紬「進化できた?」

律「もうちょっと・・・だな」

澪「なに?」

律「なんでもなーい」

紬「あら、唯ちゃんたちは?」

澪「梓はこそこそと出て行ったけど」

律「・・・」

紬「唯ちゃんは中ね」

コンコン

「先に行ってて~」

紬「は~い」

澪「梓も後でくるかな。先に行ってようか」

律「そうだな」



けさみ「いつものでいいですか~?」

律「よろしくー」

紬「えぇ」

澪「はい」

けさみ「唯さんと梓さんはどうします?」

律「後で来るから、今のうちに注文とっておいてください。いつものでオッケー」

けさみ「かしこまりました~」

紬「今日は、比叡山よ!」

律「そうなのか?」

紬「いぇ~す」

澪「むぎ、さっきは」

梓「おまたせしました」

律「普通かよ」

梓「変化を求めないでください」

紬「昨日が特別だったのよね~」

梓「そうです」

澪(後でいいか・・・)

梓「律先輩、カメラ汚れてますよ。貸してください」

律「はいはい。カメラのデータを消そうという作戦ですね」

梓「・・・」

紬「守りは堅いわ、あずさちゃん」

澪「律は賢いからな・・・。山で一番」

律「猿か!」

梓「律先輩、今日もかっこいいです」

律「ふふっ・・・梓も見る目があるじゃないか」サラサラ

梓「カメラ貸してください」

律「私はアホか!」

紬「りっちゃん」

律「お、なんだ?むぎ」

紬「・・・」

律「作戦無かった!」

澪「・・・」

律「澪も乗れよ!」

梓「うーん。律先輩が私にカメラを渡す方法・・・」

律「それを口にしたら渡す確率低くなるだろ」

唯「りっちゃんは色気より食い気だよ、あずにゃん」

律「もう渡さねえ」

唯「へへ、旦那。これがお冷です」

律「一杯で充分だぞ」

紬「これが割り箸です」

律「食べ物よこせ!」

澪「これがカメラです」

律「いつの間に!」

梓「っ!」サッ

唯「っ!!」サッ

紬「うふふ」

律「むぎ・・・、それ私のだぞー」

梓「むぎ先輩・・・なんでも一つだけ願い事を叶えます」

唯「よく分からないけど。参加してます」

澪「どうしてむぎが取ったんだ・・・」

紬「一枚だけ消すのは?」

律「うむ、いいだろう」

梓「むぎ先輩、指が滑ったりして二枚削除していいんですよ」

澪「梓・・・」

紬「りっちゃん、他の写真みてもいい?」

律「いいぞ~」

唯「私もみせて~」

梓「どれどれ」

ピッ

ピッ

紬梓「「 あ・・・ 」」

律「ん?」

澪「どうした?」

唯「名古屋城のライブ写真だよ~」

律「あ、さわちゃん私のカード持って行ったのか・・・」

澪「私にも見せて」

紬「はい、どうぞ」

梓「ちょっと照れますね」

澪「こんな表情で演奏してたのか・・・」

律「本気で楽しんでたからな~」

紬「そうね~」

梓「はい」

唯「楽しかったね~」

澪「うん、楽しかった」

律「・・・」

唯「・・・」

紬「・・・」

梓「次は私が見る番です」

律「そうはいくかっ」

澪「あ・・・」

梓「・・・」

唯「あずにゃん、後でバナナ買って来ようよ」

律「絶対、消さないからなー」

梓「唯先輩っ!」

唯「えぇ~」

けさみ「お、おまたせしました」

その子「なかなか割り込めなかったので・・・」

律「すいません、うちの子たちが」

唯「すいやせんね~えへへ」

梓「後でカメラ獲ります」

律「物騒だぞ、梓」

澪「・・・」

紬「澪ちゃん・・・」


修治「・・・」モグモグ

唯「修治くん?」

梓「どうしたんですか?」

修治「うん」モグモグ

律「そうかー!」

澪「通じたんだ・・・」

修治「・・・ごくごく」

紬「どうして外で食べてるの?」

修治「・・・っ」ゴクリ

律「そうだな・・・」

修治「なにを理解した!?」

唯「どうしたの?」

修治「エレナが探してたよ。秋山さんに渡すからと」

澪「ほ、本当?」

修治「うん。出来たって、はしゃいでた」

紬「もうできたのね~」

律「仕事はやいな」

修治「外で食べると爽やかな気分になるから」

梓「陰鬱だったんですか?」

修治「・・・うん」

律「どうせ怖い夢みたとかだろ」

修治「・・・違うよ」

紬「どうしたんですか?」

唯「どうしたの?」

修治「・・・」

澪「なにかあった?」

修治「・・・」アセアセ

律「・・・」ジー

修治「・・・」タラタラ

梓「冷や汗かいてますよね」

修治「ご、ごめんなさい」

唯「どうして謝るの~?」

律「・・・」ジー

修治「・・・そんなに心配されるとは思ってなくて」

律「おらぁ!」バシッ

修治「いったぁ!」

紬「・・・」

唯「・・・」

梓「・・・」

澪「・・・あ」

エレナ「オー!ミオさん、グッドタイミングですワ」

小麦「あ、いたいた~!」

エレナ「これでどうデスカ?」

キラキラ

澪「わぁ・・・」

小麦「商売品で一つ売れないのがあってさぁ~、それを改造したの!」

唯「おぉ、かっこいいよ小麦ちゃん!」

小麦「えっへへ~、エレナと培った技術だよ~」

エレナ「そうですワ」

澪「・・・」

小麦「あれ?ブレスレットは嫌だった?」

エレナ「イヤリングがヨカッタですカ?」

澪「ううん。嬉しいよ・・・。ありがとう」

ギュッ

小麦「そ、そんなに喜んでくれると・・・」

エレナ「嬉しい反面トマドイますワ」

律「特別な物だったからさ」

紬「えぇ・・・」

小麦「えっへへ~」

エレナ「・・・」

唯「・・・」

梓「・・・」

修治「・・・」モグモグ

小麦「修治くんまだ食べてるの~?」

エレナ「行きますワ!」

修治「うん」モグモグ

律「どこ行くんだ?」

小麦「比叡山!」

澪「一緒に行こう!」

律「・・・!」

紬「りっちゃんさん嬉しそう~」コノコノ

律「むぎさんこそ~」コノコノ

梓「どうしたんでしょうか」

唯「分からないけど、みんなで行こう~!」

エレナ「旅は道連れ世は情けネエですネ」

澪「世は情けだよエレナさん」

エレナ「ソーなんですカ?」

修治「・・・」モグモグ

律「さ、行こうぜー!」

唯「ゴーゴー!」

紬「ごぉー!」

梓「行きましょうー!」

小麦「賑やかだね~」

エレナ「旅はこうでなくちゃいけませんネ」

澪「よしっ!」グッ

修治「ちょ、ちょっとまって置いてかないで!」


71