さとみ「常連さんの貫禄よね」

澪「え?」

紬「私も今度いつものやつって言ってみようかしら」

梓「言ってみたい台詞ですよね」

さとみ「そうよね~」

澪「?」

紬「もうそろそろ京都ね~」

さとみ「あっという間ね」

澪「また京都にくるなんてな・・・」

梓「嬉しいです!」キラキラ

紬「私も~」

さとみ「滅多に味わえない経験よね」

澪「今回は梓と思い出を増やすか」

梓「澪先輩・・・」キラキラ


ガタンゴトン ガタン  ゴトン

プシュー

梓「よっ」ピョン

スタッ

梓「京都!」

紬「あずさちゃん!」

澪「中に戻るんだ!」

車掌「中野さん!」

梓「? どうしたんですか?」

紬「あぶないあぶない」

車掌「・・・もうしばらくお待ち下さい」

澪「ホームにマスコミが来ててな」

紬「みらいちゃんと私たちを待ってるみたいなの」

梓「え!?」

さとみ「大変そうね・・・」

修治「ヴェガから脱出できればいいんですよね?」

車掌「そうですね。みなさんの顔は知られていませんので」

紬「うふふ、怪盗みたいね」

梓「ちょっと危険な状況ですよ?」

澪「そ、そうだな」ブルブル

車掌「お二方協力してくれますか?」

修治「もちろん!」

さとみ「もちろんです!」

梓「ありがとうございます」

澪「あ、ありがとう・・・」

紬「ありがとう~」

修治「・・・貸しもあるからね~」アハハ

さとみ「律儀よねぇ~」

修治「じゃ、俺は変装セット見繕ってくる」

紬「よろしくね~」

タッタッタ

さとみ「私はどうしようかな」

車掌「駅長に話を通してありますので、なにか役に立てるものを借りてきてくれますか?」

さとみ「了解しました」

タッタッタ

梓「お願します」

澪「映るのは嫌だ」ブルブル



―――――職員室

ガチャ

純「山中先生!」

さわ子「あらあら、鈴木さん。ここは職員室よ?おしずかにね」

純「あ、はい・・・すいません」

憂「山中先生はニュースサイトご覧になりましたか?」

さわ子「いいえ、まだ見ていませんが・・・?」

純「えぇと・・・」

憂「・・・少しお話があるのですが」

さわ子「・・・ちょっとまっててね。鍵を・・・」

スタスタ

さわ子「情報室へ行ってきます。少し空けますがよろしいですか?」

「えぇ、大丈夫ですよ」

さわ子「・・・それでは、行きましょうか」

純「は、はい」

憂「失礼しました」ペコリ

バタン

さわ子「それで、どうしたのよ?」

純「飯山みらいの件で!」

憂「私はまだ見てませんが、HTTFの動画が流れているそうなんです」

タッタッタ

憂「あ・・・」

純「せ、先生が廊下を走った!」

和「・・・どうしたのよ?」

純「真鍋先輩も来てください」

憂「お姉ちゃんが・・・」

和「え・・・?」


さわ子「・・・」カチッカチッ

純「失礼しまーす」

憂「見つかりました?」

和「・・・」

さわ子「あったわ・・・」

純「おぉ、再生回数2000も回ってる!」


みらい『 心を映し出す 丸い月 赤くやんなり浮かぶ 誰にも知られず
     私を形作るすべてが 涙をもっていると 誰にも言えずに  』


憂「・・・」ハラハラ

さわ子「注目度をよみ誤ったわ・・・」

和「・・・」

純「先輩方の顔は映ってない・・・?」

憂「え・・・?」

さわ子「・・・」

和「・・・」

純「曲と飯山みらいはバッチリなんですけど、どういう訳か先輩方は映ってませんね」

さわ子「・・・はぁ、焦った」ヘナヘナ

憂「よかった~」ホッ

和「・・・この曲だけなのね」

憂「純ちゃん見てなかったの?」

純「私が見たのは音が悪くて手ぶれがひどいヤツだった。記事も読んでみてください」

さわ子「記事・・・?ニュースサイトがどうのこうの言ってたわね」カチッカチッ

憂「・・・あ」

『謎のグループHTTFの動画流れる!』

『事務所とTV局に不正行為!?』

純「さっき見た時より大げさになってる・・・」

さわ子(美弥ちゃんが言っていたのはこれだったのね)

和「山中先生、動画が投稿された時間分かりますか?」

さわ子「ちょっと待っててね」

憂「・・・」

純「えぇと・・・8月9日の10時に演奏開始でしたよね」

和「そうよ」

さわ子「8月9日の・・・13時に投稿されているわ」

憂「3時間で・・・」

純「え・・・という事は・・・どういう事?」

和「・・・意図的に撮影して流した・・・と」

さわ子「あの子たちに危害がないような計らい・・・」

憂「誰が・・・?」

純「・・・」

和「・・・」

さわ子「・・・」

憂「なんでしょうか、この感覚」

和「ちょっとスッキリしないですね」

さわ子「・・・悪意は感じないけどね」

純「・・・あ、山中先生テレビつけていいですか?」

さわ子「いいわよ」

憂「なにかあるの?」

純「テレビ欄くらい見なきゃダメだよ、憂」

和「あまりいい台詞じゃないわね」

ピッ

修治『えぇ、いい曲でしたよ』キリ

さわ子「・・・」ポカーン

憂「鳥羽さん!?」

和「な、なぜ・・・?」

純「まさかの・・・鳥羽なんとかさん・・・」

『どのような曲でしたか?』

修治『そうですね・・・山の中にいるような・・・』

さわ子「・・・」

修治『のどかな気分になりました』

和「・・・」

修治『純っ粋な気持ちで聞くと幸せな気持ちになれると思います』

純「・・・」

『そうですか・・・』

修治『Oui』

憂「ブフッ」

和「憂が噴出すなんて・・・やるわね修治」

さわ子「完全に遊んでるわねこの子」

純「でも感想としては当たっているかも・・・」

『HTTFのメンバーについて詳しく聞かせてもらえますか?』

修治『ギター二人にベース一人、ドラム一人』

純「ちょっと・・・」

憂「・・・」

修治『キーボード二人でボーカルの飯山みらいですね』

さわ子「なるほど」

和「・・・バレない嘘ですね」

憂「ふむふむ」

純「紬先輩の他にいました?」

さわ子「いたわよ~」

修治『飯山みらいですか?草津駅で白澤監督の映画がどうとかで降りましたよ』

純「マジで!?」

憂「どうしたの、純ちゃん」

和「有名な監督よ」

さわ子「あらら、思いのほか順調なのね」

『よろしいですか?』

さとみ『え、あ、はい』

さわ子「・・・あら」

和「・・・さとみまで」

純「あ、さとみさんも映った!」

憂「すごーい」

さとみ『はい。いい子でしたよ』

純「あ、あの金髪の人エレナさんだ!」

憂「いま・・・メガネかけた澪さんが映ったような」

和「いたわね。梓と同じ髪型だったわ」

さわ子「他の四人はまだ!?」

純「帽子とサングラス!」

和「とても怪しいわね・・・」

憂「梓ちゃん・・・雰囲気で分かったよ」

さわ子「どうして列車からナマズのきぐるみがでてくるのよ・・・」

さとみ『きゃー!』ダキッ

『それではスタジオにお返しします』

和「さとみはナマズ人形が大好きだったわね」

純「へ、へぇ・・・」

憂「可愛いきぐるみでしたね」

さわ子「そ、そうね・・・」

和「・・・みらいは順調だけど」

さわ子「さとみちゃんはまずいわね・・・」

純「?」

和「飯山みらいが目的でもすこし派手じゃないですか?」

さわ子「ヴェガの話題性もあるし・・・みらいちゃんは今や時の人よ」

憂「どういう事ですか?」

純「前の事務所とテレビ局との不正疑惑で話題になってるって事ですかね」

さわ子「疑惑が出る直前に解雇、解雇されたにも関わらず謎のグループで活動」

和「その謎のグループは情報が掴めないからどんどん話題だけが一人歩きしている・・・と」

純「今、鳥羽なんとかさんが偽の情報を流しましたから・・・」

さわ子「HTTF、放課後ティータイムは霧の中へ潜っていってる訳ね」

和「そこへ白澤監督の映画・・・」

憂「なるほど」

さわ子「でもねぇ・・・」

和「危険ですよね・・・」

憂「お姉ちゃん・・・」

純「うーむ」

pipipipipipipi

憂「あ、お姉ちゃんからだ・・・。はい」

さわ子「なにかあったのかしら?」

和「・・・?」

純「・・・」

憂「あ、そうなんだ・・・よかった~。・・・ううん、学校だよ。今隣にいるよ~。待ってて。どうぞ山中先生」

さわ子「ん・・・?唯ちゃんどうしたの?」

『もしもし、さわちゃん?・・・聞いて驚いてよ!』

さわ子「なによ~、もったいぶらないで早くいいなさいよ」

『みらいちゃんの所属事務所決定しました~!』

さわ子「本当なの!?すごいじゃない!」

憂「みらいちゃんの事務所決まったんだって」

純「おぉ!」

和「それはいい知らせね」

さわ子「今どこにいるの?みらいちゃんは草津駅でしょ?」

『みらいちゃんはプロリュー・・・デューサーさんと撮影現場に向かったよ~。私たちは京都へ向かっている所~』

さわ子「・・・そう。安心したわ。それじゃね」ホッ

プツッ

さわ子「はい、憂ちゃん」

憂「よかったですね」ルンルン

和「さっきの動画ってもしかして・・・」

さわ子「・・・多分ね」

純「?」

さわ子「・・・これでみんなの情報は事務所が守ってくれるでしょ」

和「そうですね」

憂「・・・はい」

純「そっか~」

さわ子「・・・」

和「・・・」

憂「・・・」

純「・・・」

さわ子「さて、仕事に戻りますかね」

和「私も生徒会に行かなくちゃいけないわ」

純「・・・」

憂「・・・」

和「・・・」

さわ子「憂ちゃん、お茶の用意しといてね!」

憂「はい!」


――――

紬「ふぅ~、暑かった~」サラサラ

さとみ「むぎさん脱いじゃうの・・・?」

梓「我慢してください」

さとみ「可愛かったのに~」ブー

澪「むぎ、私の肩使っていいよ」

紬「ありがと~、よいしょっと」

梓「・・・澪先輩」

澪「どうした?」

梓「私の肩使っていいですよ」

紬「澪ちゃん一人では私を支えられないって事・・・?」ションボリ

梓「ち、違いますよっ」

さとみ「むぎさんと澪さんを支えたいって事」

澪「・・・そうか。じゃ失礼して」

チョコン

梓「・・・」キリ

さとみ「それじゃ、これ返してくるから」ギュウ

紬「ありがと~」

澪「それじゃ、金閣寺で」

梓「ありがとうございました」

さとみ「いえいえ~」キラキラ

紬「さとみさん、すっごく嬉しそう」

澪「ナマズ人形好きみたいだからな」

梓「最初はどうかと思いましたけど」

紬「二人とも変装したままなの?」

澪「う、うん・・・」

梓「私はこのままでいきます」キリ

紬「あずさちゃん気に入ったのね」

澪「夕方までどこへ行こうか・・・」

エレナ「みなサンお揃いですネ~」

小麦「二人足りないよエレナ・・・」

澪「あ、小麦とエレナさんはどこへ?」

エレナ「映画村ですワ」

小麦「時代劇の撮影してるかもしれないんだ、エレナ張り切っちゃって」

澪「わ、私も行っていいかな」

エレナ「もちろんですワ」

小麦「行こう行こう!」

紬「それなら夕方に金閣寺ね~」

梓「そこで集合ですね」

澪「分かった」

エレナ「行きますワヨー!」

小麦「最近元気すぎるよエレナってば・・・」

澪「あはは」

スタスタ

紬「私たちはどうしましょうか」

梓「むぎ先輩・・・は・・・」

紬「どうしたのあずさちゃん?」

梓「いえ、食堂車で話をしたせいか・・・むぎ先輩と二人で観光するの懐かしいな、と」

紬「そういえばそうね~」

梓「懐かしいのと新鮮な気持ちと」

紬「うふふ」

よつば「あ、つむぎおねーちゃーん!」

「こんにちは~」

紬「あら・・・」

梓「あ・・・」

よつば「バイバイだねー」

「それでは、ごきげんよう」

紬「はい、さようなら。四葉ちゃん元気でね~」フリフリ

梓「バイバイ!」フリフリ

よつば「じゃーねー!」フリフリ

紬「・・・」

梓「行っちゃいましたね・・・」

紬「・・・うん」

梓「むぎ先輩はどこか行きたい所ありますか?」

紬「そうね~。銀閣寺かしら?」

梓「どうしてですか?」

紬「金閣寺は金だったから・・・もしかして?」

梓「そうですね。確認しに行きましょうか」

紬「行きましょー」


65