エレナ「オー、二人ともどうしましたカ?」ジー

澪「あ、エレナさん・・・」

梓「くつろいでいる所です」

エレナ「ミオさんそれハ・・・」

澪「はい。仙台で買ったペンダントです」

エレナ「ヤッパリ似合いますネー」

梓「はい、蒼く輝いてて綺麗です」

澪「あ、ありがと」テレ

エレナ「素敵ネ」

澪「・・・」テレテレ

梓「・・・エレナさんは世界を旅しているんですよね?」

エレナ「そうですヨー」

梓「旅のいい所ってなんでしょうか・・・?」

澪「・・・」

エレナ「ワタクシは、過去の思い出と、今の景色と、未来の期待が一度に得られるところがよいデスネ」

梓「・・・!」

澪「さすがに実感がこもっていますね・・・」

エレナ「ミオさんはどう思いますカ?」

澪「え!? えぇと・・・」

梓「聞かせてください!」キラキラ

エレナ「フムフム」

澪「わ、私はみんなと旅をしてるから・・・エレナさんほど内容が薄いと思うけど・・・」

エレナ「そんな事ナイですネ。ミオさんの今までの経験がそうだとは思えませんワ」

澪「・・・そうですか?」

エレナ「もちろんですワ」

澪「旅を続けていると成長していけるような気がする・・・かな」

エレナ「ワタクシと同意見ですワ」

梓「成長・・・」

澪「・・・?」

梓「な、なんでもないですよ」


――――

唯「車掌さんが踊ってる!?」

車掌「・・・!・・・!!」

唯「おぉ・・・」

「しゃしょうさんそっち!」

車掌「は、はい!えいっ」

唯「ん?」

「あぁ、おしい!」

車掌「素手で捕まえるのは難しいですね・・・」フゥ

唯「車掌さんどおしたの~?」

車掌「あ、平沢さん」

「あ、ゆいさん」

唯「やぁやぁ、どうしたのかね?」

「ぼくの虫かごからちょうちょがにげちゃったの」

車掌「捕まえようとしてるのですが、なかなか・・・」

唯「心をしずかにするのです」

「どうやって?」

唯「心の中に空を思い描きます」

「わかった・・・」

車掌「・・・はい」

唯「すぅーはぁー」

「すぅはぁー」

車掌「・・・」スゥ

唯「その心を保ちながら蝶々に近づき捕獲」

スポッ

「すごーい!」

車掌「まぁ」

唯「おぉ」

「ありがとー」

車掌「ありがとうございます」

「じゃねー」

テッテッテ

唯「バイバイー」

車掌「ふふっ、助かりました」

唯「いえいえ~。最初車掌さんが踊ってるからびっくりしたよ~」

車掌「変な所をみられてしまいましたね。それでは」

唯「はーい」



―――――草津駅

プシュー

修治「よっと」シュタッ

タッタッタ

律「なんだ・・・?」

みらい「向こうになにかあるのでしょうか?」


修治「ここなら大丈夫だろ」

「・・・」

修治「ほら、行けって!」

「・・・」

修治「ジョルノ・・・お前はこれから一人で生きていかなきゃ行けないんだぞ」

ジョルノ「・・・」

修治「ほら」ブンッ

ジョルノ「・・・」ハサミ!

修治「・・・っ!」

ジョルノ「・・・」

修治「このやろッ!」ブンブンッ

ジョルノ「・・・」ギュウウウウウ

修治「振り落とされまいと必死か!」ブンブンッ

ジョルノ「・・・」ギュウウウウウウ

修治「・・・っ」

ジョルノ「・・・」

修治「悪かった」

ジョルノ「・・・」バサバサッ

修治「・・・ったく」

律「・・・撮れた?」

エレナ「バッチリですワ」

修治「っ!?」

梓「プクク」

みらい「あ、梓さん・・・笑っちゃダメ・・・ですっ」プクク

梓「みらいだって・・・」プクク

修治「・・・」サァー

律「カマキリに名前までつけるなんて・・・いいヤツだったんだな」

唯「どうしたの~?」

エレナ「こちらをご覧クダサイ」

修治『ジョルノ・・・お前はこれから一人で生きていかなきゃ行けないんだぞ』

唯「おぉ」

梓「地球の見方ですからね」

修治「それ以上・・・みたら・・・ダメダ・・・」ヘナヘナ

修治『振り落とされまいと必死か!』ブンブンッ

律「昆虫と戦う人間の貴重な映像です」

エレナ「世界に広めますワ」

修治『悪かった』

律「人間が敗北した瞬間である」

梓みらい「「 ブフッ 」」

唯「修治くん・・・」

修治「もぅ・・・お嫁に行けない・・・」シクシク

律「はいはい」

梓みらい「「 プックク 」」

唯「りっちゃん・・・」チラッ

律「あぁ・・・」チラッ

修治「な、なんだよ・・・」

唯「・・・ごにょごにょ」

律「・・・ごにょごにょ」

修治「・・・こっちみながらヒソヒソと京都の話するなよ。せめて俺の陰口にしてくれ」

みらい「ブフッ」

律「・・・みらいがリラックスできたみたいだ・・・ナイスだぞ」

修治「リラックス・・・?」

唯「そうだよ!これから映画撮影現場に行ってきます!」

みらい「・・・そうです!」

梓「・・・応援してるから」

エレナ「頑張ってクダサイ」

みらい「はい!」メラメラ

修治「ここの近くでやってるの・・・?」

唯「そうなのです!」

律「じゃ、京都でな!」

梓「はい!」

唯「行ってきます!」

紬「唯ちゃん、待って~」

澪「唯ー!」

「ゆいちゃーん!」

唯「あ、四葉ちゃん?」

よつば「ゆいちゃん、わたしきょうとでおりるから・・・おかあさんがおわかれしてきなさいって」

唯「・・・そっか」

紬「・・・」

エレナ「・・・」

よつば「ゆいちゃん、たのしかったよー。ありがとー」

唯「・・・うん!私も四葉ちゃんとお話できて楽しかったよ。四葉ちゃん元気でね」

よつば「うん!わたしもおおきくなったらぎたーやるんだ!」

唯「えっへっへ~」

よつば「ゆいちゃん、ばいばーい!」

唯「バイバイ!」

タッタッタ

「お別れできた?」

よつば「うん!」

唯「・・・」

律「ほら行くぞみらい、唯・・・」

みらい「はい」

唯「うん」

梓「唯先輩・・・」

紬「行ってらっしゃい」

澪「頑張ってな」

修治「・・・応援してるぜ!」

エレナ「ファイトですワ」

みらい「行ってきます!」

唯「・・・」トボトボ

澪「唯・・・」

エレナ「ユイさんはステキな人ですワ」

紬「・・・はい」

エレナ「一つ一つの出会いをとっても大切にしてマスヨ」

澪「・・・」

エレナ「寂しい別れもきちんと受け止めていますネ」

梓「はい、凄い人です。私、唯先輩を尊敬してます」

修治「ほぅ・・・」

紬「まぁ~」

澪「・・・うん」

梓「・・・」カァ

紬「ヴェガに戻りましょうか」


―――

エレナ「小麦ー!」

タッタッタ

修治「やめろー!」

タッタッタ

澪「元気だな~」

梓「今日も日差しが強くていいですね」

紬「ん~・・・!」ノビノビ

澪「・・・~っと!」ノビノビ

紬「あら?」

風音「あ、紬さん」

澪「ど、どうしたんだ、その小鳥・・・」

風音「怪我したみたいで・・・」

梓「どこかにぶつけちゃったのかな」

紬「大変!」

澪「ど、どうしよう」

梓「車掌さんに救急セットを」

風音「でも時間が・・・」

紬「な、なにか他に方法はないかな!?」

風音「・・・そうですね」

澪「応急処置ができれば・・・」

風音「・・・そうだ、私のハンカチで」

ビリビリ

紬「ご、ごめんなさい。なにもできなくて・・・」

風音「紬さんが悪いんじゃないですよ・・・こうやって」

梓「手馴れてますね」

澪「う、うん」

風音「この小鳥は獣医さんに見てもらいましょう。駅員さんに頼めば大丈夫だと」

紬「そ、そうね!」

澪「・・・よかった」

梓「・・・ホッ」

風音「・・・。それじゃ私駅員さんの所へ行ってきます」

タッタッタ

紬「風音さん優しいわね」

澪「あぁ、あんなに真剣になってたからな」

梓「・・・動物が好きなんですね」

紬「えぇ・・・」

澪「・・・」

梓「・・・」

タッタッタ

風音「あ、みなさん・・・」

紬「・・・どうでした?」

風音「はい・・・快く引き受けてくれました」

澪「そっか・・・。じゃ、乗ろうか」

梓「そうですね」

風音「・・・」

紬「あら? そろそろ発車しますよ?」

風音「みなさん優しいんですね」

紬「風音さんも優しいわ」

風音「みなさんのような人たちが」

prrrrrrrrrrrrrrrrr

紬「なにか言いましたか?」

風音「い、いいえ」

紬「?」

梓「むぎ先輩!京都ですよ!」

澪「あぁ、楽しみだ」

紬「しゅっぱ~つ!」


梓「標高848メートル杉木立のならぶ山中に延暦寺の建物が散在している」

澪「よさそうだな」

紬「ケーブルカーやロープウェーもあるわ。面白そう~」

梓「でも夕方には間に合いませんよね」

澪「そうだな・・・明日の朝はどうだ?」

紬「賛成~」

梓「いいんじゃないでしょうか」

澪「明日は比叡山だな」

紬「楽しみ~」

ピョン

梓(来たっ!)

澪「あ、ピノ・・・」

紬「あらあら風音さんと一緒じゃないのね」

ピノ「ピピッ」

梓「私は大木、私は青空、私は草原、私は海、私は」ブツブツ

澪「どうしたんだ・・・」

紬「自然と同化しようとしてるのね」

ピノ「ピピッ?」

風音「度々すいません・・・」

澪「気にしないでください」

紬「えぇ、私たちも楽しいわ」

風音「・・・そういってくれると、助かります」

梓「私は岩、私は土石流、私はマグマ」ブツブツ

澪「内部に潜って行くな・・・地球そのものだな」

ピノ「ピピッ」

紬「風音さんは登山なさるの?」

風音「あ、はい・・・。この服装ですね」

紬「えぇ、とても着こなしてるから」

風音「山が私を呼んでると思ったらすぐにでも登っちゃいます」ニコ

紬「いいわねぇ~」キラキラ

風音「ちょっとキザですね・・・」

梓「私は大気圏、私は衛星」ブツブツ

澪「衛星は打ち上げるものだな」


ピノ「ピッ」

風音「ほら、ピノ部屋に戻るわよ」

ピョン

紬「忙しいのね」

風音「は、はい。それでは」

スタスタ

梓「私は」

澪「中野梓」

梓「はっ!」

紬「唯ちゃんならそこでネコだと言っていたわね」

澪「そうだな・・・」

梓「よかった澪先輩で・・・。あれ!ピノはどこですか!?」

紬「部屋に戻ったわ~」

梓「・・・」ションボリ

澪「・・・梓、娯楽車で遊んでくるか」

梓「・・・そうですね」

澪「むぎは行かないの?」

紬「私はここにいるわ~」

澪「分かった」

梓「少し遊んできます」

紬「行ってらっしゃ~い」フリフリ


63