―――ー

さとみ「むぎ・・・さ・・・ ?」

紬「・・・どうしたの?」

みらい「・・・みなさんに申し訳なくて」

紬「どうして?」

みらい「観光先の事で楽しめる時なのに・・・それを奪っちゃって」

紬「・・・」

みらい「仕事を諦めて・・・このままみなさんと旅を楽しめたらって・・・」

さとみ「・・・!」

紬「・・・」

みらい「・・・もし、私がそう言い出したら紬さんはどうします?」

紬「・・・」

みらい「・・・」

紬「みらいちゃんがそうしたいのなら大歓迎よ~」

さとみ「・・・」

紬「でも、それって今まで自分に嘘をついてきたのと同じ事じゃないかしら?」

みらい「・・・!」

紬「『アイドル飯山みらい』という決められた役を与えられてただけ・・・よね」

みらい「・・・」

紬「これからはみらいちゃんが好きなように演じられるわ。それは無限大よ~」

みらい「好きなように・・・」

さとみ「・・・」

紬「・・・唯ちゃんが・・・ファンのみんなが、みらいちゃんの戻ってくるのを待ってるわ」

みらい「・・・!」

さとみ「・・・」

紬「みらいちゃんを応援してくれる人たちが・・・わたしもね」ニコ

みらい「・・・はい」

さとみ「・・・」

紬「ダメだったの・・・?」

みらい「はい・・・事務所の関係で・・・色々と問題があるって・・・」

紬「だいじょうぶ?顔色悪いわ」

みらい「心配してくれてありがとうございます。少し頭冷やしてきます」

トボトボ

さとみ「私に気付かず行ったわね」

紬「・・・さとみさん」

さとみ「アイドル飯山みらい・・・か。そこまで行き詰っているなんて思ってなかったわ」

紬「とっても不安なんだと思う・・・」

梓「そうですよね」

さとみ「そうかぁ・・・うわっびっくりした」

梓「むぎ先輩が戻ってこないから様子を見に来ました」

紬「ふふ」

さとみ「意外だったわ」

梓「そうですね。私もよく知りませんでした」

紬「・・・」

さとみ「私の悩みなんて・・・ちっぽけね・・・」

梓「違いますよ」

さとみ「・・・?」

紬「?」

梓「さわ子先生からの伝言です」

さとみ「さわ子先生の?」

梓「『人の悩みは計れるものじゃないから、比べる必要はないのよ』と」

さとみ「そう・・・、見透かされているわね~」

紬「うふふ」

さとみ「・・・いいなぁ」

紬「さとみさんもみんなのところに行かない?」

梓「そうですよ」

さとみ「そうね、お邪魔するわ」

紬「先に行ってて~、私は食堂車へ行ってきま~す」

さとみ「?」

梓「行きましょう」


紬「みんなティータイムにしましょ~」シャランラ

律「お、いいな!」

唯「名古屋で買ったういろうがあるよ~」

梓「用意がいいですね」

澪「待ってたんじゃないのか」

みらい「あ・・・」

紬「うふふ」

みらい「さっきはすいませんでした」ペコリ

紬「気にしないで~」

梓「・・・」

さとみ「それじゃあね、1338年室町幕府を開いたのは誰か?」

紬「・・・勉強?」

みらい「クロスワードパズルです」ニコ

紬「息抜きも必要よね」

みらい「・・・はい!」

唯「足利・・・」

澪「・・・」

律「足利・・・?」ゴクリ

梓「・・・」ゴクリ

紬「足利・・・!?」

唯「足利さん」

律「何人いると思ってるんだよ」

唯「いっぱいいるから悪いんだよ!」

律「悪くねえ!」

みらい「ふふ」

唯「みらいちゃん答えてよ~!」

みらい「え・・・えーと・・・足利・・・」

梓「足利・・・?」

みらい「あしかが・・・よ」チラッ

紬「・・・」フルフル

みらい「尊氏です」

唯「あー、そっちか!」

澪「ふむ・・・」


さとみ「正解。ややこしいわよね~」

律「そうだな」

梓「ずるいです」ジー

紬「あずさちゃん、紅茶どうぞ~」

梓「いただきます」パァァ

紬「室町幕府は京都にあったから、京都観光の前知識としてはいいわね~」

梓「そうですね。知識を持って観るとまた違ってみえますからね」

澪「今の説得力あるな」

唯「うんうん」

さとみ「でも、次の問題忘れちゃったの」

律「よっしゃ次は私が答えるぜ」

さとみ「応仁の乱が起った時の室町幕府八代目将軍は誰か?」

律「澪、右手見せて」

澪「?」スッ

ポン

律「パス!」

澪「なっ!」

梓「・・・」ジー

唯「りっちゃん、いいの?あずにゃんの目が呆れてるけど」

律「わーかったよ・・・えーと、応仁の乱というのがひっかけだろ?」

澪「なぞなぞじゃないんだぞ」

律「・・・足利・・・よし・・・ま」チラッ

紬「みらいちゃんもどうぞ~」

みらい「ありがとうございます」

梓「・・・」

唯「よしま・・・?」

さとみ「・・・?」

律「まてよ・・・足利よし・・・み」チラッ

紬「・・・」ウンウン

律「足利義満!」バシーン

紬「さすがコックさん。いい水を使用しているわ~」ウンウン

律「え・・・」

みらい「違いがあるんですか?」

紬「紅茶は水が重要なのよ~」

さとみ「・・・義満でした?」ハテサテ

梓「義政が正解ですね」

さとみ「あっ、そっか!」

律「・・・」シーン

澪「声を高らかに答えたのに・・・」

唯「りっちゃん」ププッ

律「おまえだって間違えたろー!」

唯「答えてないから間違えてないもん!」

律「なんだよそりゃ!」

ギャーギャー

梓「ういろうおいしいですね」モグモグ

澪「そうだな・・・。あ」

ピョン

ピノ「ピピッ」

紬「あら、ピノちゃん?」

ピョン

澪「あっ」

ピノ「ピッ」

さとみ「澪さんの肩に・・・」

風音「ピノってばまた!」

紬「あらあら」

澪「おぉ」キラキラ

梓「わ、わたしの肩にも乗っていいんですよ!」

ピノ「ピピッ」

風音「本当にすいません・・・」

澪「気にしないで下さい」キラキラ

梓「おいで!」ポンポン

ピノ「ピッ」

風音「ピノってば・・・みなさんに懐いてしまったみたいで・・・」

唯「りっちゃん、ケンカしている場合じゃないよ!」

律「・・・ん?」

唯「お、おいでリスちゃん!」ポンポン

梓「だ、ダメですよぉ!」

唯「あずにゃんにはトンちゃんがいるでしょぉ!」

梓「そんなの今関係ないじゃないですか!」


澪「あはは」キラキラ

さとみ「澪さん幸せそうね」

紬「風音さんもどう・・・?」

風音「いえ・・・せっかくですけど、すぐに部屋へ戻りますので」

律「忙しそうだね?」

風音「え、えぇと」

澪「なんで私たちに懐いてくれたんだろ」キラキラ

ピノ「ピピッ」

紬「どうしてかしら」

風音「動物って本能的に敵か見方かを見分けるっていいますから」

みらい「うんうん」

律「へぇ~」ズズー

紬「私たちは見方よ!」

唯「そうだよっ、おいでリスちゃん!」ポンポン

梓「私は名前覚えてますよ、ピノちゃん!」ポンポン

唯「ずるいよ、あずにゃん!」

ピノ「ピピッ」

ピョン

唯梓「「 あっ 」」

みらい「あ・・・、こっちにきてしまいましたね」

梓唯「「 」」ガーン

さとみ「ふふっ」

澪「可愛いなぁ」キラキラ

律「・・・よかったね」

風音「ほら、こっちおいで」

ピノ「ピピッ」

風音「あ、こら」

ピョンピョン

修治「うわっ」

風音「ピ、ピノ!」

唯梓「「 えぇー 」」ガーン

修治「ま、前がみえない・・・!」

風音「ご、ごめんなさい修治さん」

修治「なんだ、またピノか」

ピノ「ピピッ」

律「そいつは敵だぞ!」

唯「そうだー!」

ピノ「ピピッ」

修治「フフ、俺は地球の見方だよ」キラリ

澪「・・・」オロオロ

律「ういろううめぇ!」

さとみ「おいしいわね」

紬「そうね~」

唯「もっとあるよ~」

みらい「えぇと・・・」オロオロ

梓「・・・」

修治「慣れっこですから、ほら主人のもとへ帰りなー」

風音「はぁ・・・。もうピノってば」

ピノ「ピピッ」

風音「それでは私はこれで・・・」

唯「ピノちゃんまたね~」

紬「またね~」

律「で?」

修治「・・・うん。これ、小麦の書いた名古屋のライブ告知の記事」

梓「あ・・・こんな記事あったんですね。ありがとうございます」

修治「持っていたほうがいいと思ってさ」

律「・・・?」

紬「どういう事ですか?」

修治「・・・みらいちゃん絡みの意味」

みらい「あ・・・」

さとみ「・・・?」

唯「そっか、ありがと修治くん」

修治「うん・・・、あとさ聞きたいんだけど」

澪「はい・・・?」

修治「展望車のライブ記事は全部で3枚だよね?」

澪「小麦さんが一枚、売店車が一枚、私が持ってるこれで最後です」

梓「・・・あ、あの時の記事があったんですか?」

律「あぁ、梓はまだみてないのか」

修治「おっけ~、ちひろさんに言っておくよ、じゃね~」フリフリ

梓「あ、あの・・・どうして・・・」

修治「ん?」

さとみ「どうしてそこまでしてくれるのか・・・?」

修治「ふふ・・・聞きたいかい?」

律「いや、別に」

修治「車掌さんとさわ子先生に頼まれたからさ! 言わせろよ!」

律「言っただろ!」

紬「車掌さんにもですか?」

修治「うん・・・それにHTTFの・・・ファ、ファンだからね」カァ

唯「・・・」シーン

律「・・・」シーン

みらい澪「「 あ、ありが 」」

修治「う、うるさーい!」

タッタッタ

みらい澪「「 」」ガーン

梓「本当にキャラが違いますよね」

律「東京出た辺りから変になったよな」

唯「そういえばそうだね」

さとみ「キーワードは東京ね!」

紬「沈黙が雑音なのね!」キラン

梓「子供の頃、それで中々寝付けなかった事ありますよね」

律「あー、あったな」

澪「え、今はないの・・・?」

唯「うー・・・ん・・・」

みらい「ない・・・ような気がしないでも・・・」

さとみ「あるような気がしない・・・わね」

紬「そう・・・ね・・・」

梓「ない・・・ともいえなくもない・・・ですね・・・」

澪「はっきり言ってくれてもいいんだぞー!」

タッタッタ

律「あーぁ」

唯「もぉーりっちゃん」

律「いやいや、私何も言ってないし」

唯「無言の否定って言ってね」

律「うるさいっ!」ムニー

唯「ふぁにふぉふひゅ」

梓「ひどいですっ!」

タッタッタ

律さとみ「「 いやいや・・・ 」」

唯「りっちゃんの男前!」

タッタッタ

みらい「いったいなにが・・・」

紬「あらあら」

律「まぁ、いいや。草津駅まで自由時間って事にすっか」

紬「そうね~」

さとみ「梓ちゃは・・・なんだったの・・・」

律「ただのノリだと思うぞ」

紬「それかピノちゃんの所へ行ったのかも~」

律「あ、そうだ。むぎ、私と唯とみらいで一旦草津で降りるからなー」


―――

秋子「・・・」グスッ

澪「えぇと・・・」アセアセ

秋子「あ、澪さん・・・」グスッ

澪「ど、どうしたんですか・・・?」

秋子「この漫画を読んでいたんですけど・・・ヒロインが可哀相で可哀相で~」シクシク

澪「ま、漫画・・・」

秋子「はい・・・二人とも理解しあえないまま別れちゃうんです~」シクシク

澪「それは悲しいですね・・・」

秋子「・・・悲しすぎます~」シクシク

澪「・・・その巻で終わりなんですか?」

秋子「いえ、まだ続きがあるはずです」

澪「だ、大丈夫だと思いますよ。また出会えると思います」

秋子「そうですか~?」

澪「は、はい」

秋子「それじゃあ続きが売店にないか見てきます・・・それでは」

澪「・・・それでは」

スタスタ

澪「ふぅ・・・」

梓「どうしました?」

澪「ちょっと大変・・・かも」

梓「・・・そうみたいですね」

澪「・・・」

梓「座って休みませんか?」

澪「そうだな・・・って、みんなは?」

梓「展望車でくつろいでいると思います」

澪「そうか・・・」

ドサッ

梓「・・・私はピ・・・ちょっと歩き回ろうかと」

チョコン

澪「・・・」

梓「走るヴェガは久しぶりですから・・・」

澪「そうか・・・」

梓「・・・?」


62