・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

憂「お姉ちゃんと和さんとで話してたんだ~」

純「へ~」

さわ子「・・・ん」

和「あ、先生そろそろ着きますよ」

さわ子「・・・そう・・・あっという間ね」

憂「後で学校に行っていいですか?」

さわ子「部室にくるの・・・?」

純「はい」

憂「はい!」

和「私も後で顔だすわ」

さわ子「しょうがないわねぇ」


―――――――

ちひろ「いらっしゃいませ~」

紬「京都の観光ガイドくださ~い」

ちひろ「はい、どうぞ~」

梓「よしっ!これで京都の観光はバッチリです!」グッ

律「そんなに気合入れるのか」

ちひろ「あ、そういえばお客さん~?」

紬梓「「 はい? 」」

ちひろ「さとみさんとぉ~」

澪「?」

ちひろ「すっごく仲良しですよね~」

紬「うふふ」

ちひろ「羨ましいな~」

梓「そうですか」

ちひろ「はい~。それでは~」

紬「ありがと~」

律「じゃ、唯とみらいのいる展望車にでもいくか」

澪「そうだな。そこで京都の観光」

「きゃああああああああああああ」

梓「え!?」

律「叫び声?」

紬「動力車よ!」

タッタッタ

梓「ま、まってください!」

澪「聞こえない聞こえない」

律「朝っぱらから出ないって、今の声車掌さんだから・・・車掌さん!?」


――――

紬「なにかあったんですか?」

車掌「ね、ね、ねずみが・・・」ガクガク

紬「ネズミ?」

車掌「そ、そ、そこに・・・!」ブルブル

紬「・・・でてらっしゃい~」キョロキョロ

車掌「私ねずみだけはダメなんです・・・」ガクガク

梓「おぉ」

紬「あ、いました・・・でも・・・」

車掌「そっとね、そぉーっと」

紬「そぉー・・・」

「ピノ?」

ピノ「ピピッ」

シュッ

紬「きゃっ・・・あ、あなたは」

梓「ライブの時に・・・」

律「むぎの肩に乗ってたリス・・・?」

車掌澪「「 え・・・? 」」ブルブル

「度々すいません・・・その子わたしの友達なんです」

紬「え・・・あっ」

ピョン

「ほら、ピノも謝って」

ピノ「ピピッ」

澪「本当に謝ってるみたいだ・・・」

「すいません・・・私岩泉風音と申します。あの、お名前は・・・?」

紬「わたしは琴吹紬といいます」

風音「紬さん・・・ですね。えぇとなにかお詫びをしないと・・・」

紬「お詫びなんて・・・いいですよ」

風音「でも・・・ライブでもお邪魔してしまって・・・」

紬「驚いただけよ、気にしないで~」

律「だそうだぞ」

風音「あ・・・」

車掌「コ、コホン」

風音「車掌さん・・・すいませんでした」

車掌「わたしはよろしいですけれど、他の乗客のみなさんにご迷惑をかけないでくださいね」

風音「はい・・・本当にすいませんでした」

車掌「それでは私はこれで・・・」

スタスタ

風音「もぅ・・・ダメじゃない勝手に歩き回ったら」

ピノ「ピピッ」

梓「か、かわいい」

紬「昨日のライブにもいらしてたんですね」

風音「は、はい。みなさんの演奏とてもよかったです」

澪「あ、ありがとう」

律「へへっ、嬉しいね~」

紬「ふふ、そうね」

風音「それでは、私はこれで・・・」

梓「はい・・・」

ピノ「ピピッ」


律「動物と旅行するってのも面白いかもな」

澪「そうだな。憧れる」

梓「憧れるんですか」

紬「可愛かったわピノちゃん」

「ゆいちゃーん、つぎなにをひいてくれるの~?」

唯「よぉーし!もしもしかめよいくよ~!」

「わー!」

唯「饒舌に変えてあげるよギー太!」

梓「弾けるんですね」

律「練習してたんかな」

「すいません、唯さんの邪魔をしてしまってるみたいで」

澪「いえいえ、唯も楽しんでいるみたいですから」

「あの子ったら唯さんのファンになったみたいで」

紬「まぁ~」

「私たち次の京都で降りるので、あの子も最後に遊んでもらってとても嬉しそうです」

「ゆいちゃんすごーい!」

唯「へっへーん」ジャンジャン

梓「子供相手に得意げになってますね」

律「あぁ」

「ふふ、そこがいいと思います。憧れが強くなりますから」

デンデデデデドロデデン

「あ、間違えたー」

唯「でっへっへ」

みらい「・・・」フムフム

律「・・・で、みらいはそこで何を読んでいるんだ?」

みらい「仕事を探しています」メラメラ

澪「すごいやる気だ・・・!」

梓「・・・燃えてますね」

紬「内容は?」

みらい「雑誌のモデルに応募してみようと・・・」

澪「はぅ」ボンッ

みらい「?」

律「自分が雑誌のモデルになったところを想像しただけなんだ、気にしないで」

みらい「『花』と『ファッション』の雑誌モデルを募集してるんですけど、どっちが私に合うと思います?」

律紬梓「「「 花 」」」

みらい「ふふ、花に囲まれて仕事できたら楽しいだろうな・・・」

紬「マネージャーに相談してきたらどうかしら?」

みらい「そうですね!」

テッテッテ

律「すげぇな・・・。あの記事をみたらへこみそうなのに・・・」

梓「そうですね、マイナス要素で有名になってるのに・・・根性あります」

紬「・・・そうね」

テッテッテ

みらい「唯さんも『花』だそうです」

澪「そ、そうか・・・なにが?」

律「みらいに合いそうな雑誌のモデルだよ」

澪「そうだな、花が似合ってるよ。うん」

みらい「みなさんがそう仰るなら応募してきます!」

テッテッテ

梓「行動力もありますね」

澪「・・・」

緑「・・・」

紬「あ、北上さ」

緑「・・・」クルッ

スタスタ

澪「」ピキーン

律「あはは、出て行った」

紬「・・・」ションボリ

梓「む、むぎ先輩!京都の観光先を決めませんかっ?」

律「私たちは二度目だけどな」

紬「そうね・・・!」

律「ほら、澪も考えるぞ」

澪「あ、あぁ」

「じゃーねー」フリフリ

唯「またねー」フリフリ

「ありがとうございました」

唯「いえいえ~」

澪「楽しそうだな」

唯「楽しかったよ!」

律「・・・」

梓「金閣寺いいですよね!」

紬「そうね~」

澪「どうせなら銀閣寺に」

梓「」ガーン

律「みお~・・・」

澪「ん?金閣寺がいいのか?」

律「いや、そうじゃなくて。そのペンダント・・・いつ買ったんだ?」

澪「あ、これは・・・」

小麦「私たちが出会ったときに買ってくれたんだよ~!」

澪「び、びっくりした」

小麦「えっへへ~」

律「仙台で?」

小麦「そうだよ。そのペンダントさぁ、もう入手困難なんだよね~」

澪「そうなのか・・・」

唯「おぉ、レアペンダントですな!」

紬「似合ってるわ~」

澪「あ、ありがと」テレ

梓「今まで着けてなかったですよね」

澪「え、と願掛け・・・みたいなものかな」

紬「澪ちゃん・・・」

律「ほほぅ・・・聞かせてもらおうか」ニヤリ

小麦「聞かせて聞かせて~」

澪「だ、ダメだ!」

唯「え~」ブー

澪「人に言ってしまうと叶わなくなるんだぞっ!」

小麦「そうだね、うん!」

律「もうちょっと喰らい付けよ~」

梓「小麦さんは展望車へなにしにきたんですか?」

小麦「面白いネタを探している最中だよ~」

律「忙しいな~」

小麦「足で稼がなくっちゃね!と、いう事でバイバーイ」

唯「バイバーイ!」

紬「本当に忙しそうね~」

律「で、なんだっけ?銀閣寺でいいのか?」

梓「」ガーン

唯「そうだね、金閣寺行ったもんね~」

梓「」ガーン

紬「来年憂ちゃんたちと・・・」

梓「先輩たちと行きたいです・・・」ションボリ

紬「行きましょう!」

唯「がってんです!」

律「夕方な!」

澪「そうだな!」

梓「わぁ」パァァ

律「到着時間は12時だから・・・」

紬「4時間くらいどうしましょうか」

唯「あ、みらいちゃん・・・」

みらい「・・・」ションボリ

唯「ど、どうしたの?」

みらい「・・・それが」

澪「もしかして」

みらい「・・・はい。ダメでした」

律「ん~、そっか」

紬「まぁ・・・」

梓「理由は?」

みらい「・・・事務所に所属していないから・・・です」

唯「むむむ・・・む?」ヒョイ

律「どうした?その雑誌になにかあるのか?」

唯「映画雑誌だよりっちゃん!」

律「おぉ、仕事があるかもしれないな!」

梓「じゃあ、私もCD雑誌を見てみます」

澪「・・・そうだな、募集要項にいいのがあるのかもしれない」

みらい「・・・」

紬「・・・」

律「お、この俳優さん」

唯「りっちゃん」

律「はい」

梓「バンドの要員募集はあるんですけどね」

澪「うん・・・オーディションはないのかな」

梓「そうですね・・・」

みらい「私・・・以前お世話になったプロデューサーに連絡してみます」

テッテッテ

紬「みらいちゃん・・・」

律「あ、唯・・・白澤監督って知ってるか?」

唯「知らない」

澪「映画興味ないのか・・・」

梓「日本を代表する映画監督ですよね・・・?」

律「あぁ・・・、その白澤が次の停車駅、草津駅の近くで撮影してるらしい」

唯「チャンスだね、りっちゃん!」

律「え・・・?」

紬「どういう事?」

唯「みらいちゃんを主役にしてもらう!」

梓「落ち着いて下さい」

澪「でもエキストラで使ってくれるかも・・・」

唯「そうだよ!」

律「草津駅で降りて行くのか?」

唯「そうです!」フンス!

梓「でも・・・唯先輩だけでは・・・」

紬「・・・」

澪「・・・うん」

律「足手まと・・・ゴホン」

唯「足で窓を開けたらダメ!」メッ

澪「テンションがうなぎのぼりだな」

紬「うなぎのひつまぶし・・・よし!」グッ

梓「・・・なにがなんだか」

律「う~ん・・・唯一人じゃな~」

澪「はいっ!」ズバッ

律「う~ん、人が集まる所だからな~」

澪「」ボンッ

梓「手を上げたまま固まってしまいましたね」

律「・・・」チラッ

梓「わ、わたしですか!?」

律「・・・だよなぁ」

梓「誰も何も言ってませんよ!?」

紬「・・・あら」

テッテッテ

律「アイツに頼むのもなぁ・・・」

唯「困ったときの修治くんだね!?」

律「いや・・・、うーん」


61