紬「旅に出た・・・理由・・・」

さとみ「・・・そ、そんなに深く考えないで!ただ聞いてみたかっただけだから」

梓「・・・」

和「・・・」

紬「私は・・・さとみさんが言うような理由はないの」

さとみ「・・・?」

紬「私はみんなと旅行がしたいからヴェガに乗っただけ」

さとみ「・・・そっか」

梓「不思議ですね・・・」

紬「?」

和「・・・?」

梓「・・・いつからか旅と呼ぶようになっていました」

さとみ「・・・そうね、不思議・・・」

紬「不思議ね」

梓「どうしてですかね」ハテサテ

さとみ「梓ちゃんにも聞きたいことが」

梓「はい・・・?」

さとみ「どうして話しかけてくれたの・・・?」

梓「そ、それは・・・なんとなくあの人に似ていると思ったからです」

さとみ「あの人・・・?」

紬「・・・なるほどぉ」

和「なるほどね」

さとみ「だ、だれ・・・?私の知ってる人?」

律「今は笑ってるぞ」

澪「・・・うん」

さわ子「覗き見するなんていけない子たちね」

純「本当ですよ」

小麦「そういいながら2人とも見てるじゃん」

エレナ「小麦もデスネ」

憂「エレナさんもですよ~」

唯「ういは見ないの?」

憂「お姉ちゃん、ダメだよ!」メッ

唯「はーい」

修治「・・・」

律「やっば!」

澪「こっちくる!」

さわ子「ビデオ再生!」

秋子「はーい!」

ピッ

純「・・・」

小麦「・・・」

エレナ「・・・」

和「まだ見てたのね」

さとみ「あら?」

澪『あっはっは、ダメだな律は~』キラキラ

律『・・・ちょっと疲れただけだよ!』

和『ホワイトサイクロン・・・人類が生み出した芸術ね』

唯『おぉ!和ちゃんのテンションがあがってる!』

紬「さっきと同じシーンを見ているの?」

律「そうだよー」

澪「何回見ても飽きないなぁ」

さわ子「秋子ちゃん」

秋子「えーと・・・」

修治「メリーゴーランドの所がいいんじゃないかな?」

秋子「はーい!」

ピッピッ

律「修治、ナイス!」

梓「ナイスって・・・?」

澪「バ、バカ!」

和「・・・ふ~ん」

憂「ここ面白いですよ!」

唯「うん~」

律『澪はメリーゴーランドに乗るといっつもテンション下がるのな』

澪『あぁ、うん』

純『カッコいいですよ澪先輩』キラキラ

さわ子『なんで私も乗るのよ~』

修治『いいじゃないですか・・・楽しい・・・ですよ・・・』グッタリ

エレナ『楽しくなさそうですネ~』

唯『単調だなぁ』

憂『お姉ちゃん交換する?』

紬『うふふ』

梓『楽しいですね、むぎ先輩』キラキラ

律『二人乗りか』

澪『あぁ、二人は楽しそうだな・・・特に梓が・・・』

さわ子『むぎちゃんよく落ちないわねぇ』

紬『コツがあって~』

唯『う~い~、やっぱりこれも単調だよぉ~』

憂『そうだよねぇ』

エレナ『そろそろ小麦地点ですワ』

純『今度こそ!』

梓『さっきは鳥羽さんがとりましたよね』

修治『おいしかったぜ』

澪『みんな落とすなよ』

エレナ『来たネ』

小麦『そーれ!』

ヒュー

律『あーん』パクッ

純『食べられたか・・・』

律『うまいな・・・なにこれ・・・』モグモグ

エレナ『鯉の餌ですワ』

律修治『『 ゲホッゲホッ 』』

梓『よかった・・・』

純『ほんとに・・・』

澪『汚しちゃダメだぞ・・・』

紬『覇気も無くなったのねぇ』

律「馬鹿だな~私ら」アハハ

さわ子「このあと係員に怒られたのよ~」

純「当然だと思います」

修治「あーぁ・・・」

さとみ「はじめて見たかのような感想ね」

律「」ギクッ

和「わ、私・・・律に聞いて欲しい事があってみんなに相談してたんだけど・・・聞こえちゃったかな・・・」

唯「和ちゃん?」

律「いや、聞こえなかったぞ!?なんてい・・・った・・・」

澪「バカ律・・・」

さわ子「今のはしょうがないわ」

さとみ「覗き見してたのね~」

律「いや、違う・・・エレナと小麦も弁解しろ・・・いないし・・・」

秋子「さっき出て行きましたよ~」

唯「忍者みたいだったよ!」

憂「お姉ちゃん見てたの?」

唯「うん」

純「気づかなかった・・・」

紬「えいっ」

ポコッ

律「った・・・ん?」

さわ子「ボール?」

さとみ「いいもの持ってるわね」

紬「うふふ、車掌さんに貸してもらったの」

澪「枕投げの代わり・・・?」

梓「えいっ」

ポコッ

純「った・・・梓?」

梓「ふっふ~ん」

律「このっ」

ポコッ

唯「いった・・・もぉー!えいっ」

澪「なんで私に・・・」サッ

律「甘い」

ポコッ

澪「っ・・・仲間じゃないのか!」

律「今日の敵は明日も敵だ!」

修治「そのまんまだな」

さわ子「若いわねぇ」

秋子「先生も参加しないんですか?」

さわ子「ここで見守ってるわ」

修治「俺も」

秋子「じゃあ、私も」

みらい「後片付け終わっ」ポコッ

さとみ「あらら、無害な人に当ててしまったわ」

純「私ら有害ですか。えいっ」

さとみ「ふふっ、テニス部員の動体視力を甘く見ないことね」サッ

純「くー!文化部負けるな!」

律澪唯紬「「「「 おぉー!! 」」」」

さとみ「あれ?ちょっと、一斉に投げるのはダメよっ!」

梓「助太刀します」

唯「あずにゃん、お前もか!えいっ」

梓「甘いですよ」サッ

ポコッ

さとみ「うっ」

梓「あっ・・・」

さとみ「なるほど、スパイだったのね」

梓「ち、違いますよ!」

さとみ「直接成敗!」

ワシャワシャ

梓「じ、事故ですよっ!」

澪「今のうちだな。えいっ」

ポコッ

律「っ・・・。フッ・・・なるほど・・・」ジリ

澪「先ほどの裏切り忘れたわけじゃないよな」ジリ

律「裏切り・・・?ここは戦場だぜ?」ジリ

澪「ふっ、そうだったな」ジリ

紬「えいっ」

ポコポコッ

律澪「「 うっ 」」

和「・・・」サッ

ヒュー

和「・・・」バシッ

純「真鍋先輩に当たらない・・・」

みらい「・・・みなさんなにしてるんですか?」コソコソ

憂「枕投げです」

さわ子「そう。ボールに変えてね」

修治「嫌な予感がしてきた・・・移動しよう」コソコソ

秋子「先生・・・あれみてください」

さわ子「え?・・・あ」

憂「小麦さんがボールを供給していたんですね」

みらい「エレナさんは撮影してます」

さわ子「みらいちゃん行きなさいよ」

憂「あ・・・」コソコソ

秋子「あ・・・」コソコソ

みらい「ど、どうしてですか?」

さわ子「夢を叶えるためよ」

みらい「! そうですね!」ガタ

さわ子「いきなり立ったりしたら!」

みらい「あ・・・」

律「撃てー!」

純「そりゃー!」

澪「えいっ」

唯「それっそれっ」

ポコポコ

みらい「え、った」

さわ子「この子に手出しさせないわ」ドドン

純「やぁっ」

ポコッ

さわ子「うっ」

ポコポコポコポコッ

律「へへーんだ」

和「撃ち方やめ・・・」

さわ子「フフフ」

みらい「さわ子・・・先生・・・?」

紬「遊びはおしまいね!」

澪「片付けよう!」

唯「そだね」

梓「はい」

さとみ「ふふ、楽しかったわ」

純「そうですね。最後に楽しめました」

さわ子「何も無かった事にしていいと思ってるの?」ゴゴゴ

律「悪かったって~」

さわ子「謝って許されると思ったら大間違いよ?」

紬澪梓さとみ純「「「「「 ごめんなさい 」」」」」

さわ子「大間違いって言ったでしょぉおー!」

和「和をもって貴しとなす、ですよ」

憂「キレイに纏めたね」


――――

さわ子「みんな集まったわね」

律「もう寝る時間だぞ~」

澪「何を・・・?」

さわ子「隣の売店車に移動するわよ」

紬「?」

純「一体なにを始めるんだろ」

梓「さぁ・・・?」

唯「ギター・・・いや、勉強の時間だったのに・・・」

憂「ギー太をもってそれ言っても説得力ないよお姉ちゃん」

和「・・・」

ちひろ「あら~?みなさんまだ起きてたんですね~」

澪「ちひろさんもまだお仕事ですか・・・?」

ちひろ「はい~。明日の準備するの忘れてましたから」

しのぶ「まったく・・・」

律「あ、娯楽車の・・・」

しのぶ「神岡しのぶです。この人に付き合ってあげてるの」

ちひろ「ごめんねしのぶちゃん」

紬「まぁ、大変ですね」

しのぶ「いいですよ。いつもの事ですから」

さわ子「ちひろちゃん、紙あります?」

ちひろ「これでいいですか~?」

さわ子「それで結構です。ありがとう」

唯「さわちゃんなにしてんの~」

さわ子「個室はむぎちゃんの部屋、梓ちゃん、唯ちゃん、澪ちゃん、りっちゃんの5部屋と」カキカキ

紬「?」

さわ子「1~4を二枚づつ」カキカキ

和「部屋の割り当てをシャッフルするって事ですか?」

さわ子「その通り。それで5が一枚ね」

澪「私たちもシャッフルするのか」フムフム

唯「おぉ、面白い!」

さわ子「この紙をしゃかしゃか」シャカシャカ

憂「なるほど」

さわ子「今更なんだけど、どうして唯ちゃんはギター持ってるのよ」シャカシャカ

唯「? ギターの練習するからだよ?」

和「勉強しなさいよ」

さわ子「そうじゃなくて、どうしてヴェガに持ち込んでいるのよ」シャカシャカ

唯律澪梓「「「「 いまさらーっ!? 」」」」

純「そういえばそうですね」

紬「あらあら」

しのぶ「ふふっ」

ちひろ「本当ですね~」

唯「私の愛おしい人だからです」ギュ

憂「お姉ちゃんったら・・・」ニコニコ

さわ子「澪ちゃんは・・・?」

澪「り、律が聞いたからです」

さわ子「そう・・・。ライブを二回も開いたからなにか意味があるのかと思ったわ。はい一枚づつ引いて」

紬「意味・・・」

純「なんだかドキドキする」ヒョイ

梓「う、うん」ヒョイ

律「5は嫌だな・・・」ヒョイ

唯「寂しいよね~」ヒョイ

和「・・・そうね」ヒョイ

澪「5以外で・・・」ヒョイ

憂「・・・5以外でお願します!」ヒョイ

紬「・・・意味・・・・・・」ウーム

さわ子「最後はむぎちゃんよ」

紬「あ、はい」ヒョイ

さわ子「さぁ開いて」

唯「」ガーン

純「3」

梓「2」

律「3」

澪「1」

和「4」

憂「4」

紬「1」

さわ子「2・・・私と梓ちゃんね」

梓「はい」

憂「和さんとだ!」

和「よろしく」

紬「澪ちゃんとね」

澪「うん」

律「よろしく小次郎さん」

純「佐々木で!ちがっ、鈴木です!」

唯「」ガーン


―――

和「電気消すわよ」

憂「はーい」

カチッ

和「・・・」

憂「・・・」

和「・・・車掌さんからのメッセージよく読み取ったわね」

憂「純ちゃんが、コメントがおかしいって・・・それで気付けたんだよ」

和「・・・そうなんだ。おかげで楽しめたわ。ありがとう」

憂「ううん。私も楽しかったよ・・・」

和「・・・」

憂「・・・」

和「唯、くるかもね・・・」

憂「ふふ、そうだね」

和「・・・3人は狭いわよ?」

憂「・・・私が移る?」

和「なんとかなるでしょ」

憂「・・・そうだね」

和「見違えたわね」

憂「お姉ちゃん?」

和「そう・・・唯が」

憂「うん・・・」

和「いい旅をしてるのね」

憂「そうだね・・・」

和「あと・・・」

憂「ふふっ」

和「・・・なに?」

憂「和ちゃん、よくしゃべるなぁって・・・」

和「・・・」

憂「あ、ごめんなさい」

和「違うわ。確かにそうね・・・」

憂「怒ってない?」

和「どうして?」

憂「ううん。ならいいんだ」

和「・・・そう」

憂「・・・」

和「・・・」

憂「・・・」

和「・・・」

憂和「「 来ない(わ)ね 」」

憂「ふふっ」

和「ふふ」


58