さとみ「よ、よし!」グッ

修治「さとみちゃんも行くの?」

さとみ「い、行くわ!」

紬「行きましょ~」

律「よっしゃー!」

みらい「さわ子先生・・・一緒にいたい理由分かりました」

さわ子「・・・」

みらい「私の夢に近づけそうなんです」

さわ子「夢・・・?」

唯みらい「「 私を応援してくれる全ての人を楽しませることができる。そんな人になること 」」

和「それって・・・」

憂「お姉ちゃんがみらいちゃんのファンになったきっかけの言葉だよね」

唯「そうだよ~」エヘヘ

さわ子「そう・・・。でも険しいわよ~」

みらい「・・・」

紬「おいで~」

澪「・・・」ウズウズ

タッタッタ

律「待ちきれなくなって走った!」

さとみ「はやい!」

さわ子「行ってきなさい」

みらい「は、はい!」

唯「みんなまって~!」

梓「ま、待ってください!」

タッタッタ

さわ子「あら、和ちゃんは行かないの?」

和「はい。憂が走っていったのは予想外ですけど」

さわ子「あら、私も行けばよかったかしら」

和「次は私も乗ってみようかな」

さわ子「まだ時間はあるわ・・・」

和「そう・・・ですね」

さわ子「あの子たちのお守りから開放されるのね~」

和「寂しいってニュアンスが含まれてますね」

さわ子「だって寂しいもの」

和「ふふっ」

修治「俺も残ってるんですよ?」

さわ子和「「 あら 」」

修治「いたの? ですね。大丈夫ですよ。打たれ強くなりましたから」

和さわ子「「 いたの? 」」

修治「」グサッ

さわ子和「「 冗談よ 」」

修治「お見事・・・!」グッタリ


――――

澪「これはな、グルグルと回ってピタッて止まるんだぞ」

律「分かんねーよ」

憂「頂上で座席が下を向いて止まるんですよね」

澪「さすが憂ちゃんだ」キラキラ

律「私が理解できなかったみたいじゃないかー」

梓「アトラクション強いね憂。スペースショットも大丈夫だったでしょ」

憂「うん。自分でも分からなかったよ」

さとみ「・・・」

紬「さとみさん大丈夫?」

さとみ「まだ慣れないわね。心臓がドキドキしてるわ」

憂「私もドキドキしてますよ~」

唯「うい~、大丈夫だよ。あずにゃんがついてるから」

梓「そこは姉として自分を持ち上げてくださいよ」

さとみ「梓ちゃんよろしく」

憂「よろしくね」

梓「えぇと・・・」

「次の方どうぞ~」

澪「さぁ、行こうか」キラキラ

律「よーし」

紬「行くわよ~」

さとみ「うぅ・・・でもこのドキドキが楽しい」

憂「そうですよね、いい緊張感です」

梓「・・・なるほど」

「はい、ここまでです」

唯「そんな!!」

憂「お、お姉ちゃん・・・」

唯「う~い~」ウルウル

憂「お姉ちゃん!」ウルウル

「えっと・・・」

梓「引き裂かれた姉妹みたいな演出しなくていいから」

憂「ふふ、一度やってみたかったの」

さとみ「・・・ハァ、私だけ緊張してるみたいで情けないなぁ」

紬「そんなことないわ・・・私の手首で脈を測ってみて」

さとみ「・・・」

ドックンドックン

さとみ「正常じゃないの!」

紬「そう?」

律「はは、私らは正常だな」

澪「・・・」キラキラ

律「いや、違うか」

唯「み~ん~な~!」


修治「平沢さんだけ一緒に乗れないみたいだな」

エレナ「ザンネンですネ~」

さわ子「今日花火開催日なのよね」

純「そうなんですか?」

和「えぇ」

みらい「晴れてよかったですね」

さわ子「あの子たち知らないのよね?」

小麦「そうみたいだね~」

和「なにか企んでますか?」

さわ子「観覧車でドカーンよ」

修治「観覧車をドカーン!?」

ゴスッ

修治「いって!」

さわ子「犯行予告じゃないのよ」

エレナ「観覧車で花火をケンブツするのデスネ!?」

和「なるほど、それはいいですね」

純「絶景ですよ!」

みらい「でもあと2時間もありますけど、隠し通せますか?」

さわ子「ふふふ、大丈夫よ」キラン

小麦「おぉ!その作戦とは!?」

さわ子「これから花火という単語は使っちゃダメよ」

修治「使うと・・・どうなりますか?」

さわ子「一人で観覧車に乗せるわ・・・」ギャアアアア

和「」ゾクッ

エレナ「oh...」

修治「すげぇ・・・周りは家族やカップルだらけなのに・・・」

純「居心地悪っ!」

小麦「夜空を彩るいくつもの大輪・・・それを閉鎖された空間で一人で眺める・・・」

みらい「」ブルブル

さわ子「我ながら恐ろしい事を考えたものだわ・・・」

和「この空気だと修治が危ないわね」

修治「え!?そんな空気になってるの!?」

純「あー・・・」ウンウン

エレナ「・・・」フッ

小麦「・・・私じゃ修治くんを救えないよ」

みらい「・・・残念です」

さわ子「頑張ってね」

ポンポン

修治「え・・・あ、はい・・・やいや!納得させないでくださいよ!」

さわ子「面白そうだったのに」

修治「あぶねー」ヒヤヒヤ

純「あはは」

エレナ「アッハッハ」

和「でもあっち側からその単語が出たら・・・?」

さわ子「そうね・・・その子にも乗ってもらいましょうか」イッヒッヒ

修治「恐ろしい・・・」

みらい「唯さんたちはこの罰すら知らないのに・・・」

和「あ、澪が走ってこっちにくる」

さわ子「それじゃ、澪ちゃんが私たちに話しかけた瞬間からスタートよ」

エレナ小麦「「 sir BOSS 」」ビシッ

さわ子「サーじゃないって言ってるでしょ?」

澪「みんなっ!おまたせ!」キラキラ

和「うーん」

澪「どうした和?」キラキラ

純「慣れませんよね」

さわ子「そうねぇ」

エレナ「ハイテンションミオさんは私好きデスヨー?」

澪「あはは、ありがとう」キラキラ

純「爽やか!」

澪「それより次はホワイトサイクロンに乗ろうよ!」キラキラ

修治「ここの看板アトラクションだからね」

澪「そうそう。小麦パンフレット見せて?」キラキラ

みらい「!」

さわ子「出来るだけ隠しなさいよ」ヒソヒソ

小麦「は、はい・・・」ヒソヒソ

和「・・・」

小麦「ど、どうぞ」

澪「あ、こっちか!・・・あれ?」

純「」ギクッ

澪「8時から花」

タッタッタ

紬「澪ちゃーん、ちょっと待ってー!」

澪「ん?」

さわ子「隠れてない所あったわよ」ヒソヒソ

小麦「あわわ」ヒヤヒヤ

修治「他人事なのに・・・この緊張感」

みらい「見てるほうはハラハラしますね」

紬「唯ちゃんがいま乗ってるからもうちょっと待って」

澪「あはは、置いていったりしないさ」キラキラ

エレナ「心臓に悪いですワ」

澪「えぇと、なんだっけ?」キラキラ

修治「ホワイトハリケーンに乗るんだよね」

澪「ホワイトサイクロンだよ鳥羽さん。そう、ホワイトサイクロンに乗るんだ」キラキラ

和「うまいわね」

純「誘導したわけですね」

小麦「・・・」ガサガサ

紬「・・・?」

唯「うわ~ん」シクシク

憂「お姉ちゃん元気出して」

律「しょうがねぇな~」

さわ子「そんなに怖かったの?」

さとみ「いえ・・・」

唯「ひとりで乗るの寂しかったよ~」シクシク

修治「スリルより寂しさが勝ったのか」

紬「次はみんなでのるから安心して唯ちゃん」

純「そうですよ」

唯「つぎ・・・?」

みらい「ホワイトサイクロンですよね・・・澪さ・・・ん?」

澪「・・・ぞ~!」

律「もうあんな所にいる・・・」

梓「有名なアトラクションですよね」

エレナ「そうですワ」

さわ子「行きましょうか」

小麦「行こう行こう~!」

―――ー

「ねぇねぇ、お母さん・・・」クイクイ

母「なぁに?」

「8時までに観覧車に乗れるかなぁ?」

母「この分だと大丈夫よ」ウフフ

「よかったぁ」

唯「8時からなにかあるのかなぁ?」

憂「そうみたいだね」

さわ子「」ギクッ

純「ここにきて・・・」

澪「サイクロンと呼ばれるだけあったな!」キラキラ

律「メリーゴーランドにすればよかったかな」

澪「あはは、それじゃ次乗ろうか!」キラキラ

小麦「後楽園でも乗ったもんねー!」

エレナ「いいデスネー!」

紬「あずさちゃんも乗る?」

梓「みなさんが乗るなら乗ります!」フンシュ!

さとみ「みんなで乗れば恥かしくないわね」

みらい「そ、そうですね」

和「・・・」

唯「ねぇねぇ、和ちゃん。8時からなにがあるのかなぁ?」

和「花」

紬「ハックション!」

憂「紬さん、寒いですか?」

紬「鼻がむずむずしただけ・・・クシュンっ」

唯「そうだ、花と言えば動植物園であずにゃんに似た花があったんだよ~」

梓「似てたとは・・・?」

唯「花の名前がネコエンジュっていってね」

憂「イヌエンジュだよ」

梓「・・・」

和「あ、危なかった・・・」サァー

さわ子「助けられたわね」

さとみ「?」

純「早く乗りたい!」ソワソワ

みらい「そ、そうですね!」ソワソワ

「さぁーどうぞー!」

エレナ「さぁ、早く乗るネ!」

律「な、なんで焦ってるんだよ?」

澪「楽しもうじゃないか!」キラキラ

小麦「さぁー乗った乗った!」

純「よしっ!」

「扉閉めますので気をつけてくださいね」

バタン

「次どうぞー!」

唯「乗るよみらいちゃん、うい、にゃん!」

憂「うん!」

みらい「はい!」

梓「鳴き声・・・」

「指を挟まないように気をつけてくださいね」

バタン

「さぁ、どうぞー」

和「ようやく乗れるのね」

さわ子「長かったわ・・・」

紬「?」

さとみ「?」

「ごゆっくりどうぞ~」

バタン

・・・

エレナ「フゥ~」

小麦「よかった~」

律「ん?」

純「もういいんじゃないですかね?」

澪「なに?」キラキラ

エレナ「まだダメですヨ」

純「そ、そうですね」

小麦「あと4分くらいだね」

・・・

みらい「あと2分」

梓「ん?」

唯「みてみて!どんどん上がっていくよー!」

憂「アトラクションのイルミネーションがキレイだね」

梓「わぁ~」パァァ

みらい「ふふ、・・・よかった」

・・・

さわ子「あと10秒!!」

和「テンション上がってきたわ」

さとみ「その落ち着きで!?」

紬「クールでホットなテンションはいつもハイよ」

和「そういう事」

さとみ「・・・分からない」

さわ子「8時!」

シュルルルルルルル

律「お!?」

澪「きたきた!」キラキラ

シュルルルルルルル

唯「おぉ!!」

憂「わぁ」

梓「!」

シュルルルルルルル

紬「たーまやー!」

さとみ「まだ咲いてないわ!」

ドドォーン

ドーン

ドドドドォーン

澪「・・・」ウットリ

律「これかぁ、隠してたのは」

純「そうです」

エレナ「アナウンスの時はみんな慌てましたネ~」

小麦「そうだね~」

律「さわちゃんが体を張って私たちの注目を集めてたもんな」

・・・

みらい「さわ子先生には色々な事を教えてもらいました」

唯「アレにはびっくりしたよ~」

梓「・・・はい」

憂「忘れられないよね」

・・・

さわ子「この時のためよ!」

紬「おぉー、かっこいいさわちゃん!」

さとみ「な、なるほどぉ」

和「それにしても・・・」

・・・

小麦「あれ、カメラは?」

エレナ「預けましたネ」

純「結局予想通りの結末でしたねー」

小麦「あっはっは」

エレナ「アッハッハ~」

澪「どうしたの?」

律「あぁ、アイツ遠慮してたもんな」


56