憂「お姉ちゃん夢中になったら一直線だから」

梓「ちょっとズレたまま一直線に走った結果ですので気にしないでください」

さとみ「そ、そうね・・・」

梓「むぎ先輩はなにになりたかったですか?」

唯「えー、私ザリガニになりたいで話終わったよ~」

和「しょうがないわよ」

紬「そうねぇ、カバさんかしら」

憂「カバ・・・?」

紬「えぇ、大きくて強くて優しくて」

さとみ「ふふっ」

梓「なるほど」

紬「あと・・・キツ」

唯「あー!」

和「どうしたのよ」

唯「そのカバさんの餌やり体験時間今だよ!」

憂「あ、本当だパンフレットに書かれてるね」

タッタッタ

さとみ「まってむぎさん!」

タッタッタ

梓「待ってくださーい!」

唯「行くようい!」

憂「うん!」

和「忙しいわね」

紬「えーいっ!」ブン

シューーーーーゥ

「ンガァ」

「入りましたぁー!」

さとみ「おぉー!」

和「飼育員の人もノリがいいわね」

飼育員「それではお姉さんに拍手~!」

パチパチパチパチ

紬「うふふ」

梓「すごい企画ですね・・・カバの口にキャベツ丸々一個放り込むなんて・・・」

唯「いいなぁ~」

憂「お姉ちゃんは難しいと思うよ」

さとみ「そうねぇ、相当な腕力が無いと・・・むぎさん凄いわよ!」

紬「ちょっと自信が無かったんだけど、カバさんが誘導してくれたわ~」

和「そんなに動いてなかったように見えたけどね」

唯「それじゃ、この後どうしよっか~」

紬「長島スパーランドへ向かうにはまだ余裕があるわね~」

さとみ「スパーランドへ行くの?」

紬「えぇ、先にさわ子先生たちが行ってるんだけど」

憂「たくさん乗るみたいですから、私たちはゆっくり行こうと思いまして」

さとみ「ふふ、そうなんだ」

和「さとみもどう?」

唯「一緒に行こうよ~!」

さとみ「そうね、喜んでお供させていただくわ」

紬「やった!」

唯「ひゃっほう!」

憂「ふふ、お姉ちゃんったら」

紬「あら、あずさちゃんは?」

唯「あずにゃん?」

和「案内板みてるわ」

さとみ「どうしたのかしら?」

憂「梓ちゃーん」

梓「・・・ん?」

紬「みたい動物でもいるの?」

梓「いえ・・・、植物園エリアにも行ってみたいと思いまして」

さとみ「いいわね!」

和「行きましょうか」

唯「フラワーキャット!」

憂「えぇと」

梓「では行きましょう」

紬「唯ちゃん、キャッツの方がいいと思うわ」

唯「そうだね!」

紬唯「「 フラワーキャッツ! 」」

憂「え、えぇと・・・」

唯「もぉー、和ちゃんまで~」ブー

紬「しょうがないわ、ゆっくりいきましょう」

憂「おいつくよ」

唯「3人ともヒドイんだから」ブー

紬「まぁ、キレイな花」ウットリ

唯「ラベンダーだね」

憂「ミソハギだよ・・・お姉ちゃん・・・」

唯「本当だ!」

緑「・・・」

紬「じゃ、これは?」

唯「ウイボウだよ」

憂「ハマボウだよ。幼い男の子扱いされた気分になったよ」

緑「・・・」

唯「あ、あれは?」

紬「ヒントはあずさちゃんね」

唯「ネコ・・・?」

憂「イ、イヌエンジュ・・・」

緑「・・・」

スタスタ

唯「話しかけて!?」

緑「・・・?」

紬「北上さんも来てたのね~」

緑「・・・なにか用?」

憂「・・・」

唯「だってぇ、無視して通り過ぎて行かれるのは寂しいもん」

緑「・・・別に、どうでもいいわ」

憂「」ピキーン

紬「ここで会うって事は北上さんも動物が好きなんですか?」

緑「・・・紬さんは?」

紬「動物って無邪気で可愛いわ~」

唯「可愛いよ~」

緑「・・・・・・そうね。動物って正直だから」

唯「そっか、緑ちゃんも動物が好きなんだね~、それでここに来たの~?」

緑「・・・まさか、なんとなく来ただけ。観光地なんて適当に歩いているだけよ」

紬「なるほど~、それも旅の楽しみのひとつよね」

緑「楽しくて・・・旅行しているわけじゃないわ」

唯「え、どういう事?」

緑「・・・」

紬「・・・?」

憂「・・・はっ」

緑「・・・きれいな花ね」

唯「そうだね~」

緑「・・・これ、珍しい花ね」

憂「そうですね。北上さんはお花に詳しいんですね」

緑「・・・別に」

憂「」ピキーン

紬「この花たちは愛情をもらって育っているのね~」

唯「そうか!だからこんなに美し・・・beautifulなんだね!」

緑「放っておいても育つ花はあるわ」

紬「そうね~、生命力の強い花もあるわよね~」

唯「和ちゃんたちに放っておかれた私たちみたいにね!」

憂「・・・はっ」

緑「・・・・・・でも、放っておいたら育たない花も多いわ、強い花ばかりじゃないもの」

唯「少し環境が違っただけで枯れてしまう花もあるからね」

緑「放っておかれて、誰も見てくれないのに・・・それでも育って」

紬「・・・」

緑「そんな花って美しい花を咲かせられると思う?」

憂「不可能ではないと思います・・・」

緑「でも、土が悪ければすぐにしおれて枯れてしまうかもしれないわ」

唯「・・・」

緑「だけど、誰もそんなこと気にしない・・・」

紬「・・・」

唯「?」

緑「・・・・・・何でもないわ、ひとりごとだと思って・・・」

紬「私も聞いていいかしら?」

緑「何?」

紬「人を拒む絶壁に咲いた花ってどう思います?」

憂「・・・!」

緑「・・・・・・よく分からないわね」

紬「どんなに人の目を引いても誰も近づくことができないってことです」

唯「花の方から近付いてくれたらいいのになぁ~」

憂「お姉ちゃん・・・」

緑「・・・・・・花は、動けないわ」

紬「地道に絶壁を登るしかないのね。時々、花を見上げながら」

唯「人は動けるからね~」

憂「・・・!」

緑「おかしなこと言うのね」

紬唯「「 ひとりごとだと思って欲しいな~ 」」

緑「真似しないでほしいわね」

紬「ごめんなさい」

唯「ごめんなさい」

緑「・・・・・・そろそろ列車に戻るわ」

紬「これからも・・・一緒に観光できたらいいですね」

唯「イヤ・・・かな?」

緑「・・・・・・気分次第ね」

スタスタ

紬「思ったより話ができたわね~」

唯「そだね~」

憂「紬さん・・・」

紬「なにかしら?」

憂「絶壁の花を北上さんに例えたのですか・・・?」

唯「そうだったの!?」

紬「うふふ」

和「見てたわよ」

梓「声かけられなかったです」

さとみ「憂ちゃん根性あるわよね・・・」

憂「?」

――――

澪「スピード感が最高だ・・・」フルフル

さわ子「私はもういいわ」グッタリ

律「た、助かった・・・」グッタリ

純「3回連続でもキツイですよね・・・」グッタリ

澪「ダメだぞ、律はあと2回だ!」キラキラ

律「連続はキツイって・・・他のも乗ったんだぞ・・・」グッタリ

澪「しょうがないな、フリーフォールで気分転換といこう」キラキラ

律「・・・・・・それだったらいいかな」

さわ子「いってらっしゃい」

純「わ、私は・・・」

さわ子「行ってきていいわよ、ここで待ってるから」

澪「さぁ行こう!」キラキラ

純「は、はい!」

タッタッタ

さわ子「・・・」

律「私ここにいるんだけど・・・」

さわ子「どうでもいいのかしら」

律「休むかな・・・」

タッタッタ

澪「こら!」

律「・・・行ってきます」

さわ子「はーい」

タッタッタ

「次なに乗る~」

「弘子が決めていいよ」

さわ子「私も連続で乗る必要なかったのよねぇ・・・」

弘子「そうだな~。ゆうくんは?」

ゆう「弘子と一緒ならなんでもいいよ」

さわ子「・・・」イライラ

弘子「やだ~」

ゆう「フフ、じゃあお化け屋敷にしよう」

さわ子「いらいら」

「お隣よろしいですか・・・?」

さわ子「・・・どうぞ」

「・・・」

さわ子「・・・」

「・・・」

さわ子「みらいちゃん・・・考えはまとまった?」

みらい「・・・はい」

さわ子「そう・・・」

みらい「・・・」

さわ子「・・・・・・どうするの?」

みらい「・・・」

さわ子「・・・」

みらい「大阪までいってみたいと思います」

さわ子「・・・・・・理由を聞いていいかしら?」

みらい「・・・・・・・・・唯さんと」

さわ子「・・・」

みらい「・・・・・・みなさんと・・・一緒にいたいから・・・・・・です」

さわ子「どうして一緒にいたいの?」

みらい「それは・・・分かりません。でもそうしたい理由があるはずなんです」

さわ子「・・・」

みらい「・・・もう少しで見つけられそうなんです」

さわ子「一緒にいたい理由が?」

みらい「・・・はい」

さわ子「・・・」

みらい「甘いでしょうか・・・」

さわ子「・・・どうでしょうね」

みらい「・・・」

さわ子「・・・」

みらい「・・・」

さわ子「あなたの人生よ。転ぶのも走るのもあなたの自由よ」

みらい「・・・自由って結構厳しいですね」

さわ子「当たり前じゃない。柵の中にいる羊が、柵を越えたらどうなるのか誰でも予想つくわ。全て自分に返ってくるんだから」

みらい「はい」

さわ子「その分言葉通りの自由が手に入るのよ」

みらい「はい、私頑張ります!」

さわ子「頑張りなさい」

みらい「ふふっ」

さわ子「・・・? どうしたのよ」

みらい「い、いえなんでもありません」

さわ子「隠し事は許さないわよぉ~」

みらい「な、なんでもないですよっ!」

さわ子「ほれほれ、白状しなさい」ワキワキ

みらい「え、えぇと・・・あ」

さわ子「ごまかされないわよぉー!」ワキワキ

和「やめなさい」

スパーン

さとみ「教師を叩いた!」

唯「しかも和ちゃんが!」

さわ子「え!?」

梓「途中までいい話だったのに・・・」

憂「・・・そうだね」

和「そんな山中先生みたくありません」

さわ子「・・・はい、ごめんなさい」

紬「ボス・・・」

さわ子「むぎちゃんそれ気に入ってるの?」

紬「うふふ」

唯「みらいちゃん・・・」

みらい「唯さん・・・大阪までよろしくお願します」

唯「~っ!」パァァ

憂「よかったね、お姉ちゃん」

唯「うん!」

和「嬉しそうね」

唯「あずにゃん!」ダキッ

梓「な、なんでこっちに来るんですか!」

唯「嬉しいから!」

梓「い、意味が分かりません!」ジタバタ

唯「あ~ず~にゃ~ん」スリスリ

みらい「ふふ」

紬「うふふ、あら?」


澪「やぁ!みんな!」キラキラ

さとみ「わ・・・クールな澪さんが・・・」

律「お、さとみも来たのかー」

純「・・・」グッタリ

憂「純ちゃん大丈夫?」

純「澪先輩すごいよ・・・」

和「そのようね・・・」

澪「さぁ、次はどれにしようか!」キラキラ

律「私は回復したからジェットコースターでもいいぜ~」

澪「いいや、スペースショットだな!」キラキラ

さわ子「あらら」

紬「まぁまぁ」

エレナ「オー!ミオさんがまたハイテンションですワー!」ジー

小麦「本当だー!」

澪「エレナさんと小麦!」パァァ

律「輝きが増した!」

修治「おぉ、これはすごいテンションだ」

和「3人とも一緒だったのね」

修治「地下街で捕まってね」

紬「あらあら」

さとみ「地下街って迷路みたいよね~」

梓「夜に行ったら、シャッターで閉じ込められるくらいまで迷いそうです」

さとみ「ふふっ、そこまで迷わないわよ~」

澪「みんな!スペースショットへ行くよ!」キラキラ

エレナ「オーケーですワ!」

小麦「ゴー!」

唯「あ~ず~にゃ~ん」スリスリ

梓「むぎ先輩も行くんですか?」

紬「行きます!」フンス!

純「私も行く!」

憂「だ、大丈夫なの?」

純「負けてられない! 憧れの先輩放つ光に近づきたい!」

澪「アハハ」パァァ

和「確かに光放ってるわね」


55