・・・

・・・・・・・・・

和「ちょっとまって」

梓「・・・」

律「うまく行きそうだったぞ」

さわ子「そうね」

和「度数のくだりいるの?」

純「いるといえばいるような・・・」

梓「いらないといえばいらないですよね」

律「・・・」

和「自分で言ったわね」

憂「甘えていきましょう」

梓「・・・?」

さわ子「どう甘えるのよ?」

憂「こうします」

・・・・・・・・・

・・・

梓「むーぎ先輩!」

紬「あら、どうしたの?」

梓「このメロンフロート二人で食べませんか?」

紬「いいわね、半分こしましょう」

梓「ストロー二つで」

紬「あらあら、まるで恋人同士ね~」

・・・

・・・・・・・・・

律「痒っ!」

さわ子「憂・・・ちゃん?」

純「もしかして・・・」

憂「ち、違うよ憧れてるだけだよ!」

和「憧れているのね」

律「あれ?」

梓「むぎ先輩!」

唯「おや?」

紬「どうしたの?」

梓「このメロンフロート」

さわ子律憂和純「「「「「 ・・・ 」」」」」ジー

梓「はっ!」

澪「メロンフロートか・・・おいしそうだな」

唯「あずにゃん一緒に食べようよ~。もちろんストローは」

紬「二つね~」

梓「澪先輩と食べて下さい。忙しいんです」

唯澪「「 えぇー・・・ 」」

さわ子律憂和純「「「「「 ・・・ 」」」」」ジー

梓「コホン・・・。うなぎの話出てないよ!」

さわ子律憂和純「「「「「 ・・・ 」」」」」ジー

梓「ひぃ~ふぅ~」

律「まぁ、いいだろ」

さわ子「そうね」

和「口笛吹けてないもんね」

純憂「「 ・・・ 」」ジー

梓「・・・」アセアセ

唯「むぎちゃん・・・このメニューにうなぎのひまつぶしなんてないよ?」

紬「え?」

律和さわ子「「「 えっ!? 」」」

澪「あ、本当だ。正しくはうなぎのひつまぶし・・・だな」フフ

唯「あはは、むぎちゃんおっちょこちょいだな~」

紬「そ、そんな・・・」ガタ

純「あ・・・」

律「む、むぎ・・・?」

紬「わ・・・わたし・・・っ」

梓「むぎ先輩?」

紬「っ・・・っ・・・」

さわ子「むぎちゃん?」

憂「紬さん・・・!」

和「あら・・・」

紬「っ・・・ハックション!」

律「」ズルッ

純「」ズルッ

紬「私ったら恥ずかしいわ~。お手洗い行ってきま~す」

タッタッタ

唯「もうドリンク来てるよ~」

澪「なにしてるんだ?」

律「いや・・・なんでもない」

さわ子「ニアピン賞で私の勝ちね」

和「そのようですね・・・」

梓「予想を・・・」

憂「上回る結果になったね」

純「うん・・・」

店員「おまたせしました~」


―――ー

律「はー食った食った~」

憂「おいしかったです」

純「うん、おいしかった」

紬「おいしかったわ、ひつま・・・あ、危ない危ない」アセアセ

梓「その土地の料理食べると気分が違いますよね」

澪「そうだな、旅をしていると実感するよ」

さわ子「支払いは私に任せなさい!」

唯「おぉー!」

和「ごちそうさまです」

律「いよっ、さわちゃん!」

さわ子「ふふ、もっといいなさい」

紬「さわちゃん大好き~」

唯「担任!」

梓「ボス!」

和「えぇと」

澪「女神!」

純「えーと・・・魔女!」

憂「んーと・・・学校の王女!」

律「太っ腹!」

「ふくよか!」

さわ子「ちょっと待って!」

「「「 ・・・ 」」」シーン

さわ子「不敬な呼び名はまぁ、よしとしましょう」

和「よしなんですね・・・」

さわ子「容姿を悪くいう子がいたわよ!」

「「「 ・・・ 」」」シーン

さわ子「名乗り出なさい」

澪「どうせ律だろ」

律「な!?」

さわ子「犯人はジェットコースター5回連続の刑よ」

澪「私がやりました!」ズバッ

唯「なんてことを・・・」

さわ子「澪ちゃんじゃないわね」

澪「」ガーン

さわ子「個室の割り当て、私と一緒になるわよ」

紬「はい!私がやりました」ズバッ

梓「なんと・・・」

さわ子「むぎちゃんでもないわね」

紬「」ガーン

さわ子「唯ちゃんと別の個室になるわよ」

梓「はいっ!」ズバッ

さわ子「梓ちゃんでもないと」

梓「」ガーン

唯「どういう意味なの・・・」ガーン

さわ子「ふむ、唯ちゃんでもない」

和「私がやりました」ズバ

憂「和さん!?」

さわ子「時間がもったいないと感じたのね、容疑から外れたわ」

和「」ガーン

純「私じゃないですよ!」

さわ子「でしょうね」

純「もっと絡んでくれても・・・」ガーン

さわ子「純ちゃんも外れて残るは・・・」

憂「・・・」

律「・・・」

さわ子「ふふ、やっぱりあなただったのね修治くん」

憂「え・・・?」

律「えっ!?」

さわ子「ウソよ」

憂「・・・?」

律「・・・ぐ」

さわ子「犯人はあなたよ!田井中律!!」ビシッ

澪「なんだやっぱりか」

紬「ジェットコースター5回乗って」

唯「さわちゃんと一緒の部屋で」

梓「唯先輩とは別の部屋・・・」

和「それ言う必要ないわよ」

純「さて、出ましょう」

憂「二人置いていいのでしょうか」

澪「いいのいいの」

さわ子「だれがふくよかよぉー!」ギリギリ

律「ごめんなひゃいごめんなひゃい」

唯「見事なヘッドロックですね」

紬「そうですね。ギリギリと音が出ていますね」

梓「自業自得ですね」


―――

唯「あづい・・・」

憂「お姉ちゃんがんばって」

梓「動植物園に行きたいっていったの唯先輩ですよ?」

唯「だ、だって・・・太陽が本気で活動してるんだもん・・・」

紬「あ、あっちにアイス販売してるわ~」

和「いいタイミングね」

梓「あ、あれ?」

和「憂と唯はあっちよ」

梓「早いな・・・しょうがないですね、ちょっと行って来ます」

紬「は~い」

タッタッタ

さとみ「あら、むぎさんと和さんも来てたんだ」

和「あと唯と憂・・・梓もね」

さとみ「ふふ、みんな仲がいいのね」

紬「うふふ」

ジリジリ

さとみ「お昼すぎて今が一番暑い時間帯なのよね」

和「動物たちもバテるわよね」

紬「シロクマとペンギンはどう?」

さとみ「氷をあげてるみたいだけど・・・」

紬「溶けちゃうわよね」

和「焼け石に水ね」

さとみ「ふふ、的を射た表現ね。そうだ!コアラ見た!?」

紬「どこですか!?」

さとみ「あっちよ!」

和「待ってむぎ。多分唯も行きたいハズだから」

紬「そ、そうね」ウズウズ

さとみ「コアラは逃げないから大丈夫よ」

紬「ど、どうだった?」

さとみ「コアラ?ずっと木にしがみ付いてて動かなかったけど、とっても可愛かったわ」

紬「うずうず」ウズウ

和「声に出てるわよ。後で唯と一緒に行くから、先に行ってていいわ」

タッタッタ

さとみ「ま、まって」

タッタッタ

和「しょうがないわね・・・」

ジリジリ

和「確かにこの日差しは・・・」

ジリジリ

和(遅いわね・・・)

タッタッタ

憂「・・・あれ、紬さんは?」

和「コアラ見に走って行ったわ」

憂「是非見に行きましょう。はい和ちゃんアイス」

和「うん、ありがと」

憂「いえいえ」

和「・・・」

憂「・・・」

ジリジリ

和「・・・」

憂「・・・」

和「・・・唯と梓は?」

憂「あっちの日陰で休んでるよ」

和「早く言ってね?」

憂「えへへ」

和「行くわよ」

憂「はーい」


唯「いい風が吹きますな~」ノンビリ

梓「そうですね~」マッタリ

和「動物はもういいの?」

唯「私たちも動物なんだよ、和ちゃん」

梓「哲学的ですね~」

憂「梓ちゃんまで」ニコニコ

和「・・・はぁ」

憂「少しのんびりしましょう、和さん」

和「・・・そうね」

サヤサヤ

和「いい風が流れるわね」

梓「はい~」

憂「いいですね、ここ」

サヤサヤ

唯「優しい風が吹き抜けると笑顔になるよね~」

和「いい事言うわね」

梓「~♪」

憂「ふふ」

唯「・・・」

和「・・・」ノンビリ

梓「・・・ふぁ」

憂「・・・」マッタリ

サヤサヤ

唯「ところでむぎちゃんは~?」

和「さとみと一緒にコアラを見に行ったわ」

梓「さとみさんも来てたんですね~」

憂「コアラ可愛いですよね」

和「・・・」

サヤサヤ

唯「コアラ・・・?」

和「さて・・・と。憂」

憂「うん」

梓「~♪」マッタリ

唯「コアラ!!行くよみんな!」

和「そうね。行きましょ」

憂「あっちですよね」

梓「いきなりですか!二人とも対応できてる!?」




紬「あれ、欲しい!」

さとみ「いけません」

紬「う~ん」

さとみ「悩んでも飼えないものは飼えないの」

紬「・・・」ションボリ

さとみ「・・・ふぅ、しょうがないわね」

梓「飼うんですか!?」

紬「うふふ」

さとみ「冗談よ」

和「・・・」

唯「あれ欲しい!」

憂「しょうがないな~」

さとみ「我がまま通じた!」

和「ダメよ」

紬「ピシャリ」

唯「や~だ~欲~し~い~」グズグズ

梓「駄々こねはじめた・・・」

憂「あ、コアラ起きたよお姉ちゃん!」

唯「おぉ!」

さとみ「ユーカリの葉食べてる!可愛い~!」

紬「まぁ~」

和「可愛いわね」

唯「さとみちゃんはコアラ好きなの?」

さとみ「うん!すっごく可愛いもの!あ、でも一番好きなのはキリンかな?」

憂「キリンですか?」

さとみ「そう。小さい頃『キリンさんになりたーい』って駄々をこねたらしいわ」

紬「可愛いわね~」

さとみ「ふふっ、小さかったから遠くまで見渡せるキリンが珍しかったのよ」

梓「キリンに憧れる気持ち分かります!」

さとみ「そう?」

梓「私もちっぽけですから、空に近いキリンが羨ましいですっ」キラキラ

さとみ「そんな事ないわよ、ギター弾いてる梓ちゃんは大きくみえたわ」

梓「そ、そうでしょうか・・・」

さとみ「えぇ」ニコニコ

梓「えへへ」テレ

和「・・・へぇ」

紬「うふふ」

唯「ふむふむ」

憂「・・・」

梓「唯先輩は何になりたかったんですか?」

唯「私はね~、ザリガニ?」

和「ザリガニになりたくて集めたの?」

唯「うーん・・・」

さとみ「集めた?」

和「唯と私が保育園にいるときの話なんだけど、唯がザリガニを私の家の浴槽に集めた事があったのよ」

さとみ「へぇ・・・」

和「2.30匹ぐらいね」

さとみ「うっ」


54