純「へぇ~海外を旅してるんですか」

エレナ「そうですワ」エヘン

小麦「楽しそうだよね~」

澪「・・・」

唯「あーそこのキミたち。もうちょっと右によってくれないかな」

澪「こっち?」

唯「違うよ反対だよ~」

澪「唯からみて右か・・・ややこしいな」

さとみ「ふふ、そうなんだ」

和「だから今日一日は名古屋にいるわ」

唯「キミたちは右によってくれたまえ」

和「えっと・・・唯からみて右よね・・・」

唯「反対だよ~」

和「今度は私たちからみて右なのね・・・」

紬「車掌さんたち戻ったのね~」ガッカリ

憂「はい、みなさんによろしく・・・と」

律「そっか・・・一緒に撮りたかったな」

みらい「そうですね・・・少し残念です」

唯「あーキミたち」

律「私たちからみて、どっちへ行けばいいんだ?」

唯「動かないでくれたまえ」

律「・・・」

秋子「ここですね!」

さわ子「指揮者のせいで混乱してるわね」

修治「よろしいでしょうか?」

唯「うむ、こんなもんかな」ウンウン

憂「お姉ちゃんは映らないの?」

唯「あっ」ウッカリ

テッテッテ

唯「いえーい!」

修治「あ、すいません。指揮者さん、さわ子先生の隣に行ってください」

唯「はいよー!」

テッテッテ

唯「あれー?さわちゃんどこー?」

さわ子「ここよー!」

唯「あ、いたいた」

テッテッテ

唯「いえい」

修治「すいません、指揮者さん、もうちょっと内側に」

唯「こ、こうかな」グイグイ

さわ子「唯ちゃん入れ替わりましょう」

唯「はいよー」

律「・・・」イライラ

唯「いえーい」

修治「すいません、ちょっと屈んでもらえますか?」

唯「もぉーだれー?」

修治「指揮者さんあなたです」

ジリジリ

梓「・・・日差しが熱い」

唯「ど、どうかな」ブルブル

修治「指揮者さんだけブレますよ?」

唯「注文多いよぉー!」モォー

律「指揮者ーっ!!」

唯「うわっ、怒られた」

緑「こっち・・・」グイグイ

唯「お、お?」

緑「・・・どう?」

修治「オッケー、みんないくよ!ハイチーズ!」カシャ

澪「長かった・・・」

唯「これだけの人数がいるんだからしょうがないよ」

一同「」イラッ


律「・・・みんな解散したし。私らはどうしよっか?」

澪「長島スパーランドへ急ぎましょう」ズバッ

純「澪先輩はメリーゴーランドが似合いますね」

梓「そう?」

純「うん、白馬にまたがった王子様」キラキラ

澪「いや、時代はジェットコースターだよ!」キラキラ

純「え!?」

さわ子「そういう話だったわね」

和「澪のテンションが高い所みてみたいわ」

唯「さわちゃん帰らないのー?」

さわ子「明日の昼まで休みよ~」

紬「やった!」

さわ子「ふふ、今月はもう休みがないのよね・・・」シクシク

みらい「あ・・・」

さわ子「気にしないの、これでも楽しめてるんだから」

憂「みなさんどこへ行かれるんですか?」

唯「あずにゃんと東山動植物園だよ!」

梓「初耳ですよ?」

澪「私はスパーランド」キラキラ

律「あー・・・」

和「まだ昼前だから・・・ご飯たべながら決めない?」

紬「そうね~」

さわ子「それじゃ、まずは地下街からね」

みらい「あ、あの・・・唯さんにお願いが・・・」

唯「なにかな?」

みらい「あ、あの・・・ヴェガでマネ・・・望月さんが書類を揃えて待ってると思うので・・・」

律「あぁ、そうだったな」

唯「うん、行くよ!」

さわ子「そうね」

和「・・・」

みらい「面倒かけてすいません」

唯「ううん、頼ってくれて嬉しいよ!」

憂「・・・」

さわ子「そうねぇ・・・私と、唯ちゃんと」

律「私も行くぜ!」

澪「だ、大丈夫か?」

律「もうケンカ腰になったりしないよ。みらいを守ってやるさ」キラン

澪「・・・」

さわ子「私たち4人は一度ヴェガに戻るからみんな先に食べてて」

和「どうする?」

憂「えぇと」

純「私は合わせるよ?」

紬「みんなと食べたい!」フンス!

梓「そうですね」

紬「それならみんなで名古屋港に行ってみない?」

憂「名古屋港・・・」

和「いいわね」

純「あー、金のシャチホコ船があるそうですね」

梓「へー、面白そう」

澪「決定だな」

紬「という事で、一度名古屋港へ行って地下街へ向かいますね」

さわ子「そう・・・分かったわ」



―――――名古屋港

和「澪・・・」

澪「ん?」

和「あのマネージャーの所に行ったのよね」

澪「・・・うん」

和「唯と律は大丈夫なの?」

澪「・・・」

純「?」

憂「大丈夫ですよ」

和「・・・?」

憂「お姉ちゃんが頼もしくなっていましたから」ニコ

澪「・・・うん。律も・・・ちょっとだけ頼もしくなってるから」

和「・・・そうね」

純「よく分からないけど・・・」

梓「・・・」

紬「みんなきてきてー!」

和「ふふ、相変わらずね」

澪「そうだな」

梓「どうしたんですかー!」

タッタッタ

和「私たちも観光を楽しみましょうか」

憂「そうですね」

タッタッタ

澪「どうしたむぎ?」

紬「あ、あれを見て!」

純「金のシャチホコ船!」

梓「変な船ですね」

憂「わぁ~面白~い」

秋子「みなさんもいらしてたんですね~」

紬「あ、秋子さんも来てらしたんですね」

秋子「みなさんの演奏素敵でしたよ!」

澪「あ、ありがとう・・・」テレ

紬「まぁ、ありがとう~」

梓「あ、ありがとうございます」テレ

和「海風が気持ちいいわね」

秋子「そうですね~いい風が吹いてます」

純「あの船が風情を壊してるような」

憂「ふふ」

秋子「こういう風って海を渡ってきたのでしょうか?」

紬「そうね~、ずっと遠くからやってきたのかもしれないですね~」

梓「遠くから・・・」

和「一秒毎変化する風・・・」

澪「ふむふむ」メモメモ

和「創作意欲が沸いたようね」

秋子「なんだか素敵ですね。こうやって私たちがその風を感じているなんて・・・」

紬「そうですね。この風は今だけ受ける事ができるのよね」

和「そう考えると悠久の時の流れを感じるわね」

澪「刹那的な時間だけど、想いを廻る時間は永劫・・・だな」

純「・・・」

梓「・・・」

憂「・・・」

純「なにか言ってよ梓」ヒソヒソ

梓「純こそ、気の効いた台詞言ってみてよ」ヒソヒソ

純「む、無理!」ヒソヒソ

梓「わ、私だって無理だよ!」ヒソヒソ

純「そ、そうだ憂なら」

梓「そうだね」

憂「あの金シャチの船に乗ったら竜宮城まで連れてってくれそうですよね」

澪「・・・そうだな。地図に載ってない所へ行けそうだ」

紬「うふふ、乗ってみるのもいいわね~」

秋子「楽しそう~!」

和「乗ってる時間無いわよ」

純梓「「 ・・・ 」」


――――

将人「」カタカタ

みらい「お話があります」

将人「・・・やっときたか」

唯「・・・」

みらい「ホームへ一度降りてください」

将人「どうしてだ?」

みらい「大事な話だからです」

将人「ふん・・・」

車掌「あら・・・?」

将人「おい車掌、このパソコンを見ておけ」

車掌「かしこまりました」


修治「これやるよ」

律「なんだよいきなり」

修治「思い出という名のアルバムを増やせばいいのだよ」キリ

律「そうだな!サンキュー!」

修治「新しいリアクションだな・・・」

さわ子「どうしてヴェガにいるのよ」

修治「気になったから・・・」

さわ子「?」

みらい「修治さん?」

唯「修治くん?」

将人「なんだお前らは」

修治「ボディーガード」フフン

将人「くだらん。話を始めろ」

みらい「書類を渡してください」

将人「・・・」スッ

みらい「・・・」パラパラッ

さわ子「・・・」

みらい「・・・」

将人「安心しろ。それでお前はもう、うちの事務所とは無関係だ」

唯「・・・」ホッ

みらい「・・・そうですね」

将人「用は済んだな?」

修治「・・・」

みらい「まだです。カメラを渡してください」

将人「なんだ?」

みらい「HTTFの写真です」

律「どういう事だよ!?」

修治「・・・」

将人「んっふっふ。さすがだ・・・ほらよ」

みらい「・・・!」

さわ子「・・・見せて」

みらい「・・・はい」

唯「あっ!」

律「マジだな・・・。これでどうするつもりだ?」

将人「最後に一儲けさせてもらうんだよ」

さわ子「商業的使用は禁止よ」

将人「そんな規定いちいち守ってたら商売できないだろ。所詮素人だな」

修治「許されると思ってんのかよ」

将人「貴様らは甘いんだよ。この業界の事知らなさ過ぎる。んっふっふ」

律「なにがおかしいんだよ!」

将人「無知は恥だな」

みらい「やめてください!」

将人「HTTFか・・・これだけのルックスだ・・・さぞや情報を求めるだろうなぁ」

唯「!」

将人「喜べみらい・・・次の事務所は俺が提供してやるよ」

みらい「・・・ッ!」

律「このデータは壊させてもらうよ」

パキッ

さわ子「・・・」

修治「・・・」

律「・・・カメラのデータも消去しておいたから」

唯「りっちゃん・・・」

将人「・・・んっふっふ」

律「なにがおかしいんだよ」

将人「無知は恥だと言ったよな」

修治「・・・!」

律「・・・どういう意味だよ」

将人「そのメモリーカードだけだと思ったのか」

さわ子「他にもあるのね」

将人「そういう事だ。んっふっふ」

唯「・・・」

将人「みらい・・・俺に頭を下げて捨てられるまでうちの事務所にいるか・・・」

みらい「・・・!」

将人「事務所を辞めてお前を助けてくれた5人の情報が漏れるか・・・どっちか選べ」

唯「ひどいよっ!」

律「どこまで邪魔するんだよ!」

修治「・・・」

さわ子「裏目に出たわね・・・」

みらい「・・・わ、わたしは」

唯「・・・みらいちゃん」

みらい「ごめんなさい・・・・・・こんな事に巻き込んでしまって・・・」

唯「ううん、私たちなら大丈夫だから・・・自分自身を・・・さわちゃんを信じて」

さわ子「・・・!」

みらい「・・・で、でも!」

将人「プライバシーがどれだけ大事かよく知っているよな・・・みらい」

みらい「・・・」

将人「アイドルはそれに振り回されるのも仕事のうちだ」

みらい「・・・っ」

将人「だが、他の5人はどうかな・・・?」

みらい「・・・っ!」

将人「おまえと同じステージに立ったせいで、5人の人生が振り回されるんだ」

みらい「・・・っ!!」

将人「その書類を破れば楽になるんだぞ。5人も普通に暮らせる」

みらい「・・・っ!!!」

将人「今までのように使われるか、助けてくれた5人を見捨てるか・・・選べ」

みらい「わ、わたし・・・は・・・っ!」

唯「だいじょうぶだよ」ギュウ

みらい「あ・・・」

修治「・・・何もできないけど、俺はみんなの見方だ」

律「私がみんなを守る」

さわ子「それは私の台詞よ」

将人「どうするんだ」

みらい「わたしは・・・・・・・・・」

将人「・・・」

みらい「・・・事務所を・・・・・・・・・辞めます」

将人「絶望したよ・・・みらい・・・」


「あの・・・ごめんなさいっ!」

車掌「申し訳ありません」

将人「あ?」

律「小麦・・・?」

小麦「あの・・・インターネットしようと触ったら画面が・・・」

将人「貸せっ!」

小麦「うぅ」

将人「な、なんだこれは・・・画面が・・・おい、車掌!」

車掌「ヴェガの備品だと勘違いされたようで・・・」

将人「見ていろと言っただろ!」

車掌「少し離れていました。申し訳ありません。修復作業なさいますか?」

将人「さっさとしろっ!」

車掌「少々お待ち下さい」カタカタ

律「ちぇっ」

さわ子「ハードディスクは無傷なのね」

修治「・・・」

唯「私たちならだいじょうぶだよ、みらいちゃん」

みらい「・・・・・・はい・・・っ」

車掌「ではエンターキーをどうぞ」

将人「・・・」

車掌「データについては保証しかねますがよろしいですね?」

将人「なに!?」ターン

小麦「・・・」

将人「ま、まさか」カタカタ

律「・・・?」

さわ子「?」

将人「消えてる・・・どういう事だ!」


52