「あっ、こらっ!ピノっ!」

ピノ「ピピッ」

ピョンピョン




唯『それでは次の曲、今日限りのバンドHTTFが演奏します。ヴォーカルカモーン!』

みらい「・・・」トボトボ

律「みらい?」

みらい「・・・」

唯「・・・どうしたの?」

澪「・・・?」

ピョンピョン

紬「あら?リス?」

ピノ「ピピッ」

ピョン

紬「あら、あなた人懐っこいのね~」

梓「・・・」

みらい「・・・」

ザワザワ

澪「・・・どうした?」

みらい「・・・」

梓「みらい、このコインこっちが表ね」

みらい「?」

律「あ、それ・・・」

ピンッ

シュルルルルルルルル

パシッ

梓「どっち?」

みらい「・・・・・・・・・う・・・ら?」

梓「・・・・・・正解。きっとうまくいくよ」

澪「・・・」コクリ

みらい「・・・はい!」

唯『みなさん、おまたせしました。・・・あぁっ!むぎちゃんの肩にリスちゃんが乗ってる~!』

ワハハ ホントダー


純「梓今なにを・・・?

憂「お、お姉ちゃん・・・」

和「ウケてるからいいんじゃない?」

さとみ「さすがね、唯ちゃん」

「す、すいません。あの子私の友達なんです」

秋子「リスちゃんですか?」

「は、はい・・・」

紬「うふふ」

唯『あ~、いいなぁ~、リスちゃん私の肩にカモーン』ポンポン

ピノ「ピピ?」

みらい「ふふ」

律「よし、もう大丈夫だな」

梓「行くです」

唯「みらいちゃん大丈夫?」

みらい「はい!」

唯「・・・」

みらい『みなさんこんにちは。飯山みらいです』

「「 えっ!? 」」ザワザワ

さわ子「あらあら」

律「名前は伏せるんじゃなかったのかよ」

唯「みらいちゃん・・・」

クルッ

みらい「みなさんごめんなさい。でも私、みなさんの前では自分を偽りたくありません」

梓「・・・」

唯「それじゃ、みんな行くよ!」


みらい『ノン・トロッポ』

ポンポンポロポロ

みらい『 心を映し出す 丸い月 赤くやんなり浮かぶ 誰にも知られず
     私を形作るすべてが 涙をもっていると 誰にも言えずに  』

唯(みらいちゃん・・・)

みらい『 それでも明日は満ちている この先にずっと わたしは自分に偽りはしない 』


みらい『 仮面を脱ぎ捨て 素顔の自分に出会うの 私は恐れを知らない
     過去には縛られずに 背を向け サヨナラと進む 私の軌跡 』


・・・・・・

修治「・・・」

将人「」カシャ

修治「アイツ・・・」

将人「・・・」

スタスタ

修治「どこまでも足を引っ張る気だな・・・」

緑「・・・」

修治「うーん・・・」

緑「・・・」

修治「うわっ、北上さんいたの!?」

緑「? あなた・・・誰?」

修治「えぇー」ガーン

・・・・・・


みらい『 私は自分を愛してゆきたい
     新しい私に「おはよう」と言った 
     あの日の真っ赤な月など忘れて
     このまま 幸せ 思う数 私 素直になれる』

紬(みらいちゃん・・・)


・・・・・・

美弥「どうやら間に合ったようですね」

けさみ「ラッキー♪」

憂「あ、車掌さん・・・」

美弥「ふふ、今は美弥とお呼び下さい」

純「あ、TVに出てましたよね」

美弥「はい」ニコニコ

和「・・・」

・・・・・・


みらい『 いつしか手を振る 昔の私に あなたも私も 恐れを知らない
     過去には縛られずに 背を向け サヨナラと 歩く 私の軌跡
     サヨナラ 』

ジャ ジャジャン

唯「・・・ふぃ~」

澪「終わった・・・な」

律「あぁ・・・心地いい曲だった」

梓「・・・先輩方、すごいです。感動してしまいました」

紬「ふふ、私も感動したわ~」


パチパチパチパチパチパチ

「よかったぞー、みらいちゃーん!」

「いい曲だったわよー!」

みらい「・・・」ペコリ


さわ子「どうやら無事終わったようね」

「プロは厳禁なんですけど?」ジロ

さわ子「あの子、今はアマよ」

「・・・?」


紬「あら」

ピノ「ピピッ」

ピョンピョン

紬「主人の所に帰ったのね」

「「 アンコール! 」」

さとみ「アンコール!!」

エレナ「アンコール!」

小麦「アンコールッ!!」

けさみ「アンコールー!」

美弥「アンコール」

唯「あーっ!車掌さんとけさみちゃんが来てるよー!」

律「あっ!本当だ!」

澪「娯楽車の店員さんも来てるな」

紬「あらあら、しのぶさんまで来てくれたのね~」

梓「しのぶさんですか・・・?」

律「いや待て、アンコールはいいのか?」

みらい「はい、観客の反応があれば答えていいそうです」

しのぶ「アンコール!」

「ア、アンコール!」

ピノ「ピピッ」

修治「アンコールッ!」

秋子「アンコールー!!」

緑「・・・」シーン

憂「アンコール!」

純「アンコール!!」

和「アンコール」


紬「それならリベンジといきましょー!」

梓「カレーですね!」

律「その後にボールペンも入れようぜ」

澪「メドレーなんてやったことないだろ」

唯「なんとかなるよ~。みらいちゃん大丈夫だよね?」

みらい「え、えぇと」

唯「一度聞かせたから大丈夫!」

律「おいおい」

みらい「だ、大丈夫です。今の状況は私の夢と合致していますから、頑張ってついていきます」

梓「夢・・・?」

みらい「わたしの夢は・・・。私を応援してくれる全ての人を」

唯みらい「「 楽しませることができる。そんな人に成ること 」」

澪「唯・・・」

みらい「今は私たちですね」ニコニコ

紬「ホッチキス、ボールペン、カレーのメドレーね!」

律「うっしゃー!」

唯「さ、行くよみんな!」

紬律澪梓みらい「「「「「  おぉー! 」」」」」


―――――♪



美弥「素敵なライブでしたね」

しのぶ「サイッコー!」

けさみ「楽しかった~」

和「楽しんでくれたみたいね」

けさみ「もっちろ~ん」

しのぶ「あんなに盛り上がるとは思わなかったわ~」

憂「はい!」

美弥「平沢さん・・・メッセージ届いたようですね」

憂「はい、・・・あい言葉は」

美弥憂「「 『Oui』 」」

美弥「ですね」

憂「ふふ」

純「あ、そういう意味か~。なるほどねー」

美弥「みなさんご帰宅の予定は?」

和「夕方には帰ろうかと・・・」

憂「はい」

美弥「ご予定がなければヴェガで一泊なさいませんか?」

純「?」

和「でも、乗車証が・・・」

美弥「明日の朝の出発までにお降りいただければ問題はございません」

憂「じゅ、純ちゃんは明日予定あるの!?」

純「どうしたの? ヒマだけど・・・」

憂「和ちゃんは!?」

和「落ち着いて。『ちゃん』になってるわよ」

憂「あっ」

純「?」

和「私も明日の午後まで予定は無いわ」

美弥「それでは、準備してまいりますので私どもはこれで失礼します」

憂「ありがとうございます!」

けさみ「じゃあね~」

しのぶ「みんなによろしくね~」

和「それでは後ほど」

憂「お姉ちゃんと名古屋で観光できる!」キラキラ

和「よかったわね」

純「こんなテンションの憂を見れただけでも来てよかった」

さとみ「和さーん!」タッタッタ

和「元気そうね」

さとみ「たった一日じゃない!」

和「・・・なにか変化でもあった?」

さとみ「ふふ、和さんが言った意味分かったわ」

和「そう、よかったわ」

エレナ「オー!美女が揃ってますワ」

小麦「おぉ~!」

純「・・・」

憂「あ、みなさん。またお会いできて嬉しいです」

秋子「みなさん先生の教え子なんですか~?」

和「この中では私だけ・・・だけど」

秋子「わ~、羨ましいです~」キラキラ

和「えぇと・・・」タジタジ

純「知らない人がぞろぞろと・・・」

タッタッタ

「う~い~!」

「和ちゃ~ん」

「純~!」

憂「あ、お姉ちゃん!」

エレナ「本日の主役たちが登場ネ!」

唯「う~い~!」ダキッ

憂「お、お姉ちゃんってば」

紬「和ちゃんも来てくれたのね!」

和「えぇ、憂に誘われてね」

梓「純、どうしてきたの?」

純「歓迎してよ!」

さわ子「なんで着替えちゃうのよ~」ブー

律「外を歩けないからだっ!」

澪「あぁ・・・あの衣装で演奏してたなんて・・・」

みらい「みなさん似合ってましたよ」

さわ子「記念に残しておきましょうよ~」ブー



律「お、みんな揃ってるな!」

小麦「澪ちゃんお疲れ~」

澪「来てくれてありがと・・・」テレ

エレナ「オツカレサマー!」

唯「夏だけにね!」

梓「グフッ」

澪「ププッ」

紬「プクク」

律「ステージのテンションがまだ残ってるな~」

唯「もぉ~大変だようい~」

憂「どうしたの・・・?」

唯「私たち~スカウトされちゃった~」モジモジ

憂「え・・・」

和「本当なの・・・?」

さわ子「まぁね~」

純「遠くへ行っちゃうんですか、澪先輩!?」

澪「え?」

律「憂ちゃんが心配してるだろ、唯!」

憂「お、おねえちゃん・・・?」ウルウル

唯「ごめんねうい!もちろん断ったよ!」

憂「え・・・?」

唯「みらいちゃんだけならいいけど、私たちもって言うから断っちゃった」

さとみ「大物よねぇ」

小麦「すごーい」

みらい「安心してくださいね、憂さん」

憂「・・・ホッ」

和「びっくりさせないでちょうだい」ホッ

唯「えへへ、ごめんね~」

律「あ、あそこでナンパしてるのは修治か?」

さとみ「え?」

唯「なんと!?」

紬「北上さんよ、りっちゃん」

律「え・・・、ヴェガの乗客?」

さとみ「そうよ」

澪「・・・」ゴクリ

緑「・・・それで?」

修治「俺もヴェガに乗ってるんだってば!」

緑「・・・別に、どうでもいわ」

修治「」ガーン

律「なんか、可哀相になってきた」ウルウル

緑「・・・」

紬「北上さんもライブ見てくれました?」

緑「・・・」

紬「ダメ・・・でした?」

緑「・・・別に」

紬「うふふ」

律「どうしてむぎは喜んでるの?」

さわ子「難しい子ねぇ」

梓「後で聞いてみましょう」

修治「みんな揃ってるから記念写真とろーぜー」

秋子「いいですね~!!」

修治「琴吹さーん、カーメラー貸ーしてー」

律「やる気だせっ」バシッ

修治「いった!」

律「よし、気合入ったな」

紬「お願しますね」

修治「オッケ。あ、律!」

律「んー?」

修治「サンキューな」

律「うわ、叩かれてお礼言ってる!むぎ離れろ!」

紬「?」

修治「ちがう!」

律「へへ、分かってるって。貸し減らしておいてやるよ!」

修治「・・・・・・貸し作ったの俺の方なのに」

唯「はい!私が指揮します!」

修治「え、なにを?」

唯「みんながキレイに枠に収まるように・・・です」


51