唯「あれ!?みらいちゃんになった!」

小麦「あはは」

修治「中野さん動きはやっ!」

さわ子「車掌さん、今から間に合うかしら?」

車掌「おそらく無理かと・・・」

さわ子「そうよねぇ」

さとみ「どうしたんですか?」

さわ子「私が寝る場所がね」

梓「あ・・・すいません・・・」

車掌「ふふ、ヴェガでお泊りください。相部屋になりますが」

律「いいの?」

車掌「もちろんダメです。・・・規定では」

さわ子「ありがと」

律「よーし、放課後ティータイムでジャンケンするぞー」

澪「よし」

紬「よぉーし!」

唯「望むところだよ!」

梓「はい!」

エレナ「面白いですネ。ミナサン」

小麦「楽しいよねー」

みらい「ふふ、本当ですね」

さとみ「えぇ」

修治「うむ」

愛「・・・はい」

さわ子「私を勝ち取るのはだれかしら~」ルンルン

律「あぁー!負けたー!」

唯「・・・という事でりっちゃんの部屋に決まりました」

さわ子「・・・」ゴゴゴ

律唯「「 じょ、冗談だよ~ 」」

澪「」ガクガク

修治「こ、怖ぇ・・・」

紬「さわ子先生は私の部屋です!」

さわ子「・・・よろしくね」

梓「わ、私がむぎ先輩の部屋でも・・・」

さわ子「いいわよ、ゆっくり休みなさいな」

梓「・・・」

律「なに落ち込んでいるんだよ」ニヤニヤ

梓「ち、違いますっ」

愛「あ、あの・・・紅茶が冷めてしまいますよ」

紬「あ、忘れてた~」

律「フルーツもどーぞ」

さとみ「桃もある」

律「へへ、みんなで食べよーぜ」

みらい「いただきます」

エレナ「マンゴーいけますネ!」

小麦「パイナップルおいしー」

修治「ふふん」

律「え?なんで威張ってるの?」

修治「俺が厳選したから」

律「かさばってたなぁ・・・邪魔だったなぁ」

愛「ふふ」

修治「えぇー・・・」

律「パイナップルは悪くないよ」モグモグ

修治「ベストチョイスだろ・・・『は』ってなんだよ!」

梓「・・・」

紬「はい、あずさちゃん紅茶どうぞ」

梓「あ、ありがとうございます」

さとみ「むぎさんの紅茶おいしいわ」

みらい「はい」

小麦「おいしーよ!紬ちゃん!」

エレナ「オイシイですワ!!」

紬「うふふ、ありがと~。あ、そうだ」ガタ

梓「・・・」ムシャムシャ

律「・・・それで貸しが減ったと思ってます?」

修治「そういうものじゃないの?」

さとみ「貸しって?」

律「修治が私に貸しがあるって話」

さわ子「それじゃ、一つ減らしてもいいんじゃない?」

修治「お、さわ子先生が援護してくれた!」

律「どぉして」

さわ子「この子金沢の片町で頑張ってたのよ?」

梓「・・・」ムシャムシャ

澪「梓、バナナもっとあるよ」

梓「あ、はい。いただきます」

みらい「あの時はありがとうございました」

修治「いえいえ、なんのなんの」キリ

愛「・・・?」

律「ふむ・・・」

澪「どうするんだ?」

律「分かった。一つ減らして3つにしてやろう」

修治「ありがたきシアワ・・・変動無し!?」

唯「あの時ぐらいの頑張りじゃないと減らないのか~」

さわ子「がんばりなさいな」

修治「・・・あは・・・は」

梓「・・・」ジー

修治「? 中野さんどうしたの?」

梓「鳥羽さん・・・キャラ変わってませんか?」

愛「ふふっ」

修治「そ、そう?」

唯「修治くんネコ被ってたんだよ!」

さわ子「そうなの?」

律「そうです」

修治「・・・」

梓「むぎ先輩はどこへ行ったんですか?」

さとみ「さわ子先生の布団借りてくるって言ってたわ」

さわ子「気が利く子ねぇ」

律「車掌さんもいつの間にかいないし」

エレナ「日本の紅茶はワサビ抜きでいいですワ~」

小麦「へ~外国ではワサビ入ってるんだ」

澪「そんな訳ない」

みらい「ワビサビと言いたかったんじゃないでしょうか」

エレナ「ソーデスワ」

小麦「なーんだ」

唯「なんだ~」

澪「使い方も間違ってるんだけど」

紬「さわ子先生、準備できましたよ~」

さわ子「あら、ありがとむぎちゃん」

梓「それで、誰のための演奏なんですか?」

唯「みらいちゃんだよっ!」

梓「なるほど・・・。明日は一日中停車していますから演奏しやすいですね」

律「ん?」

修治「どういう事?」

梓「展望車・・・ここで演奏するんですよね?前みたいに」

紬「あら・・・」

澪「さ、さわ子先生・・・?」

梓「?」

さわ子「連絡するの忘れてたわ☆」ウィンク

律「こらっ!」

スパーン

さとみ「教師を叩いた!」

さわ子「だってぇ~、練習見てるのでいっぱいいっぱいだったんだもん~。とりあえずその丸めた新聞紙おきなさいよ」

梓「ど、どういう事ですか?」アセアセ

紬「あのね・・・明日の10時に名古屋城のゲリラライブステージで3曲演奏するの。一曲はホッチキスのバラードアレンジよ」

修治「簡潔且つストレートな情報」

梓「な・・・!?」

唯「やるよー!」

みらい「よ、よろしくお願いしますっ!」

梓「れ、練習時間が・・・」アワワ

さわ子「絆でカバーよ」キラン

律「・・・」

スパーン

さとみ「また叩いた!」

澪「よく考えたら・・・」ブルブル

律「そうだよな・・・勢いでなんとかなると思ってたけど・・・」

梓「だ、大丈夫なんでしょうか・・・」

紬「大丈夫よ!」

唯「そうだよ!私みんなと演奏で一つになるのがとっても楽しいんだもん!」

小麦「おぉ」

エレナ「名言ですネ」

さわ子「ふふ、あなたたちならやってくれると信じていたわ」ズズー

律「・・・」スッ

さわ子「3度も受けないわよっ」

律「・・・」ピタッ

さわ子「白刃取りっ!・・・あら?」

律「・・・」ブン

スパーン

さとみ「・・・おいしいわ」ズズー

修治「勉強になるな」メモメモ

愛「教師に使ってはだめですよ」

澪「もう夜だから、音を出して練習できないな」

梓「ど、どうするんですか!?」

さわ子「朝の通勤ラッシュ時に練習すればいいじゃない」

紬「注目の的ね~」

唯「ふふ、会社に向かうみなさんを癒して差し上げますぜ!」

みらい「癒しましょう!」

律「唯に染まってきてないか?」

梓「・・・」

車掌「エレナさん、カメラ起動できますか?」

エレナ「出来ますヨー」

車掌「では、寝台車まで来てもらえますか?3分後にベースとドラムを鳴らしてみてください」

澪「は、はい」

律「普通でいいの?」

車掌「できれば抑え目で・・・」

律「オッケー」

さわ子「検証するのね」

紬「私も行きます」

車掌「では・・・」

紬「行ってきまーす」

梓「・・・」

小麦「面白くなってきた!」

さとみ「私外から聞いてみる」

愛「わ、私も」

修治「俺も行くわ」

テッテッテ

唯「ふんす!」

律「澪、スタンバーイ」

澪「うん」

さわ子「あと20秒くらいね」

梓「みなさん協力してくれるんですね」

みらい「応援してくださいます。本当にありがたいです」シミジミ

梓「印象が変わったよみらい」

みらい「そ、そうですか・・・」

梓「うん・・・」

さわ子「いいわよ二人とも、10秒くらい鳴らして」

ダンダンスタタタダン

デンデンデデーンデン

澪「律、抑え目だって」

律「こ、これくらい?」

小麦「結構音出してるよね」

さわ子「そうねぇ・・・もういいわよ」

律「うし」

澪「どうかな」

梓「外のみなさんを呼んできます」

テッテッテ


紬『行ってきまーす』

律「そこから撮ったのか」

車掌『・・・』ガチャガチャ

エレナ『何をしてますカ?』

車掌『娯楽車から寝台車まで封鎖します』

紬『なるほどぉ~』

修治「ここのシーン見る必要あるの?」

律「・・・」

ドスッ

修治「っ!」

エレナ『夜の列車内はしずかで雰囲気ありますネ』

紬『あっ、エレナさん。あっちを映してください』

車掌『どうしたんですか』

紬『人の顔が・・・』

澪「ヒアッ」ガクガク

さとみ「きゃっ」ブルブル

唯「あはは、さとみちゃんも怖がりなんだね~」

紬「うふふ」

エレナ『こんばんハ~』

梓「挨拶してる・・・」

車掌『ふふ、ガラスに反射した私たちですよ』

紬『あら、ほんと~』

澪「オカルトは嫌いだ」

さとみ「私も・・・」

愛「ビデオ映像ですから、雰囲気ありますよね・・・」

みらい「そうですね、番組でみる投稿映像みたいです」

エレナ『ツムギさんは子供っぽい所がありますネ』

紬『そうかしら?』

紬「そうなの?」

律澪唯梓「「「「 うんうん 」」」」

さわ子「満場一致ね」

紬「あらまぁ・・・」

紬『あっ、あっちに光るものがっ!』ウキウキ

テッテッテ

エレナ『無鉄砲で可愛いですワ』

車掌『ふふ、それを言うなら無邪気ですよ』

梓「これは保存版ですね」

唯「異議なし」

紬「・・・」カァ

紬『車掌さん、キーホルダーが落ちてました』

車掌『これは・・・見覚えがありますので持ち主に御返ししますね』

紬『おねがいします』

修治「なかなか寝台車に辿り着かな」

さわ子「・・・」

ゴスッ

修治「っ~!」

紬『あっ、クマのぬいぐるみ発見』ウキウキ

車掌『お預かりします』ニコニコ

紬『はい』

エレナ『ツムギさん楽しそうデスネー』

紬『うふふ、夜の学校に忍び込んだみたいで』ルンルン

車掌『ここは必ず誰かが居る場所ですからね』

律「もう練習とかどうでもよくなってきたな」

澪「気持ちは分かるけど・・・」

さとみ「・・・」

けさみ『あ・・・』

けさみ「あ・・・」

紬『けさみさんどちらへ?』

けさみ『展望車へ様子をみに行こうかと』

車掌『戸締りしましたので、外から出入りしてくださいね』

紬『一緒に行きましょう』

けさみ『はーい!』

唯「けさみちゃんが仲間に加わった!」

律「ゲームみたいだな」

さわ子「ようやく寝台車ね」

車掌『そろそろ時間です・・・』

けさみ『・・・どうなるんですか?』

紬『おしずかに・・・』

けさみ『・・・』コクン

・・・

エレナ『聞こえませんネ』

車掌『はい、そのようですね』

紬『という事は・・・』

紬「練習ができるわ!」

さとみ「外からもあまり響いてなかったから大丈夫・・・」

唯「よーし」グッ

梓「やってやるです!」

車掌「ですが無理はなさらないでくださいね」

さわ子「私が見てるから大丈夫よ」

車掌「そうですね。それでは、こちらが展望車、これが寝台車のカギになります」

さわ子「分かったわ」

車掌「それでは私は仕事がありますのでこれで・・・。おやすみなさいませ」

律「おっやすみ~」

紬「おやすみなさい~」

けさみ「お疲れさまで~す」

唯「けさみちゃんは疲れていないの?」

けさみ「元気元気!」

澪「・・・よし、やるか!」

みらい「はい!」

愛「みなさん頑張ってくださいね」

さわ子「それじゃスタート!」


8日目終了--------




48