――――

コック「七輪で焼いてみた」

律「マジかよっ!?」

さわ子「それじゃ、みんな」

律唯「「 いっただきまーす! 」」

紬澪さわ子「「「 いただきます 」」」

みらい「い、いただきます」

律「うんめぇ!」キラキラ

唯「おいしぃ!」キラキラ

紬「しあわせ~」キラキラ

澪「おいしい!」キラキラ

さわ子「・・・ヴェガって楽園だったのね」

みらい「おいしいです」

コック「ガッハッハ、そうかそうか」

スタスタ

律「七輪で焼いただけあって、この香りがたまらん!」

さわ子「りっちゃん表現が薄いわよ」

唯「そうだよ~」

律「ではどうぞ」

さわ子「極上の香りが調味料の役割を担っているのね~」

律「・・・次、唯」

唯「すごくいい香りが」

律「・・・フッ」

唯「鼻で笑った!」

さわ子「ダメね~」

澪「料理の前で遊ぶのは失礼じゃないか?」

律唯さわ子「「「 ごめんなさい 」」」

紬「~♪」モグモグ

みらい「ふふ」

千秋「私は今食堂車に来ていまーす」

みらい「!」

律「マジかよ・・・」

さわ子「関係ないわ食事を楽しみましょう」

澪「そうだな」

唯「カメラ来ているのに澪ちゃんが落ち着いてる!」

澪「当然だ」

律「手が震えているぞ」

澪「武者震いだ」

律「誰と戦うんだよ」

千秋「あらぁ~、そこにいるのは飯山みらいさんじゃないですかぁ~」

みらい「・・・」

唯「・・・」

さわ子「食事中ですので取材拒否させてもらいます」

紬「・・・」

千秋「なぁに~この貧相な料理は~魚焼きとご飯と味噌汁~だっさぁ~い」

律「さわちゃん止めるなよ」

さわ子「止めないわよ」

律「・・・」ガタ


D「これは面白いぞ、おいカメラ、ちゃんと撮ってるか?」

カメラ「バッチリ」



将人「んっふっふ」

千秋「なぁに~?貧相なものを食べている人は態度まで下品になるのぉ?」

律「料理した事あるの?」

千秋「こんな簡単なメニュー誰だってできるわぁ」

律「シンプルな料理も難しいんだけど」

千秋「ぷぷっ、みらい、あんたこんなのと付き合ってるの?だっさ~い」

みらい「はい、私の大切なお友達です」

千秋「ダサいもの同士仲良くやってなさいよ・・・ぷぷっ」

みらい「悪く言わないでください」

千秋「ふふ、なぁに~怒ったのぉ~?」

みらい「友達を貶されたら誰だって嫌な気分になります!」

千秋「魚食べたら~?カルシウム不足よぉ?」

みらい「・・・」

千秋「私が作ってあげましょうかぁ~」キャハハ

律「はは、この料理をバカにしたあんたが?」

千秋「このくらい簡単よぉ~」

律「無知は喋らないほうが利口に見えるよ?」

千秋「どういう意味よぉ!」

律「今の理解できたんなら頭はそこそこかな。底だけど」

千秋「なにこいつぅ!超ムカつくゥ!!」

律「態度が下品だよ、貧相なものを食べているんじゃない?」

千秋「わ、私はぁ、こんな質素なものじゃなく、もっと手の込んだものを食べているのぉ」

律「私が言ったアドバイスは忘れたの?」

千秋「はぁ!?」

律「無知は喋らないほうが」

千秋「このぉ!」ブンッ

みらい「律さん!」

ガシッ

コック「そこまでだ」

千秋「なによぉあんたは・・・手を離しなさいよぉ」

コック「ここの料理長だ」

千秋「ディレクターこの映像撮って~」

D「・・・」

千秋「カメラ回しなさいよぉ!」

車掌「ヴェガでの撮影はこれ以降禁止とさせていただきます。撮った映像の使用も禁止です」

D「なっ、契約違反だぞ!?」

車掌「飯山みらいの一日車掌という項目で契約しました。契約違反を行ったのはあなた方です」

D「ぐっ」

車掌「尚、次の岐阜駅で降りていただくか、名古屋まで個室待機かのどちらかを選んでいただきますので」

D「そんな対処で俺らの気が済むと思っているのか?」

車掌「乗客みなさんの旅の安全を第一とさせていただきます」

D「上に報告させてもらう」

車掌「どうぞ」

D「いくぞ」

千秋「なによそれ~!」

律「目障りだよ」

千秋「~!!」

将人「行くぞ千秋」

千秋「ふんっ」

みらい「まって下さい、マネー・・・望月さん」

将人「なんだ」

みらい「書類を必ず揃えてください」

将人「名古屋で渡してやる。それまで待ってろ」

スタスタ


律「・・・ふぅ」

澪「律・・・キレてたな」

律「料理バカにされた挙句、みらいまでバカにしたからな」

さわ子「上出来よ」

唯「教師がそんな事言っていいのかな」

さわ子「ダメよ」

律「自分で言ってるし」

紬「ふふ」

みらい「律さんありがとう」

律「なーんにもしてねーよ」

唯「りっちゃんカッコよかった!」

紬「うん!」

律「私は怒ったら怖いのです」エヘン

澪「・・・一番怖かったのは車掌さんだな」

律「・・・うん、怖かった」

紬「・・・そうね」

唯「・・・うん」

さわ子「あなたたちが冷え込んでどうするのよ」

コック「みんなすまねぇな」

みらい「あ・・・」

唯「コックさん悪くないよ!」

澪「うんうん」

コック「料理冷えちまったな・・・作り直すから時間を置いてまた来てくれねぇか」

律「もったいねぇよ!」

紬「バチが当たるわ~」

コック「でもなぁ」

澪「食べます!」

唯「いただきますって宣言したもん」

さわ子「ちょっとズレたわよ今」

みらい「私もいただきたいです」

コック「そうか・・・ちょっとまっててくれ」

律「?」


さわ子「みらいちゃん書類って?」

みらい「私が事務所を辞めたという証明書・・・みたいなものです」

唯「そっか」

澪「活動しづらくなるからな」

けさみ「お待たせ~」

律「ん?」

けさみ「せめて豚汁だけは取り替えさせてください」

さわ子「あら、ありがと」

みらい「ありがとうございます」

けさみ「律さんカッコよかったですよ」

律「・・・」カァ

澪「なぜそこで赤くなる」

律「は、恥ずかしい」

唯「今の澪ちゃんっぽい!」

けさみ「失礼しました~」

さわ子「改めて、いただきましょうか」

律「・・・」ズズー

澪「温かいな」

律「入れなおしたからな」

唯「そうじゃなくて~」

みらい「ふふ」

コック「失礼、ちと早いがフクラギの刺身だ」

紬「まぁ」キラキラ

唯「おいしそー」キラキラ

律「いいのかよ?」

コック「お礼だ」

律「お礼?」

コック「食事代はいらないからな。ゆっくりしていってくれ」

スタスタ

律「なんだ?」

さわ子「それに気付かないなんて、りっちゃんは料理人とは呼べないわねぇ」

澪「そうだな」

紬「なるほどぉ~」

唯「どういう事?」ヒソヒソ

みらい「恐らく、コックさんは律さんが料理を貶されてに怒ってくれた事に対するお礼だと・・・」

唯「も、もう一回言って」

みらい「えぇと・・・律さんが」

さわ子「冷めるわよ」

唯「そうだよ、みらいちゃん」モグモグ

みらい「・・・ずるいですよ、唯さん」

唯「えへへ」

みらい「ふふ」

律「うめぇ!」


――――

律「ふぅ~食った食ったお腹いっぱい!」

唯「あとは寝るだけだね~」

澪「おぉい!!」

唯「冗談だよぉ~」

律「これから猛特訓だ!」

唯「おぉー!」

澪「部室でのノリは止めてくれ・・・心臓に悪い」

唯「えっへへ~」

律「よし、むぎたちがアレンジ作曲している間は・・・」

澪「間は・・・?」

唯「自主練?」

律「澪の部屋に集合」

澪「どうして?」

律「澪の隣部屋は唯と私だろ?音出しても平気だから」

唯「なるほどぉ」

澪「そうか、じゃ待ってるから」

律「おう」

唯「ギー太!ギー太!!」

「頑張れよ姉ちゃんたち」

「応援してるわよ」

澪「は、はい・・・?」

律「なんの応援だ?」

唯「さぁ・・・?」

律「先に行ってて、売店行ってくる」

唯「おっけ~」


ちひろ「いらっしゃいませ~」

律「名古屋の観光ガイドを一つ」

ちひろ「はいどうぞ~」

律「よーし」

ちひろ「あ、そういえばお客さん?」

律「?」

ちひろ「愛さんとぉ、すっごく仲良しさんですよねぇ」

律「そう見えます?」

ちひろ「はい~」

律「それが何か・・・?」

ちひろ「力になってあげてくださいね~」

律「どういう意味ですか?」

ちひろ「私はよく分からないんですけどぉ」

律「?」

ちひろ「あ、そうそう。この記事みましたかぁ?」

律「展望車で演奏した時の記事なら持ってますけど・・・?」

ちひろ「いえ~、新しい記事ですぅ」

律「見せてください」

ちひろ「どうぞ~」

律「な!?」

ちひろ「書いたのは小麦さんで~、貼ったのは修治さんですよぉ~」

律「な、なんで小麦が知ってるんだよ・・・」

ちひろ「そこまでは分からないです~」

律「借りていいですか?」

ちひろ「すぐ返してくれるなら・・・一枚しかないですのでぇ」

律「分かりました。それではっ!」

テッテッテ

ちひろ「ありがとうございました~」


コンコン

澪「律?どうぞ」

ガチャ

律「こ、これ読んでくれ」

バタン

唯「ん~?名古屋観光ガイドブック?」

澪「律っ!」

律「違う違うこの新聞だよ」

澪「・・・小麦が書いたの?」

律「あぁ、新しくな」

『放課後ティータイムが名古屋城でライブ!』

律「・・・どこで嗅ぎつけたんだ・・・」

澪「そうだよな・・・私たちも金沢出発してから聞いたんだけど」

唯「おぉ、宣伝してくれたんだね!」

律「さっき声をかけられたのはそのせいだったんだよ」

澪「なるほど」

唯「おぉ、乗客のみなさんも応援してくれるんだね!」

律「これは思ってた以上に・・・」

澪「あぁ、気を引き締めていかないとな」

唯「気合入った!」フンス!

律「じゃ、返してくる」

ガチャ

澪「くれないの?」

律「これ一枚しかないんだってさ」

唯「りっちゃん売店車になにしにいったの?」

律「観光ガイド買いに」

澪「律っ!」

バタン



修治「午前の何時からは分からないのか?」

律「あぁ、そういや聞いてねーな」

修治「大丈夫なのか?」

律「こっちはこっちで色々あるんだよ」

修治「なにか手伝える事は?」

律「そうだな・・・演奏のアドバイス・・・は期待できないから、観客の顔でもしててくれ」

修治「練習を聞いているだけでいいんだな」

律「そういう事」

修治「それだけしか出来ないのか。みんなを集めようか?」

律「そうだな。ヒマな人だけでいいぞ。無理して来させなくても」

修治「無理にあわせる人なんていないだろ」

律「そっか?」

修治「うん・・・多分な」

律「頼りになるんだかならないんだか・・・」

修治「みんなに声掛けてみるよ」

律「頼んだ、じゃな」

修治「あぁ」


43