―――――武家屋敷

さとみ「・・・」キョロキョロ

澪「あ、さとみさんだ」

紬「誰か探しているのかしら」

律「・・・驚かせてやろうか」イッヒッヒ

唯「ダメだよりっちゃん」ウッヒッヒ

律「・・・じゃ、行くぞぉ・・・って」

紬「・・・抜き足差し足忍び足」ジリジリ

澪「むぎが行くんかい!」

さとみ「・・・どこへ行ったのかしら」

紬「わーっ」

さとみ「あ、むぎさん・・・」ホッ

紬「・・・」シーン

律「甘いなむぎは」

唯「うんうん」

澪「誰か探しているんですか?」

さとみ「・・・さっきまで一緒にいたさわ子先生とみらいちゃんを」

唯「ここ迷路みたいになってるから迷ったんだね」

さとみ「そうね。敵の襲撃にそなえた造りだそうよ」

澪「・・・行き止まりが多かったからな」

律「あの二人は駅の近くの公園で発声練習するって言ってたけど?」

さとみ「・・・そうなんだけど、さわ子先生がやりすぎはいけないからって
    唯ちゃんたちのいるここに来たらしいの」

澪「同じ轍は踏まないようにしたのか」

律「そうか」

さとみ「轍?」

唯「みらいちゃんの声嗄れてないよねっ!?」

さとみ「それは大丈夫よ」

律「よかった・・・。それより、むぎはどこへ行った?」

澪「あれ?」

唯「どこへ行ったんだろ」


紬「うふふ、みんな気付いていないわね」



澪「隠れてるのか?」

律「一人で先に行ったのかな?」

唯「今度はむぎちゃんが迷子かぁ」



紬「・・・今度こそっ!」フンス!

さわ子「・・・」

みらい「あっ、つむ」フガッ

さわ子「しー・・・」

みらい「・・・?」

紬「息を潜めて・・・」ウズウズ

みらい「・・・」

さわ子「・・・」

紬「獲物を・・・がぶりっ」ウズウズ

みらい「・・・」

さわ子(そろそろいいかしら)



さとみ「探しにいきましょうか?」

唯「うーん」

澪「ひょっとして・・・」

律「あぁ、多分な」

さとみ「・・・?」

紬「きゃっ!」

澪「!」ビクッ

さとみ「え!?」

唯「むぎちゃん!?」タッタッタ

律「あっちか」タッタッタ


紬「あ、唯ちゃん!」ササッ

唯「おぉ」

律「さわちゃんが驚かせたのか?」

さわ子「ごめんね~。なんか可愛くて」エヘ

みらい「」サァー

律「なんでみらいまで青ざめてるんだよ」

みらい「・・・い、いえ。なんでもないですよ」ドキドキ

さとみ「・・・なにを見たのかしら」

澪「」ビクビク

紬「」ビクビク

唯「」ホワーン

さわ子「どうして澪ちゃんが怖がるのよ~」

澪「だ、だって・・・むぎが怯えているから」オドオド

律「とりあえず、むぎに隠れてないで出て来い」

澪「う、うん・・・」

唯「むぎちゃん、さわちゃんだよ~」

紬「・・・さ、さわちゃん?」

さわ子「そうよ~、ごめんね」

紬「・・・びっくりした」ホッ

さとみ「おぉ・・・」

律「どうしてエレナがいないんだ!レア映像だったのに!」

唯「私の後ろに隠れるむぎちゃん・・・」ホワーン

さとみ「むぎさん隠れてたの?」

紬「みんなを驚かせようと・・・」

澪「やっぱり」

律「そうだったか」

唯「・・・」ホワーン

みらい「・・・そうだったんですか」

紬「・・・はぁ」

律「やりすぎだぞさわちゃん」

さわ子「えへ」キラ


――――

修治「えっほえっほ」コキコキ

エレナ「いい町並みですネー、これなら何時間撮っていても飽きないネ」

小麦「修治くん頑張ってねー!」

修治「か、勘弁してくれー!」コキコキ

唯「・・・どうして自転車こいでるんだろ?」

律「・・・さぁ?」

エレナ「オー、角から姿を現したのはニンジャですネ」

唯「分身の術!」ドロン

律「一号!」ササッ

紬「二号っ!」ササッ

澪「・・・」

さとみ「・・・さ、三号・・・」カァ

律「ほら、澪」ヒソヒソ

澪「えぇー・・・、よ、四号・・・」カァ

小麦「あっはは、みんなノリがいいんだー!」

エレナ「部下を引き連れた頭領が現れましたネ」

さわ子「だれが頭領よ!」

みらい「クスクス」

修治「えっほえっほ」コキコキ

律「・・・」

修治「聞けよ!」

律「・・・あぁ、・・・そうだな」

修治「えっほえっほ」コキコキ

唯「・・・」

修治「いやね、エレナのカメラのバッテリーが切れてさ」コキコキ

さわ子「語りだしたわね」

修治「小麦が携帯していた、この折り畳み式発電自転車でさ」コキコキ

小麦「城への侵入を防ぐためにここらへんの道はやたら曲がりくねって作られています」

澪「・・・なるほど」

紬「ふむふむ」

エレナ「・・・」ジー

修治「・・・観光地で自転車こいで・・・みんなにスルーされて・・・俺はなにをしているんだろ」コキコキ

さとみ「・・・大変ね」

みらい「・・・はい」

修治「・・・ありがと」コキコキ

小麦「という訳で、武家屋敷は今も形を残しているのです!」

エレナ「オッケーですワ」

さわ子「記事もそうだったけど、中々面白い表現するわね」

小麦「えっへへ~、ありがとー」

律「うんうん、たいしたもんだ」

唯「よかよか」ウンウン

澪「・・・」

修治「えっほえっほ」コキコキ

律「・・・」

さとみ「・・・」

唯「・・・」

修治「あれ・・・?急にしずかになって、どうしたの?」コキコキ

紬「えぇと」

律「撮影終わったのにいつまで頑張るのかなぁと」

修治「言えよ!」

エレナ「お疲れサマネ」

小麦「ありがとー修治くん!」

みらい「おつかれさまです」

修治「あぁ、いいけど・・・」

エレナ「さー、小麦!兼六園へ急いで行くネ!」

小麦「行こー!」

紬「あらあら、もう夕方よ?」

澪「発車までに間に合う?」

エレナ「飛ばせば平気ですワ」

小麦「急いでいこうよエレナ!」

エレナ「ガッテン!」

澪「あ・・・」

修治「俺も行くの?」

小麦「充電されてるから大丈夫だよ、たくさんこいでくれたおかげだよー」

エレナ「サンキューですネ」

修治「そっか」

律「澪も行ってこいよ」

澪「え・・・?」

律「行きたいんだろ?」

澪「う、うん行ってくる」

小麦「澪ちゃんも行くの?」

エレナ「走りますヨ」

澪「う、うん!」

タッタッタ

さわ子「忙しない子たちねぇ」

唯「でも楽しそうだよ~」

律「そうだな」

修治「じゃ、俺先に戻る。今日は体力使いすぎたぁ」

さわ子「あらあら、背中伸ばさないとだらしないわよ」

修治「は、はい」ビシッ

唯「さわちゃん修治くんの先生みたい~」

みらい「ふふ、そうですね」

紬「りっちゃん、澪ちゃんと兼六園に行ったんじゃ?」

律「あー・・・まぁ、色々あってな。もう一回行ってもいいじゃん?」

紬「そうね」

さとみ「・・・?」

みらい「さわ子先生・・・もう一度練習をしたいのですが・・・」

さわ子「毎日やってるヴォイストレーニングは終わってるんでしょ?」

みらい「は、はい」

さわ子「ならいいわよ。公園でもやったから」

みらい「で、でも」

さわ子「もぉ、練習の虫ねこの子」

唯「りっちゃんも見習わなきゃね!」

律「・・・反射!」

唯「うぉ、おでこに反射して言葉が返ってきた!」

さとみ「・・・朝からずっと元気よねぇ」

紬「うふふ」


―――――ヴェガ

さわ子「みらいちゃんはこのままヴェガに乗れるのよね?」

みらい「車掌さんに確認を取りました」

律「そっか!よかったよかった!」

唯「よかったよ!」

律「そろそろライブの詳細を教えてくれよ」

唯「そうだそうだ!」

紬「そうね~」

さわ子「・・・発車したら展望車に集合って事で」

みらい「・・・」

律「分かった」

紬「でもどうして今まで教えてくれなかったのですか?」

さわ子「観光を楽しめなくなるでしょ?」

唯「なるほど~」

律「え・・・どういう事?」

さわ子「そのままの意味よ」

「あ!!先生もヴェガに乗るんですねー!?感激~!!」

律「え?」

唯「ん?」

みらい「あ・・・」

紬「?」

さわ子「・・・うわ」

「嬉しいです~!きっと、これも運命・・・」キラキラ

唯「り、りっちゃん!?」

律「いや、この子のおでこをみて人を見間違えないでくれ」

さわ子「あ、あなたも乗るのね・・・」

「はい~、特急ヴェガで福岡まで!」

さわ子「そ、そうなんだ。じゃ、みんな!後で集合よ!」

タッタッタ

唯「どうしたんだろ?」

紬「慌てていたわ」

「みなさんが、先生の教え子なんですね?」

律「あ、あぁ・・・そうだけど・・・」

「私、加古川秋子といいます。よろしくお願します」

唯「よろしく~」

紬「どうして教え子だと・・・?」

秋子「はい!みらいさんと一緒にいるときに色々聞かせてもらいました!!」

みらい「・・・はい」

律「・・・なんと?」

秋子「私は生徒達と旅の途中だから・・・と」

唯「そうだよ~」

秋子「それでは、荷物の整理がありますので失礼しますね!」

タッタッタ

紬「・・・」

律「テンション高いな・・・」

唯「そだね」

紬「さわ子先生に憧れている風でしたけど・・・」

みらい「公園で秋子さんが蜂に追われているところをさわ子先生が助けたんです」

律「・・・ふむ」

紬「なるほど~」

唯「押しが強い子みたいだね!」

律「あぁ、さわちゃん困ってた気がするけどな・・・」

車掌「あら、みなさんそろそろ発車しますよ?」

唯「はーい、よいしょー」

紬「よいしょー」


みらい「車掌さんありがとうございます」

車掌「乗車証の件ですか?」

みらい「・・・はい」

律「・・・」

車掌「事務所側ではなく飯山みらいさんにお渡しした。それだけの事ですよ」ニコ

みらい「・・・っ、・・・ありがとうございます」ペコリ

車掌「ライブ・・・頑張って下さいね!」グッ

みらい「・・・はいっ!」

律「やるぜー!」

車掌「ふふ」

律「さ、乗るぞみらい!」

みらい「はいっ!」

「・・・ヴェガはこれでいいの?」

車掌「はい」

「・・・乗車証」

車掌「確認致しました」

「・・・」

スタスタ

車掌「・・・」

タッタッタ

澪「・・・ふぅ、間に合ったか」

小麦「もぉ~、エレナが動かないからだよ~」

エレナ「小麦も見惚れていましたネ~」

小麦「えっへへー」

エレナ「さぁミオさん乗車するネ」

澪「ふふ、はい」

車掌「お帰りなさいませ」ニコニコ

小麦「たっだいま~」

エレナ「タダイマ戻ったネ」

澪「た、ただいま」

車掌「・・・」

ザーーーーーーーーーー

車掌「降りだしてきましたか」

ザーーーーーーーーーー

車掌「・・・確認よし」

ザーーーーーーー

車掌「・・・気を引き締めて参りましょう」



prrrrrrrrrrrrrrrrrrr

唯「発車だよむぎちゃん!」

紬「金沢も楽しかったね~」

唯「うん、はぁ~次は名古屋か~。どんな場所が待ってるんだろ~」

紬「楽しみね~」

律「なにやってんだ?展望車行くぞ?」

唯「そだね!」

紬「分かったわ」

唯「あれ、みらいちゃんは?」

律「さわちゃんが連れて行った」

唯「ど、どこへ?」

律「売店車」

プシュー

紬「発車ね」

ガタン ゴトン ガタンゴトン


41