ザァーーー

律「うわっ!降りだした!」タッタッタ

澪「あっちの軒下だ律!」タッタッタ

律「あぁ!」

澪「・・・」フゥ

律「ひゃー、びっくりした」

澪「はい、ハンカチ」

律「サンキュー」

澪「そのまま乗せとけ」

律「そだな」

ザァーーー

澪「・・・」

律「・・・」

澪「通り雨だな」

律「そうだな・・・向こうの空には天使のはしごがかかってるし」

澪「・・・ぷっ」

律「なんだよぉー」

澪「律の口から天使だって・・・」ププッ

律「・・・ふーんだ」

澪「ふふ、悪い悪い・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

ザァーーー

律「・・・こんな時間を過ごすの久しぶりに感じる」

澪「・・・昨日は?」

律「あれは看病だからノーカウント」

澪「・・・」

律「・・・」

澪「・・・そうだな」

律「・・・」

澪「・・・いつも必ずむぎか唯が一緒にいたもんな」

律「・・・うん」

澪「どうした、熱出てきた?」

律「いや、しんみりしただけだよ。本気で心配されると困る」

澪「ふふっ、そうか」

愛(話かけづらくなったな・・・ずっとここにいたんだけど)

律「唯の事気付いた?」

澪「うん。元気になって、勢いが増した気がする」

律「あぁ、やれる事がみつかって吹っ切れたみたいだ」

澪「うん・・・負けてらんないな」

律「よーしいっちょやりますか!」

澪「うん!」

愛「あ、あの・・・」

律「え・・・?どこからか声が・・・」

澪「お、驚かそうとしたって無駄だぞ」ビクビク

律「空耳か?」

愛「ここにいます・・・」

澪「ヒァッ」ブルブル

律「なんだ、愛ちゃんか。いつからいたの?」

愛「二人がここに入ってくる前からです・・・」

律「あ、死角になってて見えなかったのか」

愛「・・・はい」

律「ほら、澪・・・愛ちゃんだって」

澪「聞こえない聞こえ・・・え?」

愛「驚かせてすいません・・・」

澪「な、なんだ愛さんか・・・コホン」

律「・・・」スッ

澪「ヒアァ手首!」

愛「・・・」

律「あ、ごめんごめん」

澪「」ガクガク

愛「律さん・・・」

律「あ・・・ごめん!澪!私だよ!」

澪「え・・・」

律「私の手首だよ~」

澪「律っ!」

ゴスッ

律「あいたぁっ」

愛「あ・・・」

澪「まったく・・・」

律「てへへ」

愛「二人とも仲がよろしいんですね」クスクス

律「私たち幼なじみだから」

澪「腐れ縁だ!」

愛「・・・羨ましいです」

律「・・・」ジー

澪「・・・律?」

愛「な、なんですか?」

律「なんとなくだけどさ、愛ちゃん私たちになにか隠してない?」

澪「え?」

愛「そんな事ないですよ」

律「・・・ふーん、ならいいけどさ」

澪「・・・?」

愛「お二人はどこへ行かれるんですか?」

澪「この近くにある兼六園だよ」

律「愛ちゃんもここにいるってことは兼六園に行くんだろ?一緒にいこうぜー」

愛「は、はい!」

澪「のどかな日本風景だな・・・時折聞こえるセミの声がなんだか心地よくて・・・」シミジミ

律「・・・」

澪「来てよかったぁ」ウルウル

愛「どこの景色を切り取っても絵葉書になりそうな風景ですね」

律「・・・」

澪「うんうん、さすが愛さんいい事言うな」

愛「こういう自然が残った場所はいいですよね」

澪「あぁ・・・いいなここは」

律「・・・うちの庭もこんな風にしてもらおうかなぁ」

澪「あ、見て愛さん、池がきれいだよ」

愛「澄んでて美しいですね」

律「こんな風景をみながら食べる朝ごはんは格別だろうなぁ」

澪「うるさいぞ律」

律「なんだよぉー、私には私の楽しみ方があるんだよっ」ムス

愛「け、けんかはダメですよ」オロオロ

澪「けんかじゃないよ、注意しただけだから」

律「そうそう、澪は優等生だから」

澪「なんだよそれは」ムッ

律「そうだろ?」

愛「あ、あの・・・」オロオロ

澪「あー、ごめんね。じゃれあってただけだから」

律「そうそう、昔ながらのスキンシップだから」

愛「・・・ホッ」

澪「律が変なこと言うから」

律「澪だってムキになるからだぞ」

澪「私は楽しみだったから満喫したかったの」

律「私だって楽しみだったんだっ」

愛「ぁ・・・」ションボリ

澪「なんでこうなるんだ」

律「・・・きれいな景色に申し訳ないな」

澪「・・・うん」

愛「・・・」

律「ジョギングしたくなるな」

澪「どうぞ」

律「ちょっくら行ってくる」

タッタッタ

澪「何秒で戻ってくると思う?」

愛「え・・・?」

澪「30秒もかからないよ」

愛「・・・はぁ」

スタスタ

律「・・・」

澪「どうした?」

律「満足した」

愛「ぷっ」

澪「全然走ってないだろ」ププッ

愛「ふふっ」

律「・・・へへっ」

愛「あははは」

律「愛ちゃん笑いすぎ~」

愛「ご、ごめんなさい・・・ふふ・・・」

澪「・・・あ、あの灯篭」

律「よく雑誌とかで見かけるヤツだな」

愛「そうですね。足が二股になっている灯篭」

律「背景とのバランスが計算されているのかな・・・?」

澪「日本庭園は自然の良さを活かすために造られているそうだぞ」

律「日本の美!だな」

愛「そうですね・・・。あら?日本三大名園のうち、兼六園と偕楽園ともう一つどこでしたっけ?

澪「・・・律分かる?」

律「後楽園!!」

澪「おぉ」

愛「あ、そうです。岡山県の後楽園」

律「え・・・?」

澪「・・・」

愛「すごいです律さん・・・私すっかり忘れていました」

律「そ、そうだろ~」

澪「もしかして・・・ボケた?」

律「えー・・・と」

澪「東京で遊んだ後楽園と間違える訳無いよな、うん」

律「・・・」アセアセ

愛「・・・そうなんですか?」

律「ぴぃ~ぷぅ~」

澪「唯の真似してるってことは図星か・・・」

律「なんだよぉー」

澪「知らないなら知らないって言えばいいのに」

律「ボケだって必要だろ?」

澪「それが正解してしまったから中途半端になってるだろ」

律「これは事故だ」

澪「自分が怪我してどうするんだよ」

愛「ふふっ、やはりお二人が羨ましいです」

律「・・・」

澪「・・・」

愛「二人はずっと仲良く一緒にいて欲しいです」

律「・・・ちょっと」

澪「は、恥ずかしいな・・・」

愛「ふふ」


律「今度は片町か・・・」

澪「昨日来れなかっただろ?」

律「まぁな」

澪「・・・」キョロキョロ

律「エレナと小麦を探しているんだろ?」

澪「えーと」

律「そう言えばいいのにぃ」ニヤリ

澪「いや・・・その」

律「適当に探してみるか」

澪「・・・うん」

律「愛ちゃんもこればよかったのにな」

澪「他に行きたいところがあるみたいだからしょうがないよ」

律「そう・・・だな。・・・あれって」

澪「・・・あ」

律「・・・唯か」

唯「・・・」

澪「喫茶店覗いてどうしたんだ?」

唯「あ、澪ちゃんとりっちゃん。片町に来てたんだね」

律「唯こそ武家屋敷に行くって言ってなかったか?」

唯「うん~、そうなんだけどね~」

律「ん?」

澪「あ、エレナさんだ」

唯「うん。バイト先ここだったんだよ」

律「どうして中に入らないんだ?」

唯「それがね・・・追い出されちゃった」

澪「要領が得ないな?」

唯「中に入れば分かるよ~。私ここで待ってるから」

澪「そうか、律入ってみよう」

律「そうだな」

唯「よろしくね~」

澪「どうしたんだ唯は」

律「さっぱり分からない」

カランカラン

紬「いらっしゃいませ~」

律澪「「 えっ!? 」」


紬「あ、りっちゃんと澪ちゃん」ウキウキ

律「・・・どうなってる!?」

紬「ごめんね、今忙しくて・・・こちらの席へどうぞ~」

澪「あ、あぁ・・・」

エレナ「いらっしゃいマセー!」

澪「エレナさんも接客してるのか・・・」

紬「うふふ、ご注文はお決まりですか~」

律「あ、えー・・・と」アセアセ

澪「えぇっと」アセアセ

紬「コーラとレモンティーでよろしいでしょうか?」

律「あ、あぁそれで」

澪「う、うん」

紬「かしこまりました~。少々お待ち下さいませ~」

テッテッテ

澪「・・・状況が把握できない」

律「そうだな・・・あ、唯がこっちみてる」

唯「」フリフリ

澪「・・・」フリフリ

エレナ「どうぞお麦茶でゴザイマス」

「私が頼んだのは冷麦よ!」

エレナ「ですから、冷えた麦茶ですネ」

「まぁ、私をバカにしているの?」

エレナ「エート?」

紬「まって、エレナさん。冷麦は麺類よ」

エレナ「間違えました。カタジケナイデス」

「・・・外国の方?・・・日本に来てどのくらい?」

エレナ「かれこれ2ヶ月になりますワ」

「2ヶ月でそれだけ喋れるの?すごいわね」

エレナ「恐れ入るネ」

紬「はい、エレナさん」

エレナ「これが冷麦ですネ?」

「ふふ、そうよ」

エレナ「お待ちシマシタ!」

「ありがとう」

エレナ「ごゆっくりドウゾー!」


律「・・・なるほど、エレナのフォローにむぎが入っているのか」

「えぇ、そうです」

澪「あ・・・あなたは?」

「ホールのチーフをしているものです。コーラとレモンティーお持ちしました」

律「どうも」

チーフ「・・・最初平沢さんという方がフォローに入ってくださったんですが・・・」

澪「・・・なるほど」

律「余計混乱した・・・と?」

チーフ「・・・はい」

澪「想像できるな」

唯「」フリフリ

律「・・・」フリフリ

チーフ「・・・従業員室で待っててもいいのに」

律「忙しそうだから遠慮したのかな?」

澪「・・・そうみたいだな」

チーフ「エレナさんは集客力あって、そのエレナさんを琴吹さんが上手くフォローしてくれるので」

律「うまく回転してる・・・と」

チーフ「そういう事ですね。それではごゆっくりどうぞ」

澪「は、はい」

エレナ「ご注文はこぶ茶でよろしいデスネ?」

「え!?」

紬「紅茶じゃないかしら」

「そ、そうです紅茶です・・・」

エレナ「オーソーリー。紅茶でよろしいですネ?」

「こぶ茶ってあるんですか?」

紬「ありますよ~」ニコニコ

「変更して、こぶ茶をお願します」

エレナ「紅茶ですネ?」

紬「こぶ茶よ、エレナさん」

エレナ「かしこまりマシタ」

律「むぎの冷静な判断は武器だな」

澪「・・・あ、本当にこぶ茶がある」

――――

エレナ「本当にアリガトね。ツムギさん」

紬「いえいえ~、楽しかったわ~」キラキラ

律「確かに楽しそうだったな」

唯「あ、修治くんと小麦ちゃんだ」

小麦「やっほー!」

修治「みんな・・・どうしたの?」

エレナ「ミナサンが協力してくれたネ」

律「修治こそどうしたんだよ」

小麦「私のフォローしてくれたんだよー」

澪「・・・」

エレナ「小麦、ワタクシと働く場所逆だったデショ?」

小麦「そうなのー!私一人じゃ働かせてくれなかったよー」

修治「働けてよかったじゃん、それよか観光行こうぜ」

唯「行こう行こう!」

澪「小麦はどこでバイトを?」

小麦「工事現場だよ~。ヘルメット被ってね」

律「・・・ほぅ」

小麦「でも~、ほとんど修治くんに手伝ってもらっちゃってね~」

エレナ「ワタクシもユイさんとツムギさんが居てくれなかったら、給料もらえませんデシタワ」

澪「・・・似たもの同士というか」

律「・・・なんというか」

紬「うふふ」


40