律「」スー

愛「・・・っ」

澪「私も・・・悲しくなった・・・」

愛「・・・ご、ごめ・・・っ・・・なさ・・・」

澪「・・・」

愛「で、でも・・・わたしっ・・・迷惑・・・っかけて・・・」

澪「・・・」

愛「心配も・・・っ・・・かけて・・・」

澪「・・・」

愛「いつ・・・も・・・誰かに・・・っ・・・嫌な・・・思いを・・・っ」グスッ

澪「『迷惑かけるのはいいけど心配かけるな』・・・」

愛「・・・」グスッ

澪「律はああいったけどさ、本当はどっちもかけていいんだと思う」

愛「・・・」

澪「迷惑かけても、心配かけても、いいんじゃないかな」

愛「・・・」

澪「だって、私たち友達だから」

律「」スー

愛「・・・ぅ・・・っ・・・」ボロボロ

澪「ね?」

愛「・・・はい、・・・ありがとう・・・澪さん・・・」グスッ

澪「私も律に心配かけているから・・・」

愛「・・・」

澪「迷惑かけられているけど」

愛「・・・ふふ」グスッ

澪「ふふ」

愛「でも・・・どうして律さんは・・・」

澪「・・・律は・・・周りを楽しませることを最優先にするヤツだから・・・」

愛「不思議な人です・・・私顔洗ってきます・・・」

澪「うん」

ガチャ

愛「・・・が羨ましいです」

バタン

律「」クンクン

澪「・・・?」

律「いい匂い」

ガバッ

澪「犬か。・・・急に体起こすと辛くないか?」

律「ちょっとだけな・・・誰かいたの?」

澪「愛さんが看ててくれたんだぞ」

律「そっか・・・気にしてなかった?」

澪「早く元気になってくださいって」

律「そうか・・・」

澪「・・・」

律「それ・・・なに?」

澪「コックさんが作ってくれたおかゆとスープ。食べる?」

律「食べる」

澪「ちょっとまって、そっちもっていくから」

律「・・・」ボケー

澪「後で食べてもいいんだぞ?」

律「温かいうちに食べたい」

澪「・・・はい、どうぞ」

律「あーん」

澪「なんのマネだ?」

律「食べさせて」

澪「・・・恥ずかしくないのか?」

律「ぜーんぜん」

澪「うわ・・・熱で思考回路おかしくなってるぞ」

律「あー」

澪「ほ、ほら・・・」

律「ん・・・もぐもぐ」

澪「どう?」

律「・・・うめぇ」

澪「そうか・・・」

律「料理長すげぇな」

澪「そうだな、はい」

律「ん・・・もぐもぐ」

澪「なんか・・・」

律「ん?」

澪「恥ずかしくなってきたんだけど・・・」

律「そうか?」

コンコン

澪「ほら」

律「ん・・・もぐもぐ」

ガチャ

澪「はい」

律「あー」

紬「りっちゃ・・・まぁ」

律「ん・・・もぐもぐ。うめぇ」

澪「スープ飲む?」

律「飲む」

澪「はい」

律「ん・・・これ前に言ってたやつかな」

紬「・・・」キラキラキラキラ

澪「前?ほら」

律「ん・・・栄養満点のスープってやつ」

澪「コックさんにお礼言わないとな。はい」

律「ん・・・ぐふっ、げほっげほっ」

澪「こら、ゆっくり飲まないから・・・」

律「む、むぎ・・・」

澪「えっ!?」

紬「うふふ」キラキラキラキラキラキラ

バタン

澪「ちょっ、むぎ!!」

律「あー・・・」

澪「ど、どうしよう!?」

律「・・・任せる」ズズー

澪「な、なんて言えばいいんだよ」

律「適当に・・・よろしく」モグモグ

澪「食欲はあるんだな・・・」

律「あー、お腹いっぱいもう寝ー・・・ちゃお・・・」


――――

紬「うふふ」キラキラキラキラ

唯「むぎちゃん、りっちゃんどうだったー?」

和「・・・?」

紬「うふふ」キラキラキラキラ

唯「中でなにかあったんだね!?」

和「どうしたのよ?」

紬「うふふ」キラキラキラキラ

唯「私見てみるよ!」

和「唯はダメよ」

唯「そんなぁ」

紬「うふふ」

和「・・・」

ガチャ

紬「和ちゃんそぉーっとね。そぉーっと」ヒソヒソ

和「そぉー・・・っと」

ソォー

紬和「「 あ 」」

澪「なにしてるんだ?」ドドン

ソォー

バタン

紬「あ、そうだわ私ギターの練習しなくちゃ」

唯「持ってたの!?」

和「そうなんだ、じゃあ私生徒会行くね」

唯「どこの生徒会行くの!?」

スタスタスタスタ

唯「なんで早足なのー!?」

ガチャ

澪「まったく・・・」

律「みおー・・・」

澪「ん?」

律「ありがと」

澪「・・・うん、おやすみ」

バタン

澪「・・・」

唯「澪ちゃん!何があったの!?」

澪「聞かないでくれ・・・」

唯「うわ~ん、気になる~!」

澪「・・・はぁ」

唯「・・・りっちゃんどうだった?」

澪「あぁ、全部食べたし、薬も飲んで寝たからすぐ元気になるよ」

唯「そっか~、よかった~」ホッ

澪「・・・心配かけて、かけられて。・・・だよな」

唯「・・・?」

澪「なんでもない。しばらくはそっと寝かせておこうな」

唯「はいよ!」


――――

紬「私は行ける所まで行ってみようと思ってます~」

みらい「そうなんだ!キミの好奇心はすごいね!これからもそのままのキミでいてくれたまえ!」

紬「ありがと~」

「カットー!」

唯「むぎちゃんどうしたの?」

和「みらいの撮影に協力してるのよ」

澪「」ササッ

和「どうしたのよ?」

澪「わ、私ここで座っているから・・・」

和「そうね。私も座って撮影が終わるの待ってるわ」

将人「・・・」イライラ

「うーん・・・」

みらい「どうでしたか・・・?」

「お嬢さんはいいんだけどねぇ・・・」

みらい「は、はい・・・」

将人「今まで作り上げた『飯山みらい』はどうした・・・」

みらい「はい・・・。新しい要素を取り入れてみよう・・・と思って・・・」

将人「勝手なことはするな!おいディレクター次だ!」

D「そうだな、じゃあ次は・・・」

みらい「紬さん・・・ありがとうございました」ペコリ

紬「あまりお役に立てなかったわね・・・」

みらい「いえ・・・協力してくれて嬉しいです」

紬「そう・・・?」

みらい「はい・・・」ニコ

唯「・・・」

D「お、君・・・いいかな?」

唯「わたし?」

みらい「協力してくれますか・・・?」

唯「みらいちゃんの為なら頑張るよ!」フンス!

将人「・・・」

和「・・・」

D「とりあえず、カメラを向けただけのリハーサルだから、録画してないから緊張しないでね」

唯「え~、なんだ・・・」ガッカリ

D「いや、本番のつもりで頑張れって意味でもあるんだが・・・。それじゃリハーサルいくぞ!」

みらい「はい!よろしくお願します!」

唯「よぉーし!」フンス!

紬「隣失礼するね」

和「えぇ・・・」

紬「ヴェガでの撮影も終わりそうなんだけど、なかなかうまくいかないんだって・・・」

和「そうみたいね・・・」

澪「私は空気・・・私は空気・・・私は」

紬「澪ちゃんはどうしたの?」

澪「私は酸素・・・私は空・・・」

和「気配を消そうとしてるのね」

澪「私は鳥・・・私は自由になるの・・・」

紬「あら・・・」

澪「・・・うん、今のはいいな」メモメモ

和「創作活動にシフトチェンジしたのね」

紬「唯ちゃんどうかしら?」

和「・・・少し気になるわね」

唯「すっごく楽しいんだよ~、車掌さんは優しいし、食堂車の料理はおいしいし、店員さんもいい人達だし!」

みらい「そっか!ヴェガは宣伝通りの夢のような列車なんだね!」

唯「そうなんだよー!私ヴェガに乗ってよかったな~♪」

みらい「・・・うん!私もそう思うよ!」

将人「・・・」イライラ

D「カットー」

みらい「どうでしたか・・・?」

D「うーん・・・彼女の方は面白くてTV的にもいいんだけどね・・・」

みらい「私・・・ですか・・・?」

将人「みらい、素人に合わせてどうする」

みらい「唯さんのコメントをそのまま活かした展開で話を進めてみました。それを濁すような事はしたくなかったです」

唯「みらいちゃん・・・」

将人「みらい・・・ッ!」

D「まぁまぁ、マネージャーさんも落ち着いて・・・」

みらい「ダメでしょうか・・・」

将人「それで通用すると思っているのか・・・?」イライラ

みらい「・・・はい」

将人「・・・」

D「ふぅ・・・一旦休憩にしよう・・・。撮影はその後だ・・・お嬢さん方協力してくれてありがとう」

唯「ううん」

みらい「ありがとうございました」ペコリ

将人「みらい、来い。話がある」

みらい「はい・・・。それでは失礼します唯さん」

唯「み、みらいちゃん・・・大丈夫?」

みらい「・・・はい、大丈夫ですよ」ニコ

紬「・・・」

和「・・・」

将人「俺を待たせるな」

みらい「は、はい!」

和「・・・強いわね」

紬「えぇ・・・」

車掌「乗車されてから芯が太くなったような気がします」

和「車掌さんもみていらしたんですか?」

車掌「はい・・・一日車掌を許可しましたけど、他の乗客へ迷惑行為をされている点がありまして困っていた所です」

紬「そうなんですか・・・」

唯「・・・」ションボリ

車掌「平沢さん」

唯「ん・・・?」

車掌「先ほどのコメントとても嬉しく思いました。ありがとうございます」ペコリ

和「唯らしいコメントだったわ」

紬「えぇ」

唯「・・・うん」

和「唯・・・」

紬「今のみらいちゃんなら頑張れるわ」

車掌「私もそう思いますよ」

唯「・・・そう・・・かな?」

和「えぇ、だからファンである唯がそんな顔してたら、みらいも頑張れなくなるわよ」

唯「・・・うん、そうだね。分かったよ!」

車掌「・・・それでは私はこれで失礼します」

紬「はい」

―――

澪「・・・できたっ」

和「・・・早いわね」

唯「なにができたの~」

澪「歌詞が出来たんだ」

紬「聞かせて~」

澪「ちょっと恥ずかしいな・・・コホン」

和「短時間で出来た歌詞・・・興味深いわね」

唯「・・・」ワクワク

澪「私は小鳥 籠の中の小鳥 大空を羽ばたく夢をみているの」

紬「・・・」

澪「キラメク世界を あなたと一緒にto flap・・・」

唯「おぉ」キラキラ

澪「見つめていて 私はどこまでも行ける」

和「・・・」

澪「あなたは教えてくれた 空は自由だって」

紬「まぁ」キラキラ

澪「氷菓子のような 甘くて切ない この青い空へ溶けていくの」

唯「・・・」キラキラ

澪「・・・どう・・・かな?」

紬「すごくよかったわ~」

和「・・・ふむ」

澪「・・・ダメ?」

和「部外者の私が意見するつもりはないけど・・・律の意見も聞いたらどう?」

唯「そうだね~」

澪「・・・そうだな、分かった」

和「そうよ、ブレーキは必要よ」

唯「タイトルは?」

澪「『私のBlue Bird』なんだけど・・・」

和「・・・」


――――

澪「ありがとうございました」

唯「ありがとー!」

その子「いえいえ。・・・あ、全部食べられたみたいですね」

澪「はい。食欲はあるみたいなので、安静にしていれば回復できると思います」

その子「よかった・・・。だそうですよ料理長」

コック「おう」

唯「コックさんありがとね~」

澪「あ、ありがとうございます」

コック「気にすんな。早く元気になれと伝えてくれ」

唯「はいよ~!」

澪「は、はい」

その子「ふふ、それでは失礼しますね」



紬「・・・あら」

ヒョイ

紬「これは・・・ノート?」

和「どうしたの?」

紬「ノートを拾ったのだけど、名前が書かれていないの・・・」

和「貸して」

紬「うん・・・」

和「失礼して」

ペラペラ

紬「あ・・・」

和「持ち主のヒントが書かれているかも・・・あ」

紬「どうしたの?」

和「これ日記だわ・・・」

紬「え・・・」

「あっ!それは!」

紬「さとみさん?」

さとみ「返して!」

バシッ

和「あ」

さとみ「ひどいわ・・・人の日記を勝手に読むなんて・・・」

タッタッタ

紬「・・・まって!」

タッタッタ

和「・・・」

さとみ「・・・」

紬「ごめんなさい・・・名前が書かれていないから、確認しようとしただけなの」

さとみ「・・・」

紬「多分・・・重要な部分は読んでいない・・・と思うわ」

さとみ「・・・」

紬「ごめんなさい・・・」

さとみ「・・・日記を落とした私不注意なのに」

紬「・・・」

さとみ「私こそごめんなさい・・・つい、カッとなちゃって」

紬「いえ・・・日記を読まれたら誰だって」

和「・・・『知らない人しかいない場所へ』」

さとみ「!」ビクッ

紬「和ちゃん・・・?」


33