修治「・・・どうぞ」

律「いや、そっちが早かったから・・・どうぞ」

修治「いや、俺のは大した用事でもないから・・・」

律「私だってそんな大した案でもないぞ・・・」

紬「案?」

澪「沈んだ空気をなんとかしたい・・・だな」

唯「おぉ、さすが澪ちゃん」

修治「なるほど」

律「なっ・・・修治はなんて言いかけたんだよ?」

修治「ご、娯楽車で・・・ごにょごにょ」

律「娯楽車まで言っておいて尻すぼみすんなよ・・・」

修治「娯楽車で・・・面白い人を見かけたんだよ」

律「・・・おまえ最近アホみたいだぞ」

修治「見つけたらダメなのかよ」

律「そんな報告いらねーよ!」

ギャーギャー

澪「二人放っておいて私らだけで行こうか」

唯「そうだね~」

紬「行きましょう」

和「終わったようね・・・」

唯「あ、和ちゃんどこ行ってたの?」

和「立ち入った話になりそうだから席を外したのよ」

唯「そうなんだ」

紬「和ちゃんも娯楽車行かない?」

和「娯楽車?面白そうね」

澪「おぉ、乗り気だ・・・」

ギャーギャー

和「そこで騒いでいる二人はいいのかしら?」

唯「寂しさ紛らわせているだけだよ、そっとしておこうよ~」

澪「そういう事」

紬「うふふ、行きましょ~」

テクテク

修治「・・・引っ込みづらかったからしょうがないだろ」

律「あのおかげで私が・・・恥を・・・・ハックシュン!」

修治「・・・?」

律「・・・は、ハックシュン!」

修治「・・・大丈夫か?顔赤いぞ・・・?」

律「なんか・・・急に寒気が・・・」ブルブル

修治「ちょっと待ってろ、車掌さん呼んでくるから」


――――

和「割と簡単ね」

唯「和ちゃんすごーい!」

和「唯にあげるわ」

唯「ありがたき幸せ」

和「ふふ、なによそれ」

澪「どうした?」

唯「みてみて澪ちゃん!ナマズ人形!」

澪「え・・・」

紬「まぁ、可愛いわ~」

澪「え・・・?」

和「私は・・・そこまで褒められないわね」

澪「・・・」ホッ

紬「あっちのキツネも」

修治「・・・」イソイソ

タッタッタ

紬「?」

唯「あれ?修治くん?」

和「私たちに気付かず行ったわね」

澪「律となにかあったのかな?・・・ちょっと見てくる」

律「・・・なにしてんだ~?」フラフラ

澪「あ・・・」

紬「りっちゃん、顔真っ赤よ?」

和「どうしたのよ・・・」

澪「・・・」スッ

律「澪の手はヒンヤリ冷たくていい感じだ~」ボケー

澪「風邪ひいたな・・・」

唯「なんと!」

紬「唯ちゃん!私の後ろに!」

唯「はいよ!」ササッ

律「なんだよ~人を病原菌みたいに~」

澪「みたい、じゃなく・・・そのものだぞ」

和「そこまでじゃないわよ」

修治「・・・なんでここに居るんだよ、じっとしてろって」

車掌「あらあら、大変。個室へお運びします。さ、田井中さん」

律「ありがと・・・」ボケー

澪「わ、私も行きます」

紬「・・・」

唯「大丈夫かなりっちゃん・・・」

和「・・・」

修治「・・・うーん」



ピピピ

律「・・・」スー

車掌「38.4℃・・・ですね」

澪「そうですか・・・」

車掌「水とタオルを用意してまいります」

澪「ありがとうございます」

ガチャ

車掌「あら・・・、どうぞ中へ」

和「失礼するわね」

澪「和・・・?」

和「タオルと水持ってきたわ」

律「・・・唯は・・・?」

和「むぎと一緒よ」

律「部屋に入れないでくれよ・・・」

澪「あぁ・・・」

和「えぇ、大丈夫よ」

律「ちょっとだけ寝る・・・」モゾモゾ

澪「和、私がやるよ」

和「任せたわ・・・なにかあったら呼んでちょうだい」

澪「うん、ありがと」

車掌「それでは後ほど・・・」

澪「車掌さんもありがとうございます」

車掌「いえ・・・それでは」

バタン


紬「・・・どうだった?」

唯「・・・」

和「澪が看病してくれるから平気よ」

唯「そっか~」ホッ

車掌「お聞きしてもよろしいでしょうか」

和「なんでしょう・・・?」

車掌「平沢さんの件はどういう意味でしょうか?」

和「・・・去年の学園祭直前に律が風邪をひいて・・・見舞いに行った唯にうつしてしまった。という前例がありますので」

唯「あの時はみんなに迷惑かけちゃって・・・同じ轍は踏みません!」フンス!

紬「偉いわ唯ちゃん」

車掌「なるほど」クスクス

唯「でへへ」

車掌「不謹慎ですね。失礼致しました」

紬「いえいえ」

和「・・・」

車掌「私も田井中さんの回復に専念いたしますので、なんなりと仰せ付けください」

唯「いつもありがとうございます!」

紬「ありがとうございます」

車掌「後ほど様子を伺いに参りますので、私はこれで失礼します」

和「はい」

唯「温泉でハシャギすぎちゃったかなぁ」

紬「その後に水も被ってしまったから・・・」

和「運が悪いとしか言えないわね・・・」

唯「そういえば、なんだかりっちゃんだけ悪い事が起きているような・・・?」

紬「唯ちゃん、気のせいよ・・・」

和「そうよね。・・・ここにいてもしょうがないから移動しましょ」

唯「そだね~」

紬「・・・」


みらい「やっほー!元気してる?みらいだよー!」

唯「あ、みらいちゃん」

みらい「おやおや元気が無いぞー!」

唯「ううん、元気だよ!」

和「・・・」

みらい「そっか!・・・ところでこの服どうかな・・・?」

唯「車掌服だよね、似合ってて可愛いよ~」

みらい「そっかな~、子供っぽいって言われたんだけど・・・」

紬「可愛いわよ~」

みらい「そっかー!やっぱりそう思うよね!みらいは何を着ても似合うのだ!」イェイ

唯「うんうん!」

みらい「そんなみらいを応援してねー!」

唯「はいよー!」

AD「ハイ、カットー!」

みらい「あ、はい・・・」

AD「みらいちゃん次いくよ~」

みらい「みなさん・・・お騒がせしました・・・」

和「いいのよ撮影中だったんでしょ?」

みらい「はい・・・そういっていただけると・・・。あの、唯さん・・・?」

唯「うん?」

みらい「どうしたのかな、と思って・・・」

唯「えぇと・・・」

将人「みらい!何をしている!スタッフを待たせるな!」

みらい「は、はいマネージャー!それでは失礼します」ペコリ

唯「うん、頑張ってね~」

紬「唯ちゃんの変化にすぐ気付いたのね」

和「みらいの察知能力が高いのか、唯があからさまなのか・・・」

唯「ん~?」


――――

和「ここは座席が赤なのね・・・」

紬「えぇ」

唯「」スヤスヤ

和「立て続けにたくさんの事があったから、さすがに疲れたみたいね」

紬「うふふ、そうね」

和「むぎは・・・?」

紬「え・・・?」

和「むぎは大丈夫?」

紬「大丈夫よ」

和「・・・そう、私はいいけど、この子たちの前では・・・」

紬「・・・えぇ」

さとみ「あら?」

紬「あら」

さとみ「ふふ、可愛い寝顔ね・・・あっ!」

和「しずかに・・・」

唯「う・・・ん・・・」

さとみ「あ、ごめんなさい・・・」

唯「」スヤスヤ

紬「・・・どうしたの?」

さとみ「唯ちゃんの持ってる人形」キラキラ

和「ナマズ人形?」

さとみ「それ、どこで・・・?」キラキラ

紬「娯楽車の景品ですよ?」

さとみ「そうなんだ・・・私、ゲーム苦手だからなぁ・・・」ションボリ

和「とってあげましょうか?」

さとみ「ぜひっ!」キラキラ

和「それじゃ、ちょっと行ってくるわね」

紬「えぇ、唯ちゃんは任せて」

テクテク

唯「」スヤスヤ

紬「・・・」

唯「ゲル状ってなぁにぃ」ムニャムニャ

紬「まぁ・・・そんな台詞が出る夢って・・・気になる・・・」

さとみ「ありがとう、和さん」キラキラ

和「いいわよこれくらい・・・。そんなに好きなの?」

さとみ「これ今学校じゃ流行っているのよ?」

和「へ、へぇ・・・」

さとみ「あら」

和「むぎも疲れていたのね」

紬「」スヤスヤ

唯「」スヤスヤ

和「気を抜きすぎよ二人とも・・・」

さとみ「私も座っていいかな?」

和「どうぞ」

さとみ「ふふ、不思議な人ですよね」

和「どっち?」

さとみ「5人・・・いや和さん入れて6人か」

和「私も入るのね」

さとみ「もちろん」クスクス

小麦「やっほー!」

エレナ「なにをしてるデスカ?」

和さとみ「「 シー 」」

小麦「おっと」

エレナ「オー・・・、可愛い寝顔撮っちゃいますネ」

和「ちょっと、ダメよ」

さとみ「口がニヤけてますよ?」

和「目は怒っているでしょ?」

エレナ「ショウニンthanksネ~」ジー

小麦「プクク」

唯「う・・・ん・・・」

紬「・・・ん・・・」

和「・・・」

さとみ「・・・」

小麦「・・・」

エレナ「・・・」

唯「さんかく・・・」ムニャムニャ

紬「じょうぎでも・・・」ムニャムニャ

和「共有してるのかしら」

小麦「ぐふっ」ダダダ

さとみ「堪え切れなくなったのね・・・」

エレナ「貴重な映像頂戴したネ。それでワ~」

和「えぇ・・・」

さとみ「・・・」ニコニコ

和「そんなに嬉しいの?それ・・・」

さとみ「それもあるけど・・・」

和「?」

さとみ「楽しいな、と思って」

和「そうね、色んな所へいけるものね」

さとみ「えぇ、私を知らない人とたくさん話ができるのも楽しいわ」

和「・・・?初対面の人の方が話しやすいって事?」

紬「」スヤスヤ

さとみ「ううん、そうじゃなくて・・・特別視しないって事・・・」

和「よく分からないわね・・・」

さとみ「あ、ごめんなさい・・・変な話しちゃって・・・」

和「別に謝ることじゃないわ」

さとみ「・・・」

唯「」スヤスヤ

和「特別視されるのが嫌っていうなら・・・」

さとみ「・・・?」

和「・・・むぎを見てるといいわ」

紬「」スヤスヤ

さとみ「むぎさん・・・を?」

和「えぇ」

さとみ「ふむ・・・」ジー

紬「」スヤスヤ

唯「・・・う~ん」モゾモゾ

ズル

和「あ・・・」

ゴン

紬「・・・いたっ」

唯「・・・たっ」

さとみ「頭を・・・」

和「おはよう二人とも」

唯「・・・?朝?」

さとみ「これは夕日よ」

紬「あいたた」ヒリヒリ

和「唯がズレてむぎの頭にぶつけたのよ」

唯「・・・ごめんねむぎちゃん」

紬「いいぇ、おかげで目が覚めたわ・・・ふぁ」

さとみ「どんな夢を見ていたか覚えてる?」

紬「・・・澪ちゃんが出てきたような・・・?」

唯「りっちゃんが・・・?」

和「・・・それで?」

紬「面積を測ってた・・・?」

唯「三角関数を解いてた・・・?」

和「一応繋がっているのね」

さとみ「えっ!?」


和「ところで、むぎは金沢でどこへ行くか決めた?」

紬「ううん、まだなの~」

唯「澪ちゃんが兼六園に行きたいと言ってたよ」

さとみ「日本三大名園の一つね」

唯「あ、でもりっちゃんの事もあるから・・・」

和「そうね、様子見って所かしら」

さとみ「? 律さんがどうかしたんですか?」

紬「風邪をひいてしまったの」

さとみ「そうなんですか・・・」

唯「今澪ちゃんが看病してるんだ」

さとみ「・・・よし、私売店行ってくるね」ガタ

和「どうしたのよ、急に」

さとみ「お見舞いにフルーツでもあれば・・・と思って。それじゃ」

スタスタ

紬「気を使わせてしまったかしら」

和「いいんじゃない?自分で考えて決めた事よ」

唯「和ちゃん、さとみちゃんと仲良くなるの早いね」

紬「私もそう思った」

和「そう?」

唯「うん!」

和「なんで嬉しそうなのよ」

唯「いえいえ、深い意味はないのですよ」

紬「うふふ」

和「・・・まぁいいわ」


31