店員「えいっ、えいっ」スバババッ

澪「おぉ」

律「な・・・」

テレッテレー

みらい「すごい・・・高得点です」

澪「亀3匹も獲った・・・」

店員「お客さんたちの動きをみていたらコツをつかめたみたいです」フフフ

律「ずるいぞー!」

みらい「え・・・それじゃこのゲームは・・・」

店員「今が初めてですね」

澪「すごいすごい!」

律「ぐ・・・。て、手本はこんなもんでいいかな。さ、みらいやってみたまえ」

澪「なんで師匠風吹かしているんだよ」

みらい「は、はい・・・」

スバ ババッ

店員「さすがですね、飲み込みが早い」

澪「青は藍より出でて藍より青し・・・だな」

律「わ、私だって努力すれば・・・」

テレッテレー

みらい「どうでしょうか・・・」

店員「私より点数が高いですね」

律「うむ。みらい・・・君に教えることはもう無い!」

みらい「あ、ありがとうございます」

澪「ゲーム好きなの?」

みらい「そんなに好きでは・・・ただ、事務所の方針でこういうものには慣れておけと言われているので・・・」

澪「そうなのか・・・」

みらい「・・・あの、ありがとうございました。それでは失礼します」ペコリ

律「うむ」

澪「それじゃあね」

店員「みらいさん気がまぎれたみたいですね」

澪「そうなんですか?」

店員「えぇ、少し笑顔が戻ってましたから」

律「・・・」

店員「それでは機材の電源を落としますが・・・よろしいでしょうか?」

澪「は、はい」

店員「それではおやすみなさい」ペコリ

律「おやすみなさい」

澪「お、おやすみなさい・・・」


―――――展望車

紬「そうなんですか」ウフフ

修治「あはは」

車掌「えぇ」ニコニコ

律「な、なんでむぎがここに居るんだ!?」

紬「あっ、りっちゃんに澪ちゃん」

修治「おいっす」

車掌「こんばんは」

澪「車掌さんと鳥羽さんも・・・どうしたんですか?」

車掌「少しだけお喋りをしていました」

紬「そうなの~」

律「むぎは部屋で勉強してたんじゃ・・・?」

紬「手につかなくて」

澪「むぎもか・・・」

修治「みんな勉強やってるのか、偉いな」

律「修治も受験生だろ、勉強しないのかよ?」

修治「・・・あ!UFOだ!」

紬「え、どこどこ!?」

律「どこだっ!?」

車掌「あらあら」

澪「・・・」

修治「・・・」コソコソ

唯「おや、修治くん?」

さとみ「あら?」

修治「あ・・・」

律「おい・・・どこにUFOが・・・ってどこ行くんだよっ!?」

紬「・・・」キョロキョロ

澪「むぎ・・・もう移動したんじゃないかな・・・」

唯「もぉー、みんなで遊ぶんなら声かけてよ~!」

さとみ「私は散歩してたんだけど・・・」

車掌「あらあら・・・あ、そうだ・・・」

スタスタ

律「私たちを騙した罪は重いぜ~、私コーラね」

修治「えー」

澪「お、おい律」

唯「私アップルティー!」

さとみ「注文していいのかな・・・」

律「いいっていいって~♪」

修治「・・・しょうがないな・・・あ!UMAだ!」

紬「どこどこ!?」

修治「・・・」コソコソ

憂「どうしたんですか?鳥羽さん」

修治「な・・・」

律「・・・って駅にいる訳ないよな・・・ってどこ行くんだこらぁー!」

唯「ヒュウマ?」

さとみ「ユーマよ唯ちゃん。未確認動物のことね」

澪「むぎ・・・もういないんじゃないかな・・・」

紬「そうなの・・・」ションボリ

律「ガッカリしたむぎを見てどう思う?」

修治「良心が痛みます」

律「そうだろ?」

修治「はい、嘘ついてごめんなさい」

律「いいっていいって~、コーラね」

澪「律っ!」

修治「いや、いいよ。エレナの店でアクセサリー買うより安あがりだし」アハハ

憂「お姉ちゃん鍵かけてなかったよ」

唯「な、なんと」

さとみ(どっちが姉なの・・・)

車掌「みなさんよろしいでしょうか?」

店員「・・・みなさん元気ですね」

紬「あら?」

律「どうしたのー?」

澪「?」

唯「おぉ、いい香り~」

憂「ほんとだ」

車掌「紅茶をお持ちいたしましたので、よろしければどうぞ」

さとみ「いいのでしょうか?」

紬「あらあら」

車掌「えぇ、三人にはご迷惑をおかけしましたので。そのお詫びも兼ねて」

律「あぁ、あん時の」

店員「はい、どうぞ・・・」

修治「え、俺たちも・・・?」

唯「いいの?」

店員「えぇ、もちろん」

憂「・・・ありがとうござます」

律「あ、泣きぼくろの人だ」

澪「こらっ」ゴスッ

律「あいたぁ!」

澪「人を指差すな!」

律「ごめんなしゃい」

店員「いいですよー、私、成田その子といいます。よろしくね」

紬「いつもありがとうございます」

その子「いえいえ、いつでもどうぞ」ニコニコ

澪「むぎが紅茶を用意する時はいつも・・・?」

紬「そうよ、その子さんに頂いてるの~」

律「そうだったのか・・・」

唯「う~ん、美味しいですな」マッタリ

憂「そうだね」ノンビリ

さとみ「ほんと・・・」マッタリ

修治「・・・」ズズーッ

律「貸し一つな~」ルンルン

修治「・・・はい」


――――

ガチャ

紬「みんなおやすみ~」

唯「むぎちゃんおやすみ~」

憂「おやすみなさい」

律「おやすみ」

澪「明日ね」

バタン

ガチャ

唯「それでは私もこれにて失礼つかまつる」ビシッ

憂「うん、おやすみお姉ちゃん」

律「あぁ」

澪「おやすみ」

バタン

ガチャ

憂「律さん、澪さん。今日はとても楽しい一日でした」

律「それはよかった」ウンウン

澪「おやすみ憂ちゃん」

憂「はい、それではまた明日」

バタン

律「さすがに眠くなってきたなぁ・・・ふぁ~」

澪「そうだな」

ガチャ

律「それじゃ私も寝るわ・・・おやすみ~」

澪「あ、律」

律「ん?」

澪「あ、ありがとな」

律「いいって~、また明日~」

バタン

ガチャ

澪「みんなおやすみ・・・」

バタン


6日目終了--------




8月7日



コンコン

澪「・・・」

・・・

澪「・・・?」

コンコン

・・・

澪「あれ・・・?」

紬「おはよう澪ちゃん、どうしたの?」

澪「おはようむぎ、返事が無くてさ・・・」

紬「唯ちゃんまた練習に没頭してたのかしら?」

澪「前にもあったの?」

紬「うふふ、青森でね」

澪「そうか・・・」

コンコン

ガチャ

唯「おはよー、・・・澪ちゃんとむぎちゃん私の部屋の前でなにしてるの?」

澪「なんで憂ちゃんの部屋から出てくるんだ?」

唯「でっへっへ~」

憂「おはようございます」

紬「おはよう憂ちゃん」

澪「おはよう」

憂「昨日みなさんと別れてからお姉ちゃんが部屋に来て・・・」

唯「おしゃべりしてたんだけど、そのまま寝ちゃった~」エヘヘ

澪「そうか・・・。・・・朝ごはん食べに行こう」

紬「りっちゃんは?」

澪「あぁ、準備してるよ。みんなも準備が出来たら食堂車に来て」

唯「了解です!」


――――

紬「もぐもぐ」ボリボリ

唯「もぐもぐ」ボリボリ

律「そんなにおいしいか・・・?」

唯「うん!りっちゃん食べないならちょうだい!」

律「どうぞ・・・」

唯「ありがとう~もぐもぐ」ボリボリ

澪「たしかにご飯には合うけどさ・・・」

憂「紬さん、私のもよかったらどうぞ」

紬「ありがと~。もぐもぐ」ボリボリ

律「・・・」

唯「食べないと風邪ひいちゃうよ?」

律「今夏だし・・・。ってどういう理屈なのさ?」

憂「乳酸発酵と大根の辛み成分が反応してできるβ-カルボリン化合物の抗菌作用のおかげです」

律「そ、そうか・・・」

澪「カンペも無しに・・・」

律「澪だけ洋風ですな~」

澪「い、いいだろ別に!」

律「悪いとは言ってませ~ん」

紬「もぐもぐ」

唯「ごちそうさまぁ~、あー美味しかった!」

憂「ごちそうさまでした」

律「それで、どこに行くんだっけ?」

澪「おい、会議長・・・」

唯「浅間温泉だよ~」

律「よし、それじゃあ食べ終わって30分後にホームに集合な」

憂「はい」

澪「うん」

唯「今日もいい天気だね~、絶好の観光日和だよ」

紬「もぐもぐ」コクン

――――

ガラガラ

律「おっ、誰も居ないぞ」

唯「私たちの貸切だね!」

澪「だからといって騒ぐのはダメだぞ」

律「よっしゃー!」テッテッテ

澪「あ、こらっ」

唯「わーい!」テッテッテ

憂「走ると危ないよ!」

紬「滑って転んだら大変よ~」

律「そうだな、私たちは子供じゃないんだから」

唯「そうだねりっちゃん!」

澪「まず体を洗ってからだ」

律「よし」

ゴシゴシ

唯「ほい」

ゴシゴシ

憂「次に頭を洗いましょう」

律「・・・っ」

ゴシゴシ

唯「・・・」

ゴシゴシ

紬「最後にお湯をかけて泡を流して、それから温泉へつかりましょう」

ザバァ

律「よっしゃー!」

ザバァ

唯「わーい!」

澪「子供だな・・・」

憂「はやく浸かりたくてウズウズしてましたね」

紬「うふふ」

律「唯、慎重にな・・・」ソォー

唯「ぉ・・・おぉ・・・」チャプン

律唯「「 ごくらくごくらく~ 」」ホワワーン

澪「・・・すごい幸せそうだな」

憂「は、はい・・・」

紬「私たちも入りましょうか」

律「朝風呂なんてどうかと思ったけど・・・」

唯「いいですなぁ~」

澪「あぁ・・・」

憂「いい気持ちです」

紬「・・・えぇ」

律唯紬「「「 ほ~げ~ 」」」

ガラガラ

律「あ、他のお客さんも来たからしずかにしようか」

唯「了解」

憂「・・・」

紬「私、風呂上りにアレやってみたいの」

澪「・・・?」

律「あぁ、アレな」

唯「風呂上りの楽しみの一つだよね」

澪「アレってなんだ?」

憂「腰に手を当てて飲むヤツですね」

紬「そうよ。ちゃんと販売機があったわ」キラン

律「はは、抜かり無いな」

唯「おぉ、楽しみだよ!」

澪「あぁ・・・アレ・・・な・・・?」

「えーと・・・」

唯「あ・・・」

律「どうした?」

唯「ねぇねぇ、りっちゃん・・・」ヒソヒソ

律「ん?」

唯「今入ってきた人さぁ・・・」ヒソヒソ

澪「こら、人を見てこそこそ話してたら失礼だぞ」ヒソヒソ

唯「だってぇ・・・」

「あ、ここでいいのかしら?」

憂「はい」

紬「うふふ」

「気持ちいいわね」

憂「効能は向こうの看板に書かれていますよ」

律「知り合い?」

「私よ律」

律「え?」

唯「あーっ!!」

「メガネを掛けていないから気付かなかったのね・・・」

律「いやいやいや!ここにいるはずがないから気付かなかったんだよ!」

「確かにそうね・・・」

澪「ん?」

紬「澪ちゃん、和ちゃんよ」

澪「和がどうしたって?」

律「事態を飲み込めてないのが一人・・・」

唯「わぁー!いつ来たの!?」

和「松本に到着したのはさっきね。憂に連絡が行ったと思うけど・・・」

憂「お姉ちゃんをびっくりさせたくて・・・黙っててすいません」

紬「みんなごめんね~」

律「むぎも一枚かんでいたのか・・・」


27