―――――高崎駅

紬「ん~・・・」ノビノビ

憂「二時間しか移動してませんけど、とても充実してますね」

紬「そうね、毎日が新鮮で楽しいわ~」

憂「お姉ちゃんも楽しそうに旅が出来てるみたいでよかったです」

紬「憂ちゃんには驚かされた~」

憂「驚かせてごめんなさい。でも、紬さんにはバレちゃってましたよね?」

紬「あずさちゃんの様子と口調が変だったから、もしかして・・・って」

憂「そうですか・・・。それじゃ、紬さんには教えておきますね。・・・耳を貸してもらえますか?」

紬「なぁに?」

憂「ごにょごにょ」

紬「まぁ」キラキラ

澪「どうしたんだ二人とも楽しそうだけど・・・?」

紬「なんでもな~い」

憂「は、はい」

澪「んー?」

愛「・・・あ」

澪「あ、愛さん・・・」

愛「澪さん!先ほどはすいませんでした!」

紬「?」

澪「い、いや・・・それよりもう大丈夫?」

愛「は、はい。律さんにも謝りたいのですが・・・」

澪「・・・律ならあそこでキョロキョロしてるよ」

紬「あら、なにしてるの?」

澪「さぁ・・・」

愛「私行ってきます!」

テッテッテ

澪「あ、愛さん!空き缶があるから気を!」

愛「きゃっ」

スッテーン

憂「だ、大丈夫ですか!?」

愛「だ・・・大丈夫です」イテテ

律「な、何やってんだよ?」

澪「律こそ、なに探してるんだ?」

律「いや、唯が・・・」

憂「お姉ちゃんがどうかしたんですか?」

律「唯がかくれんぼしようと言い出してさ・・・」

紬「まぁ」

愛「あと、10分もしないうちに出発しますけど・・・」

律「うん・・・」

澪「なんだろうなこの嫌な感じは・・・」

律「うん・・・さっきから私も嫌な予感がしてならない」

憂「そ、それはどういう・・・」

紬「み、みんなで探せばすぐ見つかるんじゃないかしら」

律「そ、そうだな」

愛「わ、わたしも探してみます」

澪「お、お願い・・・」

・・・・・・

・・・

律「ゆ~い~!」

澪「出てこ~い!」

憂「おねえちゃ~ん!」

紬「唯ちゃ~ん!」

愛「ど、どうしましょう!もう発車しますよ・・・!」

憂「わ、私電話かけてみます!」ピッポ

trrrrrrrrrr

prrrrrrrrrrrrr

律「やっべぇ!発車のベル鳴ったぞ!」

澪「みんな、落ち着こう」

紬「そ、そうね!」

愛「は、はい!すぅ~はぁ~」

澪「憂ちゃん・・・出ないの・・・?」

rrrrrrrプツッ

憂「切れた・・・」サァー

律「私はここに残るからみんな先に乗れ!」

澪「なっ!」

憂「わ、わたしも!」

律「いいから!」

澪「後から追いかけて来いよ!」

律「あぁ、唯と一緒に松本へ行く!」

紬「うん!」

星奈「なにしてんの?」

紬「唯ちゃんが見つからないの!」

星奈「唯なら4号車にいるよ?」

律澪紬憂愛「「「「「 え 」」」」」

プシュー

ガタン ゴトン ガタンゴトン

唯「」スヤスヤ

律「・・・」

澪「・・・」

紬「あらまぁ」

憂「お姉ちゃん・・・」

愛「ホッ」

星奈「高崎の販売機の裏で寝てたからさ、乗せておいたんだよ」

律「寝てたぁ?」

星奈「う、うん・・・。人間の足が見えたからびっくりしてさ、覗いたら唯だった」

紬「星奈さんに見つけてもらってよかったわ」

澪「そのままだったら置いてけぼりだったもんな・・・」

憂「それは高崎に着いてから何分後ですか・・・?」

星奈「ん~?10分くらいかな・・・?」

律「私とかくれんぼ始めたのが到着5分後くらいだな」

星奈「くっくっく。かくれんぼしてたのか」

愛「外を探しても見つからない訳ですね・・・」

律「あぁ・・・」

唯「ん~・・・」ムニャムニャ

澪「よだれ・・・」

紬「あらあら」

憂「お姉ちゃんったら・・・」フキフキ

律「・・・そろそろこの眠り姫を起こしてもいいのではなかろうか」

澪「うむ」

愛「もう少し寝かせてあげても・・・」

憂「・・・」

律「ほら、起きろ唯」

唯「ん・・・?あ、りっちゃん・・・見つかっちゃったぁ」

星奈「ブフッ」

律「こらぁああ!」ムニ

唯「ほぁ!?」

澪「これはしょうがないな」ウンウン

唯「ほぉひはほ?!」

律「どおしたの、じゃねぇ!」ムニムニ

唯「ほへんははい、ほへんははい!」

律「ったく・・・」

憂「お姉ちゃん販売機の裏で寝てたんだって・・・」

唯「・・・ハッ」

愛「星奈さんが運んでくれたそうです・・・」

星奈「あっはっは!」

唯「あの場所、風が気持ちよくて・・・」

律「そのまま寝てたら置いてけぼりだったんだぞ」ムニムニ

唯「ほはひほほほ」

律「もうこんなことしないと約束しろ!」

唯「はい、約束します!」

星奈「まぁ、運が良かったと思うよ~」

紬「ありがとう・・・星奈さん」

憂「ありがとうございます」ペコリ

律「ありがと」

澪「ありがとう・・・」

愛「ありがとうございます」

星奈「い、いやぁ~・・・あははっは。照れちゃうナー・・・」

憂「お姉ちゃん、ちゃんと反省してね」

紬「みんなすごく心配したのよ?」

唯「はい・・・」

律「迷惑かけるのはいいけどさ、心配かけるな」

愛「!」

澪(律・・・)

星奈「ま、まぁ。みんな許してあげてよ」

唯「ううん、星奈ちゃん。みんなに心配かけてしまったのは悪いことだもん。みなさん、心配かけてごめんなさい!」

律「許す!」

紬「うん」

澪「うん・・・」

憂「よかったねお姉ちゃん」

唯「うん!もう心配かけません!」

愛「・・・」

唯「愛ちゃん・・・怒ってる?」

愛「え、いえ!と、とんでもないです!」

律「・・・」

唯「ごめんなさい」

愛「え、・・・はい」

澪「・・・」

律「よぉーっし、みんなで娯楽車で遊ぼうぜー!」

紬「いいわねぇ~」

憂「娯楽車?」

唯「ういはまだ遊んだことなかったよね~行こう行こう!」

律「レッツゴー!」

紬「ゴォー!」

唯「レッツゴーゴー!」

澪「し、静かにしろよ・・・」

憂「ふふ」

星奈「いいよねぇあの子達・・・」

愛「・・・」

星奈「ちゃんと叱って許せる関係だもん」

愛「・・・はい」

律「二人とも早くこーい」

愛「は、はい!」

星奈「よっしゃ、最後に私の腕前を披露してやりますかね」コキコキ

愛「・・・」

―――

律「なんで星奈ばっかり揃うんだよー!」

星奈「ふふーん♪」

ジャラジャラジャラ

律「あー、もうメダル無いや」

星奈「少し分けようか?」

律「要らぬ!」

唯「武士は食わねど爪楊枝・・・だね!」

紬「惜しい!」

澪「意味は間違いだけど・・・」

憂「敵に塩を送る・・・かな?」

澪「断ったけどな」

愛「星奈さんが上杉謙信ですね」

律「なにぃ!? 私が武田信玄だと申すか小娘!」

唯「あはは、似てる似てる!」

律「唯さんはどこをみて仰ってるのかな~?」

星奈「なるほどね・・・」ジー

律「見るなぁ!」

澪「前髪下ろせばいいじゃないか」

律「そだな」バサッ

唯星奈「「 前髪長っ! 」」

律「もぅ、なんなんだよ~」シクシク

憂「ふふ」

愛「クスクス」

律「へへっ」

エレナ「みなサン、楽しそうですね~」ジー

唯「あ、エレナさんも小麦さんも一緒にどうですか?」キリ

星奈「どうしたの唯は?」

澪「カメラを意識しています」

エレナ「小麦行きますヨ~」

小麦「レポーターの伊東小麦でーす、只今娯楽車に来ています!」

律「お、なんか始まった」

小麦「楽しい設備が整えられていますね~。それではインタビューしてみましょう!」

澪「」ササッ

律「・・・」

唯「-☆」ウィンク

小麦「そうですね~、そこのお嬢さん!」

紬「なんでしょう~」

唯「おぉ・・・」

小麦「列車の旅はどうですか?」

星奈「娯楽車関係無いじゃん!」

紬「とても楽しく過ごせています~」ウフフ

小麦「楽しさが伝わってきますね~。こっちも楽しくなります。どこまで行かれるのですか?」

紬「行ける所まで行ってみようかと~」ニコニコ

澪「動じないむぎはすごいな・・・」コソコソ

小麦「それは凄いですねー!ぜひ頑張ってください!」

紬「ありがとう~」

小麦「ぽわぽわした人ですね~。周りの空気が穏やかでした!次の方へいきましょう!」

唯「・・・コホン、アー、アー」

愛「唯さんはどうしたんでしょうか・・・」

律「声の調整をして準備しているだけです」

小麦「そこのお嬢さん!」

憂「は、はい」

唯「おぉ・・・」

小麦「次は松本ですけど、どちらへ行かれますか~?」

憂「到着したら松本城へ行こうと思っています」

澪「憂ちゃんも動じてない・・・」コソコソ

小麦「そこで問題です!」ジャジャン

星奈「レポーターが問題出すんだね・・・」

小麦「松本城と言えば誰っ!?」

憂「はい、おがさ」

唯「その質問には私がお答えしましょう」ズイッ

憂「お、お姉ちゃん・・・」

小麦「それではどうぞー」

唯「答えはりっちゃんです!」

律「なんでだよ!」

唯「ヒントはおでこです・・・」フフ

小麦「ん~?」

愛「クスクス」

星奈「武田信玄とな!?」

小麦「城主を言ってくれなきゃだめだよ~」

エレナ「アッハッハ~、小麦~続けるネ!」

紬「うふふ。あら・・・?」

テッテッテ

澪「むぎ?どこへ・・・」

小麦「次はロングヘアーのアナタですっ!」

澪「ハイッ!」


さとみ「・・・うん・・・うん。分かってる。ちゃんと連絡するから」

紬(電話中ね・・・)

さとみ「・・・うん。じゃあね」

紬「・・・」

さとみ「! むぎさん!いつからそこに!?」

紬「驚かせてごめんなさい。高崎駅で降りると思っていたから・・・」

さとみ「えぇ・・・、そのはずだったんだけど・・・思い切って旅に出る事にしたの」

紬「まぁ!」

さとみ「お金は、貯金を下ろせばなんとかなるし・・・親も話せば分かってくれたし・・・」

紬「よかったですね」

さとみ「えぇ。改めまして、千歳さとみと言います。よろしく」

紬「琴吹紬と申します。こちらこそよろしく~」

さとみ「つ、つむぎさんですか?むぎというのは・・・」

紬「はい、私みんなからむぎって呼ばれてます」ニコニコ

さとみ「ご、ごめんなさい。初対面の人に馴れ馴れしくしてしまって」

紬「いえいえ、そのままでお呼んで下さい千歳さん」

さとみ「あ、ありがとう・・・私も名前がいいかな・・・苗字だと学校の先生に呼ばれているみたいで・・・」

紬「さとみさんでいいかしら」

さとみ「えぇ」ニコ

紬「でも、どうして乗ることに決めたの?」

さとみ「それは・・・この列車に乗ったから・・・かな」

紬「そうですか」

さとみ「あ、そうだ!私まだ列車の事よく知らないの、案内お願いできませんか?」

紬「えぇと、ちょっと待ってて下さい・・・」

テッテッテ

さとみ「・・・?」

テッテッテ

紬「それじゃあ売店車から行きましょうか」

さとみ「どうしたんですか?」

紬「いえいえ~、邪魔しちゃいけないから行きましょ~」

さとみ「・・・?」


23