車掌「えぇ、年の近い方の方が松浦さんも話しやすいでしょうから」

律「いいよ~。車掌さんにはお世話になってるから全然おっけーだ」

車掌「そう言ってくださると助かります。それでは私はこれで」

修治「迷惑をかけてすまない」

律「いいっていいって~。行くぞ澪」

澪「あ、あぁ・・・」

澪「なぁ・・・、さっきの話どうして鳥羽さんは・・・」

律「見ちゃったんだろ」

澪「なにを?」

律「愛ちゃんの裸を」

澪「ハ、ハダッ!」ボンッ

律「これから愛ちゃんを励まそうって人が恥ずかしがってどうすんだよぉ」

澪「だ、だって・・・」プシュー

律「お、愛ちゃんの部屋はここだな・・・」

コンコン

「はい・・・」

律「愛ちゃん?ちょっと話しあるんだけどいいかな?」

澪「私もいるけど・・・」

「どちらさまですか?」

律「あ、ごめん・・・。私だよん!」

澪「いや、名前を言えよ。澪と律だけどいいかな?」

「ちょ、ちょっと待ってください・・・」

ガチャ

律「よっ」

愛「先ほどはお見苦しい所をお見せしてしまい、すいませんでした・・・」

澪「き、気にしないで」プシュー

律「お、頑張ってるな澪」

愛「中へどうぞ」

律「ごめんね、押しかけて」

バタン

愛「いえ、それでお話とは?」

律「さっきの件なんだけどさ、修治のヤツも悪気は無かったんだから許してやってよ」

澪「お、おい・・・もっと慎重に話を」

愛「いえ、修治さんに対して怒ったりはしていません。むしろ助けて下さったことに感謝してるぐらいです」

澪「そ、そうなのか」

律「なーんだ、それじゃ私たちがでしゃばる必要も無かったのか~」

愛「・・・」

澪「・・・」

律「じゃぁ、私たちはこれで失礼するよ」

澪「まって、律」

律「ん?」

愛「・・・」

澪「せっかくだから、愛さんが今考えていること話してみない?」

愛「え・・・?」

律「・・・?」

澪「なんだか行き詰った顔してるからさ」

愛「そ、そんな事」

律「言われてみれば・・・。眉間に皺寄せちゃって、どうしたのん?」

愛「・・・」

澪「無理にとは言わないからさ、話したくなったら」

愛「あ、あのっ!」

律「ん?」

愛「は、話を聞いてくれますか?」

澪「うん」

律「箱舟に乗ったつもりで話してみろ!」ドンッ

澪「どこへ行くんだよその舟は」

愛「クスッ」

律「ウシシ」

澪「まったく・・・」

愛「・・・」

澪「さっきの件だけの話じゃないよね?」

愛「はい・・・。私みなさんに申し訳なくて・・・」

律「・・・?」

愛「私、生まれつき運が悪いんです。なにかと悪いことばかり起こってしまって・・・」

澪「・・・」

愛「私一人が被害に合うのなら我慢できるのですが、私のせいで周りに迷惑をかけてしまうのが嫌なんです」

律「・・・」

愛「・・・」

澪「誰かがそう言ったの?迷惑だって

愛「いえ、みなさん優しいですから・・・」

律「それだったら・・・」

愛「・・・」

キキーッ

澪「おっと」

愛「きゃっ」

律「おっとっとっと」

ツルッ ガンッ

律「あいたぁ!」

澪「律っ!」

律「大丈夫大丈夫・・・」イテテ

澪「ほっ・・・。しかし、いきなり急ブレーキするなんて・・・」

愛「・・・」

律「またおでこぶつけた・・・」

澪「動くなよ、バンソーコ貼ってやるから・・・」

愛「こうなってしまうんです・・・」

律「いや、今のはしょうがないよ」

澪「あぁ、運動神経の低い律が悪い」

律「なんだとぉ!」

愛「・・・」

澪「愛さん・・・」

愛「ごめんなさい」

律「愛ちゃんのせいじゃ」

愛「すいません。一人にしてくれますか・・・?」

澪「わ、分かった・・・」

ガチャ

律「それじゃあね」

愛「話を聞いてくれてありがとうございました」ペコリ

澪「・・・」

バタン

律「・・・行くか」

澪「あぁ・・・」

律「あの急ブレーキはタイミング悪かったなぁ」

澪「・・・」

律「なぁ、愛ちゃんってそんなに運が悪いのか?」

澪「あ、あぁ。何度も変なものを踏んで転んでいるところ見ているけど・・・」

律「ふーん」

澪「・・・」

律「いい子なんだけど、気にしすぎだよなぁ」

澪「いい子だから・・・だろ」

律「そっか・・・」

澪「売店行くぞ」

律「なにしに?」

澪「松本の観光ガイドを買いにだっ!」

律「あぁ、そうだったそうだった」ウッカリ

ちひろ「いらっしゃいませ~」

律「おいしいお菓子ありますか?」

澪「違うだろ。松本の観光ガイド一つください」

ちひろ「観光ガイドですね~、はいどうぞ~」

律「よし、これで松本は完璧だな!」

ちひろ「あ、そういえばお客さん~」

澪「は、はい?」

ちひろ「エレナさん達とぉ、とっても仲良しさんですよねぇ」

澪「そ、そう見えますか?」

ちひろ「はい~」

澪「そ、そうですか。それでは・・・」

ちひろ「また来て下さいね~」

澪「・・・梓の言ってた通りなのかな?」

律「ん?」

澪「なんでもない」



――――――展望車

律「それでは!第354回観光地巡り会議を開催します!」

紬「わ~」パチパチ

唯「まってました!」パチパチ

澪「・・・」

律「・・・」

憂「え、え~と・・・」

澪「松本への到着は夕方になるな」

紬「そうね~、あまりたくさん回れないわね」

律「・・・」シーン

唯「ういはどこへ行きたい!?」

憂「お、お姉ちゃんに合わせるよ」

澪「おっ、旧開智学校は行ってみたいな」

律「なんだよ!ツッコミくれよ!!」

澪「なんのだよ」

律「345回も会議して無いだろ!ってさぁ!」

唯「あれ? 354回じゃなかったっけ?」

律「唯も気付いてたんじゃないかよー!」

澪「ボケが中途半端なんだよ」

星奈「まぁ、気に病むな」ポンポン

律「ちくしょー、ってなんで星奈までいるんだよ!次で降りるんだろ!?」

星奈「むぎちゃんの最後のお茶を堪能したいんだも~ん」ルンルン

紬「うふふ、さぁみんなもどうぞ~」

憂「ありがとうございます」

律「ふーんだ。みんなはどこ行きたいですかー」

澪「投げやりになったな」

唯「はい!私は浅間温泉に行きたいです!」

紬「いいわね~」

憂「みなさんの旅の疲れを癒せますね」

星奈「くぅ、いい子やね~」

唯「そうでしょ!」エヘン

律「じゃー、温泉へはいつ行きますかー」

澪「悪かったから、機嫌直して?」

星奈「ほら、売店で買ったポテチあげるから」

律「ふーんだ、私はお菓子でなんか釣られませーん」ムシャムシャ

澪「食べてるじゃないか」

律「うめぇ!なにこの味!」

澪「機嫌も直った」

星奈「中華街の名物豚まん味だよ~ん」

唯「おいし~い」パリパリ

星奈「でしょ?」

澪「私も一つ・・・」パリパリ

紬「私も~」ムシャムシャ

星奈「どう?」

澪紬「「 ・・・ 」」

憂「評価が極端に別れましたね・・・」

律「品評会してる場合じゃねぇ。それで温泉へはいつ行こうか」

唯「朝なんてどうかな?」

澪「入るなら夜がいいんじゃないのか?」

律「ふむ・・・」

唯「夜だと景色見れないよ~?」

星奈「・・・」ムシャムシャ

澪「そうだな、観光ガイドにも北アルプスを眺めながら入る温泉は贅沢と書かれているからな」

律「それじゃ、温泉は明日の朝に決定と」

憂「浅間温泉ですね」

唯「到着直後はどこへ行こう?」

紬「はい!私松本城へ行ってみたいの」

唯「いいですね!私も行きたいです!」

星奈「・・・」ズズー

律「ほほぅ。それはなぜかね?」

唯「はい。それは仙台の青葉城を幻覚でしか見られなかったからです!」

星奈「ブフッ!!」

律「女の子がお茶を吹くなよ・・・」

唯「星奈ちゃん大丈夫?」

憂「ハンカチ使ってください」

星奈「だ、大丈夫、自分の使うから・・・」ゲホゲホ

紬「星奈さんおかわりどうぞ」

星奈「さ、サンキュー」

澪「で、私も理解できないんだけど?」

唯「石しかなくて・・・こうだったんじゃないかなぁと」

憂「想像したんだね」

律「あぁ、そういう事か。私もびっくりしたぞ」

星奈「その割には落ち着いてたじゃん?」

澪「まぁ、慣れ・・・です」

律「他に案も無いようだし、いいんじゃないのか?」

澪「旧開智学校・・・」

紬「温泉から出た後に行きましょう澪ちゃん」

澪「うん!」キラキラ

星奈(かわいいな・・・)

律「旧開智学校の後に時間があったら上高地へ行くか」

唯「そうだね~」

憂「はい」

律「それでは、これで観光地巡り会議を終了する!」

星奈「何回目の会議だっけ?」

律「知らぬ!」

――――

小麦「おや?澪ちゃん一人でなにしてんのー?」

澪「あ、伊東さん」

小麦「やだなぁ、名前で呼んでくれていいよ~。同い年なんだし」

澪「そ、そう?」

小麦「うん。そうして欲しいな~」

澪「わ、分かったよ小麦・・・」

小麦「うん!」

澪「・・・」テレ

小麦「それでなにしてたの?」

澪「特に用事も無くフラフラとしてただけだよ」

小麦「みんなは~?」

澪「各自自由時間みたいなものかな?」

小麦「そっか~」

澪「エレナさんと一緒じゃないの?」

小麦「エレナは今ビデオの編集してるの。邪魔しちゃいけないから私も一人でウロウロしてるんだよ」

澪「編集の邪魔?」

小麦「そうなの~。私って機械と相性悪いからさ~触らないほうがいいんだよね~」

澪「扱いになれてないとか?」

小麦「うーん、そうじゃないんだけどね。私が触ると半分消えちゃうの」

澪「そ、それは大変だね」

小麦「ほんと~。画面の上半分が消えちゃって大変だったよ~」

澪「え、半分って録画時間の半分じゃないの?」

小麦「違うの。映像の上半分なの。どうしてあんな風になっちゃたんだろ~」

澪「それはこっちが聞きたいよ」

小麦「へへへ」

澪「あ、ごめん・・・」

小麦「ううん。今みたいに話してくれると嬉しいな」

澪「そ、そう?」

小麦「うん!」

澪「・・・小麦はエレナさんと付き合い長いの?」

小麦「ううん、出会ったのは7月の終わりごろだよ」

澪「えっ!じゃあ1週間とちょっと!?」

小麦「うん。そうだよ~」

澪「数年来の付き合いがあるようにみえたからびっくりした・・・」

小麦「仙台で露店開いててさ、なにしてるのかな~って話しかけたら」

澪「ウマがあったと・・・」

小麦「そういう事~」

澪「す、すごいな・・・」

小麦「褒めてくれてありがと!・・・それじゃエレナも編集終わっただろうから戻ってみるね~バイバイ~」

澪「うん」

澪(数日であれだけの信頼関係が築けるのか・・・。余程ウマが合うんだろうな・・・)

澪「・・・律はどこへ行ったかな」


―――

律「へ、へっくしょん!」

コック「お?風邪か?」

律「いや、違うと思う・・・」

コック「そうか、栄養満点のスープでも作ってやろうかと思ったがいらないな」

律「それは魅力的だけどさ、メニューにあるハンバーグのレシピを教えてくれよ!」

コック「ダメだ」

律「ちぇー」

コック「味は盗むもんだぜ、デコちゃん」

律「むむむ・・・」

コック「分かったらさっさと行きな。これでも忙しいんだからな」

律「絶対諦めないかんな!」オボエテロ

コック「いつでもはじき返してやるよ」

律「むー」

店員「どうしたんですか、料理長?」

コック「いや、なんでもない。これ仕上がったぞ、もってけ羽田」

羽田「は、はい!」


22