星奈「・・・」コソコソ

紬「・・・?」

梓「憂、その乗車証失くさないでね」

憂「うん。梓ちゃん、お姉ちゃんの事ありがとう」

梓「なんにもできなかったけどね」

紬「うふふ、そんな事ないわ」

唯「そうだよ、よくやってくれたよ!」

律「それをあなたが言うとややこしい事になるんだけど」

修治「あはは」

つばさ「唯さんってば~」

唯「でへへ」

紬「あずさちゃん忘れ物ないかしら?」

梓「はい!」

澪「気をつけて帰るんだぞ」

梓「はい、大丈夫です!」

律「私の事忘れないでね・・・」ウフ

梓「京都からまた乗車するじゃないですか。学校でも会いますよ」

唯「あずにゃん!」ダキッ

梓「唯先輩!?」

唯「あずにゃん成分を貯めさせて~」スリスリ

梓「なんですかそれっ!離して下さいっ!」グググ

唯「あ~ず~にゃ~ん」ムググ

梓「あれ・・・?」

憂「?」

律「どうしたぁ?」ニヤニヤ

梓「星奈さんは」

「わっ」

梓「もぅ、なにやってるんですか」

律「ちぇー、驚かないのかよ」

星奈「ちぇー」

梓「慣れましたよ」フッ

澪「ふふ」

紬「・・・」

星奈「最初は私に怯えてむぎちゃんの後ろへ隠れたんだよね~」

澪「へぇ~」

唯「あずにゃんらしいや!」

律「へへ、まったくだぜ!」

梓「なんですかそのキャラは!」

星奈「くっくっく、いつの間にか警戒しなくなったね~」

梓「あ、そう・・・ですね」

憂「・・・」

星奈「色々楽しかったよ」

つばさ「楽しかった!」

修治「うん」

梓「・・・っ」

紬「そろそろ時間よ~」

修治「それじゃ、京都で・・・」

梓「はい・・・」

つばさ「バイバイお兄ちゃん!」

修治「またな、つばさ」

澪「じゃあね、つばさちゃん」

つばさ「はい、演奏素敵でしたよ澪さん!」

澪「ありがと・・・」テレ

律「短い時間だったけど」

つばさ「ドラムかっこよかったです!」

律「へへっ、ありがと。じゃあね」

憂「よく私がお姉ちゃんじゃないって気付きましたね」

つばさ「う~ん、雰囲気が違ったから・・・かな?」

憂「雰囲気ですか?」

つばさ「うん!唯さんは暖かい雰囲気、憂さんはポカポカした雰囲気。あれ、逆かな?」

梓「ふふ、なにそれ」

憂「ありがとうつばささん。梓ちゃんまたね」

梓「後はよろしくね」

憂「うん」

唯「つばさちゃん・・・」

つばさ「そんな顔しないで唯さん!私みなさんの事忘れないよ!」

唯「・・・うん、私もつばさちゃんの事忘れないよ。元気でね・・・!」

つばさ「はい!ありがとー!唯さん!!」

星奈「それじゃ、私はここでお別れだね」

つばさ「星奈さん・・・」

梓「まだ・・・乗ってなかったんですか。駆け込み乗車は危険なんですよ?」

紬「あずさちゃん・・・」

星奈「あはは、始発の話聞いたのか~。二人とも元気でね!」

つばさ「うん!元気なのが私の取り得だから!」

星奈「一時期は心配したけど、もう大丈夫みたいだね」

つばさ「えへへ、梓さんのおかげです」

梓「・・・っ・・・」

つばさ「紬さん、一つお願いがあるんですけど・・・いいですか?」

紬「なにかしら?」

つばさ「その、抱きついても・・・いいですか・・・?」モジモジ

紬「えぇ」ニコニコ

つばさ「わーい!」ダキッ

紬「・・・」チラッ

梓「わ、私はいいですよ」

星奈「あの時みたいに甘えたらいいのに~」

梓「しませんよ!」

紬「・・・」ションボリ

つばさ「・・・ありがとう紬さん・・・優しくしてくれて・・・。とても嬉しかった」ギュウ

紬「つばさちゃん・・・元気でね・・・」ナデナデ

つばさ「はい!」

星奈「もういいのかい?」

つばさ「うん!」


prrrrrrrrrrrrr

紬「京都でね、あずさちゃん」

星奈「じゃあね、つばさちゃん。梓ちゃん」

梓「早く乗ってください。乗り遅れ・・・ますよ!」

星奈「まったく、最後までなまいき~」ワシャワシャ

梓「・・・もぅ、止めて・・・くださいよ・・・」

星奈「・・・っ」ワシャワシャ

梓「星奈・・・さん・・・?」

星奈「っ・・・それじゃあね~」

梓「ぁ・・・」

星奈「梓ちゃん。これ受け取って!」

ピンッ

シュルルルルル

梓「な、なんですか?」

パシッ

星奈「星奈さんのラッキーコインだよ~ん!」

梓「え・・・あ・・・」

星奈「よっ」

プシュー

星奈「」ブイッ


ガタン ゴトン 

梓「・・・星奈さん!」

ガタン ゴトン

梓「わ、私、最後の言葉言ってないのに・・・・・・」

ガタンゴトンガタンゴトン 

つばさ「梓さん・・・」

梓「最後なのに・・・もう会えないのに・・・私・・・」

つばさ「・・・」

梓「・・・言えな・・・かった・・・・・・」

つばさ「ううん。梓さん。それ・・・」

梓「・・・?」

つばさ「それ星奈さんが大切にしてたコインだよ」

梓「あ・・・あの時の・・・」

つばさ「ずっと使ってたけど、もう必要なくなったって言ってた」

梓「・・・」

つばさ「紬さんと・・・梓さんのおかげだって・・・」

梓「・・・っ・・・・・・」

つばさ「星奈さんらしい・・・別れだ・・・と思うな・・・」グスッ

梓「ぅ・・・っ・・・」ボロボロ

つばさ「あず・・・ささぁん・・・わたしずっと・・・我慢してたのにぃ・・・」ボロボロ

梓「ごめ・・・んね・・・つばさ・・・少しだけ・・・」ボロボロ

つばさ「・・・ぅん・・・」ボロボロ

梓「・・・星奈さ・・・ん・・・さよう・・・なら」

梓「・・・」

つばさ「・・・」

梓「ふふ」

つばさ「えへへ」

梓「ごめんね、情けないところ見せちゃって」

つばさ「ううん。私も思いっきり泣いたらスッキリしたよ」

梓「そっか」

つばさ「うん、家に着いたら絶対泣くってリボン結ってる時から思ってたもん」

梓「私は泣くつもりなかったんだけどね」

つばさ「えへへ」

梓「つばさはこれから北海道へ?」

つばさ「うん、この後にでる列車に乗って帰るよ。家族も心配してるだろうからね」

梓「そうなんだ」

つばさ「この列車で帰るんだよね。気をつけてね」

梓「うん。つばさも」

つばさ「・・・うん」

梓「・・・」

つばさ「・・・」

梓「勝さんの結婚式どうだった?」

つばさ「勝お兄ちゃんは普通だったけど、花嫁さんがキレイだったよ!」

梓「そうなんだ」

つばさ「えへへ、お義姉さんが優しい人で良かったよ!」

梓「ふふ、単純だなぁ」

つばさ「そんな事ないもーん!」

梓「そんな事あると思うけど」

つばさ「えへへ」

梓「ふふ」

つばさ「・・・」

梓「・・・」

つばさ「大切な人がたくさん出来た旅だったよ!ありがとう梓さん!」

梓「こっちこそありがとう。楽しい旅が出来たよ」

prrrrrrrr

つばさ「あ、発車しちゃうよ」

梓「うん」

つばさ「・・・」

梓「それじゃ、さような」

つばさ「ううん、違うよ。またね。だよ」

梓「え・・・」

つばさ「ほら、紬さんが結ってくれたリボンがあるもん」

梓「そうだね」

つばさ「うん!」

梓「それじゃ、また、どこかで」

つばさ「またね!梓さん!」

プシュー

ガタン ゴトン ガタンゴトン

梓(ふふ、まだ手を振ってる)

梓(つばさ・・・またね・・・)

・・・

この席か・・・

なんか座り心地悪いかも・・・

ヴェガの座席は良かったなぁ・・・

2号車に行けばむぎ先輩が必ず居てくれて

4号車には唯先輩がボケーと座ってて

律先輩と澪先輩はどの客車を気に入るんだろ

1号車は澪先輩で3号車が律先輩かな

憂も4号車が気に入るのかな

・・・くだらない事考えてるなぁ

一人で見る車窓の景色がつまらないせいだよね・・・

桜井さんとたくさん話ができたのは本当に嬉しかったなぁ・・・

つばさとは最初馴染めないと思ってたけど・・・知れば知るほどいい子で・・・

星奈さんは唯先輩と律先輩のような人で・・・一緒に居て楽しかった・・・

梓「・・・・・ッ・・・」

・・・・・・

・・・

梓「・・・・・・京都に早くこないかな・・・ヴェガ・・・」



――――――――

――――――――


律「あんな別れ方でよかったのかよ?」

星奈「あはは~、いや~、私湿っぽいの苦手でさ~」

律「梓のヤツ、泣きそうな顔してたぞ最後」ムス

星奈「う・・・」

澪「星奈さん、梓に渡したのって?」

星奈「あれは・・・私がいつも物事を決める大事な時に使ってたコインだよ」

紬「あの時の?」

星奈「そう。むぎちゃんに掴まれたコイン。裏と表、それぞれに進路を決めて表示された方を選択してきたの」

憂「・・・」

律「大事な事をそんな決め方していいのかよ?」

星奈「私結構強運でさ、今までそれに従ってきたけど悪いほうには転がらなかったのよ」アハハ

澪「それを梓に・・・?」

星奈「うん・・・。でも・・・もう必要ないからさ。これからは自分で決めて、喜んだり後悔したいんだ。・・・なんてね」

紬「・・・あずさちゃんも、星奈さんがコインを手放したその意味を理解すると思うわ」

憂「私もそう思います。けいおん部のみなさん以外の人とあんな顔する梓ちゃんみたの初めてですから・・・」

澪「そうだな」

星奈「そう言ってくれると嬉しいな。・・・ごめんね、律」

律「な、なんで私に謝るんだよっ」

澪「かわいい後輩を守りたいもんな」ニヤリ

律「ち、ちがうわぃ!」

唯「・・・」

紬「・・・唯ちゃん」

憂「お姉ちゃん・・・」

唯「・・・すぅー、はぁ~」

星奈「な、なにしてるのかな唯は?」

唯「・・・うん、大丈夫」

紬「・・・」

唯「・・・どうしたの?」

律「いや・・・」

澪「その・・・」

紬「えぇと・・・」

星奈「つばさと別れたばかりだけど、大丈夫なの?」

唯「うっ・・・」グス

澪「あっ」

星奈「あ、ご、ごめん唯!」

憂「大丈夫だよお姉ちゃん、紬さんがおまじないかけてくれたじゃない」

唯「う、うん。そうだね・・・」

紬「いつかまた会えるわ」

唯「・・・うん!そうだよね!」

澪「ホッ」

律「星奈のアホーッ」

星奈「ごめん・・・」

星奈「・・・しかし」ジロジロ

憂「な、なんでしょうか?」

星奈「見れば見るほど唯に似てるけど、本当は双子なんじゃないの?」

憂「紹介が遅れました。私平沢唯の妹、憂です。お姉ちゃんがお世話になっています」ペコリ

星奈「い、いえいえ。こちらこそ」ペコリ

律「こんな所にいてもしょうがないから移動しようぜ~」

唯「はい!私4号車へ行きたいです!」

紬「唯ちゃんは4号車が気に入ったのね」

澪「私は1号車が好きだな」

律「私は3号車ー!」

紬「あずさちゃんは2号車だったわ」

憂「どうしてみなさんバラバラなんですか?」

唯「見れば分かるよ~、ヴェガを案内するようい~」

星奈「元気になってよかった~」

澪「ふふ、やれやれだ」

律「私らも唯に続くか」

星奈「私降りる準備するから、また後でね~」

律「おう」

澪「次は松本か・・・」

紬「早いわ~」

憂「客車毎に座席の色が違うんだね」

唯「そうそう、次が4号車だよ~」

律「青、緑、黄色で次が赤」

澪「あ・・・他の客もいるからしずかに」

紬「・・・あら?」

「どうしよう・・・」

紬(見かけない方ね・・・何してるのかしら・・・)

「乗っちゃった・・・」

紬「あの・・・どうかなされました?」

「えっ?」

紬「えぇと、入り口のドアから外を眺めているからどうしたのかな、と。座席へ行かないのですか?」

「私、間違えて乗っちゃったんです」

紬「それで困っていたのね」

「えぇ・・・この列車、次どこに停まるのかしら」

紬「車掌さんに聞いてみたらどうでしょう?」

「そうですね・・・」

紬「たぶん、車掌室に居ると思いますけど、案内しましょうか?」

「すみません、おねがいします」


20