星奈「ちょっと個人的な願い事なんでね・・・。律、本当にごめんね」

律「いいって、気にするなよ」

愛「・・・」

澪「雷門の所にいるのって・・・」

律「金髪とメガネのコンビと言ったら・・・」

エレナ「オー、みなさんお久しゅうでござるヨ!」

小麦「やっほー!」

律「って、なんで露店開いてんだよ?」

唯「しばらく開かなくていいんじゃないの?」

エレナ「今は時間を潰しているだけネ」

澪「そっか、今戻っても中途半端に時間残るな」

紬「そうね~」

小麦「そういう事~」

愛「あ・・・」

修治「お、・・・みんな揃ってなにしてんの?」

エレナ「オーお代官様ネ!」

小麦「みんな~、修治君がお代払ってくれるって~」

星奈「なににしよっかな~ルンルン」

唯「わー!これかっわいい~」

律「唯はこれがいいんじゃないか?」

澪「お、おい・・・」

紬「うふふ」

修治「そ、そうだ!せっかくだから、みんなで記念撮影撮らないか?」

梓「・・・」

小麦「あ、いいじゃない賛成賛成!」

星奈「修治もいいところに気がつくじゃん!」

唯「撮ろう撮ろう~」

修治「・・・よし」

梓「・・・やりますね」

修治「な、なんの事かな?」

梓「どうしたんですか、そのバンソーコ」

修治「さっき転んじゃってね・・・。さ、中野さんも並んで並んで」

愛「あの、私もよろしいですか・・・?」

修治「もちろんだよ」

紬「このカメラでお願します」ニコニコ

修治「おっけー」

律「あ、私もカメラ持ってこればよかった」

澪「持ってきてたのか?」

律「あぁ、ヴェガに忘れた」

エレナ「修治サーン。よろしくお願しますネー」

梓「・・・」ブイ

紬「・・・」イエイ

唯「いえーい」ダブルピース

星奈「可愛くとってよー」

修治「はいよ。・・・はい、チーズ!」カシャ

小麦「あー!!」

澪「どうしたの伊東さん?」

星奈「分かった。目をつむっちゃったんでしょ~あれってマヌケだよね~」

唯「あるよね~」

小麦「ちっがーう!ハトがアクセ咥えて飛んでいったのー!」

愛「私のせいなんじゃ・・・」

エレナ「それは一大事件ですワ。追うネ!」タッタッタ

星奈「なに?おっもしろそ~!私も~」タッタッタ

律「よっしゃ!」タッタッタ

澪「発車時間に間に合わせろよー!」

律「あいよー!」

梓「大丈夫ですかね」

澪「エレナさんと伊東さんがいるから大丈夫だろ」

梓「あれ?」

唯「ん?」

梓「唯先輩も追いかけると思ってました・・・」

唯「やだな~、私そんなに子供じゃないよ~」モォー

修治「遊びで追いかけて行った3人は子供なんだな・・・」

澪「・・・むぎっ!?」

紬「はい?」

澪「い、いや。なんでもない・・・」

紬「?」

唯「愛ちゃんも追いかけていったのかぁ」

修治「・・・」

梓「先にヴェガに戻りましょうか・・・いい時間です」

澪「まだ充分に余裕あるぞ?」

修治「そういえば、みんなを見送るってつばさが張り切っていたな・・・」

紬「急いでいきましょう」

梓「そうですね!」

唯「よぉーし!」

澪「エンジンがかかったみたいな反応だな」

ガヤガヤ

唯「なにかのイベントをやってるみたいだね~」

梓「結構な人だかりですね」

紬「なにかしら?」

「みんな~っ!きてくれてありがとね!」

唯「あ!」キラキラ

「私、飯山みらいは今日からヴェガの一日車掌になっちゃうんだ!」

澪「あー、あのアイドルの・・・」

修治「テレビでよく見かけるよね」

みらい「みらいは、車掌さんのお仕事ってあんまり、よくわからないけど、でもでも、やるからにはガンバッちゃうよ!」

梓「よくわからないのに車掌するなんて、車掌さんに失礼なんじゃないですかねっ!」プンスカ

澪「まぁまぁ」

唯「みらいちゃんだ~」キラキラ

みらい「だからみらいのこと応援してね~~~!」

俺ら「「「  みらいちゃーん!!! 」」」

みらい「みんなありがと~!」

澪「警察署長なら聞いたことあるけど、車掌になるのは珍しいな」

修治「一日ですむのかな・・・」

みらい「あのねっ!みらいが車掌になる感想なんか聞いてみようとおもうんだけど・・・そうだなぁ」

唯「みっらいちゃーん!」

みらい「あっ、それじゃ、そこの元気なお姉さん!!」

唯「?」

紬「?」

みらい「キミ~、どこをみているの!みらいはキミを指しているのだっ」

唯「わ、わたし!?」

梓「タイミング的に狙ってたような気がしないでもないですね」

みらい「あはははは!やっぱり驚いてる!みらいが指名したんだから喜んでくれてもいいんじゃない?」

修治「・・・」

唯「光栄だよ~!」

みらい「アイドルに指名されるなんて滅多にないことだもんね~」キャハ

唯「その通りだね~」エヘヘ

俺「」ギロッ

澪「ヒアッ」

紬「澪ちゃん私たちは先に行ってましょうか」

澪「う、うん・・・」ビクビク

梓「私も降りる準備がありますので、鳥羽さん唯先輩の事お願いします」

修治「う、うん・・・」

みらい「それじゃ、お姉さんのお名前から教えてくれる?」

唯「唯だよ~」

みらい「それじゃ唯くんはみらいが車掌さんになったらどんな事を期待する?」

唯「みんなが楽しくなれるようにしてほしいな!」

みらい「・・・」

修治「・・・?」

みらい「あははは、当然の事を言ってくれるね!」

唯「えへへ~」

修治「いや、褒めてはいない・・・」

みらい「もしかして唯くんはヴェガに乗ってるの?」

唯「そうだよ~、青森から乗車してます!」フンス!

みらい「そうか、それじゃよろしく頼むぞ旅の仲間よ!なんてね」キャハハ

唯「よろしく~!」

みらい「それじゃ他の人にも聞いてみようかな、ありがとね~」

唯「あいよ~」

修治「周りの目がキツかった・・・行こうか平沢さん・・・」

唯「あれ?みんなは・・・?」

修治「先に行ったよ」

唯「そっか~」

修治「飯山みらいのファンなの?」

唯「そうだよ!前にTVに出てた時ファンになったんだ~」

修治「へぇ~」

唯「あ、そだ・・・つばさちゃんは?」

修治「つばさならヴェガにいると思うけど・・・」


――――

梓「それではよろしくお願します」

車掌「かしこまりました」

「我がままを聞いてくれて、ありがとうございます」

車掌「いえいえ。ですが、この事は内密にお願します」

梓「はい、分かりました」

「分かりました」

車掌「私とみなさんだけの秘密ですよ」ウィンク

梓「は、はい!ありがとうございます!」

つばさ「あー!おそーい!」

梓「ごめんね、つばさ」

律「どこ行ってたんだよ梓~」

梓「車掌さんに挨拶してきました」

澪「そうか・・・」

紬「唯ちゃんはどこかしら?」

つばさ「唯さん来ないの・・・?」

梓「すぐ来るよ」

星奈「最後の挨拶をすっぽかす訳ないよ」

つばさ「そうだよね」エヘヘ

唯「おまたせしました~」

澪「あれ、駅の売店に行くって言ってなかった?」

唯「は、はい、行ってきました!」

澪「やけに早いな・・・」

梓「・・・」

紬「・・・?」

つばさ「それではみなさん、お兄ちゃんをよろしくお願します」ペコリ

修治「なんで俺がお前によろしくされないといけないんだよ」

つばさ「お兄ちゃん!どこ行ってたの!」

修治「平沢さんにアドバイスを・・・って早いな、もうここにいるんだ?」

唯「は、はい」

つばさ「ん~?」ジロジロ

唯「?」

梓「ど、どうしたのつばさ?」

澪「なんか変だな・・・」

律「いつも変だろ唯は」

唯「そんな事ないですよ。意外としっかりしてます」

紬「・・・そういう事ね」クスクス

つばさ「本当に唯さん?」ジロジロ

唯「そ、そうだよ、つばささん」

律「この感じどこかで・・・」

星奈「デジャヴ?」

澪「いや、デジャヴではなく・・・」

「おぉーい、つばさちゃーん」

つばさ「あ、唯さーん!」

唯「・・・あれ!?私がいる!?」

「お姉ちゃん・・・久しぶりだね」

澪「お姉ちゃん!?」

律「も、もしかして憂ちゃん!?」

紬「うふふ」

星奈「ドッペル?」

修治「そんな現象なのか?」

唯「ういー!!」ダキッ

憂「お、お姉ちゃん・・・苦しい」

梓「プクク」

律「そこで肩を震わせている君。ちょいと聞きたい事があるんだがいいかね?」

梓「な、なんでしょうか?」

律「これは君が仕組んだ事なのかね?」

梓「そ、そうです・・・」

律「・・・グッジョブだ!」グー!

澪「梓一人で計画してたのか?」

梓「私たちがヴェガに乗る事を憂に話したら、とても羨ましがってたので・・・」

憂「はい!梓ちゃんが東京で降りるから代わりに乗ってはどうかと誘われました」

唯「あずにゃん偉い!」

つばさ「梓さんすごーい!」

梓「その褒め方は・・・」

澪「でもよく許可できたな」

梓「稚内で車掌さんに申請して、青森で許可が下りました」

修治「なるほど、青森までに中野さんを見極めたって事か」

星奈「いい子だと判断したわけね」

梓「な、なんですかそれは」

律「しかし、車掌さんも思い切ったことするよな~」

憂「車掌さんには先ほどお礼を申し上げました」

唯「私も後からお礼を言わなきゃ」

憂「そうだね、私も一緒に行くよ」

梓「そういえば鳥羽さん、唯先輩に何のアドバイスをしてたんですか?」

修治「あー・・・」チラッ

つばさ「なに、お兄ちゃん?」

唯「じゃじゃーん!つばさちゃんにプレゼントです!」

紬「まぁ~」

梓「?」

つばさ「唯さんから?嬉しい~!」

唯「はい、どうぞ」

つばさ「ありがとう唯さん!これ開けていいかな!?」

唯「どうぞー」

修治「・・・」

つばさ「あ、リボン・・・」

梓「・・・」

つばさ「お兄ちゃん・・・」

修治「昔約束した時、結ったよな・・・」

つばさ「覚えててくれたの!?」

唯「修治くんがつばさちゃんに結ったリボンの話、聞いたよ~」

紬「まぁ、素敵ね~」

澪「ほぅ」

律「詳しく聞かせてもらおうか」キラン

星奈「うむ」メモメモ

修治「星奈、メモに取らなくていいから。あー、昔俺とつばさが別れる時に・・・」

つばさ「引越しが決まった日に、私が駄々をこねたの。『行きたくない、ずっとここにいる』って」

梓「・・・」

つばさ「そしたらお兄ちゃんがリボンを結ってくれて、『また会う日が来ますように』っておまじない掛けしてくれたの」

澪「・・・」ジーン

修治「・・・」

つばさ「それを信じることが出来たから、引越し先でも頑張れたんだ」

憂「素敵な話ですね」

律「・・・今回も願掛けするって事?」

つばさ「そうなの?」

唯「そうです!」

梓「いいですね。むぎ先輩が適任かと」

紬「私でいいのかしら?」

修治「もちろん」

澪「そうだな」

つばさ「えへへ~、お願いします紬さん!」

紬「うん、任せて!」フンス!

星奈「いい話だよね~」

律「あぁ。しかも再会してるからな」

澪「うん、良かった」

梓「・・・はい」

憂「感動しました」

唯「それを聞いたらこれしかないと閃いたのです!」

律「ナイスアシストだぜ唯!」

唯「やったぜりっちゃん!」

つばさ(・・・いつか・・・)

紬「これでどうかしら」

憂「似合ってますよ」

唯「うん、可愛い!」

律「いいんじゃないか~」

修治「うん」

星奈「可愛いよつばさちゃん」

つばさ「えへへ。ありがとう、紬さん!」

紬「いいえ~」ニコニコ

梓「よかったね、つばさ」

つばさ「うん!」

澪「・・・そろそろ時間だな」


19