律「さっきまでのテンションはどうしたんだよ~」

澪「あぁ、うん・・・」

唯「疲れちゃった?」

澪「うん・・・疲れた。テンション高めってしんどいな・・・律と唯はすごいよ」

律「そうだろそうだろ~」

唯「えぇー、私は別に高めではないんだけどなぁ~」

梓「星奈さん居ませんね・・・」キョロキョロ

紬「本当ね、遅れるのかしら」

「おーい!」

唯「あ、いた~」

星奈「ごめんごめん。電車が混んでてさ~」

梓「電車は混んでても時間通りに到着するじゃないですか!」

星奈「あっはっは、ナイスツッコミ~」イェイ

紬「私たちも今来たところよ」

律「お腹空いたから早く入ろうぜ~」

星奈「小麦に教えてもらった店が近くにあるからさ、そこ入ろうよ」

澪「伊東さんがですか?」

星奈「情報集めるの得意みたいだよ」

唯「新聞部だってエレナさんが言ってたね」

梓「へぇ~。意外ですね」

律「確かに」

澪「でも、あの二人はいいコンビだよな」

紬「二人とも元気だったわね~」

星奈「エレナと小麦も一緒だったの?」

澪「はい、後楽園遊園地行って来ました」

星奈「詳しい話は後にして、まだ敬語なんだね~」

澪「あ、ご、ごめんなさ・・・ごめん!」

律「どんな謝り方だよ」

星奈「あはは、あ、ここだよ~ん」

唯「おぉ、ここですか。どれどれ・・・」

コンコン

梓「ノックはいいですから、早く開けてください唯先輩」

ガラガラッ

律「たのもぉー!!」

梓「道場破りじゃないんですから普通に入りましょうよ」

星奈「店長さーん、とりあえずグラタン6つ!」

梓「もんじゃ焼き食べましょうよ!とりあえずって何ですかっ!」

店長「元気な子達が来たわねぇ・・・さ、ここへどうぞ~」

紬「あずさちゃん元気になったね」

梓「3倍以上な気がする・・・」ウワァァ

澪「梓も大変だな」

梓「澪先輩、後はよろしくお願します」

澪「?」

律「明日ヴェガを降りるんだっけ?」

梓「はい」

澪「そういう事か・・・」

星奈「そっか・・・」

店長「さぁ、なににする?」

律「お勧めは何ですか?」

店長「ミックスだよ!」

唯「じゃあカレーで!」

梓「・・・話の流れを考えてください」

律「私はミックス、みんなは?」

澪「私もミックスで」

紬「私も~」

梓「私もそれで」

星奈「私もカレーで」

店長「面白いねアンタたち、ドリンクサービスしとくよ!」

唯律星奈「「「 ごっつぁんです!! 」」」

紬「ご、ごっつぁん」

店長「あいよ~!」

紬「・・・」ションボリ

星奈「む、むぎちゃん・・・」キュルリン

梓「おぉ・・・」

律「むぎはもうちょっと練習が必要だな~」

唯「そうだね~」

紬「わ、私頑張る!」フンス!

澪「唯と律は演奏の練習もしような」

律「星奈は到着してからどこ行ってたんだよ~」

唯「そうだよ~どこ行ってたんだい?」

梓「話の切り替えはやいな~」

星奈「私は中華街へ行ってきたよ~ん」

律「何食べた!?」

星奈「いやぁ、結構値段が張っていたからさぁ、肉まんだけ食べてきた。けど、すっごくおいしかった」

グゥ~

唯「あ・・・お腹が鳴っちゃった」

澪「もう少しだから」

星奈「都庁へ行って~、臨海副都心へ行ってきた!」

紬「たくさん移動したのね~」

星奈「だからお腹がペコペコ」アハハ

梓「どうでした?」

星奈「建物が大きかったよ!その代わり空は低いけどね」

梓「東京の建物は何かと大きいですよね。そういえば北海道の空は高かったです」

紬「そうね~広くて高かったわ」

梓「・・・」

店長「はいよー、ミックスもんじゃ4つにカレーもんじゃ2つ!」

律「キタキタ~」

唯「おぉ~、コーンスープかと思った」

律「夏にコーンスープ出す店って・・・」

澪「容器がそんな風に見えるからな」

星奈「焼くぞ~」

紬「おぉ~」

ジュ-

唯「鉄板一つだからみんなの合わせて大きいもんじゃにしようよ!」

律「カレー同士二人でやってろ」

星奈「よしやるか!」

店長「やめとくれ。ひっくり返すの大変なんだよ?はいソフトドリンク」

澪「あ、ありがとうございます」

店長「いいえ~、ごゆっくり~」

星奈「じゃ、やめておこうか」

唯「そうだね」

ジュージュー

律「いい匂いだ~」

澪「あぁ」

紬「・・・」ワクワク

梓「・・・」

唯「あずにゃん・・・」

梓「なんですか?」

唯「猫はネギ食べたらいけないんだよ?」

梓「知ってますよ?」

唯「・・・」

梓「?」

星奈「このもんじゃにはネギが入ってるから、梓ちゃんは食べられないねって事」

梓「にゃっ!?」

唯「分かってくれたんだね、星奈ちゃん!」

星奈「ちょっと苦しかったけどね~」

律「すげぇ苦しかったぞ今の・・・」

ジュージュー

澪「そろそろいいんじゃないか?」

紬「わぁ~」パァァ

星奈「いただきます!」

紬「いただきま~す!」


―――――ヴェガ

星奈「あっはっは!フリーフォール二回乗った後にメリーゴーランド!」

澪「・・・」

梓「・・・」

星奈「最ッ高ーだよそれ!アッハッハ!」

律「だよな~」ウシシ

紬「5人とも楽しそうにメリーゴーランドに乗っていたわ~」

梓「楽しんでたのはエレナさんと小麦さんと唯先輩だけです・・・。澪先輩は途中で素に戻ってましたから」

澪「勢いって怖いな・・・」

律「事態を招いたのは澪のテンションのせいだぞ」

澪「うん・・・」

星奈「梓ちゃんはなんで乗ったのさ」

梓「むぎ先輩も乗ると思ってたんです」

星奈「くっくっく」

梓「澪先輩に引っ張られて、後ろ見たらむぎ先輩が乗って無いんですよ。びっくりしました」

律「振り向いたときの梓の表情すごかったな」

紬「定員ちょうどで私は乗れなかったの・・・。ごめんね」

梓「い、いえ・・・」

星奈「あっはっは!ダメだ笑いが止まらない!」

梓「むー・・・」プクー

澪「疲れたけど・・・楽しかった」

律「確かにいい経験になったな」

タッタッタッタ

唯「車掌さんが12時までならおっけーだって~」

律「おぅ、お疲れ。唯」

紬「おつかれさま~」

唯「大丈夫!食後の軽い運動にちょうどいいよ!」ブイ

澪「今8時だから3時間ぐらいだな。展望車に移動するか」

紬「そうね~、私厨房へお湯いただいてから行くから先行ってて」

唯「おっけ~」

律「梓と星奈~、私たち先に行ってるぞ~」

スタスタ

星奈「ごめんって!」

梓「知りません・・・って、誰も居ないですね・・・」

星奈「あれ?ホントだ・・・先に展望車に行ったのかな」

梓「そのようですね。私たちも行きましょう」

星奈「そうだね~。・・・あのさ、一つ聞きたいんだけど」

梓「なんですか?」

星奈「いつもあんな調子なの?」

梓「なにがですか?」

星奈「5人揃うといつもあんな調子なのかなぁって」

梓「いつもはもう少し落ち着いているんですけどね。旅の途中だから気分が高まっているのかもしれません」

星奈「そうか~。なんか楽しそうな部活じゃない」

梓「はい。けいおん部に入って良かったです」ウンウン

星奈「そうかそうか~。いい先輩たちに囲まれて幸せだにゃ~」

梓「そうかもしれませんね」

星奈「そこは『私幸せです』って言った方が素直で可愛いの!」ワシャワシャ

梓「もぅ、止めてください!」

紬「あら?二人ともなにしてるの?」

星奈「ちょっと教育をね」

梓「髪の毛が乱れたじゃないですか・・・」

星奈「・・・浅草に行く前にさ、父さんに電話したよ」

梓「!」

紬「・・・」

星奈「最初はお互い黙ってたけど、明日会いに行くって伝えたら『分かった』だって」

梓「・・・」

紬「そうですか」

星奈「だからもぅ今から心臓ドキドキしてんの」アハハ

梓「いきなりどうしたんですか」

星奈「明日でお別れなんでしょ?」

梓「!」

星奈「二人には迷惑・・・じゃなかった。お世話になったから、そのお礼をね」

紬「いえいえ」

星奈「二人のおかげで素直になれたよ。ありがとう」

梓「・・・」

星奈「ほ、ほら、早く展望車で遊ぼうよ!先に行ってるよ~ん」

タッタッタ

紬「はいは~い」

梓「むぎ先輩・・・」

紬「なぁに?」

梓「私・・・」

紬「・・・」

梓「私・・・唯先輩のように強くなれるでしょうか・・・」

紬「・・・」

梓「自信・・・ないです・・・」

紬「・・・つばさちゃんとも別れるものね」

梓「・・・」

紬「私たちはずっとあずさちゃんと一緒よ」

ギュ

梓「・・・はい」

唯「お~い、むぎにゃ~ん」

律「なんだよそれ」

唯「むぎちゃんとあずにゃんを足して割った言葉だよ!」

星奈「くっくっく、なんだそりゃ」

澪「なにしてるんだ~、はやくこーい」

紬「さぁあずさちゃん、行きましょう」

梓「は、はい!」

律「むぎと梓はなんで手を繋いでるんだ?」

唯「私も~」

ギュ

星奈「いや、え・・・?」

澪「脈絡の無いことするなっ」

梓「むぎ先輩、ピアノリクエストしていいですか・・・?」

紬「えぇ、アラベスクでいいかしら?」ニコニコ

梓「はい!」


5日目終了--------




8月6日



律「なんでまた浅草に来てるんだよ私たちは!」

澪「昨日唯が言ってただろ」

唯「参拝しなきゃバチが当たるよ!」

紬「そうね!」フンス!

梓「私とむぎ先輩は山寺でも参拝したんですけどね・・・」

紬「あずさちゃん。日本にはたくさんの神様がいらっしゃるから、大丈夫よ」ニコニコ

梓「そ、そうですね」

律「どういう理屈だそれ」

唯「ほらほら、りっちゃんも賽銭準備する!」

律「へいへい。・・・って小銭がねぇ!」シマッタ

澪「札か・・・景気がいいな」

律「ちょっと両替してくる」

梓「並びなおしたら乗り遅れますよ?」

律「く・・・!」

唯「神様もきっと喜んでくれるよ」

律「神様はお金の額で歓天喜地しねぇよ」

唯「かんてん・・・おいしい・・・?」

澪「おい受験生・・・」

紬「かんてんきち。天を仰いで喜んだり地にうつむいて喜ぶ事よ」

唯「神様が天を見てたらなんか変だよ~」

梓「そうですね。天は異次元を指してますから、天に居る神様が更に異次元を仰ぐのは変ですよね」

律「いや、神前で変だとか言ってんなよ・・・」

澪「ほら、私たちの番だぞ」

チャリーンチャリーン

律「くぅ・・・」

ヒラヒラ

ジャラジャラ

パンパン

律(ヴェガの乗客みんなの旅が無事に終えますようにっ!)

澪(みんなの旅が安全に終えますように・・・)

紬(みんなが無事に旅を終えますように)

唯(みんなと楽しく旅が出来ますように!)

梓(先輩方の旅の安全と・・・)

澪「よし、行こうか」

律「・・・よし!」

紬「えぇ」

唯「あいよ!」

梓「はい」

澪「みんなは・・・って聞かなくても分かるような気がする」

律「受験に失敗しませんようにだろ?」

澪「違うだろ」

唯「しまった!」

梓「乗り遅れますよ?」

紬「これから頑張りましょ唯ちゃん」

唯「イエッサ!」ビシッ

梓「あ・・・」

愛「みなさん・・・」

律「おー、愛ちゃんも参拝しにきたのー?」

愛「い、いえ・・・私は人ごみに流されてしまって」

澪「そうですか、それなら一緒にヴェガに戻りましょう」

唯「戻ろう~」

愛「は、はい」

「おっとっと!」

ドンッ

律「・・・痛っ!」

愛「・・・!」

澪「り、律!」

唯「りっちゃん!」

「あ、ごめんなさい!大丈夫ですか・・・って律?」

梓「せ、星奈さん?」

澪「ほら、律つかまれ」

ギュ

律「おぅ、サンキュー」

星奈「ごめん律・・・。大丈夫?」

紬「りっちゃん大丈夫?」

律「あー、星奈か~だいじょうぶ。ちょっと転んだだけだからさ」

愛「・・・」ホッ

星奈「昨日唯が参拝しようって言ってたでしょ?私もお願い事があったからさ」

梓「昨日言ってた事ですか?」

星奈「そういう事」

唯「それなら一緒に行けばよかったのに~」

梓「そうです!」


18