修治「なにしてるの?」

星奈「ッ!」

梓「UNOです。鳥羽さんもどうですか?」

星奈「わ、私!用事を思い出しちゃった! ちょっと席外すね!」

修治「せ、星奈・・・」

紬「?」

唯「罰ゲームは~?」

星奈「あ~、デコピンで。真美ちゃん、私の変わりにやっといてね!」

タッタッタ

真美「えっ?えっ!?」

紬「どうしたのかしら・・・」

梓「行っちゃいましたね」

修治「・・・」

唯「さぁ、どうぞ!真美ちゃん!」

真美「え、え~と。よ、よろしいんですか?」

唯「罰ゲームだもん、構わないよ!」

真美「そ、それでは恐縮ですが・・・」

ペチ

唯「・・・優しいね~、真美ちゃん~」

梓「それでは」

ビシッ

唯「あうっ!」

紬「ごめんね、唯ちゃん」

ビシ

唯「あたた・・・」

修治「俺ちょっと」

梓「すいません、私売店へ行ってきます」

紬「オレンジジュースの方がよかった?」

梓「いえ、果物でもあればみんなで摘もうかと」

紬「菓子類よりいいかもしれないわね」

梓「行ってきます」

テッテッテ

修治「・・・」

唯「真美ちゃん、UNOのルールはね・・・」

真美「はい」

紬「紅茶冷めちゃってるわね・・・」



―――――1号車

梓(・・・いた)

星奈「・・・」

梓(来たのはいいけど、どう話かけよう・・・)

星奈「梓ちゃん・・・?」

梓「!」

星奈「どうしたの?」

梓「あ、えーと。売店に用があって・・・」

星奈「そう・・・。売店車は隣だよ」

梓「は、はい・・・」

星奈「・・・行かないの?」

梓「行きますけど・・・、その、星奈さん、用事終わったんですか?」

星奈「まぁね~」

梓「だったらみんなの所へ・・・」

星奈「一人にして欲しいと言っても連れて行くの?」

梓「そ、それは・・・」

星奈「くっくっく、アイツといい梓ちゃんといい。お節介が多いな~」

梓「・・・」

星奈「あ、悪い意味で言ったんじゃないからね?」

梓「・・・」

星奈「そうだな。それじゃ、アイツと同じ方法で諦めてもらうか」

梓「?」

星奈「私自身の問題で他人を巻き込みたくなくてさ。アイツが話せとしつこいから、この方法で諦めてもらったの」

梓「方法?」

星奈「うん、梓ちゃんそこ座って」

梓「は、はい・・・」

星奈「このコインの表がこっち。裏がこっちね」

梓「娯楽車のコインとは違いますね。なにをするんですか?」

星奈「コイントスだよ」

梓「?」

星奈「梓ちゃんが私の運に勝てたら素直に従うよ。でも・・・」

梓「負け・・・たら・・・?」

星奈「私の問題は放って置いて、これからも楽しく旅を続けよう。それだけ」

梓「そんな大事なことゲームで決めるんですか!?」

星奈「そうだよ、私はいつもこの方法で人生の選択を決めてきたんだ。いくよ~」

ピンッ

シュルルルルルルル

紬「表」パシッ

梓「むぎ先輩・・・」

紬「もっと楽しく旅をするためにも聴かせてくださいませんか?」

星奈「・・・それはコインを見てからだよ」

紬「どうかしら?」

星奈「・・・」

梓「・・・」

星奈「・・・まいったな、私の強運より上に行くなんて・・・」

紬「私の勝ちね?」

梓「・・・」

星奈「分かったよ、今はもう遅いから明日のお昼に仙台の定禅寺通りに来て」

紬「えぇ、分かりました」

梓「・・・」

星奈「修治とは二人で話したいから、むぎちゃんと梓ちゃんの二人で来てね」

梓「はい」

星奈「それじゃ、明日ね・・・」

―――

梓「むぎ先輩・・・どうしてここへ?」

紬「紅茶の葉を買いに売店へ通りがかっただけなの」

梓「そうなんですか。でも、よくコインの表を引き当てましたね。私自信なかったです」

紬「あれが表で合ってたのね~」

梓「もしかしてどっちが表か知らなかったんですか?」

紬「えぇ。二人の話を途中からしか聞いてないの」

梓「・・・」

紬「星奈さんの事放っておけない、と思ったら無意識にコインを掴んでいたの」

梓「敵わないなぁ・・・」ボソッ

紬「急いで売店へ行かなきゃ」

梓「唯先輩達が待ってますもんね」


―――

唯「真美ちゃん覚えるのはやーい!」

真美「私カードゲームは好きなんです」

修治「どうでした?」

梓「私はなにもできませんでしたけど、むぎ先輩がいれば星奈さんと話できそうです」

修治「果物があったかどうか聞いたんですけど・・・」

梓「あ・・・」

修治「・・・でも、ありがとうございます。俺一人じゃどうにもならなかったかも知れません」

梓「でしゃばった形になってすいません・・・」

修治「いえ、本当に助かります」

唯「あずにゃんや、むぎちゃんはどうしたのかね」

真美「クスクス」

梓「厨房へ行って果物を切ってもらってます。紅茶の淹れ直しも」

唯「果物なにがあったのー?」

梓「ヒントは青森です」

修治「りんご」

唯「ごりら」

真美「ら、らっぱ?」

愛「・・・パイナップル」

梓「なんでしりとりが始まってるんですか、って愛さん居たんですか!?」

愛「はい・・・すいません・・・」

梓「いや、その、ごめんなさい・・・」

唯「あずにゃん元気だね~」

修治「この中で一番若いからね」

梓「みなさんより一つだけしか違わないじゃないですか。そういえばつばさは居ないんですね」

修治「あー、あいつは・・・」

つばさ「みなさんおまたせー!お姉ちゃんの特性紅茶だよ~」

紬「あらあら、こぼさないように気をつけてね」

真美「噂をすれば・・・ですね」

つばさ「あれぇ、星奈さん居ないのー?」

愛「そういえば・・・」

修治「疲れてるんじゃないかね」

真美「こんなにはやく寝るなんて相当疲れてるんですね」

唯「修治くん、ケンカでもしたんじゃないのー?」ニヤニヤ

梓(変な所で鋭いなぁ)

修治「まぁ、そんな所かな?」

つばさ「早く仲直りしなよ~」

紬「まぁまぁまぁまぁ、みなさん紅茶でもどうぞ~」

愛「あ、ありがとうございます」

紬「りんごもありますよ~」

唯「りんご、りんご!あっぷる!あぷふぇる!」

梓「おいしいです!」シャクシャク

紬「旬には少し早かったけど」

真美「この紅茶、りんごの香りがします」

紬「ちょっとだけ入れてみました」ニコニコ

唯「そうだ、いい事思いついちゃった~。あずにゃん耳をかして」

梓「?」

唯「こういうのはどうかな?」ヒソヒソ 

梓「それは面白いかもしれませんね。次は仙台ですし」

唯「でしょ~」

紬「あらあら、なぁに~」

梓「あのですね」ヒソヒソ

紬「おぉ~」

つばさ「なになに?」

紬「あのねぇ~」ヒソヒソ

つばさ「ほぉ~」

唯「なになに、教えて教えて~」

つばさ「んっとね~」ヒソヒソ

唯「そ、それは名案だよつばさちゃん!」

梓「コントですね。満足しましたか?」

唯「うん!」

愛「クスクス」

真美「ふふ」

車掌「楽しんでいるところ申し訳ありません」

紬「あ、車掌さん」

車掌「仙台への到着時刻は0時となっております。到着時以降も展望車を利用なされる場合
   一度私へ連絡していただきますよう、お願いします」

紬「はい、分かりました~」

車掌「それではごゆっくり、おくつろぎくださいませ」

修治「・・・」

梓「今度は星奈さんも一緒に遊びましょう」

修治「うん、ありがとう。俺はこれで失礼するよ」

梓「そうですか、それではまた明日」

修治「うん。紅茶ごちそうさま」

紬「いえいえ~」

真美「唯さん、UNOしませんか?」

つばさ「わたしもやるー!」

愛「わ、わたしも参加したいです」

唯「よーし、第二回UNO大会始まり~!」



3日目終了--------




8月4日



(うぅ~ん、やっぱり律と一緒に来ればよかったかも・・・)

「お1人ですかァ?」

澪「ヒッ」

「そんな怖がンなくてもよくね?」ヘラヘラ

澪「ナ、ナンデショウカ・・・」

「なんかデッケェ荷物だけど、大変でしょ、お持ちしますよ?」ヘラヘラ

澪「イ、イイデス・・・」ガクガク

「オレ知ってンぜ、それギターっていうんっしょ?」ヘラヘラ

澪「チ、チガイマス」ビクビク

「そンなことより、今から遊びに行かね? 楽しい場所知ってんだよ」ヘラヘラ

澪「イ、イイデス」ブルブル

「え、オッケ? ノリいいね~ そんじゃ行こっか?」ヘラヘラ

「あんたバカァ?」

「あァ?」

澪「ヒァッ」

「あんたみたいなチャラい奴と、こんな可愛い子が釣りあうわけないじゃん」

チャラ男「ンだとぉ?」

「ソーですねぇ~、どう見ても嫌がっていましたヨ。押してダメなら引いてみよ。ですワ」

「エレナ・・・それ違う・・・」

チャラ男「なんだてめぇら、やんのかコラ」ビキビキ

エレナ「オー、カヨワイ女性に暴力ですか、サムライ男児ともあろう方が、かっこ悪いネ」

澪「アワワ」オロオロ

チャラ男「サムライ魂見せてやろうか? あぁ!?」

エレナ「ショウガナイですネー。小麦 アレを披露するネ!」

小麦「オッケー」ガサゴソ

チャラ男「厚い板切れなんぞ出しやがって、それで俺を殴るってか?」ニヤニヤ

エレナ「いいですか、小麦? しっかり持つですヨ?」

小麦「大丈夫だよ、さぁ来い!」

チャラ男「板割かよ・・・女のお前が割れるわけ」

エレナ「スゥー、・・・ハッ」セイッ

小麦「ッ!」グッ

バキッ

「「 おぉ~ 」」 パチパチ

澪「す、すごい・・・割れた」

エレナ「小麦、ダイジョウブですカ?」

小麦「うん、大丈夫。 手が痺れちゃったけどね」

「金髪のネーちゃん、カッコよかったぞー!」ガヤガヤ

「次はなにをしてくれるのー?」ガヤガヤ

小麦「あらら、いつの間にかギャラリーが・・・そうだエレナ! ここで店を開こうよ!」

エレナ「それはGood Idea! さっそく出店するヨ」

澪「あ、あの・・・」

小麦「ん・・・?」

澪「た、助けてくれてありがとうございました」ペコリ

エレナ「くるしゅーないネ!」

小麦「あれ、あの男は・・・?」

澪「走ってどこかへ・・・」

小麦「ふ~ん、まぁあたしらもここで店を開けてラッキーだからお互い様だよ~!」

エレナ「さ~、寄ってらっしゃい見てらっしゃい! いいブツが手に入りましたヨー」

客「それじゃあこれ下さい」クスクス

エレナ「おー、サンキューです。 クククおぬしもワルよのぅ」

客「いやいや悪くない悪くない」ワハハ

澪「でも、どうして急に露店を?」

小麦「エレナは今世界を旅している途中なんだ。それでお金に困ったらお店を開いて稼いでるの!」

エレナ「そうデース。しっかり稼がなければ、その日の食事もままなりませんカラ」

澪「す、すごいな・・・。それじゃあ、えーと」

小麦「あ、私の名前? 私は伊東小麦! それでこっちはエレナ・ユーリ・ノーディス」

エレナ「よろしくですワ」

澪「わ、私は秋山澪と言います。 それじゃあ伊東さんも世界旅行中なんですか?」

小麦「そーなの! 出会ったのはこの街なんだけど、私もついていくのー」

エレナ「ささっ、こちらの品をお納めくださいマセ」

客「あはは」

澪「大繁盛ですね」クスクス

小麦「エレナの言葉遣いがウケてるんだよね。教えたの私だけどー」

澪「それじゃあ私もお礼とは言えませんが一つください」

エレナ「オー、ミオさん。有難うございますネ」

小麦「んー、そうだなー。澪さんのイメージだとこの蒼のペンダントはどうかな?」

澪「・・・・・・キレイ・・・」

エレナ「それが気に入ったなら着けてみてはいかが?」

スチャ

澪「ど、どうですか・・・?」

小麦「おぉー とっても似合ってるよ!」

澪「あ、ありがとう・・・」カァ

エレナ「えぇ、とっても映えますワ」

澪「そ、それじゃあお金を」

エレナ「友達特価にしますネ」

澪「と、ともだち・・・ でも悪いですから」

エレナ「ノンノン。とあるお国では、一度会えば皆兄弟という言葉がありますネ」

小麦「そういうこと~。はい、お釣り」

澪「はぁ・・・」

エレナ「さぁ、小麦! しっかり稼ぐネ!」

小麦「はいよぉ!」

澪「それじゃ、私もう行きます。あ、あの、本当に助けていただいてありがとうございました!」ペコリ

エレナ「see you~」

小麦「バイバイ~ もう変な男にひっかかっちゃダメだよ~」フリフリ

澪(ちょっと恥ずかしいからペンダントは服の内側に入れておこう。
  よし、はやくみんなと合流しよう!)


――――

車掌「ご乗車ありがとうございます。私、当特急ヴェガの車掌を務めさせていただきます美弥澪(れい)と申します」

澪「わ、私は秋山澪(みお)と申します。よ、よろしくお願します」

車掌「こちらが乗車証となります。駅員が確認できるよう、目立つ場所にお付けください」

澪「はい」

車掌「・・・。平沢唯さんのお知り合いの方ですか?」

澪「は、はい。そうです」

車掌「やっぱり」ウフフ

澪「どうして分かったのですか?」

車掌「平沢さんも楽器をお持ちで乗車なさいましたから」

澪「唯も持ってきたのか・・・」

車掌「それでは、ヴェガでの旅をお楽しみください」ペコリ

澪「あ、すいません。お聞きしたいことが・・・」

車掌「なんでしょう?」

澪「唯達がどこへ行ったかご存知ですか?」

車掌「達というのは、琴吹さんと中野さんも含まれますか?」

澪「は、はい」

車掌「平沢さんは塩釜魚市場へ行って、松島へ行くと仰ってました。今の時間ですと
   松島にいると思われます。琴吹さんと中野さんの行き先は存知かねます。申し訳ありません」

澪「そうですか、助かりました。ありがとうございます」ペコリ

車掌「いえ。それでは失礼致します」

澪「綺麗な人だなぁ・・・。とりあえず松島に行ってみるか」


10