―――――展望車

ポンポロポロポロ♪

紬(あら、だれかピアノを弾いているのね)

真美「・・・」ウットリ

紬「いい曲ですね」

真美「あ、琴吹さん・・・」

紬「隣よろしいですか?」

真美「は、はいどうぞ・・・」

紬「ピアノを弾いている方はお知り合い?」

真美「い、いいえ、違います。 けど、なんだか素敵な音を奏でるので、聞き入っていました」

紬「えぇ、本当に素敵な空間を演出していますね」

真美「私、クラシックが大好きなんです。自然の音と近いような気がして」

紬「そうですね、私もそう思います」

真美「ドビュッシーは私のお気に入りでもあるんです」

紬「この曲は亜麻色の髪の乙女ですね・・・」

真美「はい・・・」ウットリ

紬「桜井さんもピアノをお弾きになるの?」

真美「いえ、私は絵を描く事だけで精一杯ですので。琴吹さんはピアノなされるんですか?」

紬「4歳の頃から弾いています。最初に習った曲がアラベスクで、私もドビュッシーは大好きです」ニコニコ

真美「そうなんですか・・・。いつ聞いても素敵な旋律で、聞いていると時が経つのを忘れてしまいます」

紬「弾き手としてはこれ以上無いほめ言葉ですね、今度私も弾かせてもらおうかしら」

真美「そ、その時は私もご一緒させていただけますか?」

紬「えぇ、もちろん」ニコニコ

ガタンゴトン ガタン

真美「あ、札幌に到着するみたいですね。わ、私降りる仕度がありますので」

紬「それではまた」

真美「し、失礼します」テクテク




梓「むぎ先輩! 札幌に到着しますよ!」

紬「はいは~い」

梓「すぐに降りられるんですか?」ウズウズ

紬「一度部屋に寄ってもいいかしら」

梓「は、はい。どうぞ」

紬「うふふ。すぐ済むからちょっとだけ待っててね」

梓「それじゃ、お先に駅のホームへ降りてますね」

紬「は~い」テクテク

ガタンゴトン ガタンゴトン

プシュー

梓「よっ」ピョン

スタッ

梓「着いた、札幌!」

車掌「行かれる場所はお決まりですか?」

梓「あ、車掌さん。はい、今日はラーメン横丁と大通り公園にあるTV塔へ行ってきます」

車掌「そうですか、それでは気をつけて行ってらっしゃいませ」ペコリ

梓「は、はい。行ってきます」ペコリ

スタスタ

梓「乗客のお見送りまでしてくれるのかぁ」

紬「あずさちゃん、お待たせ」

梓「それじゃ、出発するです!」

紬「あずさちゃん、もしかすると行きたいお店を決めている?」

梓「観光ガイドにも紹介されているお店が何件かありましたけど・・・決めてないです」

紬「あら、そうなの?」

梓「その場で惹かれたお店に入ってみようと」

紬「通なのね」

梓「むぎ先輩、そんな決め方でいいですか?」

紬「いいわね、私そういうお店探し憧れてたの~」

梓「むっ」ピキーン

紬「あのお店ね?」

梓「はい、おいしそうな雰囲気が漂っています」キリ

紬「それじゃあ入りましょうか」


―――

梓「むぎ先輩・・・、すいませんでした」

紬「麺は伸びてて、スープは油でギトギトだったわね・・・」

梓「うぅ・・・がっかりです・・・」ションボリ

紬「・・・。あずさちゃん、散歩がてら違うお店探してみましょうか」

梓「・・・いいんですか?」

紬「えぇ、あずさちゃんこそ大丈夫?」

梓「お昼は軽く食べただけなので、正直食べ足りないぐらいです」

紬「それなら行きましょう」

梓「はい! 今度はむぎ先輩が決めてくれますか?」

紬「あら、いいの?」

梓「もちろんです!」

紬「それじゃ・・・。あら」

真美「こ、こんばんは・・・」

梓「こんばんは」

紬「桜井さん、お1人ですか?」

真美「い、いえ・・・それが・・・」

星奈「わっ!」

梓「にゃっ」ビクッ

紬「きゃっ」

星奈「へっへっへ~大成功~♪やったね真美ちゃん!」

真美「せ、星奈さん・・・」

梓「ひどいです!」

紬「びっくりしたわ~」

星奈「ちょうど二人が見えたからさ、驚かしてやろうとおもって」ニンマリ

梓「もうっ!」プンスカ

真美「星奈さん、用事があったんじゃないですか?」

星奈「あ、そうそう。カメラのシャッターをお願いしようと思ってたんだ」ウッカリ

紬「いいですよ」

梓「むぎ先輩はお人よしすぎます」プンス

星奈「梓ちゃんも、こっちへおいでよ~」

梓「いいです」ムス

真美「無理強いは・・・」

星奈「ほいほ~い、それじゃむぎちゃんお願いね」

紬「は~い、行きますよ~」

真美「せ、星奈さん、くっつきすぎじゃないですか?」

星奈「おなじ列車にのったよしみだからいいの~」

紬「」パシャパシャパシャパシャ

星奈「む、むぎちゃん・・・そんなに撮らなくてもいいよ・・・」

真美「あ、ありがとうございました」

梓「・・・」

星奈「梓ちゃんも機嫌直してよ~」

梓「知らないです」

紬「そうだ。あずさちゃん、私たちのカメラでも一枚撮りましょう」

真美「そ、それじゃ私がシャッター押しますね」

梓「いえ、私が押します」

星奈「おっ、ちょうどいい所に・・・まって、アイツに頼もう。お~い!」

「・・・ん?なんだ、星奈か」

星奈「カメラのシャッターを押してくれない?」

「あぁ、いいよ」

梓「むぎ先輩、この人は?」ヒソヒソ

紬「私もしらないわ」ヒソヒソ

星奈「くっくっく、修治ぃ~、アンタ二人に顔覚えてもらってないよ~」

修治「べつにいいんだよ!はい、並んで並んで~」

真美「よろしくお願いします」

紬「お願いしますね」

梓「・・・」

星奈「はい、ち~ず!」

修治「お前が合図取るなよ、やりにくい!」

星奈「それは失礼しました」

梓「ブフッ」

星奈「修治早く撮って!」

修治「? ・・・はい、チーズ!」カシャ

紬「ありがとうございました」

修治「いえいえ、お安い御用ですよ。あ、俺の名前は鳥羽修治、よろしく」

紬「琴吹紬と申します」

梓「中野梓です」

修治「はい、カメラ。それじゃあまた、列車で」

星奈「ありがとね~。 それじゃあ私たちも行こっか? 真美ちゃん」

真美「そうですね。そ、それではお二人とも・・・」

紬「えぇ、また後で」

梓「陽が落ちてきましたので、気をつけてくださいね」

星奈「あいよ、まったね~」フリフリ

紬「・・・あずさちゃん、リベンジと行きましょう!」

梓「はい!」


―――

「へい、らっしゃい。ご注文をどうぞ!」

紬「みそラーメンを一つお願いします~」

梓「あ、私もみそで。トッピングにコーンとバターを」

「はいよっ」

紬「あら、そんなこともできるの?」

梓「はい、お品書きに表示されていますよ」

紬「本当だわ~、こんなことも出来たのね」

梓「むぎ先輩もトッピングしますか?今なら間に合いますよ」

紬「そうね~、うん!してみたい!」キラキラ

梓「それじゃ、店員さん呼びますね。 すいませーん!」

店員「はいよっ」

紬「単品みそのトッピングの追加お願いします」

店員「はいよっ、なにを追加しましょうか」

紬「メンマとホタテの貝柱を!」

梓「また渋いところを攻めてきましたね」

店員「はいよっ、お待ちっ!」ドン

紬「それではいただきます」

梓「いただきます」

紬「・・・うーん、これは・・・」

梓「腰のある麺、そしてコクがあるのに後味がすっきりとして少しもしつこくない・・・」

紬「おいしい~!」

梓「はい!こんなに美味しいラーメン生まれて初めてです!」

紬「ホント、来てよかったわ~」

梓「~♪」ズズズ

紬「うふふ」

梓「・・・?」

紬「おいしそうに食べるなぁと思って」ニコニコ

梓「あまりにおいしいので夢中になってしまいました」エヘヘ

紬「よかったわ」


―――

紬「ここが大通り公園なのね」

梓「そうです。雑誌で見るよりずいぶん広く感じます」

紬「冬はここで雪祭りが開催されるのよね」

梓「そうです。TVでよく見かけますよね、寒そうだけどみんな楽しそうなのが印象的です」

紬「次は雪祭りに合わせてきましょうか。あっ、あずさちゃん見て、焼きとうもろこしの屋台があるわ」

梓「本当ですね。いい匂いがします」

紬「あずさちゃん、TV塔の展望台に昇ってみない?」

梓「私も昇ってみたいと思ってました!」

紬「それじゃ行きましょ~!」

紬「いい眺めねぇ~」

梓「はい、360度見渡せるなんて凄いです」

紬「街の灯りがとってもキレイ・・・」ウットリ

梓「これだけの灯りの下に人がいるんだと思うと、なんだか不思議な感じがしますね」

「おっ、詩人だね~」

梓「!」ビクッ

真美「またお会いしましたね」

紬「あら、桜井さんに星奈さん」

星奈「梓ちゃんが男だったらむぎちゃんを落とせたかもねぇ~」ニヤニヤ

梓「うぅ、雰囲気に流されてつい言葉に出ちゃいました・・・」

紬「うふふ」

真美「本当にキレイですね・・・」

星奈「確かに、こりゃいい眺めだわ」

・・・・・・

・・・

星奈「そんじゃ、列車に戻りますか」

真美「そうですね、いい時間ですし」

梓「はい。それでいいですよね、むぎ先輩」

紬「・・・」

梓「むぎ先輩?」

紬「え?なぁに?」

星奈「夜景に見惚れていたな~」

真美「列車に戻りませんか?」

紬「そうね、戻りましょうか」

梓「あんまり遅くなるといけませんからね」

星奈「変なヤツが近寄ってきたら、星奈ちゃんの鉄拳をお見舞いしてやるのだー!」

真美「心強いです」

梓「頼もしいですね」

紬「うふふ」

梓「あっ、車掌さん」

車掌「みなさんお戻りになられたんですね。札幌の観光はどうでしたか?」

星奈「私と真美ちゃんは先ず、羊が丘展望台へ行ってきました~」

真美「羊がたくさんいてとても可愛かったです。
   景色がよかったので、明日もう一度行ってみたいと思います」

車掌「ふふ、スケッチするにはいい場所ですよね。琴吹さんはどちらへ?」

紬「あずさちゃんと一緒にラーメン横丁へ行ってきました」

梓「とてもおいしかったです!」

車掌「いいお店に巡り会えたようでなによりです」ニコニコ

星奈「明日はゆっくり周ってみようかな~」

梓「夕方から3ヶ所も移動したんですよね、すごいです」

星奈「おだててもなにもでないよ~ん」

梓「そんなんじゃありません!」


車掌「みなさん、明日の札幌発車時刻は16:00となっておりますので、ご注意してくださいね」

真美「は、はい、大丈夫です」

梓「むぎ先輩、間に合いますよね?」

紬「えぇ、3時には札幌に戻れると思うわ」

星奈「おっ、遠出するの?」

紬「えぇ、小樽へ行ってきます」

真美「お忙しいんですね」

星奈「梓ちゃん、1人で寂しいなら星奈さんと一緒に周るかい?」

梓「1人で平気です!」

星奈「あらら、振られちゃったか。それじゃ、私は部屋へ戻ろうかな。またね~」

真美「わ、私もこれで・・・」

車掌「おやすみなさいませ」

紬「おやすみ~」

梓「おやすみなさいです」

車掌「それでは、私も仕事に戻りますのでこれで失礼します」ペコリ

紬「はい、お疲れさまです」ペコリ

梓「それでは、また明日」ペコリ

紬「あずさちゃん、今日はとっても楽しかったわ。ありがとう」

梓「私も楽しかったです!一日がすごく充実していました。むぎ先輩のおかげです」

紬「そう言って貰えると嬉しいわ~」

梓「まだまだ旅は始まったばかりです、がんばっていきましょうむぎ先輩!」

紬「おーっ!」



1日目終了--------



4