唯「あずにゃん…わかってるんでしょ?」

唯「どうして本当のことみんなに言わないの?」

梓「…本当のこと」

唯「わかってるでしょ!?全部私がやったんだよ!!」

梓「わかってましたよ。それくらい」

唯「だったらみんなにちゃんと言えばいいじゃん!なんで何も言わないのさ!」

梓「そんなこと言ったら、唯先輩がみなさんに嫌われちゃうじゃないですか」

唯「な…!」

梓「確かに人の悪口を言う先輩はちょっと引きましたけど…」

梓「やっぱり私は先輩のことが好きなんです」

唯「あずにゃん…」

梓「なんだかんだ言って楽しそうにおしゃべりしてる唯先輩が大好きなんです」

唯「…」

梓「だから、言えなかった」

唯「もういいよ」

唯「わかったでしょ?みんな。これをやったのは全部私なの」

唯「だから、あずにゃんは何も悪くないよ」

唯「辞めるのは、私の方」

澪「唯…」

律「…」

唯「ごめんね、あずにゃんの言ったとおりだよ」

唯「私、影でみんなの悪口言ってた」

紬「…」

唯「でも、なんだかんだ言っても部活の時間は楽しかった」

唯「こんなの最低だよね。上辺だけの友達関係みたいでさ」

唯「あずにゃんにまで迷惑かけて…大事な後輩なのにね」

唯「こんな私じゃ、もうここにはいられないよ」

唯「みんな、本当にごめんなさい。今までありがとう」

律「…唯、私もお前に謝らなきゃいけないことがあるんだ」

唯「え…?」

律「これは言おうかどうか迷ってたんだけどさ…」

律「最初、職員室でお前と目が合ったとき…私睨んだよな」

唯「あ…」

律「お前は覚えてるかわからないけど…ずっとモヤモヤしてた」

唯「…」

律「ごめんな…それだけ言っておきたかった」

唯「りっちゃん…」

梓「ほら、律先輩はやっぱりいい人じゃないですか」

唯「う…う"ん…ごべ…んねえ」

律「おいおい泣くなよ…鼻水垂れてきたぞ」

紬「唯ちゃん…今はもう誰もあなたを責めてないわ」

澪「確かに今回のいたずらはちょっと度が過ぎたけど…」

澪「人の楽器に手を出さないあたり、唯らしいよな」

唯「ごめん…ほんとにもうしないよ…」

梓「もういいですよ。」

唯「あずにゃん…あの時ゴキブリって言ってごめんね」

梓「え…そんなことをいってたんですか」

律「毒舌すぎるだろオイ」

唯「もう言わないよ…色々悪口は言ったけど、やっぱりみんなと一緒にいたいもん」

澪「これからは少し自重しろよ?」

唯「わかってる。だから…」



それから1ヶ月が経ちました。
唯先輩は自主的に謹慎すると言って部活を自粛しています。
そして今日は謹慎解除の日です。

唯「みんな、久しぶり!」

律「いつも教室で話してるだろー」

唯「そうだけどー…こうやって部活に来るのは久しぶりだから」

澪「まあ、そうだよな。もうするなよ?」

唯「はい!私は心を改めました!!」

紬「じゃあ、久しぶりにみんなでお茶しましょ!」

唯「わーい!」

梓「練習…」

唯「ちゃんとするよお、あとで」

唯「そうだ、あずにゃん…部活が終わったらちょっと残ってくれるかな?」

梓「え?あ、はい」



部活の後

梓「それで、どうしたんですか?」

唯「あずにゃん、ホントにごめん…酷いことして」

梓「もういいですよ。ちゃんと反省してくれたみたいだし…」

唯「うん。それでね…」

唯「この間の話…覚えてる?」

梓「この間の…?」

唯「私、あずにゃんに付き合っちゃおうかっていったよね」

梓「あ…」

唯「あの時は最低な私だったから拒否されて当然だったよね…」

梓「は、はい…」

唯「今、さ…もう1回言ってもいい?」

唯「あずにゃん…私のこと大好きって言ってくれてありがとう」

唯「私もあずにゃんの事、大好きだよ」

唯「それで…その…もしよかったら、私と…」

唯「私と付き合って…ください」

梓「…」

唯「あずにゃん…」

梓「…唯先輩」

唯「え?は、はい!」

梓「ちょっとほっぺたつねってください」

唯「こう?」ギュー

梓「痛い…夢じゃない」

梓「…」ギュー

唯「わっ、どうしたのあずにゃん!」

梓「…嬉しいです。あのときのは冗談だと思ってました」

唯「ごめんね…あんな軽い気持ちで言って」

梓「いいんです。私も唯先輩と付き合いたいって思ってました」

唯「じゃ、じゃあ…」

梓「はい。ずっとそばにいてください」

唯「あずにゃん…」ギュー

律「ホーホーホウ」

紬「うふふふふ」

梓「なっ…!律先輩、ムギ先輩!」

唯「み、見てたの!?」

律「まあな~なかなか良かったぜ!」

唯「りっちゃん…やっぱり性格悪いよ…」



おわり