部室

律「よっし帰ろうぜー」

澪「ほとんど練習してないけどな」

唯「あずにゃん、この後練習したいから残ってくれないかな?」

梓「唯先輩が練習なんて珍しいですね。いいですよ、手伝います」

唯「ありがと~あずにゃん」

紬「じゃあ、私達は先に帰るわね」

律「じゃーな!唯、梓!」

澪「がんばれよ」

唯「うん、ばいばい!」

梓「おつかれさまでした」

パタム


梓「じゃあはじめましょうか!」

唯「はあ…」


唯「りっちゃんてさ~」

梓「え?律先輩がどうしたんですか?」

唯「性格悪くない?」

梓「そ、そうですか…?たしかに練習は真面目にしないけど…」

唯「練習とかじゃなくてさ。性格悪いじゃん」

梓「なにかあったんですか?」

唯「まああったっていえばあったのかな?」

梓「どうしたんですか?私でよかったら相談に乗りますよ…?」

唯「どうしたっていうか…まあ最初からいいイメージはなかったね」

梓「え…」

梓「そんなに嫌な顔されたんですか?」

唯「うん。まるで私をテンポの悪い使えないドジッ子とでもいうかのような目付きだったよ」

梓「そ、そうなんですか…」

唯「今でこそ仲良しのフリしてるけどさあ…正直付き合ってられないんだよね」

梓「でも、文化祭のライブの時は律先輩も本気で心配してましたよ」

唯「ちがうよ。あの時は気分が良かっただけだよ」

梓「気分…?」

唯「ほら、田井中ってライブ前に風邪引いたでしょ?」

唯「そのとき、澪ちゃんがお見舞いに行ったじゃん」

唯「それでそのあと…いろいろあったみたいだよ?」

梓「い、いろいろ…」

唯「まあアレだよ、いやらしいことでしょ」

梓「そういう関係だったんだ…」

唯「引くよねえ、澪ちゃんも怖がりアピールして可愛い子ぶってるし」

梓「…」

唯「あーあ、2人とも辞めないかなあ、軽音部」

梓「…最低です」

唯「え?」

梓「最低です、唯先輩」

唯「なにが」

梓「唯先輩はいつもダラダラしてて、やる気もないけど」

梓「人の悪口だけは言わない人だっておもってました」

唯「ふーん」

梓「そこまでひねくれた性格だとは思わなかったです」

唯「へえ」

梓「私…帰ります」

唯「帰れば?」

梓「帰ります」

唯「あずにゃんってさあ」

梓「…」

唯「私のこと好きなんでしょ?」

梓「…!」

唯「わかるよ。ライブの時の反応とかあからさまだったし」

梓「…それがどうしたんですか」

唯「付き合ってもいいよ?」

梓「!」

唯「付き合っちゃおうか、私達」

梓「…」

唯「嫌なの?」

梓「…嫌です」

唯「そっかー」

梓「少なくとも…今の唯先輩とは付き合いたくありません」

唯「へえ。あずにゃんも田井中につくんだ」

梓「はい。」

唯「そっか。じゃあいいや、それじゃばいばい中野さん」

梓「…」

梓「……あの」

唯「何」

梓「…いえ…失礼します」

パタム


唯「…ゴキブリが」



唯「おいーっすりっちゃん!」

律「おいーっす」

唯「おなか減った~!ムギちゃんお茶にしようよー」

紬「ふふ、じゃあ淹れるわね」

澪「練習もするからな」

梓「…」

唯「お茶が入る間にギター弾こうっと」

澪「お、いい心がけだな」

唯「えへへ。ってあれ…?」

澪「どうした?」

唯「弦が全部切れてる…」

律「どうしたんだ~?いじめか?」

唯「…買っておいた予備の弦も、ピックもないよお」

紬「…ひどい」

梓「誰がこんなこと…」

律「心当たりはないのか?」

唯「…うーん、わかんない」

梓「わ、私の弦、使ってください!」

唯「いいの?ありがとうあずにゃん!」

梓「いいんです!(昨日酷いこと言っちゃったし…)」

梓「ギターケースの小さい方のポッケに入ってますから!」

唯「あずにゃん大好き~!」ニヤ

梓「えへへ…」



唯「あれえ?」



唯「あずにゃん…どうして私の弦とピックがここに入ってるの…?」

梓「え…?」

澪「どういうことだ?」

律「梓が…やったのか」

梓「違います!!私何も知らないです!!」

唯「…ごめんねあずにゃん。私が昨日酷いこと言っちゃったからだよね。ごめんね…」

梓「違う…!私は何も…」

澪「もういい。今日はもう帰れ、梓」

律「ああ、今日のことは話し合っておくから」

梓「……はい」

唯「…」ニヤ


紬「…」



2