唯「い、いくよ……?」

律「ああ……」

唯「あ、頭でいいんだよね?」

律「うん」

唯「ふぅー……」ドキドキ

律「こいっ」

唯「んっ!」ポカッ

律「ぐっ!」

唯「ああっ! ご、ごめんりっちゃん!」

澪「り、りつ?」

律「~~~~~ッッッ!!!」

梓「なっ、なんでバキみたいな反応なんですか」

唯「りっちゃん?」

律「……こいつは想像以上だ」

梓「本当ですか!?」

澪「唯ほら、私にもほら早く」

唯「ま、待ってよぉ」

律「わぁ、なんだこの感覚……。絶対人を傷つけたりしない唯にグーで殴られて……」

律「痛いけど……、それ以上にドキドキする……」

紬「りっちゃん……」



梓「次は私ですよ!」

澪「なんで私じゃないんだー、私も殴られたいー」ブンブン

律「さっきのジャンケンで負けた澪が悪いだろー」

澪「うう……」

梓「お願いしますっ」ペコッ

唯「うん、パフェだよ?」

梓「分かってます!」

紬(私の居場所がない……)

唯「あずにゃんも頭でいいの?」

梓「え……」

紬「?」

梓「じゃ、じゃあビンタでお願いします」

唯「ビ、ビンタ!?」

律「あはぁっ」

澪「あ、梓……」

梓「ダメ……ですか?」

唯「う、ううんいいよ」

紬(心なしか唯ちゃんがあまり抵抗しなくなってる……)



唯「いくよー?」

梓「はいっ」パッチリ

唯「……あ、あずにゃん?」

梓「はいっ?」パッチリ

唯「目、閉じないの?」

梓「はい! 平気です!」パッチリ

唯「う、え~……」

律「なるほど……、ビンタする瞬間の唯の顔を……」

紬「いい感じに変態度を増してきたわね……」

梓「さぁ、パチンときてください!」パッチリ

唯「うん……」スッ

梓「ゴクリ」

唯「えいっ!」


パチンッ


梓「!」ビクッ


梓「あっ……、あああっ」ゾクゾクッ

律「あっ、梓……?」

澪「どうなんだ? ビンタはどうなんだ?」

紬「待って、梓ちゃんの様子が……」

律「テレテレッ」

唯「デッデッデッデン、デッデッデッデン」

澪「進化じゃない!」

梓「す、すみません……」

唯「あずにゃん?」

梓「私、ちょっとトイレに……」

律「!」

紬「!」

澪「!」

唯「言っといれ~」

カチャッ バタン



律「……イったな」

唯「行っちゃったねえ」

紬(ビンタ一発で梓ちゃんをトイレ送りにするなんて……)

澪「いったいどれほど……」

唯「澪ちゃん?」

澪「つっ、次は私だ!」

唯「いいよ~」

律「おっ、唯ももうノリノリだな!」

唯「えっ……。ち、違うもん! 叩きたくなんかないもん!」

澪「残念だが唯、そんなことを言っても、さらに私を滾らせるだけだぞ」メラメラ

紬(澪ちゃんが滾った!)

律「ただのド変態だけどな」

澪「じゃあ私は前蹴りで頼むよ」

律「サラッとえげつないこと言うな」

唯「う、うん、分かった」

澪「さぁこいっ、ガツンと!」

唯「前蹴りかぁ……」

澪「カモン」

唯「よいしょ」スッ

澪「ふふふふ」ドキドキ



カチャッ

和「お邪魔するわね」

唯澪律紬「!!」



和「……なにやってるの?」

律「あ、あー、これはだなぁ」

和「唯が澪に向かって足を振り上げて……」

紬「ダ、ダンスよ! ダンス中!」

和「そうなの? 澪?」

澪「今唯に前蹴りキメてもらうところだよ」

律「ばかみお!」

和「ダンスで前蹴りってのもなかなか珍しいわね」

紬「そっ、そうでしょ?」

律(あくまでダンスだと思ってるみたいだな……)

唯「じゃあいくよ、澪ちゃん」

澪「そっ、そんな! 和も見てる前で……」

唯「……いや?」

澪「カモン」

唯「いくよー」スッ


和「待ちなさい」

唯「」ビクッ


和「私がやるわ」

澪「!」


唯「え、え~……」

律「お、おい和」

紬「軽音部のダンスなんだし……」

和「でも前蹴りなんでしょ? 私やりたいもの」

澪「ひぃっ」

紬(和ちゃん、やっぱり生粋の……)

和「退きなさい、唯」

唯「ふぇぇ」



梓「ふぅ……」

梓(まさかビンタ一発だけで……)

梓(しかも先輩たちの前で……)ゾクゾクッ

梓「ってー、早く戻らなきゃ!」タッタッタッ

──────────────


カチャッ

梓「ただいま戻りましたー」

和「ふんっ」ドゴッ

澪「ぃづあっ!」

梓「うおおおおおお」ビクッ



3