梓「律先輩、ちょっと大事なご相談が…」

律「なんだね?」

梓「私軽音部辞めようと思うんです」

律「はぁ?!」

律「突然どうしたんだよ梓!」

梓「もう耐えられないんですよ」

律「耐えられないって…何に?!」

梓「澪先輩が好きすぎて辛いんです
  近くにいるのに、何もできないなんて辛すぎます」

律「なん…だと?」

梓「辞めて今後いっさい澪先輩と顔を合わせずに過ごす方が楽なんです」

律「た、頼むからそんな事言うなよ梓
  お前が辞めたらみんな悲しむぞ?」

梓「もう決めた事ですから」

律「そこをなんとかっ!このとーり!
  何でも言う事聞きますから!」

梓「今…なんでもって言いました?」

律「言ってない」

梓「言いましたよね?」

律「……」

梓「……」

律「言いましたけど、やっぱりなしの方向で…」

梓「ダメです、もうキャンセルはききませんから」

律「えー…で、何をすればいいんだ?」

梓「パンツです」

律「ん?」

梓「律先輩には澪先輩のシミつき縞パンツを持ってきて欲しいんです」

律「………」

梓「律先輩?ちゃんと聞いてましたか?」

律「………」

梓「………」

律「勘弁してください」

梓「ダメですよ、律先輩がなんでもって言い始めたんですから
  約束はちゃんと守ってください」

律「ちょっと待て梓、お前澪のパンツで何するつもりなんだ?」

梓「何って…決まってるじゃないですか
  そんな事私の口から言わせないでください、恥ずかしい…」

律「既に恥じらうべき発言があった気がするけど」

梓「何か言いましたか?」

律「いいえ」

梓「とにかく!これは澪先輩の幼馴染の律先輩でしかできない事なんです!」

律「やだよ!何で私がそんな変態みたいな事しないといけないんだよ!」

梓「そうですか…残念ですけど今までお世話になりました
  律先輩達の事は一生忘れまs」

律「ちょ、ちょっとまった!」

梓「なんですか?」

律「わかったよ、持ってくればいいんだろ?!

梓「流石律先輩、頼りになりますね!」

律「澪のパンツがあれば辞めるなんて事言わないな?」

梓「もちろんです!じゃあよろしくお願いします」

律「(はぁ…なんか面倒な事になったぞ…)」


律「澪ー、今日泊まりに行ってもいい?」

澪「え…?いいけど…どうしたんだ突然」

律「いやー、なんか久々に澪とがっつり遊びたくなっちゃってさー」

澪「別にウチに来たっておもしろい事ないと思うけど」

律「そんな事ないだろーじゃあ今夜はよろしくな」

澪「うん、じゃあお母さんにメールしとかないと…」

律「(あぁ…行きたくない……)」

澪「飲み物なにがいい?」

律「適当で大丈夫、ありがとう」

ピピピピ…

From:梓 「律先輩、例の物まだですか?」

律「もうちょっと待って…と(今やってるつーの!)」カチカチ

澪「律、誰とメールしてるんだ?」

律「えっ?、あぁ…お母さんに泊まるって言っとかないと」

澪「あぁ、なるほど…」

澪「それでその時唯が………」

律「あはは、唯らしいなー」

澪「だよなー、まったく」

律「………」

澪「………」

律「(さて…どうする………?)」

律「(何の作戦もないぞ…!私には…)」

澪「律、どうかした?」

律「へっ?」

澪「なんかそわそわしてないか?」

律「そ、そんな事ないってば!気のせいだよ」

澪「そう?ならいいけど…」

律「(あぁ神様…人のパンツを盗るにはいったいどうすれば……)」

「澪ちゃん、ちょっといい?」

澪「どうかしたの?お母さん」

「りっちゃん来てるのにごめんね、ちょっと手伝ってもらえないかしら?」

澪「ごめん律、ちょっと手伝ってくるね」

律「あっ…うん」

澪「適当にくつろいでてもらっていいから、あっPC使いたかったら使って」

律「ありがと」

バタン

律「………」

律「(チャーンス!!)」

律「えーと、ネットに繋いで…と」ヴォン

律「女の子のパンツを自然に手に入れる方法教えてください…っと」カタカタ

律「よし…頼んだぞ…これだけが望みの綱なんだっ!」

律「おっ書き込みが…えーと…なになに…?」

※安価 交換する


律「なるほど…交換する…はぁ?!」

律「これって私のやつとって事だよな…」

律「澪がはたして応じてくれるかどうか…」

律「ものは試しだよな…よしっ!」

澪「なにがよしっなんだ?」

律「うわっ!」

澪「何調べてたんだ?」

律「いやっ!大した事じゃないです!」

澪「?」

律「それよりもさ、澪
  今日体育あったじゃん?」

澪「うん、マラソンは疲れるよな」

律「そうそう、もう汗とかべったりついちゃって…」

澪「あ、先お風呂入る?」

律「いや、お風呂はいいや、パンツ交換してもらえないかな?」

澪「はっ?」

律「だめかな?」

澪「えっ…いや、律のパンツならウチにあるけどさ
  お風呂入った時で良いんじゃない?」

律「いや、私のじゃなくて今澪がはいてるパンツと交換して欲しいんだ」

澪「ちょっと何言ってるかわからない」

律「…あはは」

澪「………」

律「(ちょっと!話が違うよっ!なんかものすごい嫌な雰囲気に…!
   どうすればいい!どうすればっ!!)」

律「………」チラッ

律「(なるほど)」

澪「律…?」

律「えっとほら、ユニフォーム交換みたいなっ!
  よくあるじゃん!お互いマラソンでの健闘をパンツで称えあおうよっ!」

澪「いや…でも」

律「お願いします!」ドゲザ

澪「絶対嫌だ」

律「………」

澪「………」

律「(む…無念なり…)」

澪「変な冗談言ってないでごはんにするぞ」

律「ははは…」

澪「ごちそうさま」

律「ごちそうさまでした」

「お粗末さま、先にどっちかお風呂入ったらどう?」

律「!」

澪「うん、律どうする?」

律「(そうだよ…まだ私にはまだこのイベントが…!)」

律「(ここしかない…ここしかないぞ…)

澪「律、先入る?後にする?」

律「(でもどうする…?澪の家のお風呂はスモークかかっているにしても
   脱衣所まで私が侵入したら確実に澪にバレる!)」

律「(何か良い手はないか…なにか…)」

澪「律ー、行かないなら先入っちゃうぞ?」

律「!」

澪「じゃあお先に」

律「ちょっと待て澪!」

澪「なに?」

律「一緒に入らないか?」キリッ

澪「はぁ?なんでだよっ!」

律「澪ちゃんと久々に入ってみたいんだよー」

澪「もうなんか今日の律おかしくてやだ」

律「お願いします!本当に!軽音部の為なんです!」

澪「軽音部の為?」

律「あっ、今のは気にしないで…はは…」

澪「………」

律「………」

澪「はぁ…わかったよ」

律「澪ぉ!」

澪「そのかわり変な事したらぶつからな」

律「…はい」

律「………」

律「(命がけだぞ…梓…どうしてくれる…)」

律「(今思えば私もお風呂入るんだから先に澪に行けせとけば良かったんじゃ…)」

律「(うわーばかだ私!私の馬鹿ぁ!せっかくのチャンスを…!)」

澪「脱がないのか?律」

律「えっ、ああ、澪先に入ってていいよ」

澪「いやだよ、律の脱いでるところ見ないから…)」

律「(うっ…恥ずかしがり屋だもんな…
   とりあえず先に澪を入らせるのは無理か…)」

律「じゃあお言葉に甘えて…」ヌギヌギ

律「(チャンスは必ず来る…!)」

澪「ごめんね律、遅くなっちゃった」

律「いいよ、じゃあ私は上がるね」

澪「早くないかっ?!」

律「いや、もう髪も流したし体も洗ったから」

澪「だって5分くらいしか経ってないよ?」

律「そうか?それじゃあな澪」

澪「ちょっと待て!一緒に入りたいって言ってきたのはお前だぞ?
  もうちょっとゆっくり浸かってきなよ」ガシッ

律「は、はなせっ!私にはやるべき事がぁ!」

澪「良い湯だったなー律」

律「(結局澪が上がるまで付き合わされた…やばいよ…)」

澪「……」

律「(洗濯機の中にパンツは………あるっ!…ついに見つけたぞ梓!)」

澪「…じゃあ律…」

律「えっ?」

澪「先に着替え…お願い」

律「………」

律「(ここは引く訳にはいかないな)」

律「悪いがそれは聞けない相談だ」

澪「えっ、なんで?」

律「澪には先に着替えてもらって、さっさとこの場を立ち去ってもらおう」

澪「いや…どういう事だよ律…恥ずかしいよ…」

律「どうもこうもないっ!ほらっ私は絶対に見ないから!」

澪「うぅ…いじわる…」ススス

律「………」

律「(おっぱいでっかくなりやがってこいつぅ…)」プルプル

ゴソゴソ

律「………」

ゴソゴソ

律「キタッ!ついに見つけたぞ!」

律「こ…これがあれば軽音部は安泰だっ!」

律「………」

律「例のもの入手した…っと」カチカチ

律「…長い戦いであった」シクシク

ピピピピピッ

律「はやっ!」

From:梓「ホントですか?!やりましたね!それでは明日楽しみにしてます!」


2