姫子「びええええんっびええええんっ」

律「泣き止まないぞ…」

澪「そうだ!!」

澪「さわちゃんの死体のおっぱいをしゃぶらせておこう!!」

律「それは名案だ!」

さわ子「」


紬「それじゃ、失礼します」

ガバッ


姫子「うわっ…ドス黒っ…」


澪「あっ元に戻った」

姫子「そりゃあんなグロいものをしゃぶるぐらいだったら元に戻りますよ」


あはは…

あはははははは♪


唯「?」


梓「あははははははあはははははは…」ポロポロ


律「あずさ?」


梓「やっぱり皆さんは卒業式が終わっても変わりませんねえ…」クスッ



梓「ごめんなさい、元はといえばこうなったのも私のワガママのせいで…」

唯「あず…にゃん…?」

梓「私、怖かったんです…」

梓「学校を卒業したら皆さん変わっちゃうんじゃないかって…」

梓「それがどうしようもなく寂しくてねワガママを言っちゃいました…」

澪「あずさ…」


梓「でも、いまのドタバタを見てたらその心配もなくなりました」クスッ

梓「やっぱり皆さんはいつまでたっても愉快な方々なんですね…」


校長「中野君…」

いちご「梓…」

姫子「梓ちゃん…」

信代「あずにゃん…」


梓「だから…」ニコッ

梓「私は皆さんを笑顔で見送ります!」ポロポロ



紬「ぁ…」

澪「…」ギュッ

律「…」ギュッ


律「ばんざーい!!」

律「ちょっと失礼、じゃあ軽音部活動終了記念に」

澪「ぁ、私のカメラ…」

梓「記念撮影ですか」

唯「みんなも入ろうよ」

姫子「私達も入るの!?」

いちご「バトン部なのに…」

校長「照れるな」

信代「それじゃ失礼して」

唯「信代ちゃんは横に太すぎるからだめ」

律「いっくよーん」

パシャッ♪









お わ か り  い た だ け た だ ろ う か …


この集合写真、黒髪ロングの女の子の部分のアップをご覧いただこう




          ,.、-:.:'':.::"::´: ̄:::::`: 丶、
    、_ __,.. ',´::.:::::::::::::::::;:イ:::::::::::::::::::::、::ヽ
     `/.:.:.:.:.::::::,::':::::::/ l:::::.:.:::ヽ:::::::::'、::`、        ,. -─‐‐ ‐- 、
    ,.'.:.:.:.,.':.:;:::::/::::: // 、!:!:::::',:.:.:i;:::::::::';:::::',      ,. ´          `丶
    ./'イ.::,:':::/::::厶:イ:i    '!ゝ::',:.:.:.l:::::::::'::::::i   / , '´       ヽ     ヽ
    ' {.:,:::::/!:::/_l::/        _ヽ::::::|::.:.:.:.l: :::} 〃 ,'      /| l    ',     `,
    /イ::::::|:l:::!,z巧ぅ、     ,rf近ぃ、|::.:l::::|.::::j/      l /:.:.| |l    ,    ハ
    ,' {:::{::ハ`ヾ ヒr┘:: :: :: ::└ェカ ン!:::j:::リ::::リ    i  /| /:.:.、 | |'、  ¦  i  i
   .{  ゝト、:::i ,.,´    '     、、``/::,:'イ::::イ|   :l  厶イ:.:.:.:. ゞ、L'、  !   |  |
      |::::ト!    ,. 、___,. 、   /イ:::::ト::イ:{:!   l /:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:ヽ | :l |  |
      |:::叭   {/    ハ   ,':::::'::::::|ノ::!::{| l | l|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅵ:.l,.イ  |
       j;::::l人   'ー-‐-、_丿 ´::::::':::/l:::::!:::| l ヽ{(:.   )⌒(:.   ){ {/{. {1│|
       ノl|:::::l::::|丶.        ,゙イ::::::/:::l:::::!::::| '、 :ハ     '     ,.ィ | V} {| ! |
    ,.ィ'_;;;;|:::::::',:|:川>、_,. ‐''´{:::{':::::/;;斗‐‐ 、:|  \j    ,. -‐┐ { { } } |.:八{
  /::/´   |::::::::;|/´ 〕 _,. -''´|/:::::://    `;|  l:.ゝ   ヽ __,丿 ',.ヽ{ ハ V个ゝ、
  ィ/  丶 |::::::::|  又ス.   ,{::::::://       l:|  l:.:.:|>. 、_   イハ    ノ     `丶
  /{   `、 |::::::|///| lハ  /:::.:::/,'   /    |:|  ',:.:.|  : :灯´//  ,.イ , '
  :::|     、|::::::{/l l| トハ/:::.:::/.,゙ /      }:}   ト、{  、{、 く ,´   /┐,.'
  :;ハ   .  '|:::::::|_/! | |_,/::::.:::/ ,〃        从   | ヾ、  } 0 }{   / [_'
  ゝ;丶  :. l:|::::::| | l |/:::::::::∧/        /{:::ヽ  ト-- 、 廴,ノ >/  ∧\    /
  ::::}    :. {:l:::::::| j j {:::::::::::f{ {       //::::ハ:::::.ヽ.|    |\{{  ̄     〉 `、 / \



いるはずの無い人影…
集合写真に映れなかった無念…とでも、言うのだろうか?

専門家の話によれば、以前ここで死亡した女性職員の悪霊が女の子にとり憑いた瞬間だという





それ以降、音楽準備室では不幸な事故が起こるようになった



準備室に近づいた生徒は、部屋のテレビのリモコンが見つからなくなったり、
買っておいたお菓子がいつの間にかなくなるという現象に見舞われた


梓もそれまでになかった股から血が出るという現象に見舞われる


専門家は祟りだろうと話していた

おかしな噂が立つようになった音楽準備室は、今となっては気味悪がって誰も近づかない
しかし、夜な夜な変な声が聞こえると用務員のおじさんは語る…






シクシク… 
          シクシク…




「さみしいよぉ…」



シクシク…




「先輩、さみしいよぉ…」



          シクシク…

シクシク…






            , ─-   、
          /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶,
         イ:::::::::::::∧::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::ヘ
      /::::::::::::|liV‐ヘ:::::://V~l/|:::::::::::::::::ヽ
     /::::lト,:::::i  __ヘ::/ ,-‐-、!:::::_:::::::::::::ハ
     /::::{ |ゝ:::{ 〈 l:::} :::::: {:::_l ' i:::::l 7::ノ|:::::::l
    .:::::::| ' }::::i    ,       i:::::|ノ{´ !:::::::|
     i:::::::|   !::::jヽ   ニマ    |:::├'  |::::::::i
    !::::::i  i|:::|'  ` -  イ .l|:::::!.   |::::::::ハ   さ  み  し  い  よ  お  … 
    |:::::i   l::j            !::::j   i:::::::::::|
     |:::::|.   ハ::|         |::::|   i::::::::::::!
     !:::::|   |:|         l:::i´   .}:::::::::::i
.    |::::::!   ハ:ヽ         !::|    .!::::::::::::!
     i:::::| =‐-、ゝ}        }::l   |::::::::::::|
    |::::l 〈N‐--'        {::::ゝ  !::::::::::::i
.    !::::|            ヽ_ミ  |::::::::::::i
.    l::::{              ~   ..:::::::::::::ハ
     |::::|                l::::::::::::/
     ハ:::::!                i:::::::::::/
     }::l               !::::::::/
     ,ゝ:‐- 、           ‐':::::::/
    /::::::トヽヽゝ         /:-::::::::{
.    /ハ:|l::{ 》ヽ>          u'/:l|ノ|〉〉
     |:!ゝ             /ノ/||:}~





今夜もまた、誰かが犠牲になるのだろうか…






      ._
       \ヽ, ,、
        `''|/ノ
         .|
     _   |
     \`ヽ、|
      \, V
         `L,,_
         |ヽ、)     ,、
        /       ヽYノ
       /      r''ヽ、.|
      |       `ー-ヽ|ヮ
      |         `|
      |.          |
       ヽ、        |
         ヽ      ノ
      -‐..::::  ̄ ̄ ::::::......、、
   /:::::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ、
  r'´:/:::::::,イ:::::::::: |::jハ;:::::::::ヽ:::::::::::\
  |::/::::::::/│::::::::::|::| |::::ヽ:: ',:::::|:::::::..',
  !:l:::::::/ ̄|::::::::::// ̄|:::从:: |:::::|::::::::::rヘ
 ノ:|::::/ ___レヘ:::::/ ___V  ';::|:::::|::::::::::|:::::.i
. !:::{从rテ示  ∨ rテ示7 V::::::|::::::::/::::: |
/:::::::::リ ヒソ     ヒソ /::::::/::::::/:::::::::|
|:::::::: ′          /:::::::「`)イ::::::::::::|
|:::::::小、         /::::::::::r'´ |:::::::::::::|    
|∧:::| l::> .. _ ̄   .イ::::::::::/  |:::::::::::::|
l| V !:::::::::|rュr勹   フ::::/V    |:::::::::::::|
    |:::::/ん)´  /:/ン勹ぅ- 、│:::::::::::|         ┼ヽ.  -|r‐、  レ |
    |::/ r')ヘ   んr'´ノ´   ヽ ::::::::::::|         d⌒)  /| _ノ  __ノ