純「あれ?何で私ここにいるの?」

純「まぁいいや、えっとカンペカンペ…っと」

純「えっと、これは【唯「HTTは家族みたいなものですから!」】の第二部になります」

純「ですが第一部を読んでなくても、まったく問題はない感じになってます」

純「ですので……え、なにこの漢字?読めない……ま、いっか!前置きはいらないよね!」

純「じゃあ私はこのへんで!」



【# 日常茶飯事!】


司会「なるほどなるほど…」

唯「――それで、そこで澪ちゃんがりっちゃんにツッコミ入れたんです!」

律「超叩かれましたもん私!」

澪「あれは律が悪ノリするからだっ!」

律「もう殴られるわ蹴られるわで大変ですよー」

澪「誤解を招くことを言わない!」ガツン

律「あいたっ!」

唯「あはは、またやってる~」

律「ほら、見ましたか!決定的瞬間ですよ今の!」

梓「今のはリーダーが悪いですよ(笑)」

唯「そうだよっ、りっちゃんてば~」

紬「さすがに澪ちゃんは蹴ったりしないわ」ニコニコ

司会「澪さん、実のところどうなんですか!?(笑)」

澪「あ、ありえないですよ!」

司会「確かに、澪さんが野蛮なことをするなんて想像できないですね」

律「そうですかぁ?」

澪「これ以上喋るな、お願い」

司会「相変わらずHTTの皆さんはチームワークも抜群ですよね~」

唯「もちろんです!私達とっても仲良しなんですよ~」

梓「普段からよく遊んでますし、お仕事のとき以外でもホント毎日一緒にいますね」

唯「でも飽きなくて、一緒にいてすごく楽しいんです!」

司会「プライベートでも頻繁に遊んでらっしゃるんですか~。だからチームワークも良いんですね!」

律「それほどでも~」

唯「えへへ…。私たちは絆の強さだけは自信あります!」

紬「HTTは絆が一番のウリかもですね」

澪「こら、絆も大事だけどもっと違うところで自信持ってくれ」

司会(歌手にしては謙虚だな)

律「絆がなかったら、途中で挫折していたと思います」

唯「そうですね。このメンバーだから……この五人だからこそ、ここまで来れたんです」

梓「は、恥ずかしいこと言わないで下さいよ」

司会「そのチームワークこそが、皆さんに支持される理由の一つでもあるんですね、きっと」

唯「えへへ…」

タモリ「ではそろそろ曲に入ってもらいましょう」



~その後~

律「ふぃ~、終わったぁ~」

唯「今日も疲れたねぇ」

紬「うん、でも充実してたわ♪」

澪「やっぱりみんなで演奏すると楽しいな」

梓「私も…満足いく演奏が出来ました」

唯「うん!あずにゃん良かったよ!特に出だしの…」

律「おっと、私のドラムさばきも忘れてもらっちゃ困るぜ!」

唯「もちろんだよ、りっちゃん!相変わらずパワフルだったよ~」

梓「もー、本番終わったばっかなのに元気ですね」

唯「お腹減ったねぇ」

律「今日はたくさん移動したからなぁ」

梓「…そう言われれば、私も…減ってきました…」

唯「こんなときは――」

律「ご飯だな!」 唯「アイスだね!」

律「え!?」

澪「お、お腹減ったのにアイス…」

唯「本番後のアイス食べたい~!」

紬「はいはい、後でね♪」

唯「わーい!やったあ!ムギちゃん大好きっ」

澪「お、楽屋着いたぞ」

ガチャ バタン



~楽屋~

唯「あーーーあ、だる」

澪「やっと終わったな」

紬「さっさと帰って溜め取り録画したドラマ見たい」

律「マジ腰痛ハンパねぇし」

梓「その年でですか?ババア確定ですね」

律「あ?飲食店のおしぼりで顔拭くお前には言われたくないわ」

梓「え……頭大丈夫ですか?あんなの普通じゃないですか」

梓「そんなの誰でもやりますよ。まあド田舎者は知らないかもしれないですが」

紬「田井中ってそこまで田舎者だったんだ。なんか期待外れだわ」

律「お前の期待なんかどうでもいいんだよ。つかお前ら頭おかしいだろ?おしぼりだぞ」

唯「少し考えたら分かるでしょ?おしぼりってタオルじゃん。タオルで汗拭かないわけ?」

律「拭くわけねーだろ。お前マジで脳みそ入ってんのか? 脳の代わりに綿でも詰まってんじゃねーの」

唯「え……詰まってるわけないじゃん。頭悪いの?」

梓「リーダー大丈夫ですか?どっかおかしいんじゃないですか?どっかっていうか頭がよ」

律「そこまで言うなら今度、友達と食べに行ったときに聞いといてやるよ」

律「それでもし引かれたらお前らがおかしいって事だからな。 結果を今から楽しみにしてろよ」

唯「は?おしぼりで顔とか拭くわけないじゃん」

紬「なに?まさか本気にしちゃった?うわーーーー……」

梓「引きます……すごい引きます…」

唯「おしぼりで顔拭くのは中野だけでしょ。その空っぽの頭に叩き込んどきなよ」

律「………」



律「あー腰いてぇ、湿布はっとくか」ペタペタ

唯「くっさ……近寄らないで」

紬「ちょ、何かこの部屋くさくなーい?」

唯「くさーい」

紬「ねー、臭いよねー」

律「本当にな。そこの琴吹から臭ってくるわ」

紬「はあ?私はフルーティーキュアローズマリーの香水だから。人のせいにするんじゃないわよ湿布女が」

澪「フルーティーキュアローズマリーって…」

梓「アハハ ヤダー」

唯「チョーウケルーー」

紬「………」



唯「あー、マジで胃やばい……だっる」

紬「また昨日、酒飲んでたの?二日酔いとかして仕事に支障あったらどう責任取るわけ?」

唯「は?ちゃんと完璧にこなしてるじゃん。見て分かるでしょ。頭弱いの?」

澪「もしもの事もあるんだから少し控えるべきだろ。ちゃんと胃薬飲んだのか?」

唯「キャベジン飲み忘れたわ。いつも鞄に入ってんのに今日持って来んの忘れた」

律「うわ、平沢がキャベジン鞄に入れてないとか珍し。明日大雪じゃね?」

紬「まぁ胃腸薬は女子の味方よね」

梓「携帯とポーチと胃腸薬は必須アイテムですよね」

律「つーか普通、ソルマックじゃね?あれのほうが効くわ」

唯「あ?キャベジンなめてんの?あれがどれだけ飲み会の助けになると思ってんだよ」

澪「まぁ、付き合いで行かなきゃいけないことも多いもんな…」

紬「私もソルマックだわ。酒のお供として、もう手放せないわね」

梓「は?これだから何も分かってない人たちは…」

梓「大正漢方胃腸薬でしょ普通……」



2