~廊下~

和「どこにって……あなたねえ……」

純「いや、格好良いじゃないですかドカタ。夜中もずっと働いてますし」

純「あんな重い荷物とか運んだり、あっつい日でも厚着して、私には到底できませんよ」

和「……」

純「……ああ、そうか。憂の言いたかったことって、こういうことか……」

和「……?」

純「会長、さっきの話ですけど。憂と唯先輩は、会長を守ってくれてたんですよね?」

和「ええ、そうね」

純「その二人が、今になって会長の敵になることってあると思いますか?」

和「……無い、と思うわ」

和(……憂は、どうかしら)

純「だったら、その二人の友達である軽音部の皆は、貧乏人をバカにするような人たちに見えますか?」

和「……見えないわね」

純「そういうことですよ」

和「え?」

純「そういうことなんですよ、憂が言いたかった事は。多分」

純「憂は信じてたんですよ。軽音部を」

純「あそこの人たちは、絶対に会長をバカにしたりはしないって」

純「きっと会長のことを受け入れてくれるって」

和「……!」

純「過去に虐められてたからって関係ないですよ」

純「だって会長には今、仲間が居るじゃないですか」

純「羨ましいほどの、強い絆を持った仲間が」

和「……」

和(でも……私は……)

純「……虐められてたから、皆を信用できないと思うのは無理もないかもしれません」

純「だから、ここで分かれ道を作りましょう」

純「会長が過去と決別できるかの、分かれ道です」

和「……」

純「……片方は、秘密が漏れることを恐れて、臆病な会長のままでいる道」

純「もう片方は、皆を信じてありのままの自分を曝け出す道」

純「……会長は、どっちの道を行きたいですか?」

和「……」

純「どっちの道が楽、とかじゃないですよ」

純「会長がどっちに進みたいか、だけです」

和「……」

純「選ぶまでも、ないですよね?」

和「……!」

和「……ええ、そうね」

和「……ありがとね! 純ちゃん!」タッ

純「いえいえ、どういたしまして」



純「……はぁ」

純「いいなぁ、軽音部……」




~軽音部~

律「安心しろ、唯。ここにはそんなくだらないことで友達をバカにする奴なんかいねーよ」

紬「そうよ唯ちゃん。和ちゃんを中傷するなんてできるわけないじゃない」

澪「だな。普段から和に迷惑かけっぱなしの私たちが、和にどうこう言える立場でもないしな」

律「おいおい、あんまり和に迷惑かけんなよ~、澪~?」

澪「主にかけてるのはお前と唯だっ!」ゴン

律「いたーっ!?」ヒリヒリ

梓「でも憂もちょっと熱くなり過ぎだったよー……」

憂「ごめんね。皆に和さんのことをちゃんと分かってほしかったから……」


唯「……」

唯「私……心のどこかで和ちゃんを見下してたのかな……」

唯「貧乏人……って」

憂「……ううん、違うよお姉ちゃん」

憂「お姉ちゃんは、心の底から和ちゃんを守りたいって思ってただけ」

憂「私がちょっと言い過ぎちゃった。ごめんね」

唯「……でも、そのおかげで大切なことを思い出せたよ」

唯「ありがとね、憂」

憂「……どういたしましてっ」クスッ




―――
――

和「はっ……はっ……はっ……」タッタッタ

和(ごめんね、唯、憂)タッタッタ

和(私は、あなたたちを完全に信頼できていなかったみたい)タッタッタ

和(ごめんなさい……本当にごめんなさい)タッタッタ

和(そして……本当にありがとう)タッタッタ

和(最高の友達が居る私は、例え貧乏でも、世界で一番の幸せ者ね!)タッタッタ


和「……唯!」バタン!

唯「!」

唯「和ちゃん!」タッ



男子A『やーいやーい、真鍋のびんぼうにーん!』

男子B『貧乏人は学校くんじゃねーよバーカ!』

和『ひぐっ……ぐすっ……』ポロポロ

男子C『俺一昨日二丁目の工事現場のとこでコイツの親父見たぜー!』

男子A『マジかよー? 俺一週間くらい前にあの幽霊ビルの撤去してるとこで見たぜ?』

男子B『俺なんか昨日家の前の道路工事してるとこ目撃したぜ!』

男子A『もしかしてコイツの親父って“ていしょく”に就いてねーんじゃねーの?』

男子C『うわー、本当に底辺だな真鍋ん家!』

男子達『ははははははははははは!!!』

和『ふぇ……ふぇぇぇん……』ポロポロ


唯『和ちゃんをバカにしないで!』

和『! ゆ、唯ちゃん……』

憂(お姉ちゃん!?)

男子A『な、なんだよ平沢。真鍋の肩を持つのかよ?』

男子C『それにこんな奴と一緒に居ると貧乏がうつっちまうぜ?』

男子B『貧乏神エキスだー!』

唯『うつらないもん! それに和ちゃんは貧乏神なんかじゃないもん!』

和『唯ちゃん……』グスッ

男子B『なんだよー、真鍋が貧乏なのは事実じゃねーか!』

男子A『どうせお前だって、真鍋のこと貧乏人って思ってんだろ!』

唯『思ってないもん!!』

唯『それに……どんな和ちゃんでも、私達はずっと友達だもん!!』

男子A『な、なんだよ平沢、デカイ声出しやがって』

先生『コラー! なんだ今の騒ぎはー!?』

男子B『やべっ、逃げるぞ!』タタタッ

男子C『うわわわわわわ』タタタッ

男子A『くそっ、覚えてろよ!』タタタッ



唯『はぁ……はぁ……』

和『ゆ、唯ちゃん……』グスッ

憂(お姉ちゃんかっこいい……)ポー

唯『大丈夫? 和ちゃん』

和『う……うん。唯ちゃんこそ、大丈夫?』

唯『うん! だいじょうブイ、だよ!』

和『……』

和『……ふふっ』

唯『うん、やっぱり和ちゃんは笑った顔の方が可愛いよー』

和『……ありがと、唯ちゃん』

唯『どういたしまして!』


唯『……和ちゃん、あんなこと言われても、絶対に負けちゃダメだよ?』

唯『和ちゃんは勉強も料理も何だってできるし、すごいんだから』

和『……でも、私の家が貧乏なのは本当だし……』グスッ

唯『関係ないよ!』

和『!』

唯『和ちゃんは、和ちゃんだよ! 貧乏だとかお金持ちとか、関係ないよ!』

唯『だから……気にしなくていいんだよ』

和『唯……ちゃん』

唯『私は和ちゃんのすごさを知ってる』

唯『また嫌な事言われそうになったら、私が和ちゃんを助けるから!』

和『……うん』

唯『だから……勉強とか、これからも教えてね?』テヘッ

和『……うん!』

唯『えへへっ』




唯「私たち、ずっと友達だからね!」ギュッ







125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 17:24:10.94 ID:12B5GCDz0

長くなりましたがこのSSはこれで終わりです。
ここまで支援、保守をしてくれた方々本当にありがとうごさいま した!
パート化に至らずこのスレで完結できたのは皆さんのおかげです (正直ぎりぎりでした(汗)
今読み返すと、中盤での伏線引きやエロシーンにおける表現等、 これまでの自分の作品の中では一番の出来だったと感じていま す。
皆さんがこのSSを読み何を思い、何を考え、どのような感情に浸 れたのか、それは人それぞれだと思います。 少しでもこのSSを読んで「自分もがんばろう!」という気持ちに なってくれた方がいれば嬉しいです。
長編となりましたが、ここまでお付き合い頂き本当に本当にあり がとうございました。
またいつかスレを立てることがあれば、その時はまたよろしくお 願いします! ではこれにて。
皆さんお疲れ様でした!


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/31(日) 17:34:42.12 ID:12B5GCDz0

と、冗談は置いといて、本当におしまい
最初から最後のまでグダグダだったけど、俺の限界は出した
文句があるなら途中で暴投した>>1に言え

じゃノシ





純「私も軽音部入っとけばよかったかなー……」

いちご「……」

純「っとと、あれ、もしかしてさっきの見られてました?」

いちご「……うん」コクン

純「……誰かに言います?」

いちご「言わないよ、別に」

いちご「どうでも良いし」

純「……その割には『心配だー』って顔してるように見えますけどねー」

いちご「いや、してないし」

いちご「……真鍋さん、貧乏だったんだね」

純「やっぱり心配なんじゃないですかー」

いちご「うるさい」


純「……大丈夫ですよね、会長」

いちご「……さあ」

純「あ~……あれだけ大見得切っといて、実は当てが外れたーなんてことになってたらどうしよ……」

いちご「……軽音部はみんな良い娘だから、大丈夫」

いちご「真鍋さんを蔑むようなことはしない」

純「……ずいぶん軽音部を評価してるんですね」

いちご「してないし。本当のことを言っただけ」

純「あはは、素直じゃないですね」

いちご「……」プイッ

純「すみませんって、そうソッポ向かないでくださいよ」

いちご「……あなたも」

純「?」

いちご「あなたも、ずいぶんと軽音部を信頼してるみたいだけれど」

いちご「それに、軽音部を羨んでる」

純「……」

純「まあ、否定はしませんよ。信頼もしてますし、羨ましいとも思ってます」

純「あの輪に入れたら、どんなに良いだろうか、って」

純「でも、あの輪の中にはもう入れないんです。途中乗車なんて無理」

純「軽音部はあのメンバーで構成されてるべきなんですよ」

純「だから、あの輪に入れている会長がほっとけなかったんです」

いちご「……そう」

いちご「優しいのね、あなた」

純「えーっ、それは私を過大評価しすぎですよ。ただのおせっかい焼きなだけですって」

いちご「……まあ、あなたの好きなように思うといい」

純「いやそこは否定してくださいよ……」

いちご「……もうこんな時間」

純「へっ、あ、ほんとだ。そろそろ帰らないと!」

いちご「それじゃあ、私は帰るね」

純「はい、なんか色々ありがとうございました!」

いちご「いや別にお礼を言われるようなことはしてないけど」

純「てへへ」

純「ではっ、さようならです!」

いちご「さようなら」


いちご「……いつか、あなたにも、軽音部みたいな仲間ができるといいね」スタスタ

純「え、あ、え?」


純「……行っちゃった」

純「……あ、名前聞きそびれたな」


おわり