唯「私が死の旋律を奏でてくれよう……ククク」ブツブツ



律「もしかしてあなたが平沢唯さん?」

唯「如何にも…クク……
  こちらの世界ではそう呼ばれている」

律(うわぁwwww)

律「にゅ、入部希望の!!」

唯「ああ……」

律「色々誤解してごめん!
  ギターすっごいうまいんだよね!?」

唯「待て……」

律「ん!?」

唯「何を誤解していた…」

律「…テ、テンポ悪くて使えないドジっこだと……」

唯「ちっ…〝あの時〟か……(てかギター弾けねぇ…)」

律「あの時…?」

唯「ふっ…部外者には関係無い…(職員室で紙をバラバラにしてしまったんだ)」

律(あいたたた)

唯「だが、同じ機関の者として
  一つだけ言ってやる… あの時邪気眼が発動した…」

律(機関てwwwwwクラブだろっ!
  ってか邪気眼ってなんだよ!)


律「お、音楽室の前じゃアレだし中に入ろうぜ?」

唯「ククク……終わりの始まり、か…」

ガチャッ

律「みーんなーっ入部希望者連れてきたよ!!」

澪・紬「あは」


澪「ようこそ、軽音部へ」

紬「歓迎致しますわ~」



律「よーしムギィ!お茶の準備だ!」

紬「はい~♪」


紬「どうぞ♪」

唯「ズズ……こ、これは…うまい…
  (この世界でもこのような待遇を受けるとは…)」



律「平沢さんはどんな音楽するの?」


唯「なっ…」

律「好きなバンドとか」

唯「クッ!!(何も知らないなんて言えない…)」

律「好きなギタリストは?」

唯「……く(ちゃんと言わなきゃな…実はギター弾けないと…)」

唯「じっ、じっ、じっ!!」

澪「ジミーヘンドニクス!?」

唯「ち、違…じっじっ!」

澪「ジミーペイジ!?」

唯「ち、ちがっがじっち!!!」

澪「ジェフベック!?」

律「お~っ」

唯「!(ギタリストって〝ジ〟で始まる奴が多いのかあああ)」


律「そっかぁジェフベックかぁ!」

紬「どなた?」

澪「ロックギタリストにも二種類しか居ない
  ジェフベックとジェフベック以外だって言われている
  常に新しいサウンドを追求する
  挑戦的なギタリスト」

紬「まぁ~」

律「さっすが渋いねぇっ平沢さん!」

唯「………はっ…はははっははは…」

律「平沢さんみたいな人が入ってくれて良かったな~!」

紬「一週間以内にあと一人集まらなかった
  ら廃部になる所だったんです」

律「本っ当にありがと~ぅ!」

唯(ますます言い難くなっちまった…だが言わなければ…)

ガタ

唯「……申し訳ないのだが実はこの機関を辞退するといいにきた」



チーーーーーン



律「え…(死の旋律とか言ってたじゃん!おいっ!)」

唯「他の武器をやるものだと思ってな…(ククク………死の旋律をな…)」

紬「(武器?楽器ね…)じゃあ、何ならできるの?」

唯「ククク…聞きたいか…死の旋r…ゲフンゲフン
  (しまった…これはこの世界では知られてはならない…)」



唯「カスタネッ…………ハーモニカだ…」



律「あ、ハーモニカならあるよ、吹いてみて!?」

唯「グ…………ガッ!!!」

律・澪・紬「平沢さん!?」

唯「…ぐ……右腕が…!!!近づくな…今近づくと死ぬぞ!!
  (クク…私がな)離れろ!離れろぉ!」

律(右腕の包帯どうしたんだろうwwwwwてか何このセリフwww)

唯「ぐああああああああ!!!!っはぁっはぁ………」


律(ヤバいwwwwwwwこの子wwwヤバいwwww)



澪「でも…ウチの部に入ろうとしたってことは、
  音楽には興味あるってことだよね?」

紬「他に入りたい部とかあるの?」

唯「ククク……特にない…」


律「!(せっかくのカモをここで
  手放すわけには行かないぜ!)」キラ

澪「!(廃部を逃れる為に!)」キラ

紬「!(引き留めなければ!)」キラ

↑アイコンタクト


唯「すまない……この世界の人を
  巻き込むわけには行かないんだ…さらば……」ガタッ

律「ぁぁあっちょっとまって!!」

紬「も!もう一杯お茶いかが!??」

紬「クッキーとマドレーヌもあるの!」

律「うん!!」


澪(餌付けたwwwwwww)

唯「ふ……私の力が必要か…」

律(殴りてぇwwwwwww)




唯「うまい………
  しかしこんなに馳走になるわけには…」

律「いいのいいの」

紬「毎日こうやって一緒お菓子を食べましょう?」

澪「何か主旨が変わってきてい…ぎゃ!」ドカ律「!(澪!!)」

律「平沢さん、他にはどんなものが好き?」

唯「ククク、己自身の力…とでも言っておこう……」

律(こwwwwwwwいつwwwwwww)



律「休みの日、家では何して過ごしてるの?」

唯「…………この…腕が闇と共鳴して………世界に闇をもたらしている……」ボソボソ

律「そ…」(声ちっせぇぇえwwwwwてか意味わかんねぇww)

紬「好きなものとかある?」

唯「ふっ…先ほども言ったはずだ……己自身の力とな…」


律(録音しとこっと)



澪「その力ってなn

唯「黙れ!!!!!!!!!!部外者には関係ない!!!引っ込んでろ!!!」

律(wwwwwww)

澪・紬「え」ポカーン

澪「ご、ごめん……あ…に、苦手なものは…」


唯「己自身の…力だ……私ではこの力を止めることはできない…」


律(好きって言ってたじゃねぇかっ)ガーン



澪(手強い……)

律(いったいどうすれば…)

紬(わかりません…)

唯「クククそれではまた、いつの日か……」

律「はっ・・・行かないでぇ!居るだけでいいからぁ!」

唯「機関の呼び出しだ、すまない」

紬「もっと・・・もっとおいしいお菓子持って来ますから!」

唯「す、すまない…軽い気持ちで入部したいなんて言ったから…なんと謝れば良いか……」

紬「私達こそごめんなさい…」

澪「………無理に引き止めて悪かったな…」


律「じゃあ…っ!じゃあせめて私達の演奏を聴いていって!」


唯「なに…?演奏してくれるのか…?」


律(よっしゃ食い付いた!wwwww)




――――

律「1、2、3、4!」


♪~
 ♪~    (翼をください)
  ♪~


―――――

唯「ほぁあああ………」

律「ひひひひぃっ!どうだった?」

   ダークキルホーリーホース
唯「闇を葬る光の馬」

律「翼をくださいだよ。で、感想は?」

唯「なんというか言葉にしにくいのだが…」



唯「あまりうまくないな」

律(ばっさりだああ)ガーン



唯「だが、なんだか凄く楽しそうだった。私はこの機関に加入する。」

律「」ぷに澪「」ぷに

↑お互いのほっぺたをつねり合い現実か否かを確認し合っている


律「ばんざああああいい!」


律「ふふっ!!ちょっと失礼~」

ゴソゴソ

律「軽音部活動開始記念に!」

澪「あ、私のカメラ!」


唯「ばっ!!やめろぉぉおお!!!!!この世界に私を残すのは禁じられている!」

律(なんでwwwwwww)カシャ

唯「…終わった…………私はあの機関にやられる…」

律(なんだそれwwwwwww)

唯「まぁよい、私は貴様らの戦闘を援護する」

律()マネージャーって言いたいんだな?wwwwしかも戦闘じゃなくて演奏だろっ!

唯「なん…だと…」


律(思ってたことが口に出ちゃったwwwwwww)



唯「(この機会に闇のギターを始めてみるか…
  ……死の旋律を奏でなければヤツは倒せない……)」

唯「エターナルフォースブリザード…敵は死ぬ」ブツブツ

唯「…ふっ…いよいよ始まる…か」ブツブツ

律「私達もわからないとこは教えてあげるしね」

唯「死の旋律は貴様らにはわかるまい……」ブツブツ

――――――



――――――
和「ククク…結局機関に入ったみたいだな…」

唯「あの機関には私の力が必要らしいからな………ふふ…」

和「…どうせ援護役(マネージャー)か何かだろう…」

唯「ふん…貴様に言われると腹が立つな……ちゃんと援護役ではない。私も戦闘(演奏)に参加する…」

和「まさか貴様!!死の旋律を!!!」

唯「ククク………右腕が疼いて来やがった………」

唯「ククク!御名答!この世界にヤツが来ているかもしれん……」

和「なっ…!貴様!一般人を巻き込む気か!」

唯「ふ………凡人の命など…どうでもいい……私は能力者しか見ていない…」

和「それより…死の旋律を奏でる為のギターはどうする気だ……」

唯「ふふ…貸して貰えるんじゃないか?」

和「貰えないと思うがな…」



生徒達(うわぁ…なんだあれ…)



和「それより軽音部は凡人の集まりだ……決して邪気眼を発動させないようにな…」

唯「…クク………フフ…フハハハハハハハ!」





唯「ククク……軽音部か…」





~終わりの始まり~ 完



2