◇帰り道◇ 

唯「よかったね~、あずにゃん固結びとれて~」

澪「案外簡単に取れたな」

律「美容院の人ちょっと笑ってたぞ」

梓「・・・はい」

紬「まぁこれでいいじゃない、おしまいね」

梓「まぁ・・・はい良かったです」

唯「さっきの髪型も似合ってたよ~?」

梓「・・・」

唯「さっきの髪型m」

律「コンビニ寄る?」

梓「あ、は、はいっ」

唯「・・・」

唯「・・・」



紬「じゃあ私はこれで」

律「じゃーなー」

澪「バイバイ」

唯「またねむぎちゃん~」

梓「さようなら」

律「えっと、私たちもこっちなんだよな」

澪「あ、ああ」

梓「えっ」

唯「そうだね、また明日ね~」

律「お、おお・・・じゃあな、梓」

澪「・・・」

梓「ま、ままま、待ってくださいよっ・・・」ガシッ

律「っ・・・」

梓「わ、わた、私この人と帰ることにn」

唯「あずにゃん一緒にかえろ?どうしたの?」

律「・・・」

澪「・・・」

梓「私もこっちから帰りますっ・・・」

唯どうしたの?帰ろうよ~」グイグイ

梓「ひっ・・・」

律「私たちもこっちから帰るか・・・?」

澪「だな・・・梓がちょっと耐えられそうにないし」

唯「じゃあね~みんな、私とあずにゃん帰るね~」グイグイ

梓「ひ・・・ひ・・・」

律「あ・・・」

澪「行っちゃった・・・」

律「ありゃあ・・・」



唯「良かったね~、固結び取れて~」

梓「・・・」

唯「どうやって取ったんだろぉ・・・私、本読んでたからわかんなかったけど見たかったなぁ」

唯「まさかとれるって思わなくてさぁ、取れたって聞いた瞬間びっくりして笑っちゃったwww」

梓「・・・」

唯「あずにゃんも取れるって思ってなかったでしょぉ?」

梓「・・・」

唯「正直言ってみてよっ、ねっ、実は固結び取る気あんまりなかったんじゃない?」

梓「・・・」

唯「だってあずにゃん、本気で怒ってる感じじゃなかったもんね」

梓「・・・」

唯「実は怒ってなかったりして・・・あずにゃ~ん?無視はさびしいよ~?なにか言ってよぉ」

梓「・・・」

唯「私の事きらいになった?」

梓「・・・」

唯「ねぇねぇ、きらい?」

梓「・・・」

唯「無視するのはよくないよ?」

梓「・・・っ」

梓「わ、私こっちなので・・・それじゃ・・・」

唯「・・・」

梓「・・・」スタスタ

唯「あ、いいの?」

梓「・・・」

唯「知らないよ?まだそうやって無視するんだ」

唯「じゃあ私もあずにゃんの事きらいになっていい?」

梓「・・・」

唯「憂にもいうから、あずにゃんが悪口言ってたよ~って」

梓「・・・ッ?」

唯「それにあずにゃんもうけいおん部にいれなくなるよ?同じクラスの友達もいなくなるよ?さわちゃんにも電話で言うから、あと純ちゃんにも電話で言って、
  憂には純ちゃんと仲良くしてっていうね、あずにゃんクラスで一人ぼっちになってけいおん部にもこれなくなるけど、それでい~い?」

梓「あ・・・えっ・・・」

唯「うん、いいよ別に、あずにゃんきらいなんでしょ?」

梓「・・・」

唯「私もいつでもきらいになれるよ、あずにゃんの事」

梓「・・・」

唯「っていう前から私ちょっと気になってたんだよ、あずにゃんなんか年下のくせにさ・・・なんかさ・・・練習練習って気取ってさぁ」

唯「部長はりっちゃんなんだから、なんであずにゃんがそこまで指示できるのかなぁって、年下なのにさ・・・あずにゃんなんか変だね」

唯「ケーキ食べるの邪魔してるの?あ、あずにゃん私の事前からきらいで、それでケーキの邪魔してたの?」

梓「・・・」

唯「新入部員増やすとか張り切って・・・これ以上増えたらむぎちゃんのお菓子どうなっちゃうの?」

唯「あずにゃんけいおん部の邪魔してるよ、辞めるべきだと思うよ・・・」

梓「・・・」

唯「うん、もういいよあずにゃん、憂にも悪口言っておくね・・・ばいばい」

梓「う、憂は関係ないですっ!!それに悪口なんて言ってませんしっ・・・やめてください!!」

唯「やだ、だって私あずにゃん気に入らないもん・・・ちょっとおのぼりさんだよね・・・そういう人きらい・・・自己中心的・・・年下のくせに」

唯「ギターも自分のほうがうまいと思ってるよね・・・そんな事ないのに・・・」

梓「と、とにかく憂は関係ないですっ」

唯「関係あるよ、現時点ではあずにゃんの友達なんだから」

唯「憂が可哀そうだよ・・・」

梓「・・・」

唯「そういう事だからね、じゃあまた明日」

梓「・・・」

梓「・・・」





◇次の日◇

梓「・・・」

梓「う、憂まだかな・・・」

梓「・・・」

梓(大丈夫・・・憂だからいつも通りに接してくれるはずだよ・・・)

梓「・・・」

憂「梓ちゃんおはよ~」

梓「えっ、あ、ああ憂おはようっ」

憂「今日早いね、どうしたの?」

梓「え、あ、ああ・・・なんでもないよ?ちょっと早く起きたから」

憂「そっかぁ」

梓「・・・」

梓(あ、あれ・・・?いつも通りだ・・・)

純「憂、梓おはよう~」

梓「お、おはよう」

梓(あ、あれ・・・なんにも変ってないや・・・)



◇昼休み◇ 

憂「梓ちゃん一緒にお弁当たべよう」

梓「うん」

純「お腹へったー」

梓「う、憂」

憂「なあに?」

梓「唯先輩・・・なにか言ってなかった?

憂「へ?」

梓「え?言ってなかった?」

憂「ううん、なにも?」

梓「・・・」

梓(そっか・・・唯先輩ただのおどしだったんだ・・・)

梓(ちょっとむかつくけど・・・勘なしではないみたい・・・こういうところは一応弁えているのかな)



梓「部室・・・先輩居るよね・・・」

梓「いきたくないけど・・・」

梓「失礼します・・・」

澪「梓」

梓「あれ?唯先輩は・・・?」

律「ああ、あいつはけいおん部辞めたぞ」

梓「は?」

紬「唯ちゃんけいおん部やめるって行って言って今さっき出て行ったわ」

梓「はい?辞めた・・・?」

律「ああ、憂が毎日ケーキ用意してくれるっていうからもういいだってよ」

紬「私たちの事なんかどうでもよかったみたい」

梓「・・・」

梓「・・・」

澪「・・・」グスン

梓「・・・」




◇平沢家◇ 

唯「ただいまー」

憂「あーお姉ちゃんおかえりー、辞めてきたの?」

唯「ふぅー、あーすっきりしたぁ、うん、もう辞めてきたよ」

憂「そっか」

唯「ねえみてみて!じゃんじゃじゃーん♪」

憂「わあすごい!どうしたのそれ?」

唯「10万えんだったよぉ♪もっと高く売れると思ったんだけど、まぁ十分だねー」

憂「20万円だったもんね、ギー太」

唯「卒業の時に売ろうと思ったんだけど、にしし、臨時収入だね~」

憂「だね~」

唯「ケーキちょーだーい」

憂「うん、用意してるよ~」


憂「にしてもすごいね、5万円で買えたんでしょ?」

唯「うんっ、それで私の手元には10万円ッ!」エッヘン

憂「わぁ」パチパチ

唯「これってビジネス?ふふ、私才能あるのかな」

憂「どうするの?お母さんに5万円返すの?」

唯「返さなくていいよ、憂にわけてあげる~」

憂「い、いいよっ、そんなっ」

唯「だって憂、仕返ししてくれるんじゃないの?」

憂「あっ、そう!ほらこれみてー」

唯「え?なにその紙屑の山」

憂「梓ちゃんの机の中の教科書だよ、シュレッダーにかけたの」

唯「えwwwwいいのwwwwやばくないwwww?」

憂「大丈夫だよ任せて!完全犯罪だからっ」

唯「あははwwwwさすがういwwwwおりこうさんwwwwよしよしwwww」

憂「えへへ」


憂「ところでお姉ちゃん、クラスのお友達どうするの?」

唯「え?」

憂「けいおん部の人たちと仲違いしたんなら居場所が・・・」

唯「私いくらでも友達いるし、大丈夫だよ、友達作りうまいもん」

憂「そう、ならよかったぁ」

唯「中野っていう人むかつくから徹底的に陥れてね、憂」

憂「うん、不登校にしてみせるよ」

憂「明日このギター売ろっか?」ヒョイ

唯「ういwwwww本当におりこうさんwwwwww」

憂「えへへ~」

唯「明日はパーティだねwwwwwふふwwww」

憂「だね~」




思いつきで書いて長くなりました、すみません
眠いので終わりにします、どうもありがとうございました