澪「じゃあ梓、とりあえずありのまま髪型をさらけ出して」

梓「はい」パサッ

律「うーん、かわんねーな」

紬「昨日のままね・・・」

澪「ギチギチだな・・・」

唯「・・・」プルプル

澪「ん?どうした唯」

唯「い、いいや・・・な、n、なんでも・・・?」プルプル

紬「ギチギチね・・・」

唯「んぶふwwwwww」

律「・・・」

澪「・・・」

紬「・・・」

唯「いやwwwwごめんwwwwwちgwwwww違うのwwwwwなんでもないよwwwww」

唯「むぎちゃんwwwwぎちぎちとかいうからwwwwwふふwwwwひひwww」

梓「・・・」イライラ

律「はいはい、わかったわかった」

澪「ほらしっかりしろ、唯」

唯「あー駄目だね私、なんか笑っちゃったごめんねあずにゃん」

梓「・・・」

梓「はやくしてください」

唯「わかったよ、うん」ギチギチ

唯「あぁやっぱり固いね、これはちょっと無理だね」

律「早いよ、もっと頑張れ」

唯「無理だよこれ、ほら」ギチチチチ

梓「ぁいて・・・てててて・・・」

唯「あ、ごめんあずにゃん」

澪「本当にどうなってるんだ・・・」

律「唯、どんな結び方したんだよ・・・」

唯「うーん・・・わかんない、覚えてない」

律「まずなんで結ぼうと思ったんだ?」

唯「しゅっしゅっぽっぽーって、列車ごっこをしようと思ったんだよ」

澪「・・・」

律「・・・」

紬「・・・」

唯「縄跳びもできそうくない?ねぇあずにゃん、縄跳び」

梓「いいからはやくとってください」

唯「あずにゃんカリカリしすぎだよ・・・怖い・・・あっ」

紬「どうしようかしら・・・」

唯「むぎちゃんむぎちゃん」ヒソヒソ

紬「えっ?な、なに・・・?」

唯「ふふwwwwふwwwは、はさみもってきてwwwwんっwww」ヒソヒソ

紬「えっ・・・なにに使うの・・・?」

唯「いいからいいからwwww」ヒソヒソ

紬「こ、怖いわ・・・唯ちゃんなにするつもり・・・?」

唯「いいからっ、いった通り言うこと聞いてよっ、そういうのおもしろくないよムギちゃん」

紬「う、うう・・・」

澪「梓、これ美容院かどっかにいって見てもらおう」

律「おっ、ナイスアイディア」

梓「・・・び、美容院?」

澪「多分なにか薬品つかってほどいてくれるよ、物理的に考えてほどけないわけないんだから」

律「それまで辛抱してくれないか・・・?ほら、唯の事だしさ・・・また騒動してやめるとか言い出すかもしれないし」

唯「・・・」モグモグ

梓「・・・ッ」

唯「休憩しよ、休憩♪むぎちゃんまだ~?あとくるついでにお茶ちょうだーい」

紬「う、うん・・・ちょっと待ってね」

梓「あの人むかつきます・・・」

澪「おさえろおさえろ・・・」

律「こういう奴なんだ、仕方ないよ」


紬「はい、唯ちゃん・・・」

唯「ありがと」

紬「な、なにに使うの・・・?」ヒソヒソ

唯「いいからいいから」

澪「唯、ちょっと私たちじゃどうしようもできないから美容院に」

唯「・・・」ソーッ

澪「いっt・・・えっ、な、なにしてるの?」

律「おいおい、待て待て待て」

梓「えっ?」

唯「結び目より先のほうだから切っちゃってもツインテールだよね、じゃあ切っちゃえばいいじゃん」シャキン

律「や、やめろ!」

梓「えっ!?や、やめてください!!」

唯「え、えええ・・・なんで・・・?」

澪「あ、危なっ・・・!唯なにしてるんだよ!!」

唯「えっ・・・だって切っちゃえば・・・」

梓「はぁっはぁっ、な、なな、なにするんですか!!」

唯「え・・・そんなにびっくりしなくても・・・」

澪「度が過ぎてるよ唯・・・」

律「まじかよお前・・・」

唯「えっ・・・えっ・・・なんで・・・私、あずにゃんの事をおもって・・・」

紬「唯ちゃん絶対間違ってるわっ」

唯「えっ・・・そんな・・・」

唯「ムギちゃんが持ってきたのに・・・?ムギちゃんが私に渡したんだよね?」

紬「そ、そうだけどまさかパッツンに切ろうとするだなんて思ってなかったもの」

唯「・・・」

唯(ケーキが食べれなくなるのは嫌・・・)

唯「ごめんね・・・じゃあ、私が悪かったよ、切ってないからいいじゃん♪じゃあ後で美容室いこー」

梓「り、律先輩っ、この人もう辞めさせてください」

唯「えっ?」


梓「こ、怖いです・・・絶対なにかおかしいです・・・」

唯「な、なに言い出すのあずにゃんたらぁ」

梓「き、昨日の一件からしておかしかったんですよっ・・・病気ですっ・・・」

唯「あずにゃん、そんな事ないよぉ」

律「お、おい、怖がってるだろ・・・やめろよ・・・」

唯「えー・・・あずにゃん、どうして?私、あずにゃんが怒ってるから怒ってるの直そうとして切ろうと思ったのに・・・」

梓「ほ、ほらっ、先輩聞きましたか、もう言ってることがおかしいんですっ」

澪「・・・っ」

唯「えっ・・・えっ・・・なんでそんな目でみるの・・・」

紬「・・・」

唯「私間違ってないよっ!なにもおかしくないよっ!」

唯「あずにゃんがおかしいんでしょ?ねぇ、みんなそうだよね?」

澪「・・・」

律「・・・」

紬「・・・」

唯「あずにゃん私に辞めないでって昨日必死だったよね?」

梓「・・・」

唯「なのに今日いきなり辞めろってひどいよ!これは絶対あずにゃんがおかしいよ!だよね?」

澪「・・・」

律「・・・」

紬「・・・」

唯「それに私先輩なのに」

梓「そ、そんなの関係ないですっ・・・」

唯「関係あるよ!先輩にむかってそれはないと思うっ、逆に私があずにゃんを辞めさせる事できるんだよ?」

梓「は・・・はい・・・?なんでですか・・・?」

唯「先輩だもん、先輩のほうが偉いもん」

梓「・・・」

唯「あんまり酷いこと言うとあずにゃんやめさせるよ?ねえみんな」

梓「・・・」

唯「仲良くしようよ、もう喧嘩しないって決めたのに・・・あずにゃんすぐ約束破っちゃだめだよ・・・」



6