◇次の日◇

唯「りっちゃん部室いこー」

律「おー」

紬「ふふ、すっかり元通りね」

澪「喧嘩するほど仲がいいってやつか、まったく」

律「ほんとお調子者だな唯は」

唯「むぎちゃんのケーキ食べられなくなると思ったらねー、私にブレーキがかかって」

唯「このままじゃまずい~!って、ふふ、焦っちゃったよぉ、だからもう仲直りだよ」

律「ははは」

律「・・・」

律「ん?」

唯「失礼しまーす」ガチャ

梓「・・・」

唯「あー♪あずにゃんはやいねー、ぎちにゃんぎちにゃん♪」

唯「どう?取れた?相当固いから苦戦したでしょー、うふふ、むぎちゃん私チョコケーキと紅茶と、あ、あとクッキーある?お願いねー」


唯「あーおいしい、これがないと毎日が充実しないよぉ」

唯「あずにゃん、あれ?今日なんか髪型おかしい?ラー○ンマンみたいだね」

梓「先輩」

唯「あーでもかわいいよ?あずにゃん、そういう髪型もありなんじゃない?おいし」パクッ

梓「一体どんな結び方したんですか?」

唯「え?固結びだよ?ただの固結びだよ?」

梓「そうですか、取れませんでした」

唯「ぶっwwww」

紬「あら唯ちゃん、お行儀悪いわよ・・・噴き出しちゃって」

澪「おい唯・・・私の紅茶にお前のケーキが・・・」

唯「げほっwwwwごほっwwwひひwwwwあははははwwww」

梓「・・・」

唯「取れなかったってwwwwwあずにゃんwwwwwみせてみせてwwww」

梓「・・・」

唯「あwwwだからこんな髪型なんだねwwwごまかしてるんだねwwwひひwwwふふふwwwお腹痛いwwww」


律「なんだなんだ、なにをそんなに腹を抱えているんだ?」

唯「いやね聞いて聞いてー、あずにゃんの髪、結局取れなかったってー、おいし」モグモグ

律「えっ」

紬「あら・・・」

澪「なんだって?梓本当か?」

梓「ええ、頑張ったんですけど固すぎて取れませんでした」

唯「これってすごくない?」

梓「・・・」

唯「普通とれるよね、私固結びの才能あるのかなぁ、ふふ、あーむぎちゃんこのチョコケーキあのメーカーの廉価版じゃない?」フンス

紬「あ、ごめんなさい貰いものがそれしかなくて」

唯「あーそうだったね・・・むぎちゃんは貰いものの余りを持ってきてるんだよね」

唯「あのケーキのほうがおいしいよむぎちゃん」

紬「そ、そう?」

唯「明日からあのケーキ食べたいよ、今日貰ったりする?」

紬「え、ええとそうね、なかったら買ってくるわね」

唯「わーい♪」

梓「・・・」

梓「あの、先輩固結びとるの手伝ってくれませんか?」

唯「え?」

梓「できれば二つ結びに戻したいんです、今日変わった髪型とか言われて恥ずかしかったので」

唯「無理だよ、すごい固いもん」モグモグ

梓「・・・」

律「唯~、昨日約束しただろ~」

澪「そうだぞ、唯」

唯「したっけ」モグモグ

梓「・・・」

澪「・・・」

律「・・・」

紬「・・・」

唯「あれはいくらなんでも固すぎだよ~、っていうか散発すればいい話だと思うけど」

律「散髪って・・・相当短く切らないといけないじゃないか」

澪「だな、それは無理だろう」

唯「でも取るのも無理なんでしょ?じゃあ切るしかないね」

梓「いやですよ、そんなの、責任とってください」

唯「そんな責任とってって言われても・・・」

梓「・・・」

唯「謝ったじゃん」

梓「・・・」

紬「?」

梓「怒っていいですか?」

唯「んもぉそんなに熱くなっちゃだめだよぉあずにゃん、はいあーん、廉価版のケーキだけどあーん」

梓「怒りますよ?」

唯「あーん」

梓「ふざけんなです」

唯「えっ」


澪「・・・」

律「・・・あら」

紬「・・・」

唯「・・・」

梓「そろそろ私ぶちきれます」

唯「・・・」

梓「いいですか」

唯「い、いやだめ」

唯「タンマタンマ、ちょっとタンマだよあずにゃん、だからまだ怒っちゃだめだよ?いい?」

梓「はい、なんですか」

唯「いきなり怖いよ・・・どうしたの・・・」

梓「だって先輩が私の髪結んでほどけなくしたんじゃないですか」

唯「うん、でもそれは謝ったじゃん」

梓「いやだから、謝っただけではこの髪型のままじゃないですか」

唯「散髪すればいいじゃん・・・えっどうしたのこわい・・・なんで怒ってるの・・・」ソワソワ

梓「だから・・・私は髪を切りたくないんですよ・・・もとのツインテールな私に戻りたいんですよね・・・」

梓「先輩が意味不明な事をしたせいで、私怒ってます、これで伝わりましたか?」

唯「・・・」

唯「えっ・・・だから・・・ごめんっていったじゃん・・・だよね?私何回も謝ったよね?じゃあもう一回謝るね、すみません」

澪「・・・」

律「・・・」

紬「・・・」

梓「んっ・・・もう一回いいますよ、この固結びをとってください」

唯「無理だよ、それすっごい固いもん・・・」

唯「無理なものは無理なんだよあずにゃん・・・とりたい気持ちはわかるけど、そういうわがままが必ず実現すると思うのは間違っていると思う・・・」

唯「あきらめよう?ね?そうすればあずにゃんは怒らなくてすむよ」

梓「は?」

律「ストップストップ・・・うん、また喧嘩になっちゃうぞ?もう喧嘩はしないっていったろ・・・?」

唯「そうだよあずにゃん・・・私たち仲良しでいようよ・・・」

梓「律先輩、やっぱりこの人おかしいです」

澪「唯っ、梓の固結びとってやれ」

唯「だって無理なんだもん・・・」

澪「やってみたらとれるかもしれないだろ?」

唯「無理だよ・・・絶対・・・」

紬「み、みんなでとりましょう!はい梓ちゃん後むいて」

梓「・・・唯先輩がとってくださいよ」

紬「ちゃんと唯ちゃんにとらせるわ、私たちはそれをサポートするだけだから」

唯「えぇ・・・うーん・・・」

律「ほら、唯こい」

唯「はいはい・・・」

澪「時間経ってるから取れるかも」

唯「・・・めんどくさ・・・はぁ」ボソッ

梓「・・・」

律「・・・」

澪「ほ、ほらやるぞっ」

唯「わかったよもう・・・やってみればいいんでしょ・・・」



5