律「おい、待て」

唯「なに?」

律「お前どこまで捻くれれば気が済むんだよ、お前が悪いんだからちゃんと謝るべきだろ」

唯「だから謝ったけど」

律「ちゃんと謝れって言ってるんだよ」

唯「ごめんなさい、はい謝ったよ?で、なに?」

律「梓のほう見てあやまれよ!」

梓「ちょ、ちょっと・・・喧嘩は・・・」

唯「はい、すみませんでした」

律「謝って終わりじゃないだろ!梓の固結びとれよ!」

唯「はぁ・・・なんで私がこんなにいじめられなきゃいけないの・・・」

律「はぁ?お前・・・」

唯「謝ってるのにまだ責めるとか最悪だよ・・・もう私けいおん部やめる」

律「ッ・・・?」

澪「は?ちょ、ちょっとm」

梓「待ってください、唯先輩、やめるだなんて!」

唯「もういい、あーあー、私もう怒った・・・いじめられるくらいなら辞めるよ」

紬「も、もうやめよ?この話終わり、ちょっと落ち着いてっ、ねっ唯ちゃん」

澪「そ、そうだな!ちょっと話がでかくなりすぎてるし」

律「や、やめろやめろ・・・こんな奴いらねぇよ・・・」

唯「ふーんそうなんだ、じゃあ私やめるね、あーすっきりした」

梓「ま、待ってください!」

唯「なに?私もう帰りたいんだけど・・・離してよ・・・」

梓「そ、そんな急ですよ!それに私、怒ってないです!」

唯「え?」

梓「お、怒ってませんから!」

唯「じゃあなんでそれを先に言わないの・・・りt・・・あの人からすごくいじめられて私もうすごく傷ついたよ・・・あずにゃんが先に言わないから・・・」

梓「っ・・・」

唯「あ、あずにゃんが怒ってないって言えば・・・私こんな嫌な思いしなくて・・・っぐ・・・すんだのに・・・ひっ・・・うぐっ」ポロポロ

梓「ご、ggご、ごめんなさい!ごめんなさい!!」

唯「も゛ういい!帰る!」

梓「せ、先輩っ!待って!」ガシッ

唯「や゛だ!帰る!!帰る帰る!!」

梓「せ、せんp」

唯「いやだ、やだやだやだやだ!!帰る!!もういや!!クズ!!馬鹿!!」ジタバタ

紬「ゆ、唯ちゃん落ち着いてっ!」ガシッ

澪「ひっ・・・ゆ、唯・・・」ビクッ

律「・・・」

唯「ううう・・・離してよっ!!もう帰るん゛だからッ!!離して!!」

紬「う、うぅ・・・唯ちゃん・・・」

梓「り、律先輩ッ・・・」

律「・・・」

梓「あ、謝ってくださいっ」

律「・・・」

律「は・・・?」

唯「・・・うう」

梓「せ、先輩・・・謝ってくださいっ・・・」

律「・・・は、はは、いやいやいやいや・・・」

澪「お、おい・・・律・・・」

律「な、なんだよ・・・?」

澪「あ、謝っとけ・・・」

律「は、はぁ?いやいや、おかs」

紬「りっちゃんっ・・・お願い・・・」

律「・・・」

唯「ひぐっ・・・」

律「・・・」

唯「謝っで・・・じゃないとやだ・・・」

律「・・・」

律「・・・」

律「な、なんで私が・・・お、おかしいよ!ゆ、唯が悪いんだろっ!?私はなにも悪くない!!」

唯「りっぢゃんが悪い!!!ひどいよ!!!」

律「は、はぁ!?」

梓「せ、先輩ッ!」

律「ッ・・・」

澪「律っ・・・!」

律「h、はぁ・・・?ふ、ふざけんな・・・わ、わたし、は、わるくない・・・し・・・」

紬「りっちゃん、謝って、じゃないと唯ちゃん・・・」

律「や、やめれば・・・か、かってにしろ・・・」

唯「ぐすっ・・・わがった・・・やめる・・・」

梓「せ、先輩待ってください!律先輩謝りますからっ!」

紬「唯ちゃん、落ち着いて・・・唯ちゃんが悪くないのはみんなわかってるから・・・」チラッ

唯「やだ!!やだ!!りっちゃんが謝らないとやだっ!!」ジタバタ

律「ッ・・・」

律「・・・」

律「っ・・・な、なんで、わたしが・・・」ブルブル

澪「えっ」

梓「・・・」

梓「先輩・・・?」

律「・・・っ・・・ひっ・・・」ブルブル

紬「・・・りっちゃん、えっ」

澪「律・・・?お、おい・・・えっ・・・?」

梓「え、えっと・・・律先輩・・・?」

唯「謝っでよ!!泣いても許さないもん!!」

律「・・・ぅ・・・ぐすっ・・・」

唯「ううう・・・ずるい・・・っ、そんなのずるい!!!私もういい!!こんな部活やめる!!」

梓「せ、先輩待ってください!」

澪「律・・・そんな・・・いきなり・・・」

律「・・・ッ・・・わ・・・わるぐ・・・ない・・・の・・・に・・・」

澪「・・・」

唯「やだ!!もう離して!!帰るもん!!」ダッ

梓「せ、先輩!」

紬「あ、唯ちゃん・・・!」

澪「帰った・・・?」

梓「あ、ああ・・・行っちゃった・・・」

律「っ・・・」

澪「り、律・・・」

紬「・・・」

梓「・・・」

澪「ご、ごめん・・・わかってくれる・・・?唯を止めるにはこうするしかなかったんだよ・・・」

紬「りっちゃんごめんね・・・りっちゃんは悪くないよ・・・悪くないよ・・・」

律「ひでーよ・・・」グスン

梓「すみませんでした・・・先輩・・・」



紬「唯ちゃん帰っちゃった・・・明日来るかしら・・・」

澪「うん・・・」

梓「・・・」

梓「あの・・・私のせいですね・・・」

澪「被害者がなにを言ってるんだよ・・・」

律「もうわかったよ・・・私から謝っとくわ・・・」

紬「えっ?」

律「ここまでわがままだと、もういいかなーって・・・辞められても困るしさ、お、もうこんな時間か、帰ろうぜ」

澪「律・・・」

梓「そうですね・・・謝りましょう」

紬「そうね、そうね」

澪「本当に手のかかるやつだな唯は」

律「まったくだ」ガチャ

律「・・・」

唯「・・・」グスン



律「・・・」

澪「・・・」

梓「・・・」

紬「・・・」

唯「・・・」

唯「やめるからっ・・・ぐすっ・・・うう」

律「・・・」

律「なにやってんだよ、部室の前に座り込んで」

唯「っ・・・やめる・・・けいおん部やめるからっ・・・」

律「・・・」

律「ごめん、唯」

唯「・・・」

律「確かに私、強く言いすぎた、謝るよ」

唯「・・・」

律「ごめん」

唯「・・・」

澪「でも梓の事は唯が悪いぞ?」

唯「・・・」

梓「そ、そんなっ・・・いいえ、全然気にしてませんから」

紬「・・・」

唯「・・・」

唯「いいよ・・・もう・・・りっちゃん謝ったからもういいよ・・・」スクッ

唯「辞める気なんかなかったし・・・謝ってくれればそれでいいもん・・・」

紬「そうなの!?よかったぁ・・・」

唯「・・・」

紬「私、唯ちゃんが辞めるって言いだすから本当にどうなるかと心配したわ」

唯「・・・」

紬「じゃあこの話はこれでおしまいね、明日からいつも通りのけいおん部よ?本当に良かったわぁ」

唯「うう・・・」グスッ

紬「え?」

唯「うぐうううごめんむぎちゃあああん!!!」

紬「えっ、え?」

唯「むぎちゃんのせいにしてごめんねぇ、ごめんね、うぐっ」

紬「い、いいのよ、そんな・・・」

唯「あずにゃんもごめんね、固結びしちゃってごめんね」

梓「い、いいんですよ・・・そんな・・・すぐ取れますから」

唯「りっちゃんもごめんねっ、私が全部悪いのに・・・うぐっ・・・」

律「な、なんだ・・・いきなり・・・」

唯「澪ちゃんも迷惑かけてごめんねっ、私屑で最悪だよ、もう私死んだほうがいいよっ」

梓「そ、そんな事ないですよ!」

唯「本当にごめんねみんなっ、ごめんね」

律「・・・お、おう・・・」

唯「あずにゃんのその固結び私がちゃんととるからね・・・」

梓「・・・気にしてませんから・・・いいですよ」

唯「みんなごめんね、仲良くしようね・・・もう喧嘩はやだよ・・・」



4