紬「はい、約束の品です」

憂「ありがとうございます! ふふふ、これでお姉ちゃんは私の物!」

紬「がんば♪」グッ

憂「はい♪ それでは」バイバイ

紬「ばいば~い」

トンちゃん「それが…憂さんとした最後の会話でやんした…」

澪「こ、怖いこと言うな!」ベシ

トンちゃん「あぐ!」

澪「でも、本当に憂ちゃんだけで大丈夫かな…」

紬「まぁハプニングがあればそれはそれで楽しいから」ニコニコ

澪「不安…唯だし…」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



憂「おねえちゃ~ん」

唯「なに~うい~」

憂「大好き!」ダキ

唯「私もうい大好き!」ダキ

憂「ずーっと一緒だよ?」ギュ

唯「うん!ずっと一緒!」ギュ

憂「すーっと、ずっとずっとずっとずっとずーーーーーっと一緒!永遠に!そうだよね!」

唯「え…う、うん!そうだよ!」

憂「誰とも結婚しないでね?誰とも付き合わないでね?ずっと私と一緒!」

唯「え、えと…せ、青春したいな~とか…思ったり…」

憂「なんで? 私が居るじゃん! おねえちゃんおかし~」クスクス

唯「あ、あはは でもでもういは私の妹だし~ それとこれとは…」

憂「あははははははは!! おねえちゃん変なの!!!」

唯「…変じゃない…と思うけど… うい…ちょっとこわ」ビクビク


憂「変だよぉお!!!!」


唯「ひ! お、大声出さないでよ…こわい~…」ビクビク

憂「……ねぇ、おねえちゃんキスしよ…」

唯「き、きす? えっと…えっと…」

憂「ダメ?」

唯「だ、だって姉妹だし…」

憂「…ふ~~~ん……そっか…」

唯「……そ、そう…」ビクビク

憂「ですよね~!」ニコ

唯「!…う、うん!」

憂「ごめんね、変なこと言っちゃって。あ!もうこんな時間!お夕飯作らなきゃ!」トテテテ

唯「…どうしたんだろ…うい…」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



あははははははは……
くそ!…くそくそくそくそくそくそ!!
ちっ!あ~あ…やっぱりモノも頼るしか無いか~、ちょっと悲しいな

憂「おねえちゃ~ん、デザート持ってきたよ~」

唯「おぉ! 待ってました~!」

憂「はい、これ全部食べていいよ」ドン

唯「え?」

憂「んー?」

唯「これなに?」

憂「ジャム」

唯「ジャム単体?」

憂「そだよ~?召し上がれ♪」

唯「……こ、これだけかー…」

憂「召し上がれ♪」

唯「う、うん……」

唯「……」

憂「早く食えよ」ボソ

唯「! …いただきまーす!」ムシャ


唯「うえ! ま、まず~…もういいや…ごちそうさま」

憂「めっ! 全部食べなさい!」

唯「でも~…」

憂「全部食えっていってんだろ!!」

唯「!!! 食べる!食べるからおこらないでぇ!!」ビクビク

唯「はむ!はむ! お、おぇ…う…は、はむはむ!」ムシャムシャ

憂「お姉ちゃんえら~い」ニコニコ

唯「はむ!はむ!」ムシャムシャ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



唯「はぁ…なんかあのジャムの味がまだ口の中に残ってる…」

憂「まずかった?ごめんね、ふふふ」

唯「ま、まずくなかったよ? ほ、本当だよ?」

憂「そっか。良かった…ねぇおねえちゃん…今日は一緒に寝たいな…」

唯「い、良いよ…」

憂「やったぁ♪ 枕持ってくる~♪」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



唯「…」

憂「すー…すー…」ムニャムニャ

唯「…」ムク

唯「のどかわいた」

唯「おみずのむかー」テクテク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



憂「すー…すー…」

唯「ういー」ハァハァ

憂「う~ん…ムニャムニャ…」

唯「おきてようい~」ユサユサ

憂「うーん… おねえちゃん…? どうしたの…? 」

唯「のどかわいたー」ハァハァ

憂「おみずのめばー…?」

唯「おみずのんでもなおらないの…ねぇういー…」ハァハァ

憂「…すー…」

唯「うい!!!」


憂「わ! な、なに!?」

唯「のどかわいたの! すごくかわいたの! おみずのんでもなおらないの! かわいたの!うい!!」

憂「だ、大丈夫?」

唯「だいじょうぶじゃない! あぐー!!!!かわいたかわいたかわいたかわいたかわいた!!」ジタバタ

憂「お姉ちゃん?喉の乾き治したい?」

唯「なおしたい!たすけろうい!」

憂「うふふ、じゃあ助けてあげる~♪」

憂「…ガリ!…イタタ…ねぇ、おねえちゃんキスしよ…」

唯「ち!ちだ!…はむ!…ジュルジュル」

憂「…ん…んふふふ……」

唯「ジュルジュル」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



憂「おねえちゃ~ん」

唯「なに~うい~」

憂「大好き!」ダキ

唯「私もうい大好き!」ダキ

憂「ずーっと一緒だよ?」ギュ

唯「うん!ずっと一緒!」ギュ

憂「すーっと、ずっとずっとずっとずっとずーーーーーっと一緒!永遠に!そうだよね!」

唯「そうだよ!ずっと一緒!ういと私で永遠に一緒だよ!」

憂「うれしい!お姉ちゃん大好き!」

唯「私は大大大好き!」

憂「じゃあ私は大大大大好きだもん!」

唯「それじゃあおねえちゃんは大大大大だい…あれ何回言ったっけ?」

憂「あははは! …ねぇおねえちゃん…キスしたいなー?…」

唯「ういはキス大好きなんだから~…」ムチュチュー

憂「んぅ~… プハ、だってずっとお姉ちゃんとキスしたいって思ってたんだもん…グスン」

唯「そうだったんだ…ごめんね…?」

憂「グス…いいの…だってお姉ちゃんが私のものになったから…そうだよね?」

唯「うん、私は憂のもの…もう憂無しじゃ生きていけないよ…」ダキ

憂「嬉しい…」ギュ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



17